寂しい 

July 16 [Mon], 2007, 11:31
7月に配属されてから、普通に営業を始めています。

毎日朝5時30分に起きて、出社して、働いて、帰宅して、寝て。

このサイクルの繰り返し。

私何してるんだろう。

何すれば良いんだろう。

わからない。

わかるのは、一人ぼっちで寂しいってことだけ。



昨日は吉祥寺でA君と飲みました。

これまで何回も2人で飲んだことあるのに、今回は何故かラブホに泊まりました。

何でだろう、結構長い付き合いなのに、こんなことになっちゃうなんて。

A君は陸上やってる人で、凄い痩せてる印象だったけど、脱ぐと凄く綺麗な体でびっくりしました。



ところで長崎のKからは突然連絡が来なくなりました。

私は怖くて連絡できません。

その分、もやもやして気持ち悪いけど、それでもやっぱり勇気が出なくて連絡できません。



同期のYとは別れてから喋ってません。

てか、喋りたくないし。



同期のKとはあまり連絡を取っていません。



最近は同期のNと仲良くしてます。

Nが私のことを好きだってことはよく分かるのですが、Nは告白してくれません。

私は、おうそろそろ痺れを切らしてるから!!



私はいつも強がってしまって上手く人に甘えられないけど、最近は本当に寂しくてどうにかなりそうです。

私が、自分の存在意義を問うときは、大抵精神的に相当弱ってます。

悪いことしてきたツケがまわってきたのかな。。。

幸せって何 

May 27 [Sun], 2007, 15:01
Kが東京に来てくれて泊まってくれて、私の心は凄く満たされていたし本当に幸せでした。

以下は16日(水)に書いた日記です。

私の心は久しく感じていなかった程平穏に保たれていて、今頃は長崎に帰ったであろうKからのメルに嬉しさを堪え切れず微笑み、再び開いた彼との距離を実感することはなく、本当にただKからの愛情に心から満足し、そのことにより現状全てが輝いて見える錯覚に陥っている。しかしそれは何とも心地の良い錯覚であり、私の周りに存在する煩わしい諸事に目を瞑ることにした。Kとの再会にあたって私の肌の状態は決して良いものではなく、また減量にも成功しておらず、純朴で端正な顔立ちの青年と再会するには少々勇気のいる状態であった。しかし彼に会いたいという強い気持ちは、自信の不足などものともせず、私を彼の元へと走らせた。幸い、研修は5分程早く終わり、時刻は17時25分であった。一目散に電車に飛び乗り彼の元へと向かった。新宿で再会した彼は相変わらず大きな目で私に強い視線を送っていた。彼に触りたくて仕方がなかった。彼と抱き合いたくてうずうずしていた。しかしスーツを着て、一社会人として歩いているとそうもいかない。六本木のコインロッカーに荷物を預けたという彼について行き、家路についた。途中居酒屋に寄り、久しぶりにゆっくり言葉を交わしたが、自信のない私と、六本木と新宿を歩き回って足が棒になっていた彼との会話はそれ程はずまなかった。早く帰ろうという彼に同意して家に帰ることにした。自転車に乗りながらトランクを引くKは無邪気で私には眩しいほどだった。
家に着いた途端に野獣のように襲いかかってきたKが愛しくて可愛くて仕方がなかった。シャワーを浴びて本格的に絡みだした私たちは激しく求め合い、会えなかった時間を埋めた。私のフェラで逝ってしまったKの精子を飲んだ。久しぶりに精子を飲んで、Kへの愛情を確認する。2人でいると何て自然なんだろう。2人でいることがとても当たり前のことのように感じた。
長崎からのお土産はたくさんあった。影法師という焼酎にビイドロ、カステラにキティちゃんの携帯ストラップ。「何が良いかわからんくて迷ってたら色々買っちゃった」らしい。何でKはこんなにも可愛いんだろう。Kは純朴で素敵な男性なのだと再確認した。私からKへの誕生日プレゼントはヴィトンのキーケースだ。どの柄にしようか迷いに迷った甲斐があって、Kは喜んでくれた。

