久々の幼稚園 

August 31 [Mon], 2009, 17:22
今朝・・・・オトウチャンが天気予報を見て

嬉々とした表情で語っていたこと。



「ねぇねぇ、暴風波浪注意報ってさ、暴風が


ハロー♪ハロー♪
(手を振りながら、にこやかにアホ面)


ってやってくる感じだよね♪」



「あと、絶対外せないのは、『右中間』!」

「ボールが宇宙をこーお泳いでる感じだよね」
(嬉しそうに平泳ぎのマネ)





化粧しながら、しょーもナイ・・・・と、呆れて聞いていましたが

さっき、夕飯の支度をしながら、ふと

「台風一過」もそうじゃない? なんか、台風家族みたいなさぁ・・・・

オトウチャンにメールせねば♪ とニンマリしてしまった私。


きっきよ・・・こんな両親ですまぬのぅ。




さてさてきっきの幼稚園ですが

今日は夏休み明けてからの初登園日。

始業式は先週だったのだけど、当日に高熱を出し欠席。

前の日まで、元気満々で児童館やらで遊んでいたくせに〜。

次の日は平熱に落ち着いたものの、少し咳が出ていたし

インフルエンザも流行っていることもあり、養生してお休みさせました。

で、土日をはさみ、本日二学期初の登園となったわけです。

持ち物は、夏休みの宿題やら、着替え、

その他粘土などの道具多数・・・と大荷物。

今朝は雨も本降りだったので

オトウチャンの出勤時間を登園時間に合わせてもらい

車で幼稚園まで送ってもらいました。

日ごろから「幼稚園に行きたくない」を連発しているきっきですが

今日は、車から降りオトウチャンに「行ってきます」をした後

「僕、幼稚園、泣かないもん!」と自分で自分を励ましつつ

合羽姿に傘さして幼稚園に向かうことができました。

お〜・・・いいぞ〜、このままこのまま行ってくれ〜と思っていたら

あと少しで門・・・ってとこで、転んでしまい

下唇突き出して、今にも泣き出しそう。
(あ〜、いつぞやの面接を思い出す・・・)

緊張の糸がプッツリ切れて、泣いてしまうのか〜!と思っていたら

「おヒザ・・・血〜出てる?」と聞いてくる。

膝を見つつ「あっ!出てないよ!大丈夫〜、良かったねぇぇ〜え!

と大げさに言ってやった所

気持ちが楽になったのか、気を立て直して歩き始めました。

そう・・・きっきは血に異常に弱いんです。

転んで擦り剥いても、血が出ていなければ大丈夫、

血がでていたら、もうダメだ と言わんばかりに泣く人なので・・・。

そんなこんなで、無事幼稚園までたどり着き

先生が運んであげようとした大量の荷物を、自分で持つと言い

しっかりとした足取りで、教室に向かっていくことができました



帰りの園バスお迎え時も、バスからご機嫌で降りてきて

久しぶりの幼稚園、楽しんできたようです。

良かったね。

今日、幼稚園から持ち帰った絵本を3冊読んでやり

4冊目(元々家にあるもの)を読んでいる途中、船を漕ぎはじめ

お昼寝に突入〜。

明日も元気に登園できたらいいな。

今日は銀座へ〜 

July 27 [Mon], 2009, 23:09
ママ友よーちゃんに触発され、今日は思い切って銀座へ繰り出しました。

銀座松屋で催されている、「鉄道ショウ2009」なるイベントへ。

銀座一丁目で降り、地上へ出たら・・・

懐かし〜い、銀座の街並みが。

独身時代、買い物といったら銀座だったのですが

結婚して仕事を辞めてからというもの、パッタリと行かなくなって。
(自由になるお金、ないですからね〜)

子連れで行けるとしても、まだまだ当分先のことだと思ってました。

でも・・・6月に新宿で行われた専門学校時代のプチ同窓会でも

思い切ってきっきを連れて行ったらなんとかなったし

よーちゃんも、先日お子様を2人連れて行かれた・・・とのお話に

なんか励まされちゃって、本日最終の「鉄道ショウ2009」へ行ってきたという訳です。

きっきはそれなりに喜んでいたのですが、帰宅後

「きーちゃん、公園が良かった・・・・」とボソッとつぶやいていました。

そ、そうでしたか・・・・

でも、楽しかったデショ!

操縦に夢中〜






そして、帰宅後の夕方、ふと窓の外を見たら・・・・

とってもキレイな虹が・・・



カメラでは撮りきれなかったけど、180度全て見えていて

私がこれまで見た中では、ダントツ綺麗〜な虹でした。

部屋で眠りかけているきっきを叩き起こして

「虹だよ!!!虹!」と見せてやったら

寝しなを起こされたのが かなりご不満だったのか、ムッツリ顔で


「見えない



なんですと〜!!

でもそれがホントなら、かなり心配な母なんですけど・・・。

お祭り 

July 26 [Sun], 2009, 21:26
なんか、気まぐれ的にブログ更新です

幼稚園に入園してから、早3ヶ月半。更新すべきことはた〜くさんなのに

日々目まぐるしすぎて、更新どこじゃありませんでしたっ!

幼稚園に出向くことが多く、フリーな日の方が珍しい状態

遠い幼稚園を選んだことを後悔しないこともなかったのですが

まぁ、いつでもリタイヤできるということで・・・(後ろ向きね)

そんな訳で幼稚園も夏休みに入ったら、ちょっとは自由になったので
(きっきと毎日いるので、縛られた自由ですが)

ブログを更新してみよーかなーという気になりました。

幼稚園生活のこと、たくさん書きたいんだけど

あまりにいろいろありすぎて、何から書いてよいのかわからないので

そのうち、気が向いた時にちょこちょこ書けたらいいな〜・・・なんて

私のことだから、そのまま書かないかもだけど



昨日今日は、近くの団地でお祭りが行われました。

昨日も今日も喜び勇んで盆踊りと食に徹したきっきです。




舞い(調子に乗るアホ親子・・・






日ごろから兄貴のように慕う大好きなお友達にも会え・・・
(キンチョーからか、かなり距離とってます)






母のとうもろこしを奪い・・・





盆踊りラスト21:30まで、みっちり祭りを堪能いたしました。



同じマンションに住んでいるお友達情報によると

昨夜の隅田川花火大会、第一・第二会場ともに

ベランダから見えていたようなんです!

