岡崎文次の調査と感想


岡崎文次の調査と感想


 岡崎文次は1914年7月7日生まれた。1939年東京帝国大学理学部物理学科を卒業、直ちに富士写真フイルムに入社し、レンズの設計を担当することになった。その設計には多大の数値計算を伴うことから、電子的な手段による計算を何となく考えていたときに、「科学朝日」の1948年8月号に掲載された、IBMがENIACに負けまいとして作ったSSECという巨大な計算機械の解説記事を見て、その可能性を知った。当時のレンズ設計にはレンズを通過する光線の収差を確認するため、1つのレンズに対して1000本から2000本の計算が必要だった。それを計算間違いがあるとこまるので2人一組になって、対数表を引きながら何ヶ月もやるので大変な作業だったのだ。そこで「レンズ設計の自動的方法について」という社内レポートを出したところ、1949年3月に20万円の予算を与えられた。これが日本で作られた最初の電子式自動ディジタル計算機FUJICへの第一歩だった。

 岡崎はコンピュータの専門家ではないのでゼロからの出発だった。当然だが、情報収集が非常に重要で、アメリカの情報を欲していた。当時まだ連合軍の占領下にあった日本にそんな情報が入ってくるはずもなかったが、GHQ(連合軍総司令部)直轄のCIE図書館というのがあったらしく、日本人にも公開されていたのだった。多くの研究者がそこを利用したらしいが、岡崎は写真屋だったので資料を撮影して時間を節約したとのことだ。
1949年3月に研究に着手、実際の製作に着手したのは1952年12月だった。3年9ヶ月にわたる準備研究と、3年3ヶ月の製作作業を経て、岡崎は1956年3月にFUJICを完成した。

 FUJICは論理装置、記憶装置、入力装置、および出力装置からなる。真空管は約1,700本で、その大部分は論理装置に使われた。記憶装置には1語33ビットで255語を貯える水銀遅延線を採用した。1953年には計算機は殆ど完成し,FUJICと命名された。1955年11月16日,2進・10進,10進・2進変換の論理は未完成だったが、電気通信学会の電子計算機専門委員会でFUJICを動作状態で公開した。FUJICは、当時国家プロジェクトが作ろうとしていた計算機たちとくらべると、驚くほど実用的だった。よって、FUJICは完成後社内のレンズ設計のための計算の他、外部の依頼計算にも応じ、その結果は多数の学会論文として発表された。

 岡崎は1959年日本電気に移り、1972年退社して専修大学経営学部教授となった。専修大学経営学部情報管理学科の設立時に教授として就任され、本学の情報教育に貢献された。専修大学ネットワーク情報学部は、経営学部情報管理学科を新しい時代の情報教育に適するように組織と教育内容を刷新して、2001年に開設された。

 岡崎文次はコンピュータの知識がほぼなかったのにもかかわらず、情報を集め、日本で初めてコンピュータを作った人であり、その実績はとてもすばらしいと思う。特に、戦後の貧しい時代に一人で作り上げたことに驚いた。このような方が私たちの学部の教授であったことはとても誇らしいことである。しかし、世間ではその名はあまり知られていないのではないだろうか。私は岡崎文次を尊敬する人物としてこれから皆に紹介し、広めたいと思う。

参考
http://www.ijinden.com/_c_02/okazaki_bunzi.html
http://museum.ipsj.or.jp/pioneer/okazaki.html

2009.01.13 [Tue] 03:38 /  URL  / コメント(0)