【 更新情報 】

スポンサードリンク

「危険予知訓練の事例集」

危険予知訓練は危険予知をローマ字にし
危険のT、予知のY、トレーニングのTでKYTとして呼ばれている事もあります。
この文字のままの危険予知のための訓練です。
訓練の中で有名なのは4ラウンド法についてまとめてみました。
4ラウンド法とは名前にあるように1〜4までのラウンドがあり、
ラウンドにそって進めていきます。
この訓練は実際の現場で進める事が効果的です。
1ラウンドでは、状況の把握です。
状況を見て、どこにどのような危険があるのか把握します。
例えば、足場がある所では上から物が落ちてくる可能性があるといったように進めていきます。
2ラウンドでは本質の追及です。
危険な状況が把握できたら、危険な状況中から2つに絞り訓練のテーマにします。
次にテーマを指差し確認で目と耳と体を使って確認します。
訓練している全員で出来るとよいです。
3ラウンドでは危険が発生したときの対策です。
テーマにある状況で危険が発生した時にどう対処するのか考えます。
できるだけ具体的にできると実際発生したときに効果的です。
4ラウンドでは目標を設定します。
目標といっても難しくありません。対処を指差し確認します。
確認する事で、発生したときの目標が設定できているのです。
危険予知訓練は4ラウンド法だけではないので、
状況に合った方法が一番良いです。訓練は定期的に何回も実施する事をお勧めします。

「危険予知のイラスト集をGET!」

探すと本はいっぱい出てきます。
「短時間KYTイラスト・シート集2」では
主に工事現場などのKYについてまとめてあります。
危険予知訓練を始めるためのリーダーの心得から始まり、
危険予知訓練の考え方やKYTの基本である4ラウンド法をイラストでまとめてあるようです。
イラストをポイントでまとめてあるため短時間で危険予知を習得でき、
クレーン、玉掛け、電気など種類も豊富です。
イラストはゼロ災推進部で募集している中から優秀作品を選んで掲載しているので、
より分かりやすいイラスト集になっています。
イラストシートの裏面には、分かりやすいように
状態、行動、現象をプラスそて表現の仕方について具体的に例があります。
家庭用でイラストをGETしたいなら、
クイズ形式のイラストがダウンロードできるサイトはお勧めです。
子供のは簡単に理解できると思います。
道路や公園、夜の道路などシーンが豊富で便利ですよ。
→http://www.pref.hiroshima.lg.jp/cspt/shiryou/quiz/quiz.htm
イラストとポイントがまとめてあります。
主に学校生活内の危険についてですが、参考になると思います。
→http://www.town.oiso.kanagawa.jp/kyoiku/kyt/kytintro.html書は、かつて「短時間KYTイラスト・シート集」として平成6年に発行したものに続く、第2集として編集したものである。近年特に積極的にゼロ災運動研修会に参加頂いている建設、鉄道、通信事業等の作業のイラストシートのほか、毎年ゼロ災推進部で募集しているKYTイラストシートの優秀作の中からも選定し追加。また、イラストシートの裏面に例示した第1ラウンドの表現についても、特に危険要因の表現の仕方を分りやすいように、「状態」「行動」「現象」を加え具体的に例示した。

「危険予知のイラストは参考になります」

危険はいつどこで起こるか分かりませんよね。
どんな事故でももっと気をつけておけばよかったなんて後悔しても遅いです。
危険予知は事故を未然に防ぎ、回避するための訓練です。
例えば車の運転中ってたくさんの危険が予知できます。
危険を予知したときに思い出すが、自動車学校で訓練したときのイラストです。
左に曲がりたいときに、隣にいるバイクにきずかなかったときはすっごくドキッとします。
バイクが自分で危険を感じて速度を落としていたからよかったですが、
そのままだと事故になっていました。
こういう場面を文や口で説明されても理解するのが難しくなってしまいますし、
思い出しにくくなってしまいます。
このように文よりもパッと思い出せるイラストはとても参考になります。
イラストだと状況の把握がすぐにできるし、運転中に似た場面があると思いだします。
危険が発生したときの行動なんかもイラストの方が文字や口頭より断然参考になります。
危険予知のイラストは子供に交通ルールを教えるときなんかにも参考になりますね。
絵本のようにお話を作って聞かせてみるのもいいかもしれませんね。