隅田川に行くことも考えていたのですが、思いついたのが当日の朝。

あまりの混雑に、無計画で行ったことを後悔しそうなので止め、

盆踊りにハマっていた我が家・・・

この情報におののきました。

見えるんだ・・・我が家・・・。

むぅ〜・・・来年はリベンジだわ。

妥協を覚えた・・・? 

November 14 [Fri], 2008, 23:03
またまた引き続き、英会話教材ネタです。

教材の絵本の中でも、きっきのお気に入りの1つである「かくれんぼ」。

リスが鬼になり、隠れた他の動物(キリン、へび、うさぎ、鳥、しまうま、ワニ)を

順番に見つけていく訳ですが・・。

当初はテープを聞きながら、絵本を眺めて楽しんでいたきっき。

最近では、家にある動物のオモチャを引っ張り出してきて

その動物達を思い思いの場所に隠した上で

テープの進行に合わせながら順番に見つけて遊んでいます(自分が鬼役)。

きっきが実際に持っている動物のオモチャは

キリンとワニ(レゴブロックの添付品)、ヘビ(100円ショップで購入したもの)

あとは、持ち手がピンクのオモチャのはさみをウサギに見立て

さてさて、現物がない動物は、鳥としまうま。

鳥に関しては諦めたのか

絵本の中の鳥を指さして「見ーつけた」とやっていたのですが

さて、しまうまはどうするのか?

次々と動物達が見つかってゆく中、次、やってきました「しまうま」の番が。

テープでは、軽快に「しまうま見〜つけたっ♪」の歌が流れてる。



すると・・・ちょっと立ち尽くした後(しまうまをどうするか考えている?)

「ねぇ、おかーさん、アレ何かなあぁー?」

と指さす先は、スピーカーの上に置かれたライオン(これもレゴの添付品)。

アレを「しまうまだよねー」と言って欲しい・・・・?

でも、どう見てもライオンだし、かーさん、しまうまとは言えない・・・。



             母     「ライ・・オン・・・?」

             きっき   「うーん、しまうまじゃあ、ないよねぇ〜!」

             母     「う〜ん・・・しまうまじゃーないねぇ

             

             きっき   「でも・・・・・・もうアレでいいんじゃない?
                    (ライオンを指さし、指さす方向に体がナナメってるし(笑))




テープ進行に間に合わせるべく、2歳児やむなしの妥協案〜。

「うん、アレでいいよねぇ〜」と言いつつ、大笑い。

一方、なんで笑われてるのかわからず、ニコニコしつつも

「なんで?」という表情のきっきでした


ちなみに、全く英会話の勉強にはなっていません、多分




      

も1つ、小ネタ。

今日は近くの児童館へ遊びに行きました。

2歳児クラスの「くまクラブ」を堪能した後

お友達とそのままランチ。

ランチ後、ホール内をキャッキャと走り回るきっきとお友達数名。

それまで一緒に走り回っていたYくん、ちょっとママのところへ寄って休憩。

そしたら、きっきが後ろから駆けてきて、笑顔で一言。



「Yくん、走ろうか



なぜか今日は七三分けの頭で、Yくんの肩に手をかけ言うその姿は

まるで、サラリーマンのおっさんのようでした(笑)


今日は「貸して、どうぞ」もそれなりにうまくできて

比較的、穏やかに過ごせたきっきでした〜。

その調子で今後もいってくれ〜(切望)

子の心・母の心 

November 11 [Tue], 2008, 23:08
最近やたらと手が出るようになったきっき。

会ったとたんに「ダメ!」と、表情も口調もケンカ越しで話すことも多いし
(これは面識のない子にすることが多いような)

オモチャの取り合いで手が出ることもしばしば。

激怒した時の最たる手段で、お友達を噛んでしまうことも数回ありました



きっきが噛む行動をすることについては、本当にショックだった私ですが

これに続くべくヒドかったのが、先日の児童館。

お友達(男の子)が遊んでいたブロックのおもちゃで、自分も遊びたいきっき。

「貸して」と言っても貸してくれないとわかった途端

頭を手でベチッ!おまけにキック・・・。止める間もない素早さでした。

「叩く事はダメ!叩かれたら○○くんはとても痛いし悲しい、

これは○○くんが先に使っていたモノ、貸してくれない場合だってあるし

きっきだって、お友達から叩かれたら痛いしイヤだよね!」

というような内容で、きっきの両手をしっかり握って叱り付けるも

手が使えないときたら、今度はなんと

隣で泣いているその子に、頭突きまで食らわす始末。
(それまでの母の話、全てスルーです)

その執念深さと素早さに母もビックリやら申し訳ないやらで、本当にへこみ・・・。



また、一緒にお昼を食べようとしていた女の子(同年齢)のパンを

自分の機嫌が悪いってだけで、テーブルから手で叩き落として泣かせ

その上、お昼を食べ終わって遊んでいたその女の子の所に行って

突然、後ろに突き飛ばしたんです。
(頭を打たなかったのが、せめてもの救い・・・本当に申し訳ない)

もう、その行動自体にショックなのだけど、ショックを受けている場合ではなく

こちらも廊下まで引っ張っていき、懇々と説教。



今までも、何か気に入らないことがあると簡単に手が出る傾向にあって

母は常々悩んでいました。

どう対処したら良いのか、どうすれば未然にその行動を防げるか

同じ叩くにしても、それに至るまでの経緯も違えば原因も違う、

でも叩くのは絶対ダメ、そんな場合などは、どう叱り分ければいいのか?