この日記を読み返すと、私の心がKの愛情によって満たされていたことがよくわかります。

しかし、今は同期のKとラブラブなのです。

前回の日記までは、遠恋のKと同期のYとの間で迷っていた罪深い私ですが、水曜にYと別れ、金曜からはKとそういう関係になりました。

でも同期のKとはお互い彼氏、彼女持ちなのでそんなにべったりしないと思うし、ちょうど良いと思ってしまった私。

あー相変わらず最悪だな。

わからない 

May 03 [Thu], 2007, 21:14
以前私は、ここに日記を書きに来るということは、何か嫌なことがあったり、迷ったりしているということだと言いました。

でも、今回は嫌なことがありすぎて、書きに来られなかった。

だから、少し訂正します。

嫌なことがあったり、迷ったりしていて、それを文字にしてみようとか、文字にすることで解決するかもしれないと思っている時に、ここに日記を書きに来るのだとわかりました。

私はYのことを好きになって、Kのことを切ろうとしていたのですが、

ゴールデン・ウィークになってからは、形勢が逆転しています。

Yは休日にわざわざメールや電話をしてくる人じゃないので、

私は寂しくなったり、疑ったりで

「Yは私に別れ話をさせたいのか?」とか

「Yは私がYのことを嫌いになるように仕向けてるのか?」とか

色々勝手に考えていました。

一方Kとは、私が休みだから、電話もメールも頻繁にできるし、

色々話してさらに仲良くなったり、

今度会うのが楽しみになったりしています。

Kを切らなくて良かったー

と思っている今日この頃。

1日にSから風邪をうつされそうになり、頭痛が酷かったので、Yに電話したところ、

「元気になったら電話して」とか

「今からご飯作るからもう切るね」とか

優しくない言葉をもらいました。

それでもう終わりだと思い、

今日、O君に誘われた飲み会に行こうと思っていたけど、

Yは「そんなつもりなかった」とか

「電話は苦手なんだ」とか

言ってくれたので、とりあえず続けることにしました。

Yからは

ただ・・・今の態度から大幅に変わることは無いと思うよ、冷たいこと言うようだけど自分のスタイル変えるつもりはないからさ。それが耐えられなくなったときはいつでもフッてください。

というメルをもらい、

私のことよりも、自分のことが好きなのだということや、

別に私じゃなくても良いんだなということ、

実質私が振られたようなものだなということを思いました。

その時は悲しくて涙が止まらなかったけど、

Yが、私のこと好きになるようにもう少し続けてみることにしました。

といえば、良い子ちゃんだけど、

本当は、Kとは遠恋でなかなか会えないし、

土日暇なのも、セックスできないのも嫌だから

Yをキープしとけば良いやって思ってるだけです。

「誰にも言えないほんとの気持ち」を綴る日記なので、ほんとのこと書きました。

私は、本当はYの冷たさを攻める資格のない彼女です。

懺悔 

April 21 [Sat], 2007, 14:06
ここに懺悔しにきても、あまり意味のないことはわかっています。

でも、文字にして書いて見なければ、自分の気持ちも、将来もわからないような気がしました。

私はKとYどちらが好きなのか。

私はどうするべきなのか。

17日の午後は講演会を聞きに行きました。

そこで偶然隣に座ったY。

講演会の間よく喋りました。

「出会い」と「出合い」の違いがよくわからなかった私たちは、

その違いを

「合」の方が、「会」よりエロい!!