「危険予知訓練シートは便利」

危険予知訓練シートは訓練の中で、すっごい活用でき便利ですよ。
重要な事を要約してあるシートや、イラストがあるシートなど様々です。
危険予知訓練シート中でもイラストや実際の写真がある方が良いと思います。
実際事故があった写真なんかは、こうならない為にもという意味で
危険に対する心構えが期待できるし、
危険発生の対処する行動なんかも実際のように確認が出来るからです。
危険は感覚的な事が多いので目、耳、体で感じる事がベストですが、
実際にその現場にいけない時があると思います。
それに行動などは
口頭説明や文での説明よりイラストや写真の方が伝わりやすいからです。
危険予知訓練シートの便利な所はこれだけでではありません。
訓練のときだけでなく、シート事態を目に付くところに掲示しておくだけでも
十分危険予知に対して効果があります。
毎日見ていたら自然と頭に入っているので、迅速な行動が出来るようになります。
行動だけじゃなく、危険を察知できる力が習慣付けられていきます。
訓練だと毎日皆で時間を合わせる事は難しいけど、
掲示しておけば時間はかからないし良い活用方法だと思います。

「危険予知活動表で危険よさようなら!」

危険予知活動表では
危険予知があるポイントとポイントに対する対策の二つから表が出来ています。
危険対策ポイントを手元に注意するなど簡潔にしてある所が多いと思いますが、
どのように書いたら良いかわからないといった考えから
簡潔になってしまっているのだと思います。
これだけではただ注意するだけといった事になり、
本当に危険は回避できてはいない事になります。
そうならないために、危険活動表には何で危険が予知できるのか?
危険が発生するとどうなるか?の二つをポイントにし考えます。
手元に注意するから考えてみると、
道具が滑りやすいうえ、重いので落してしまう事が予知できる。
落してしまうと下で作業をしている人や通行人に道具が当たってしまう。
となります。
これを危険予知活動表に道具が滑りやすく重いから、落とさないよう手元に注意する。
と記載すれば今以上に質の良い危険予知になります。
二つのポイントを〜だから〜を注意するといったようにすると分かりやすいです。
具体的に記載するように指導すれば、今以上の危険予知を期待出来ます。
自己の90%は不注意によるものなので、
不注意を改善すると90%事故は回避できるということです。
危険予知活動表の記載方法を見直し、危険とさようならしたいですね。

「危険予知活動をきっちりしよう!」

危険予知活動をきっちりする為には、
一人一人が危険予知活動の大切さを分かっている事が大切です。
大切さを分かっていると、今以上の危険予知を高める事が出来ます。
ただ言われるまま訓練しているだけでは、
実際危険が起こったときに対応できなかったり意味がない結果になってしまいます。
危険予知は、自分自身を守るためでもあり仕事の仲間や家族を守る事にもつながます。
危険予知訓練をする前に、なぜ危険訓練をするのか説明をし、
全員がわかった上で訓練は実施してほしいものです。
訓練はさまざまありますが、有名な4ラウンド法は具体的に訓練ができ、
全員の認識ができると思います。
毎日行う指差確認もただ行っているだけでなく重要性の認識を持つことで、
きっちり確認できるようになると思います。
認識の低い方など、危険予知の重要性をもう一度確認するのと合わせ、
具体例を実際の写真なんかで説明すると日々の危険予知に効果があるようです。
会社なんかでは、壁に標語を貼る事で一人一人が常に危険を予知できるようにしています。
重要性を高めるのには効果があります。

「危険予知を万全にしよう」

最近はKYとして注目されている危険予知は、
自分自身が事故や怪我にあわない為に、危険を察知する事です。
例えば、車の免許を持っている方は運転シュミレーションなんかで、
急に子供が飛び出してくるかも知れないから公園の近くは注意する事が危険予知の一つです。
危険予知を万全にし、行動する癖をつけていけば自然と危険を回避する力や注意力がついてきます。
危険を万全にするためには、日々のちょっとしたトレーニングで高める事が出来ます。
トレーニングにはイラストを使った方法など様々あるようですが、
工事現場でも利用が多い4ラウンド法を利用している所は多いようです。
4ラウンド法とは名前から分かるように、4つの段階があり実際に現場で訓練を進めていきます。
@状況の把握では、上から物が落ちてくる可能性がある。
ここでは可能性があるだけのでなく、なぜその可能性があるのかも考えるのがポイントです。
A本質の追及では、リーダーが@から摘出した危険な場所を2つに絞りテーマを決めます。
決まったらテーマを全員で指差唱和をします。指差唱和する事で目、耳、体を使って確認することができます。
B対策では、危険なポイントに対し具体的な実行対策を1つに対し3つ設定する。
C目標の設定では、Cで設定した3つの対策を指差唱和する。
以上が4ラウンド法の流れです。朝礼の時間を使って行っている所が多いようです。
自分自身を守る事は、大切な家族を守る事へつながります。
危険予知を万全にし、何事も行動する事が大切です。

