お雛祭りの壁紙配信!
2008.03.03 [Mon] 12:44

ジプリのアニメでもっとも好きな作品です。最近の「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」といった作品も悪くはないのですが、少し難解で家の子供たちも最後までは見るけど内容はよくわからなかったようです。しかし「となりのトトロ」を見るときはいつも自分がメイやさつきになった気分で夢中で楽しんでいます。特に庭に植えた種がぐんぐん成長するところではトトロたちと一緒になって傘を天へ突き上げる仕草を真似たりしています。  キャラクターもこの作品ではグロテスクにならず、昭和30年代ぐらいの設定のほのぼのした感じも好感が持てます。この昔の感じが日本人にはたまらなく懐かしいのですが、海外の人にはわからいでしょうから、この作品の評価が低いのかな。  いまの子供たちにとっては未知の森で怪物に会うストーリーにわくわくでしょうし、大人は自分の子供の時にあった風景を思い出して楽しめます。 初めてこの映画を見たのは幼稚園生ぐらいの事でした 当時は面白くて何度も見直してました 森に行くとトトロや猫バスに会える、見るたびに何度もワクワクしながら見てました しかし最近になって見返してみると子供の頃とはまた違った感覚があります まず目がいったのはその世界観でした このような時代には僕は生まれてませんでしたが、懐かしい感じがしました 子供の頃はトトロにばっかり目がいっていましたが 今度はさつきやメイに目がいくようになりました 真っ黒くろすけを見つけたり、トトロに会いに森に行ったり、バス停で猫バスに会ったり、隣のばっちゃんが作った野菜をおいしそうに食べたり・・・なんだかとても幸せそうな感じがしてこっちも幸せな気分になってきます 大人も子供も楽しめるこの作品 いつまでも残していきたいこの作品 皆さん一度ご覧になってみてください
 

となりのトトロの壁紙配信します!
2008.03.03 [Mon] 12:42

甘いものは、別腹などという。「となりのトトロ」は、私にとって「別脳」映画だ。この映画は、ほかの映画と違うところに訴えかけてくる。 感情を刺激する映画、理性を刺激する映画等、映画もいろいろだ。もちろん「となりのトトロ」は感情や理性にも、多くのことを語りかけてくる映画だが、もっと違うところをも刺激してくる。 暗闇に対する恐怖・畏怖の念、夕暮れ時の焦燥感、母親を喪失したさいの絶望的恐怖感、悲しみは、おそらく動物が本能的にもっているものだろう。 「となりのトトロ」は、動物としての私がもっている本能とか、潜在意識に直接訴えかけてくる。大人である私が、忘れかけていたプリミティブな感覚が、覚醒されるような感覚をおぼえる。 世の中に名作映画は数多くあるが、この映画だけは別格だ。
 

MacBookの感想&オリジナルカスタム!
2008.03.03 [Mon] 12:29

Office 2004と比較し、ビジュアル的には大変優れています。 オシャレな感じは、Macでも違和感がないという感じがします。 ただし、やっぱり、動きは重い感じは否めません。 2004より起動に時間がかかる(WordもExcelも)のは、 仕事や作業でスピーディーにやりたい場合は、 少しイライラしてしまう方もいるかもしれません。 また、旧バージョンでできていた作業ができないこともあり、 (後に修正されるかもしれませんが) これもやはり、ストレスになったり、 仕事によっては、致命的なものになるかも・・・と想像します。 なので、私は、旧バージョンを削除せずに、 新しいものを入れて、同居させて使用しています。 Office 2008のインストール時に、 「古いバージョンは削除するか」という選択肢が出ますので、 削除せずにインストールすれば、共存が可能です。 現時点では、両方を使い分けるのがいい感じ、と思っています。
 

骨盤矯正で無理なくダイエット!
2008.03.03 [Mon] 12:26

テレビに出演しているmicacoさんは、声がはっきりしていて良いですが みなさんもおっしゃっているように、このDVDの音声は 緊張のためか声が震えていてそれが気になってしまって 1回通しで見て、そのまま使用していません。 お教室に週1くらいで参加して、インストラクターの先生方の すてきなスタイルを見てモチベーションをUPしてもらって なんとか続いたかな、という感じです。でもその程度では 大幅なサイズダウンというのは無理です。食べすぎが抑えられたことで ちょっとだけ痩せはしましたが。(今はそのお教室は閉鎖されてしまいました。)テレビで著者のmicacoさんが出てらして、とてもスタイルの良い方だったので 興味が沸き、購入しました。 早速付属のDVDでやってみましたが、動きうんぬんより micacoさんの声が震えてる…。緊張のせいなのか、運動しながらだからなのかわかりませんが 張り合いのない声です。 気にせず、続けようと頑張ってみたのですが、元気のない声だし、 励ましの言葉もなく、ただ淡々とエクササイズ(一昔前の動きにも思える)が進んでいくので 眠くなるし、やる気も起きずで、段々DVDから離れていきました。
 

食い逃げされてもバイトは雇うな!経営学!
2008.03.03 [Mon] 12:22

書名の通り「ざっくり」分かった。でもこれは私のように、これまで何度もこの手の本を読んでも「損益計算書」は分かっても「貸借対照表」が分からず、その上さらにキャッシュフローなんて全然・・・というタイプには画期的なことなのである。当然、随所に出てくる専門用語や計算式を理解したかと言えばまだ「不十分」だが、それでも極力分かりやすく説明しようとする意思が伝わってくる。もしかすると「分からない人」相手に細々と修正しながら書いたのかもしれない。 せっかく「ざっくり」分かったので、これからは投資先各社より送られてくる決算書類をこの本を片手に細かく見ながら、実践で勉強してみたいと思う。ファイナンスをここまで初心者向けに 判りやすく丁寧に説明した本はありません。 どうしてもファイナンスというと難しい式ばかり出てきて本質的に 部分にたどり着く前に挫折ということがほとんどじゃありませんか!? それにファイナンスって聞いても入門書でどれを手にとっていいかわからず 結局、グロービズシリーズの”MBAファイナンス”を買って終了! みたいになってしまうと思うのです。 ”MBAファイナンス”はむしろ本書を読んだ後に読むと理解がしやすいと思われる。 文庫本と思ってあなどっているとむしろ損! 単純にファインナンスとは!?を教えてくれる本です。