Vorrei andare a italia. 

2006年02月06日(月) 11時08分
芸術新潮 2006年1月号
『シチリアの秘密 SICILIA』

イタリアの特集なら無条件で購入しているので
特に解説者を気にしてなかったのですが
読んでみたら陣内さんによるものでした。

なんか得した気分です。

winter flowers 

2006年01月09日(月) 0時06分
1月8日

奈良の若草山 山焼き

17時30分ごろ山焼きスタートなので
昼に家を出る。

前回の奈良観光は
斑鳩に行ったり、長谷寺に行ったり
移動が多くて大変だったけど
今回は奈良市内をウロウロ。

もちろん奈良市写真美術館には
再び足を運びました。
(全然予定には無かったはずが・・・)

それから奈良町散歩。
カフェが多くて驚いた。

本題の若草山には17時すぎぐらいに到着。
なんとなく人の流れに着いていったら
花火が間近で見られることろまで登ってた。

あんなに近距離で花火を見たのはこれまでにない!
別段すごい花火が打ち上げられているわけじゃないけど
なんか感動して、寒いのなんて気にならなくなってた。

見る花火じゃなくて、感じる花火でした。

でも山焼きのほうは
前日の雨でうまく火が広がらず
ショボショボっとなってしまってイマイチ。

来年も行く。

Jump and grow up 

2006年01月05日(木) 22時06分
今年の目標。

昔はなんだかんだと意味の無いものを立ててたけど
この歳になるとちょっと悩む。

『いい女』って何だろう???
と今頭の中をグルグルしてます。

資格とかネットで検索したりして。

peaceful day 

2005年11月23日(水) 23時45分
晴天の下
絶好の行楽日和。

京都には数え切れない神社仏閣があろうとも
この時期どこに行っても人だらけ。

なので
いつものごとく
街中サイクリングで秋を堪能いたしました。

ちょうど鴨川を越えた時
橋上から見える風景が
とても穏やかで
「あぁ、日本て平和だな〜。」と
つくづく思いました。

鴨川の土手に
午後の日差しを浴びながら
それぞれ愛しい人と片を並べて

話したり
笑ったり
歌ったり
ぼーっとしたり

そんなことが
特別ではないこの国は
やっぱり幸せなんだと思う。

ancient capital 

2005年10月22日(土) 23時01分
人生3回目の奈良へ。

1回目は修学旅行で
2回目は今年のお水取り。

そして今回、
朝から気合入れて奈良を右往左往。

まずは法隆寺へ。  

梅原猛著 『隠された十字架―法隆寺論』
読書中のため

本の中の世界をそのまま見ているようで
不思議な感覚でした。

ちょうど夢殿の救世観音が特別公開中で
まさに本の世界そのもの。


法隆寺から移動すること約1時間。

憧れの長谷寺へ。

雨が降ったおかげで
山に霧がかかっていて
車窓からの景色が、いい感じ。

長谷寺といえば何と言ってもその登廊。
美しい・・・

でもそれだけではなくて
参道にある温泉街の
うら寂れた様子もよかったです。


さらに移動に1時間。

奈良市内に戻って
奈良市写真美術館へ。

現在「大和路を愛した巨匠―土門拳 入江泰吉 二人展」
が開催中。(12月25日まで)

美術館までの道がまた素敵で
もう1回この展覧会を
ゆっくり見に行きたいと思いました。

Less is More 

2005年08月28日(日) 20時59分
ルートヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエ
Ludwig Mies van der Rohe

何もないことが豊かということ。

そーだなぁと思った。

Full Moon Live 

2005年08月26日(金) 21時43分
毎年知ってました。
仲秋の名月の夜、
京都府立植物園でコンサートが行われることを。

知ってはいたんですが、まだ行ったことがありません。

というのも、仕事が終わる時間が遅くて
全然間に合わなかったんです。

植物園は通勤途中に位置するため
いつもコンサート帰りのお客さん達と
仕事からの帰り電車が一緒になって
残念な思いでいっぱいになっていました。

が、

今年は日曜日。
9月18日が満月です。

大覚寺もかなり捨てがたいですが

なんと今年は
はじめにきよし」がライブをします!
 
これはなんとしても行かなくては・・・

はじきよを知らない母親が
地元から遊びに来る予定ですが
一緒に名月観賞とライブ鑑賞をしようと思います。

あのはじきよのライブが満月の下で聴けるなんて
きっと忘れられない夜になるはず。

晴れますように!!

Rainy days 

2005年08月17日(水) 20時52分
爽やかな日々を求めて
実家に帰省したものの

長野県は
毎日毎日雨でした。

今年は夏バテなしで
どっちかっていうと
真夏の太陽の下
川遊びとか虫取りとかして
ベタな夏休みをしたかったのですが

雨のため
6年目のペーパードライバーの私は
移動する手段が徒歩しかなく
結果的に
近くの温泉に行って
親戚のうちにお土産届けて
あとは完全ひきこもり。

食って、ゴロゴロ、読書、睡眠。

それはそれで正しい夏休みでした。

あとラジオ体操があれば完

Apple and Glasses 

2005年07月30日(土) 20時06分
東山青少年活動センターで
東山フェスタ2005というイベントが
行われています。

その中のプログラムの1つ
『自分だけの「はにわ」を作ろう☆』
というのに参加しました。

職場の先輩のお宅へお邪魔した時
緑溢れるベランダの
ところどころにいるハニワが
とてもツボにはまってしまい

そんなところに
このイベントの情報が舞い込んだのです。

見るからにチビっ子向けのイベントですが
特に年齢制限があるわけでもなかったので
多少の躊躇は振り切りつつ
参加申し込みをしたのです。


当日、会場になっていた
東山青少年活動センターの工作室へ行くと
同じ総合庁舎内にある児童館から
10人程度の子ども達がやってきていました。

参加者は20人弱。
保護者として参加されている大人の方のほかに
はにわが好きで来たという、
大学生のおんなのこがいました。

千葉にあるというはにわ博物館のことについて
熱く語ってくれました。

はにわ目的で参加する大人はいないよなぁ
と思っていたから
かなりうれしかったです。

Kobayashi Kokei 

2005年07月29日(金) 20時37分
小林古径展が
ただ今
京都国立近代美術館で開催中。

3年前、
雑誌で初めて見て以来
関西圏での展覧会を
待ちに待っていた私にとって
今回の展覧会は
かなりテンションが上がりました。

透明感と
繊細さと
真にある揺るぎないもの。

私の大好きな「牛」の前では
とにかく感動でした。

あと2回行く予定。
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
latest comments
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kiktnk
読者になる
Yapme!一覧
読者になる