ということにしました。

「合」という字のしたに

「体」という字を書き込んでいたアホな私を見て、

Yは最初呆れていたように思ったのですが、

後から聞くと、そこに惚れたそうです。

私はそれまで彼のことを異性として意識したことはなかったのですが、

暇な講演会の間ずっと話込んでいると、

なんだかどきどきしてしまいました。

「彼氏いるの?」

と聞かれたときと、

「最近人好きになってないな」

と言われた時は心臓バクバクでした。

「マックに、講演会の感想書きに行こうよ」

少し強引に誘うあなたに、私はついていくことにしました。

会場前には同期がたくさんいて、いつも一緒に帰っている友達も誘ってみました。

内心、来ないことを期待しながら。

彼女は案の定帰ることを選びました。

私はYと2人でマックへ行き、色々話しました。

その日は雨が降っていたのですが、

私は普通の傘、Yは折りたたみの傘を持っていたので、

アイアイ傘をして歩きました。

寒いことをいいことに私の背中や肩に腕を回してくるY。

その後も手を触ったり、しまいには手を繋いだり。

駅の近くでYは

「今からご飯行くって言ったら付いて来てくれる?」

と聞いてきました。

私はその日、友達と大学で会う約束があったのに、

「良いよ」

と答えました。

懺悔1:約束してたのに連絡せずにドタキャンしたこと

2人で居酒屋に言って話していると、

Yは

「どんな男の人が好きなの?」

とか

「俺は男としてどうかな?」

とか

聞いてきました。

向かい合って座っていたのに、いつの間にか隣に移って来て

2人はラブラブモードでした。

そして

「グループ第一号になっちゃおうか?」

ということで付き合うことになりました。

懺悔2:彼氏いないって嘘ついて2股始めちゃったこと

懺悔3:友達全員に付き合ってることを隠していること

懺悔4:Yと付き合い始めてからKへのメール回数が減ったこと

Yと内緒で付き合いながら受ける研修は楽しくて、2人でこっそり帰るのも楽しかったけど、

それも昨日までです。

専門研修が始まると、私たちは教室が別々になってしまいます。

建物は一緒だから、いつでも会えるんだけどね。

金曜は導入研修最後の飲み会でした。

Yと2人で座って、2次会は出ずに2人で家に帰ってきました。

懺悔5:一緒に帰っているMは仲良しなのに、Yと付き合っていることを隠していること。

Mは、私がKと付き合っていることを知っているので、Yと付き合いだしたと言ったら、軽蔑されると思う。

文字にしてみたけど、よくわからんかったな。

さっきKから電話があった。

「俺は○○のこと好きだから」

って言ってくれた。

前みたいに嬉しくない。

でも「彼氏ができた」とか、

「もう連絡とれない」とか

言えない。

言えない。。。

私はまた嘘ばかりついて、色んな人を傷つけているのかな。

ごめんなさい。

嬉し泣き 

April 15 [Sun], 2007, 19:29
4月15日(土)。

日付が変わってまもなく、私はKに電話した。

昼から三穂の家で勉強していたので、こんな時間になったのだ。

Kは最初、外にいたようだったが、帰宅したのか、後ろから聞こえていた雑音が消えた。

「この間は相談に乗ってあげられなくてごめんね」

火曜の夜、バイトで、私の電話に応えられなかったことを謝るK。

「実は俺もあの時凄い悩んでてさ」