そもそも、叱り分け・・・ってあるの?などなど

考え込みすぎて、教育方針を一貫できないどころか

訳わからなくなり・・・のループ。(嗚呼・・・おバカ)



上の2つはホントに極悪なケースで、この時ばかりは心底参った・・・。

これは同じ日の出来事で、今考えるとその前にきっきなりに

何か機嫌の悪くなることがあったのか・・・とも

思ったりするのですが、それにしてもあんまりです。

どんな事があったとしても、やってはいけない事に違いないので

私なりに、かなり叱り飛ばしたのですが・・・果たしてわかってくれたのか



思えば、ここ1年くらいは、手が出ることで悩んでいた母。

1歳後半頃からちょっとずつ叩くことを覚え始め、その後頻度がだんだん増し

今となっては、手が出ない日はないのでは?と思えるくらいに激増。

よく、口で言えるようになると、その行動も治まるとも聞きますが

本当にそうなのかな・・・と考えこんでしまったり

でも、わかってくれる日がくるまで言い続けるしかない・・・あぁ〜長いなぁ〜・・・

それって後どれくらいなの?などと、日々鬱々と考えていたりしました。

なもので、児童館へ行っても、ママ友との会話もまともに出来ず

常にきっきの金魚のフン状態。

うっかりきっきから目を離した隙に、どこかで誰かの泣き声がしようものなら

「もしや、きっきが何かした?」と、まずは我が子を疑い

現場を確認に走る・・・そんな自分も悲しい。

そういう状態で過ごしていたので、きっきが普通にお友達と楽しく遊んでいる時も

知らず知らずのうちに「今は平和でも、そのうち何かやらかすのでは?」と

我が子を全く信用していない冷めた目で、きっきを見ていたと思います。



そんな折、お友達からある本を貸してもらったのですが

目からウロコなことが書いてあり、自分自身を見つめ直す機会が持てました。

その影響もあってか、ここ2〜3日は少しは穏やかな目で

きっきを見守ることができた気が。

そして今日、近くの公園でお友達と遊んでいたきっきですが

いつもは必ず一悶着起こすような状況で、不思議ときっきが怒らない。

それも何度も。

少し心穏やかになった私の心がきっきに伝わり

彼の心に何か変化でもあったのか・・・?(というと大袈裟ですけど)

今までは、お友達と遊んでいるきっきを「見守る」というよりは

何かやらかさないように常に目を光らせ「監視」していた私。

子供って、自分を見るそういう親の目も敏感に察知して

潜在的にでも、「自分は信用されていない」という気持ちが

多少なりとも荒れた言動に表れるという事もあるのかなぁ・・・とふと思いました。



思い起こすと、モノの善し悪しもわからない0〜1歳児の頃から

お友達とのことに関しては「コレ取っちゃダメ、コレもダメ、痛いよ」なんてことを

常に言っていた気がする私。

今になって思えば、0歳児には0歳児へなりの対応の仕方があっただろうに

図らずも、そんな私の柔軟性のない振舞いや態度が

今の過敏なきっきの性格を作り上げてしまったんだろうかー?なんて思ったり。

これは、いまさら思っても仕方のないことで

これからどう対応していくかに尽きるとは思うのだけど。



とにかく、いつもだったら順番を守れず横入りして一モメ起こす滑り台も

今日はきちんと順番を守り、にこにこ楽しそうに遊んでいました。

そして、バネ仕立てのミニシーソーで遊んでいる子達のところに走って行ったきっき。

「あ、また奪い取るのでは」とすかさず疑ってかかる母。
(今までのケースではほぼ100%そうでしたから)

ついつい「きっき!」とキツめの口調で近寄っていったら

きっきは、シーソーに乗っているその子達と一緒にただ笑ってるだけで

奪い取ろうという気持ちはない様子。

そして一言。

「きーちゃん、お友達と『あはは〜』って笑ってただけなのに・・・おかーさん!」と。

まるで、最初っから疑ってかからないでよ!って言われているようでした。
(だって、日ごろのあなたの行動が・・・ブツブツ)

でも、こんなこと言われたのは初めて。

当たり前だけど、心も成長しているのだなと感じました。

母の心と子の心って、根底では連動しているものなのでしょうか。

今日の出来事に関しては、母の心云々ではなく

たまたまきっきの気分が良かっただけの話かも知れないですが。



こちらは別の日になるのですが

やはり、お友達のオモチャを奪おうとしてケンカになってしまった時に

これまた叩いてしまったことがありました。

またいつものように叱ったのですが、きっきが悔しそうな顔で

「もう・・・!おかーさん、きーちゃんばっかり!」と母に抗議してきました。

お母さんは、お友達はよくて、自分の事は叱ってばっかりいる・・・という訳です。

オモチャを奪い取るきっきが悪いので、きっきが叱られて当然なのですが

お友達から叩かれた時の叩き返しに関しても、叩くのはダメだと言い聞かせているし

とにかく普段注意したり叱ったり諭したり・・・が本当に多いせいか

自分がまいた種であることはともかく

「自分ばっかり叱られている」という観念が、彼の中に少なからずともあるようです。

いけない事はいけない、と、今後もきっきに言い続けていくしかないのだけど

きっきの中で、「自分が悪いことをした(かもしれない)」という気づきよりも

「自分ばっかり怒られてる」という思いが先行してしまっているのは

日ごろの母の叱り方や、きっきに対するのモノの言い方に

何か問題があるのかも知れないなぁ・・・と思わされました。



もっともっとおおらかに子育てがしたい、

厳しく優しく接したい、理想を言うのは簡単ですが

それを実行するのは、私にとっては本当に難しいです。

叱り方一つとっても、子供がどんな性格かも多分に影響してくるし。

育児=育自とよく言われますが、それをしみじみ実感するこの頃。

少し前の私は、きっきのせいで、毎日こんなに精魂疲れ果て・・・って思ってたのですが

きっきのおかげで、いろんな面で自分も成長できているんだと、今更ながら思えてます。



今日は、日ごろお世話になっている幼児教室で、保護者面談がありました。

「きっきくんは本当に子供らしく邪気がなくて

そこがとても良いところ、それが私は大好きです」と

先生がおっしゃってくれました。

その言葉で救われたような思いになった母。

入室時にはさんざん歩き回ったり走り回ったりしていたきっきも

今ではきちんと落ち着いていられるようになったし、手が出ることも減ったそうです。

教室では手が出ていないのに、母と一緒の時は出るって・・・

それって、我慢の反動?!・・・かどうかはわからないですが。

しかし・・・叩く・噛むなど、手が出る事さえなくなれば

現在の育児の深刻な悩み事のほとんどが消えるのになぁ〜。

言うこと聞かない、ゴネる・・・などというのは

普通の2歳の子であれば当たり前の事だし、それなりに対応できると思うのに。

でも、そんなことを言っていてもしょうがない。

いつか、あの頃は乱暴で本当に困ったよー、言える日がくることを信じて

母もがんばりたいと思います。

日々ダメ出しばかりしていないで、いいところにも目を向けるように

心がけていこう、と思えた今日の面談でした。




ここまで書いたとこで、きっきが鼻づまりで寝苦しいのか起きだしてきたので

再度寝かしつけに寝室に行っていたら・・・

今度はその隙にハチャコが部屋でオシッコしてました!

あーもう・・・

こーし 

November 11 [Tue], 2008, 1:44
ブログ、サボる時はサボるのに、いったん更新すると調子づく私。

・・・という訳で、今日もちょこっと。



風邪で今朝から青っ鼻の出ているきっき、

今日は幼児教室もお休みし、自宅で過ごしてました。

母がコーヒーを入れていると、「何してるの?」と。

「コーヒー入れてるんだよー。コレは苦〜いよぉ〜」

「・・・・・・・・」(ニマニマと興味ありげ)

テーブルにつき、コーヒーを飲んでいる母にまとわりつきつつ

隙あらば飲もうと試みるきっきに

代わりにグレープフルーツジュースをちょこっとあげました。

「すっぱいねぇ〜!」と言いながら、嬉しそうに飲むきっき。



そのしばらく後のこと

適当に一人で遊んでいたきっきですが

そのうち「こーし、こーし」と言いながら、アッチコッチ歩き始めた。

台所仕事をしながら、「こうし?こうし?こうしってナニ?」と聞いても

「こーし!」としか言わず、最初は果てさて全くわからなかった母ですが

「ほら、はなちゃん(犬ハチャコ)こーし入れたよー」

手には、テーブルに置きっぱなしだったジュースのコップが。

しかし、コップを差し出している先は、椅子で寝ているハチャコではなく

リビングのドアに向かってでしたが(なぜ?)

「コーヒーねー!」と、ここで初めて理解した母でした。

ウロウロ歩いていたのは

コーヒーをカップに入れ、テープルに持っていく人を演じていた模様(笑)

おしゃべり上手になったとはいえ、まだまだ何言ってるか

わからないことが多いけど、母のすることを良く見ているなぁ・・・と。

下手なコトできないな、と思いました。



      



最近、夜遅くに帰宅しては早朝出勤のオトウチャン。

きっきとの触れ合う時間があまりありません。

さっき、「きっきに何か置きみやげを・・・と思って書いてみました」

と言ったので、何かと思い見てみたら







昨日の記事にも書いた「いろどろぼう」の絵と、いろどろぼう演じるきっきの絵でした。

きっきの言う「Get inside」、私には「じゅっでぃっさーいっ」に聞こえていたけど

オトウチャンには「ちゅーにーさーい」に聞こえていたんですねぇ・・・。

人の聴覚っておもしろい。

・・・にしても、字、下手クソすぎやありませんか?

お絵かき・・・そして英会話もどき 

November 09 [Sun], 2008, 22:32
朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたね〜。

朝の空気は特に、冬の匂いがぷんぷんと。



今日は、風邪ひきのきっきとオトウチャンには留守番してもらい

一人できっきの冬用ズボンの買い増しに行ってきました

本当なら、近所の激安ファッションセンター(?)で買いたかったのですが

このお店、Baby〜95サイズまでは結構品揃えはいいものの

100サイズを過ぎると、種類が少ない上に好みに合わない事が多いので
(でも1本399円・・など、激安なのがもんのすごい魅力なんですが)

今日は、西○屋まで足を延ばしました。

激貧な我が家、あんまり子供服にお金をかけたくないのですが

それでも、ズボン3本で約2700円もしてしまいました(どんだけビンボーなのです?)

でも、成長が停滞することのないきっきの場合

来年も履ける・・・ってことはまずないし、高いのはもったいなくて。

全て100サイズで・・・のつもりが、3本のうちの1本がウエストがキツめっぽい。

ででーんと突き出たきっきの腹に食い込んでイヤがること間違いナシ。

110サイズだと、腹が出ているきっきでもOKっぽい!

なのでそちらを買って、大幅に余る丈の方は詰めることに。

きっきの寝かしつけをオトウチャンに頼み、その間にミシンを走らせたのですが

・・・・・見事に失敗

素材がコーデュロイなのですが、ミシンをかける時に引っ張りがちになった為か

裾がヨボヨボによれてしまいました

アイロンをかけたらなんとか見られるようになったかもですが

今年限りなので、まっ、いいです!・・・ってことにしときます



      



最近のきっき、お絵かきがだいぶ出来るようになってきました。

今までは、書いてもグルグルと丸を描き続けるような

絵ともいえないものだったのですが

最近になって、やっと顔らしきものが書けるようになり・・・。

顔には目と口を付ける、ということを2歳8ヶ月目にして覚えたようです(遅咲き〜)

今日はホワイトボードにこんな絵を







ナ、ナンダコレハ???

か、かえる か?!と思ったのですが、どうやら違う様子。

きっきは「いろどろぼーだよ!!!」と嬉しそうに教えてくれました。

「いろどろぼー」とは・・・「色泥棒」のこと。

何かというと・・・

以前、ばあちゃんから頂いた約30年も前の英会話教材セット。

教材の内容は、絵本が約30冊、それに合わせて聴く英語のカセットテープが約30本。

その中の1つに「色泥棒」というお話があるのです







その名のとおり、一人の泥棒が街にあるいろんなモノの色を盗み

街中を真っ白にしていく・・・というお話なのですが

きっきはどうやらこの泥棒の顔を書いたようです。

この英会話の教材、「ハッピートーク ジュニア英会話」というもので

30年前、幼少の頃のオトウチャンの為に、ばあちゃんが買った代物。
(知ってる方、いますか?)

