【 更新情報 】

スポンサード リンク

菊花賞・2009の予想と伝説のディープインパクト

2009の菊花賞を予想する声がちらほら出始めましたが、伝説のディープインパクトのようなスターはいるのでしょうか?

2009の菊花賞の予想で本命に多く挙げられているのがリーチザクラウン。
皐月賞・日本ダービーとも、ディープインパクトで勝利した武豊が騎手を務めているので、2009の菊花賞でも武豊が騎乗するのでしょうし、やっぱり予想でも本命といえそうです。

菊花賞はクラシック3冠の最終レースとなります。
2009は残念ながら3冠馬となるような馬は誕生しませんでした。
皐月賞を勝利したのはアンライバルド。日本ダービーを制したのはロジユニヴァース。
ロジユニヴァースは2009の菊花賞へは参戦しないようです。

ディープインパクトのような強い馬が出るのは10年に1度と予想されています。
平成に入ってからはナリタブライアンが1994年、ディープインパクトが2005年に3冠を達成しています。

最近は馬の適性を重視して、有力馬でも重賞に出場しないことも多いようで残念です。
とはいえ、2009の菊花賞の予想はこれから盛り上がってきそうですね。

東原亜希の2009・菊花賞の予想

2009の菊花賞が近づきましたが、東原亜希だったら2009・菊花賞の予想はどう見るのでしょうか?
まだ競馬ファンを続けていて、2009の菊花賞も予想しているのでしょうか?

東原亜希は、2007年の4月から12月までサンスポで競馬コラムを書いたり、スーパー競馬にも出演していたほどの競馬ファンです。
ただ、東原亜希が本命の予想に取り上げた馬は一番人気であっても負けるというジンクスがあり、ファンや関係者の中でも話題となっていたほど。
番組内で東原亜希が予想を書いたノートはデスノートと呼ばれて、武豊たちジョッキーも嫌がっていたほどです。

番組は2007年に終了していますが、個人的には競馬ファンとして予想を続けると言っていた東原亜希ですが、今でも競馬ファンを続けて2009・菊花賞の予想もしているのでしょうか?
柔道の井上康生と結婚して子供も生まれ、日本とスコットランドを行ったり来たりする暮らしのようですが、2009・菊花賞の馬券はネットなどで買うことができますよね。

2008の菊花賞と2009の予想

2008の菊花賞から2009の予想をしてみましょう。

2008の菊花賞を制したのはオウケンブルーウスリ。
2008は、実績を持つ馬が故障などで参戦しなかったこともありますが、予想の通り、人気NO.1だったオウケンブルースリが2008・菊花賞を制しました。

2009のオウケンブルースリは、3月に行われた阪神大賞典の予想では、人気NO.1として支持されましたが結果は7位に終わっています。
2008の菊花賞は、予想の通り一番人気の馬が勝利しましたが、2009はどうでしょうか?
2008までの10年間で予想で一番人気の馬が菊花賞で勝利したのは、2005のディープインパクトだけです。

現在、2009の菊花賞の予想で名前が挙がっている馬は、リーチザクラウン。
2009の皐月賞では、13位と大敗しましたが、他のレースでは1着か2着という好成績が続く期待度の高い馬です。
その皐月賞を制覇しているアンライバルドも注目されます。
日本ダービーでリーチザクラウンを抑えて勝利したロジユニヴァースは、残念ながら菊花賞へは参戦しないようです。

2009・菊花賞の予想と過去の結果

2009の菊花賞を予想するときは、新聞やサイト、予想屋などの情報、過去のレースの成績などいろいろな情報がありますが、何を参考にすると良いのでしょうか?

困ったときは過去に学べと言われているようです。
2009の菊花賞の予想を、過去の結果で傾向を見てみましょう。2009・菊花賞も3000mと長距離のレースとなるため、スピードのある馬が強いわけではなくスタミナも重要になります。

菊花賞だけでなく、競馬のレースでは何が起こるかはわからず、プロでもなかなか予想は難しい。
過去の菊花賞の結果を見ると、予想で人気NO.1だった馬が勝利することは意外と少ないようです。
過去の数年間を見ても、昨年のオウケンブルースリと、日本の競馬史上6頭目の三冠馬となり圧倒的な強さを誇ったディープインパクトが勝利した2005の2回しかありません。

2009の菊花賞にはリーチザクラウンなどの名前があがってきています。
予想の通りにいかないのが競馬の醍醐味でもありますが、2009・菊花賞はぜひ当てたいものです。

2009・菊花賞で競馬の予想をしてみよう

菊花賞・2009(日本の競馬の5大クラシックレース)が近づいて、レースの予想も盛り上がってきています。

菊花賞は、日本中央競馬(JRA)が中央競馬でおこなうの3歳の競走馬による競馬のレース。
皐月賞・東京優駿(日本ダービー)と続きクラッシック三冠の最終戦となる競馬の重賞(看板レース)です。

2009も京都競馬場の芝3000mのレースと長い距離で競われ、もちろん予想や応援もかなり白熱することでしょう。
ネットでも2009・菊花賞の予想をするサイトなどで徐々に盛り上がってきています。

菊花賞は3000mと長丁場の過酷なレースとなるため、スピードとスタミナが必要なレースとなり、もっとも強い馬が勝つと言われる競馬のレースです。

ナリタブライアンやディープインパクトなど競馬のファンでなくても記憶に残る多くの名馬が出ている菊花賞から、2009もスターが生まれるのでしょうか?

2009の菊花賞は10月25日(日)に開催されます。ネットでも馬券が買えますので、予想して盛り上がりたいですね。
P R
カテゴリアーカイブ