またまた運命を感じさせる発言。

火曜の夜、私が人間関係で悩んでいた時、

Kも大学の単位のことで悩んでいたらしい。

そういう時は私に相談して欲しいという気持ちと、

男らしくて恰好良いという気持ちが入り混じる。

「ところで」

Kは明らかに緊張していた。

電話でも、充分に伝わってくる緊張感に、私も押し黙る。

「日本って小さいなって思うんだ」

意外な言葉に拍子抜けする私。

「随分突発的ね」

ちょっとがっかりした私の発言に軽く笑い返しながらKは続ける。

「だからね、東京と九州も近いと思うんだ」

ピンと来た。

私にはKが何を言おうとしているのか、わかった。

「俺たちは、会おうと思えばいつでも会えるわけだし、

それにこれからはもっと東京に行くようにするから」

Kの言葉が嬉し過ぎて、私の目から静かに涙が落ちる。

「付き合って欲しい」

Kに気づかれないように精一杯声を押し殺しているから、返事ができない。

「ちゃんと会って言いたかったんだけど、来月東京に行くときまで待たせちゃいけないと思って」

優しくて男らしいK。

私はもうこらえ切れなくてわんわん泣いていた。

「うれしい」

言いたいこといっぱいあったのに、全然言えない私。

「ありがとう」

涙で声がかすれる。

Kがずっと優しい言葉をかけてくれるから、私の涙はとめどなく流れて、明日の朝が心配になる位だった。

「俺の気持ちは変わらないし、誰が何と言おうと俺は好きだから」

若い男の子らしい言葉だと思った。

まっすぐで熱い。

怖いくらい情熱的な愛のことば。

その日は結局3時頃まで喋って、名残惜しく電話を切った。

幸せ 

April 08 [Sun], 2007, 19:15
2007年4月7日。

朝、Tの家で目覚める。

朝からバックで攻められてうざい。

しばらく爆睡して帰宅。

メイクを直して新宿へ。

Sで待ってるけど男が捕まらない。

Kへの思いを携帯に打つ。



誰と寝ても満たされない心。

誰に愛されても満たされることはなくて、いつもあなたの顔が蘇る。

あなたに触れたくて、触れられたくて。

その気持ちが高まれば高まる程、会えない現実が私を苦しめる。

私はあなたへの想いが大きくなりすぎて辛くなっても、

あなたに相談することができなくて、いつも強がってばかり。

あなたには私はどう映ってるんだろう。

ただの知り合い?

人生の先輩?

私が毎日あなたからのメルをどれだけ楽しみにしてるか知らないでしょ?

あなたの言葉にどれだけ一喜一憂してるか知らないでしょ?

私はあなたを好きになってから、他の男の人が目に入らない。



あー


途中だ。


途中で終わってるけど、この文章に続きが加えられることはない。

だって2007年4月7日。

Kが「好きだよ」って言ってくれたから。

やっと見つけた。

こんなに素敵な人。

初めての金曜日 

April 07 [Sat], 2007, 15:25
昨日は入社後初の金曜日。

さっき帰宅しました。

Tの家に泊まっていたのです。

Tと私はどーゆー関係なんだろう。

謎だ。

Tはでかすぎて痛い。

あーヘルペスがかゆい。

昨日は研修後同期と飲みに行った。

つまらん。

なんてつまらないの??

あーどーしよ。

こんなつまらん人たちと仲良くしなくちゃいけないなんて。

あー萎える。

何で私はいつも自分を穢すの??