それをばあちゃんはずーっと保管してあったらしく

「良かったらきっきに使って」と、きっきが2歳になったばかりの頃に持ってきたのです。

きっきに英語を・・・・とは、私はあんまり考えてなかったのですが

せっかくもらったので、埃をかぶっていたカセットプレーヤーをコンポにつなぎ

モノは試しでまずはやってみることに。

きっきを膝に乗せ、テープを聴きながら本をめくってみるも

当然、絵を見たい気持ちが先走り、テープの内容を待たずして次々とページをめくるきっき。

本来、ポーンという信号音のタイミングで

ページをめくるようになっているので、それを教え音が鳴るまでページを押さえていると

次のページまでの時間が、ものすごく退屈らしいきっき。

当時のきっきには、テープから流れる英会話は全く耳に入っていないようでした。

そのうち、「なんだこの異様な間は?」と言わんばかりに、体勢もデレーッとしてきて

目も遠くなり・・・そして母の膝上から脱走

なので、せっかくもらったこの教材も幼少時のオトウチャンに続き

お蔵入りかと思っていたら・・・、最近になってとても興味が出てきた様子。

とりあえず、[巻き戻し][再生][停止][取り出し]の4つのボタンを教えたら

今ではお気に入りのテープと絵本をセットで自分で出してきて

一人で楽しんでくれるようになりました。

信号音と共にページをめくることも覚えてくれたので

絵本とテープが終了するタイミングもバッチリ合ってます

最後のテーマソングでは、絵本を手に踊りまで披露。

これならテレビと違って、見せすぎ(聴きすぎ?)で害になることにないし

きっきがコレに夢中になっている時は

かーさん家事がはかどり、とても助かっていますよ〜。

ちなみにこの色泥棒、「Get inside〜!」と言いながら

街にあるいろんな色を、どんどん袋に吸い取っていくのですが

きっきは、小さいあんぱんまん扇風機のオモチャと、一部破れたトーマスのボールを

色泥棒の持っている袋に見立て(扇風機が吸い取り口、ボールが袋)

「じゅっでぃっさぁーーーい!!(Get insideのつもり)」と言いながら

我が家にあるあらゆるモノの色を吸い取るマネをしては

「ひゃー!!!まっしろになっちゃった!!!!」とはしゃいでます。

ちなみに、今のとこのお気に入りのお話は

「かくれんぼ」と「色泥棒」、「パープルモンスター」、の3つなのですが

このブーム、本当にかーさん助かるので、しばらく続いて欲しいです。



      



ところで、先日ばあちゃんちの近くでお祭りイベントがありました。

きっきは風邪で結局行けなかったのですが

その時のばあちゃんと私の会話。


      ばあちゃん  「ゲキレンジャーが来るから、きっきに見せたかったのよ〜!」

      私       「そうなんですかー!(ゴーオンジャーのことかな・・?)

      ばあちゃん  「ゲキレンジャー、好きでしょ?」

      私       「好きですよー。今は多分ゴーオンジャーだと思うんですけど・・・・」

      ばあちゃん  「ゲキレンジャーって言ってたわよ!」

      私       「あー、そうなんですか。今日は行けなくて残念です〜」


その後、普通の日常会話が続き・・・、最後に



      ばあちゃん  「あ〜、ホントに見せたかったわ、マジレンジャー!」

 


ばあちゃん・・・それ、きっとゴーオンジャーですよ



最後、思わず「ブッ」とフいてしまいそうになりました!



そんなこと言ってる私も・・・

ゴーオンジャーのことを、しばらくはオーレンジャーだと思っていたので

本来何もツッこめません
(いよいよ、記憶装置もオバチャン化・・・)

幼稚園、合格通知が届きました 

November 03 [Mon], 2008, 23:15
幼稚園、無事に入園を希望していたところから合格通知を頂きました。

思えば、今年夏頃から、ずーっと悩んでいた幼稚園選び。

やっと一区切りついた〜っ って感じです。



願書を出した幼稚園は、候補にあがっていた園の中でも一番遠い幼稚園。

当然バス通園なのですが、自転車でもバス停まで大体10分くらい?

大雨や台風のときなどは、電車になるんだろうなー。

それでも、園の教育方針がとても気に入って、ここに決めました。

願書を出す直前まで、果たしてきっきはあの幼稚園についていけるのか・・・?と

さんざん悩んだのですが、私の性格上、いったん気になったからには

入れなかった場合、ずーっと「あそこに入れてたらどーなってた?」など

引きずりまくると思うので、もう、なるようになる!と腹を決めてしまいました。

面接日の前々日は、願書や、志望動機・園までの地図などその他諸々を

いろいろ考えつつ必要書類に記入し、気づけば深夜3時。

面接の前日も、その他書ききれていなかった事項を

これまた頭を悩ませつつ記入。

それでも、12:30には布団に入ったのですが

緊張で目が冴えて、なかなか寝付けない。

今何時?と時計に目をやると、すでに深夜2:30でした。

布団に入って悶々として、もう2時間も経過しているし!

私、昔からこうで、何か心配事があったり行事がある日の前日などは

その事が頭から離れなくて、布団に入ってから少なくとも1時間は眠れないのです。

結局この日も、ほとんどまともに眠れないまま、当日の朝を向かえました。

2日連続の睡眠不足で、とても目が重い。

それでも緊張の方が勝っていたのか、ボ〜ッとした頭ながらも

動きはシャキッとしてたかも(笑)

以下、面接話なのですが、いつもにも増してかなーり長いです



11/1。願書提出&面接の日。

願書を提出して、まずは面接の順番を決めるために

朝6:30に家を出て、一緒に願書を出すお友達ママと共に

いざ幼稚園へ電車でGo その間きっきは・・・というと

オトウチャンに出勤時間を遅らせてもらい、自宅でみてもらってました。

園には7時頃到着。

7:30に願書受付開始なのですが

すでに10人くらいの保護者の方たちが並んでました。

時間になり、無事願書を提出。

願書を出した順番で面接時間が決まるのですが

受理票を見ると・・・面接開始時間は9:40。予想していたよりも随分早い!

・・・というか、事前の説明では確か面接開始は10時から・・・と

明記されていたので、この順番で行くと早くても11時頃かな?と思っていました。

9:40ともなると、家に戻って支度して・・・と結構ギリギリな時間。

急いで家に戻り、出勤するオトウチャンとタッチ交代して

バタバタと慌しく出かける用意(前の晩からやっとけよという話ですが、そこが私

時計を見ると、もう9時近くになっている〜!!!

「お着替えしない!お外に行かない!」と結構本気で嫌がっているきっきを

「さっき仕事に行ったオトウチャンを追いかけよう!」と真っ赤な嘘で説得し

なんとか面接用の服に着替えさせました。

その日は私もスーツだったのですが、スカートなもので

駅までは自転車ではなく徒歩で行く予定でした。

がしかし、あまりにも時間ギリギリ。

遅刻だけはするわけにはいかぬ!

もうスカートでもなんでもいいから自転車だーーー!!!と思ったところで



今度は鍵がナイ!!!



自転車の鍵が見つからないなんて、今までほとんどなかったのに

なぜ今日に限ってどこにもないの???さんざん探したのに出てこない。

時間がなくて慌ててもいたので、尚更見つからなかったんだと思います。

そーだ、きっと自転車につけっぱなしなんだ!そーだそーだと言い聞かせ

慌しく家を出て、自転車に鍵が付いていることを祈りつつ駐輪場へ。

がしかし、ナイ!!(倒れそう)

こーなったらもー、駅まで走るしかない!

でも、抱っこ星人のきっきが果たして走るか?

いやいや走りました。

きっきの心は「オトウチャンを追いかけよう!!!」でノリノリだったので

エンジン全開。元気に駅までの徒歩6〜7分の道のりを全て駆け抜けました。

途中、息があがっているので、さすがに心配になり

「大丈夫?少し歩こうか?」と言うものの

「おとーさん!おとーさん!」と少しも休まず笑顔で走るきっき。

嘘をついてすまない・・・と思う反面

なんだ、こんな体力あったんだ・・・とちょっと感心する母。

ようやく駅に着き、次の電車を確認したところ・・・これが全く来る様子なし。

反対側のホームでは、これでもか!というくらい電車がバンバンくるのに〜!

やっと来たと思ったら、急行でむなしくも通過。

だ・・・だめかも知れない・・・とちょっと諦めモードになるかーさん。

おまけに、ここできっきさん、いくらオトウチャンを追いかけても

姿が見えないことに気づき、「おとーさーん、おとーさーーーん」と・・。

しょうがないので、携帯のテレビ電話でオトウチャンを呼び出しました。

「がんばってくるんだよー」のオトウチャンの一声で

すっかり機嫌もなおったので良かったのですが

肝心の電車が来ない〜。ううう。

もうここからは時計を見ないようにしてました。

遅刻したら、もうそれはそれで仕方がない、と半ば開き直り。

それでもやっと電車が来て、乗り継ぎの接続はなんとか上手くいき

幼稚園最寄駅に到着〜。

ここで時計を見ると・・・急ぎ足でいけば5分前にはつける!という時間でした。

やったー、なんとか間に合いそう!と

また、きっきと元気良く小走りで幼稚園に向かいました。

電車の中でも比較的落ち着いて座っていたりで

きっきのご機嫌もまずまず・・・良かった〜と思っていたのに、なんと。

幼稚園の門をくぐるほんの5メートル手前くらいで、足がもつれ派手に転ぶ男

痛みに弱いのでそれはそれは号泣しまくり、一気に機嫌を損なったきっき・・・。

どうして・・・どうして今、ここで転ぶ?

泣きたいのはアタシだ〜!と、思わず我を忘れそうになりましたが

なんとか気持ちを立てなおし、母に戻る。

というか、時間ギリギリに出てしまった私に責任があり

むしろ、きっきはひたすら走りがんばってくれた訳で・・・。

ごめんよ、きっき。

とにかく、今すぐ行かないと〜遅刻だよ・・・という時間なのに

ひたすら激しく泣き続けるきっき、なんとかせねば・・・。

「痛かったねー。先生に、転んだけど頑張って

立っちしたよーって教えに行こうか」と言ってみたら

どうやら気持ちが幼稚園に向いた様子。

なんとか門をくぐることができ、受付時間にもギリギリセーフで

滑り込むことができました。
(ちなみに幼稚園に入った時点で、先生への報告はすっぱり忘れた模様)

控え室でも、面接室前に移動した後も、多少のおしゃべりはしましたが

いつのもハイパーなきっきにしてみたら、割と落ち着いていた方だった・・・かな?

それでも他の子はおしゃべりもせずに、きちんと椅子に座ってましたが。

名前を呼ばれた後、面接室に通され、いよいよ園長先生との面接。

園長先生と対面した時も、椅子に座った後も挨拶なしのきっき。

ここで、親として挨拶を促すべきか・・・?と一瞬迷ったのですが

挨拶を強制してもなぁ・・・・と、結局そのままにしておきました。

でも、あとになって、強制ではなく「こういう時はなんて言うんだっけ?」と

促すくらいは言えば良かったじゃないか・・・・、こういう親の姿勢も

見られているんだよ、きっと!!!!と、若干落ち込み&妄想する母。

まぁ、過ぎてしまったものは仕方ない・・・。

面接では、きっきの目の前に積み木を置き、遊ばせておき

その間に、園長先生とのお話。

志望動機など聞かれたのですが、さんざん考えてきたのに

結局思っていたことの10分の1くらいしか話せず・・。

ここの幼稚園、父母会の活動がとてもさかんで

在園児のお母さん達が「まるで幼稚園にパートに出ているようだ」とまで

言っているらしい・・・との噂が。それくらい頻繁に親が園に出向くようです。

その父母会への参加も「下のお子さんもいないし、大丈夫ですね?」と

念押しされました。

その後、幼稚園についていろいろお話される園長先生を前に

突然、きっきが「トイレでおしっこ!」と言い出しました。

ひぇ〜、ここでおもらしされたら大変だ!と、かなり慌てる私。

園長先生と私で「トイレに行きたいの?」と聞くと、「うん」とは答えるものの

「じゃあ、先生と言っておいで」と園長先生が言うと
(後ろにもう一人の先生が立っていたので)

「ううん、行かない」と言う。

園長先生が続きを話し始めても、また「トイレでおしっこ!」と席を立ち

先生の話の腰をボキボキ折るきっき。

要はこの場から早く去りたかったようです。
(実際、面接終了後にトイレに行かせましたが、チョロッとしか出なかったし)

席を立ってウロウロしながら「おしっこ」→「行かない」を繰り返し

結局、園長先生の話も途中に、「もういいですよ」とのお声が

もしかして、見・限・ら・れ・た・・・?と小心者の母、内心ガーン・・・。

おしっこに気を取られ

後半は園長先生が何をおっしゃっていたかも記憶にないし。

本当に、ダメ親っぷり全開だったかも・・・です。



その後、きっきは別室にて行動観察。

おもちゃで遊ぶ様子や、当日面接に来ていた子達と

遊ぶ姿を見られていたようです。

親子分離で泣いている他の子の影響もあり

グズりながら渋々部屋へ入っていくきっき。

その間、母は隣の部屋で筆記なのですが

隣の部屋からきっきの泣いているデカい声が聞こえてくるし、落ち着かない〜

聞こえないフリをして、こっちを書き上げるしかない!と言い聞かせて

記入モードに入りました。筆記の内容は・・というと、

志望動機や、園についての自分の意見などなど。

最近やけに手が出るきっき、隣の部屋で他の子に乱暴してないか・・・と

気になりつつも、止めに行ける訳でもなし

ひたすら書くべし!書くべし!・・・と、B4サイズ一枚なんとか埋めてきました。

筆記作業も終わり、控え室で待機していると

先生に連れられて、きっきが帰ってきました。

他にも控え室で他の親子が数組、静か〜に待っているというのに

ままーーーー!!!とデカい声張り上げて。

この人、普段は「おかーさん」と呼ぶのに、甘える時だけ「ママ」なのです。

「きっきねぇ〜、お友達と仲良く遊んだのぉ〜」との申告。

ホントかな?真実のほどはわからないけど

かなり上機嫌で戻ってきたので、多分そうなんだろうと思います(思いたい)

さてさてこれで全て終了、「帰ってもいいですよ」と先生から言われ

心底ホッとしました。

先生に挨拶をし、玄関を出てからは、「終わったぁ〜」という開放感からか

まるでもう合格通知をもらったかのごとく

心も晴れやかに浮かれ気分で親子共々帰ってきましたよ〜。

家に帰ってからは、あれもダメだった、これも失敗した〜と

自分にダメ出しをして、少し落ち込んだりもしましたが

もう終わったことだし しょうがない、

落ちたらまた別の園を探そう、と考えてました。



そして、今日3日、朝9時頃に郵送で園から通知が届いたのですが・・・

これがなかなか開けられない。

薄っぺらな気もすれば、なにやら書類が入っている感じも・・・。

「早くあければ?」とオトウチャンに言われ、ようやく開封。

そっと中を覗くと「入園許可」の文字が〜!!!

その下に、「判定結果:合格」と記載されていました。

いや〜、よほどのことがない限り落ちることはない・・・と

在園児のママさんから聞いてはいたものの

説明会の時に先生が、「子供ではまず落としません」と断言されていたので

面接時いろいろ反省のあった私にとっては、ホントにドキドキでした。

でも、無事に入園が決まって良かったです。

これからが忙しい3年間の始まりだというのに

「これで終わった〜」と、まるで全てが終わったかのような開放感

でも、明日はさっそく入園に関する諸手続きの日。

一番心配なのは、制服の採寸と靴選び。

きっきがおとなしくサイズ合わせをしてくれるかどうか心配ですが

張り切って行ってきま〜す。



話は変わって、今日オトウチャンと一緒に

近所で行われていたイベントに出かけたきっき。

ゴーオンジャー(昔でいうゴレンジャー)にめちゃめちゃハマって帰ってきました。

始終「せんじんえんたい(炎神戦隊の間違いです)ごーおんじゃー!!!」と

主題歌を歌い続けていました。

いつかはくる戦隊モノ・・・とは思っていましたが

かーさん、ゴーオンジャーのシャツとか買いたくないよ・・・。



とにもかくにも・・・

ここまで読んで下さった方、長くてスミマセン&ありがとう〜

トイレトレ 

October 20 [Mon], 2008, 23:42
今日は、衝撃的な事態が発生。

午前中の幼児教室を終えて、いつも通りそのまま近くの児童館へ。

皆でお昼を食べている最中、きっきがおもらししちゃいました。

テーブルで食べてたのですが

椅子の上に立ってテーブルに手をつく格好をしたかと思うと・・・

そのままじょじょじょじょ〜っと

椅子に立った時点で母も気づけば良かったんだけど

最近、トイレが順調に進んでいるという油断もあり

全くその様子に気づきませんでした。
(気づいたとしても、時すでに遅し・・・瞬時の事でしたが)

悠長にも「きっき〜、ご飯は座って食べるんでしょ」

なんて言ってたら・・・



じょじょ〜じょじょじょじょじょじょじょじょじょ〜



と、こりゃいつ止まるんだ、といういうくらいの大量のおしっこ。

ぎゃ〜!!!!!

周りはご飯タベテルヨ!

今思えば、いろいろ対処もあったのだろうけど

あまりに意表をつく出来事に頭真っ白。

その後は、一緒にランチしてたママ友にも助けてもらって

後始末に駆け回ってました。

嗚呼〜・・・やられた〜!って感じ。

タイミングがタイミングなだけに、ちょっと(いやだいぶ?)凹みましたよ。



9月1日にトイレトレーニングを開始したのですが

最初から思い切って普通の布パンツに挑戦。(夜はオムツ)

当然、おもらしし放題だったわけですが

早ければ10日もあればオムツも取れるかな・・・?と思ってたら

やっぱりそうは簡単に外れませんでした。

元々、トイレトレを始める随分前から、トイレに座らせれば

おしっこはしてくれてたきっき。

なので、母の「トイレでしっこしようか〜」の誘いに素直に乗れば

おもらしすることもなかろうと思っていたのですが

母のコマメなトイレへの誘いが、かえってわずらわしく感じたらしく

「トイレ行かないよ!!!!」になってしまい。

トイレ嫌いになられては困る・・・と

あまりしつこく誘わないようにしてました。

すると、するするおもらし

「おしっこ!」とは言うんだけど、必ず事後報告

途中くじけそうになった母だけど

気持ち悪いから報告してくれるのよね・・・と

気持ちを立て直しつつ続けていたら

3週間目にして「おしっこ〜!!!」と母に教えてくれるようになりました。

「おしっこ宣言」の後は素直にトイレに行き、無事終了。

この時は、もーカンドー

この日を境に「おしっこ」と言って、トイレに行ってくれるようになったきっき。

時々失敗を繰り返しつつも、だんだんと成功する率も高くなり

こりゃーこのままオムツ外れるか???と期待した母でしたが・・・。



先月半ばから、何故か風水にハマってしまい

まずは家のガラクタを一掃しよう!!!と、日々捨てるものを探しては

ごみ袋に、どーしようもないガラクタを詰める私。

この狭い家の中にこんなにガラクタがあったとは・・・!と思うくらいの量。

45Lの袋で最低20袋はゴミに出したと思います。

不要だけどまだ使えそうなものは、どんどんリサイクルショップへ。

本は古本屋へ。

洋服もリサイクルショップに持っていったのですが

こちらは残念ながらほとんど戻ってきました。

そして、使わない家具や大きいモノは粗大ゴミへ。

どんどん家のなかの風通しが良くなるのが気持ちよくて止められない。

こーゆーのにハマると夢中になってしまいキリをつけられないのが

私の悪い癖なんです。

構って欲しいきっきに、ついついビデオ見せてしまったり

適当に相手をしながら、ガラクタ整理にいそしむ日々。

そしたら・・・、まるで母の気を引くかのように、おもらし連発。

どうして〜!!!ずっとちゃんと出来てたのに

ショックでしたが、きちんと考えると

最近、きっきをほったらかしにしてたことが原因かも・・・、と。

ひとまず家の片付けは止めにして、またきっきとしっかり向き合おう、と

心を入れ替えて過ごすようにしてたら

なんと、またきちんとトイレでできるようになったんです。

子供の心って、敏感なのね・・・と思っていたところでした。



でもって、ここ最近、家では全く失敗のなかったきっき。

その油断が招いた本日の事態です〜。

「お友達といる時も、児童館にいる時も、おしっこしたくなったら

『おしっこ〜』って言ってもいいんだよ〜」と責めないように気をつけながら言うと

「うん」とニヤニヤ恥ずかしそうに言ってました。

トイレトレ、道のりは長そうですが

母もあんまり神経質にならずに、付き合っていきたいと思います。

ちなみに、は何故か100%成功のきっきです




先ほどのガラクタ捨ての話に戻りますが

リサイクルショップでも引き取ってくれないような

ぬいぐるみや洋服その他をフリマに出そう〜!と思い

とあるフリマ出店に申し込んだら、見事に外れてしまいました。

年末までになんとかもう少し不要なものを処分して

気持ちよい新年を迎えたいな〜と思う私でした。
(反省してるのか?)

成長中 

September 27 [Sat], 2008, 23:15
またすっかり更新をサボってました。

ご無沙汰です〜。

夏前頃からPCの調子が悪くなり、というかネット接続不可な状態となり

設定を見直すも全く駄目〜。

なもので、しばらくPCも触っていない生活が続いていたのですが

一念発起して、データをバックアップしてリカバリしました。

全部設定しなおしたのに、ネット接続の状態が断続的で安定せず。

ワイヤレスなので、ルータの設定も見直したんだけど、おかしいとこないし・・・。

今までPCはリビング、ルータは別の部屋に置いて使ってて

電波の強度も良好だったのに、同じ場所で今は常に信号弱し。なぜ・・・?

誰か原因を教えて〜!!!

ルータの目の前だと、信号強度が良くなって問題なく接続できるんですよね。

なので、現在はルータを前にしてネットしてます・・・。

ワイヤレスの意味全くなしです。

今更ながら、気づいたんだけど

目の前で使うならいっそLANケーブルにすればいいじゃないですか・・・。




やってみました。

サクサク動く〜!快適〜!

はー、もー最初からこうしてれば良かった・・・。

と、全くきっきとは関係ないことを書いてしまいました。




さて、きっきですが

発育の成長曲線を大幅に上回り、ずんずん育ってます。

ここのとこ、ご無沙汰してたきっきにっきだけど

ここらで成長の記録でもつけておこうかとも思い、更新した次第です。

現在、体重17kg! 身長はたぶん98cmくらいです。

足のサイズもなんと17.5cm!!!

2歳7ヶ月で、どーなのコレ

小学校に入学する頃には、どんなデカい子供になっていることでしょう。

私もオトウチャンもデカいので、当然といえば当然なのですが。




そして、しゃべるしゃべるしゃべりまくる〜。

日々、新しい情報が彼の脳みそに刻み込まれていっているみたいです。

先日は、窓の外を見ながら

「確かにコウモリがいた」と言ってました

そのことをオトウチャンにいったら

「俺も見た気がする」って、本当ですか?

ここら辺って、コウモリ出没するの?(いちお都内です)

オトウチャンの言うこともたまに信用できないので、流すことにします。



そして・・・ただいま来年入園する幼稚園選び、迷いに迷ってます。

とはいえ、11月に願書を出すので来月中には決めなくてはなりません。

今、3つの園が候補にあがっているのですが(3つも!)

それぞれメリット・デメリットがあり

どの点を重要視するのか、イマイチ絞りきれていない私です。

評判を聞くにつけまた左右されてしまう優柔不断な私ですが

決断の日は迫ってます〜。

ああ〜、どうするんだろ・・・。
ヤプログ!PR
プロフィール
kikki
■きっき■
性別:おとこ
生まれた日:2006年2月5日
出生時の体重:3718g
得意技:早食い
■家族■
◎オトウチャン
まじめだけどオッチョコチョイ。
寝ぼけ癖が激しいガテン系職人。
きっきをこよなく愛する。
「いないいないばぁっ!」のキャラクター、<ワンワン>に入っているチョーさんがとても気になる33歳
◎うきえ(いな)
甘いもの大好きな専業主婦。
きっきの母。
ひそかにダイエット決行中・・・
助産師さんに手伝ってもらい骨盤ケアをしている最中。
トコちゃんベルトも購入し装着中〜!
◎「はちゃこ」こと はな
ビーグル ♀4才。
哀願と脅迫を繰りかえすハイパー犬
1月にオトウチャンの実家から戻り、また一緒の生活してます


最新コメント
アイコン画像りえこ
» お絵かき・・・そして英会話もどき (2016年06月30日)
アイコン画像マリ
» お絵かき・・・そして英会話もどき (2009年11月19日)
アイコン画像うきえ
» お絵かき・・・そして英会話もどき (2008年11月10日)
アイコン画像あやあや
» お絵かき・・・そして英会話もどき (2008年11月10日)
アイコン画像うきえ
» 幼稚園、合格通知が届きました (2008年11月05日)
アイコン画像よーちゃん
» 幼稚園、合格通知が届きました (2008年11月04日)
アイコン画像うきえ
» トイレトレ (2008年11月04日)
アイコン画像へろ
» トイレトレ (2008年10月31日)
アイコン画像うきえ
» 成長中 (2008年10月05日)
アイコン画像フェアリー
» 成長中 (2008年10月04日)
2009年08月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メールはこちらから♪

TITLE


MESSAGE

http://yaplog.jp/kikki_kikki/index1_0.rdf