「危険予知訓練は簡単です」

危険予知訓練は毎日きちんとしたい所ですが、
時間もかかるし、なんだか難しそうなど
忙しい毎日の中ではなかなか時間を作れないといった状況があると思います。
ですが、危険予知訓練(KYT)は簡単に実施する事が可能ですよ。
確認をおこたらない!などのポスターを作りみんながよく見る場所に貼るだけでも危険予知
につながります。トイレなんかは良い場所ですね。
このサイトはクイズ形式でトレーニングできますので、
お子様と一緒にするのも良いですよ。
危険予知といっても、予知できる事は探せばいくらでもあるし
何から始めていいか分からないし、難しいといった結果になりますが、
危険予知訓練をする対象を決めると簡単です。子供のためなら近くの交差点。
お父さんなら車を運転する時などと進める事ができます。
4ラウンド法に沿って進めれば、
@状況把握A本質の追及B対策C目標と日々の中で考えるだけで訓練になります。
通勤で電車に乗っているときや、子供と歩いているときに一緒に考えながら話すといいかも知れませんね。
日々続けていれば自然と身についていきます。

「危険予知のイラスト」

危険予知(KYT)のイラストは、
交通安全のポスターや職場での注意事項のポスターなど様々な所で見かけます。
最近では飲酒運転防止のため、
飲食店の出入り口で飲んだら飲まないのイラストが入ったポスターを良く見かけます。
そんな身近な危険予知のイラストは自分で作成する機会も出てくる事もあります。
季節ごとにだと、冬には路面凍結注意や夏は海水浴の注意などです。
危険予知のイラストと考えると難しいですが、
先ほどの飲酒運転防止のポスターのように危険があるかもしれない事だと思えば、
非常にイラストを描くのも探すのも楽です。
イラストの参考に出来るもの探しやすくなりますよ。
危険予知のイラストを作成するには、テーマが決まっていればそんなに難しくありませんよ。
テーマが決まればそれに合うイラストを探してあとは編集するだけです。
このサイトは危険予知のイラスト素材が豊富です。
是非参考にしてみて下さいね。
http://www.cross-road.go.jp/disp_sub.php?corner_id=5&category_id=3&subcategory_id=13
一人で考えるのが難しいなら、皆で考えるといいでしょう。
安全ポスターの募集やコンテストを開いてみるのもいいですよ。
会社では朝礼などで皆考えるように指導すると、
皆は面倒にすますが一人一人が考える事ができるので危険予知意識が高くなります。

「危険予知トレーニングはきっちりしよう!」

危険予知トレーニングをきっちりする為には、
なぜ危険予知トレーニングを行うのか?を考える所から始めると効果的です。
トレーニングの必要性や、重要性が認識していないと、
この危険予知トレーニングは何の意味の無くなってしまいます。
登山を例にすると、登山はどれぐらい危険があるのか知ってもらう事から始めます。
これは登山だけでなく、何にでも応用で出来ると思います。
運転中はどのくらい危険が潜んでいるのか?など置き換えると危険な事がたくさん出てきます。
なぜ危険予知トレーニングを行うのか?から始めるかは、
トレーニングの重要性を認識しているのとしていないのは
登山に対する心構えが全然違うようです。
心構えがある方が危険を回避できますし、発生したときの行動力が違ってきます。
一人一人が心構えをして頂く為にも、
重要性をまず説明するときっちりとした危険予知トレーニングが出来るようです。
きっちりと進めて行く為に、説明には実際あったことなどを交えるのも効果的です。
トレーニング中は指差し確認のように、体・目・耳で確認するよう繰り返し指導すると、
何事もきっちり確認する癖が自然とついていくようです。
P R