Kのこと裏切ってTと寝ることでストレス発散してるなんて最低。

直らない。

直したい。

卒業 

March 28 [Wed], 2007, 11:59
ついに卒業してしまった。。。

ままはさっき帰っていきました。

あー私は抜け殻の様になってしまって。

ここに日記を書きにくることが減って嬉しい悲鳴だなと思ってたのに。

結局人生には波があるわけですね。

私が今日落ち込んでいるのは、卒業したからではありません。

好きな人と一緒にいられないからです。

私は、Kのことが好きになりました。

少し田舎っぽくて

優しくて

面白くて

綺麗な顔立ちのK。

よく寝るK。

おぼっちゃまのK。

すごく一緒にいたいのに、一緒にいられない。

だってKは九州の大学に通ってるから。

あーずっとKのことばっかり考えて。。。

つらいなー。

久しぶり 

March 24 [Sat], 2007, 21:32
最近結構元気なのでここに日記を書くことがなくてご無沙汰していました。

今日も、そんなに病んでるわけではないけど、記録を残しておきたかったので

日記を書くことにしました。

3月の出来事を振り返ろうかな。

3日からはもうなかなか帰れなくなる実家に帰省しました。

なので4日にR子と会う約束をしていたけど、会えませんでした。

本当は会いたくなかったから3日に実家に帰ることにしたのかもしれない。

自分でもびっくりするくらい失礼な話ですが、

大学生活のうち2年間くらい仲良くしていた

R子のことは今はそんなに好きではなくて、

やっぱり色々しつこく質問してくるのが

うざくて会いたくないのです。

しかも、代わりに31日に会うことになったのですが、

他の子を誘おうとすると、嫌な子もついてくるから嫌だと言われて

私はあんたと2人なのが嫌なんだよーーー

って言いたかった。。。

あーーー

話が前後しましたが、

3日から10日までの実家暮らしはびっくりする程快適で

もうずっと実家に住もうかと思うくらいでした。

大学生の間、全然帰省しなかったのは、実家の居心地が悪すぎるからでしたが、

それを察知したのか、凄く過ごしやすくなっていて

ちょっと他人っぽさが寂しかったり、

親のありがたみがわかったりしました。

12日からは内定をもらってる会社の研修合宿があって

千葉に行って来ました。

2泊3日の研修だったのですが、

まあハードでした。

私は、Pで、

ご飯は食べられないし

睡眠時間はとれないし

かなり疲れました。

それなのに

みんなでご飯行こうってことになって

疲れた疲れたって言いまくって早く帰れたので良かったですが、

本当、YとRとは一緒にいたくないなと思いました。

くだらない話ばっかでつまらん男ーーー

15日は前のバイト先が閉店するということで、

お土産を持ってお給料をもらいに行きました。

17000円もらえてラッキー☆

16日は会社にレポートを提出して、e-learningがうまく表示されないことに気づきました。

17日はお昼から親友のHと渋谷でランチ&近況報告!!

Hの話を聞いて、彼女が生まれて初めて恋愛で悩んでいるのを知り、

本当に応援したくなりました。

それからは頻繁にメール、電話しています。

強くなってほしいとも思うけど、

彼女には辛い思いなんて一瞬もしてほしくないとも思います。

こんな良い子が辛い思いする必要なんてあるのかと思います。

早くHが元気になりますように。

18日はSの引越しを手伝いに行きました。

ランチをご馳走してくれたので、

責任を感じて頑張ったら

帰宅した瞬間疲れが出て、

びびりました。

S、引越しお疲れ様。

荷物多すぎるから捨てようね!!

20日は卒業確定者の発表があって、名前があったので安心しました。

21日は、うざいRに2ヶ月前からしつこく誘われていた、ダーツにそろそろいかない理由がなくなって

一緒に行くことになりました。

2人で行くのが嫌だったので、

他の人を誘ったら、

「大丈夫、俺気にしてないから」

ってわざわざ電話かかってきたんだけど、

私こそ気にしてないよ?

ってかんじでした。

てか私悪いことしてないし謝らないから!!

「気にしてないから」

って上から目線過ぎやろ。

お前まじうざいから、嫌われてるんはよ気づけや、ぼけ。

その後、散々文句を言われましたが、つまらなすぎるので

途中でぬけて、

インターンの同窓会に行ってきました。

そこにはタイプのN・Rも来ていたのですが、

あまり思い通りいかなかったです。

「彼氏いるの?」

とか

「どーゆータイプの人が好きなの?」

とか

聞いてきたくせに

何で連絡してこないのーーー??


あーーーー


なんかむしゃくしゃしました。

22日は元元元元元彼(くらいかな)と家で鍋をしました。

予想外にそのままベッドインしてしましました。

またよりを戻すことになりそうです。

24日はゼミの友達と家で鍋をしました。

そろそろ卒業です。

明日こそはでかけよう。

旅立ち 

February 20 [Tue], 2007, 5:40
今日から学校の友達と卒業旅行です。

私一つ気づいたけど、ここに何かを書くということは

自分の中で迷いがあったり、解決できない問題にぶつかったりした

ということで。。。

ここにこないということは、健康で幸せな生活を送っているということなのです。

私は今凹んでいます。

自分の存在意義を問う時期がまた来てしまいました。

私はTを利用して傷つけて捨てたのです。

なんかこんな風に悩むんだったら最初からそんなことすんなよ

ってかんじだけど。

いつもやってしまう。

そんな自分自身にも、世の中にも失望します。

彼からはもう連絡はこないでしょう。

さようなら。

元気でね。

昨日、Yに連絡しました。

旅行から無事に帰って来られるか不安だったので。

彼の言葉は力強くて温かくて安心します。

やっぱり好きなのかな。

最悪なのに。

相性相当悪いのに。

私にとっては。

あー

あー

手相見て欲しい。

旅行中、皆が健康で楽しく過ごせますように☆
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆう
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1988年
読者になる
2007年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる