リリイ-シュシュのすべて。关于莉莉周的一切。 

April 25 [Fri], 2008, 14:36

01

  世界はどんなもののから構成するのですか?

  元素か?思って思っていますか?偽りの寓言か?それとも一面のはてしがないで朝鮮の世界の果ては広がります行く緑色の麦の畑か?

  エーテルは何ですか?

  あれらの幻想的なこと何度も電磁波で、やはり内心で泳いでいく勘ぐることと愛慕か?

  甘くてねばねばしての、残酷での、粗雑な汁の味をしみ込みだす濃厚な青春。

  夏過ぎる季節風の日に鋭くて長い音を立てて、秋季に火の焼き払う麦の畑に中でこだまします。

  潰爛した1地の青春のニュース変化する物語。

02

  あれらは盛夏の厳しい日差し粘る緋色のまぶたの下の記憶に従って、持続的に胸腔の中で蒸発します。

  一回過去まで回想して、私は1本の冬のもうすぐ寒い死人にある大通りの上でに関わらず、やはりあって盛夏にどきんどきんと外に向かい白色の冷気のエアコンの家屋の中を噴き出して、視界の中で第1時間は現れて、それともあれらは日光に油の緑色の芝生をされるをものともしないのでなければなりませんによって、上の孤独な而立の白いワイシャツの少年がまだいます。

  運動場の上で中身がないランニングの音。

  CD機たまにカードのため出したポキンという音。歌声はそびえ立ってしこりが起きて、痛くもかゆくもなくてそれなのに明らかに鼓膜の上で痛みを漕ぎます。

  売店内の朝食は迅速に売り尽くすことができ(ありえ)ます。

  学校が引けた後にの教室の中で、1,2個日直の朝鮮の地面が残って水をかけています。

  校門の外の何人かの口論し始める少年、朝鮮の相手は握りこぶしを振りました。

  03

  私達の毎回話及んだ心。胸腔の中でで、あれは筋肉と骨格のくるんでいる脈打つ筋肉の繊維の形の心臓に、それとも私達はすべての悲しみと喜びなどの情緒のを受け入れて、あのいわゆる心か?

  ただ私達はすべて若い時自分の悔やむことに言及することに慣れました。

  見落としたあの心臓、実はずっと健康に仕事は私達の若い体の内にあります。

  続けて絶えず脈打っています。血液を提供しています。

  私達の若い生命を維持して、および栄養をつけて私達に持続的に悲しみと喜ぶ資本を経験することができます。

  04

  心はアイドルを必要としますか?

  アイドルは先に用いて叫んだのですか?

  悲しいアイドルを持ってきて、心に対して1種が粉砕するので、それとも1種は治愈しますか?

  Lilyこのように1種の存在。メロディーとメロディーの間で、電磁波と電磁波の間、心臓の上で深く軽く1刀1刀漕いでいます。あれらの深く軽やかな痛み、痛みが最後まで(へ)すでに何を見分けられなかったのが痛いです。

  たとえただとしてもやさしくて高く低く流れるメロディー、皮膚の上で何度もただ刀の峰たとえだけですとしてもを使いますゆっくりと。

  それではもとても赤い印を残します。

  何も別に残すことはでき(ありえ)なくありません。



  05

  何も別に残すことはでき(ありえ)なくありません。

  私達ののあっというまに死去する青春のそうです。私達はやはりすべての無人の風が起こる日ことができ(ありえ)ますで、あれらの抹殺することができないつきあいを思い起こします。苦しくての、喜んでの、悲しくての、しようがなくての、あれらの長くて緩慢な日。

持続的に麦の畑の中で蒸発します。

  最後に灰燼に従って埋められて深い土壌に進みます。養分に転化して、空に向かって成長します。

  リリー周のすべてに関して。1度の青春ののようで映ってかきます。シナリオがなくて、釈明していません。ただ言うことができない解読、体の内で階を書かれます。

  CD機はすでに私達の視野から退出しました。テレビの中で1日中はすべてMP3広告を置いておいて、大通りが十分補充するのはリンゴIPODの広告看板です。

  たまに引き出しの中に最も中のいっぱい下ろすほこりCD機を取り出して、機体の上のほこりに拭いていって、引っかき傷を拭いていけません。

  手元は二度とCDが探し出せませんでした。

  CD機の張口、言語を失う私達のようです。

  06

  だから。

  追憶でですか?記念でですか?

  《リリー周のすべてに関して》公開上映する過去7年の後で、更に再びあれこれの情緒を振りかえりにきます。

  更に多いのが解読するのはすべて局外者の耳打ちです。

  ただ内心の深い所、ずっと存在しての、ずっと存在しての、あやうく悲痛な叫び。

  高く14歳の寂しい青空の上でこだまします。

  I wanna be。。





01

  世界是由什么东西而构成?

  元素?念想?虚妄的寓言?还是一片无边无际朝世界尽头蔓延而去的绿色麦田?

  以太是什么?

  是那些虚无飘渺的来回电波,还是游走在内心的猜忌和爱慕?

  甜腻的,残酷的,渗透出草汁味的浓郁的青春。

  夏天呼啸而过的季风天,回荡在秋季被火焚烧的麦田里。

  溃烂了一地的青春电幻物语。

02

  那些随着盛夏的烈日而黏在猩红眼皮之下的记忆,持续地蒸发在胸腔里。

  每一次回想到过去,不管我是身处在冬天快要冷死人的街道上,还是处在盛夏突突朝外喷着白色冷气的空调房内,视界里第一时间出现的,还是那些被阳光照得冒油的绿色草地,还有上面孤独而立的白衬衫少年。

  操场上空洞的跑步声。

  CD机偶尔因为卡片而发出的咔嚓的声响。歌声突兀地起了疙瘩,不痛不痒却又明显地划痛在耳膜上。

  小卖部内的早点会迅速地卖光。

  放学后的教室里,剩下一两个值日生朝地面泼着水。

  校门外的几个争吵起来的少年,朝对方挥了拳头。

  03

  我们每次说到的心。是指胸腔里,那颗被肌肉和骨骼包裹着的跳动的肌肉纤维状的心脏,还是我们接受一切悲伤和喜悦等情绪的,那颗所谓的心灵呢?

  只是我们都习惯了在年轻的时候提到自己的心痛。

  而忽略了的那颗心脏,其实一直都健康地活在我们年轻的身体之内。

  持续不断地跳动着。提供着血液。

  维持着我们年轻的生命,以及滋养着让我们可以持续感受悲伤和喜悦的资本。

  04

  心灵需要偶像吗?

  偶像是用来尖叫的吗?

  带来悲伤的偶像,对心灵是一种摧毁,还是一种治愈呢?

  Lily就是这样一种存在。在旋律与旋律之间,电波与电波之间,在心脏上深深浅浅地一刀一刀地划着。那些深深浅浅的痛,痛到最后已经分辨不出什么才是痛。

  就算只是柔和而悠扬的旋律,就算只是用刀背在皮肤上缓慢地来回。

  那也会留下红红的印记。

  并不是什么都不会留下。



  05

  并不是什么都不会留下。

  就像是我们一晃而逝的青春。我们还是会在每一个无人的起风天,追忆起那些无法抹杀的过往。难过的,喜悦的,悲伤的,无奈的,那些悠长而缓慢的日子。

持续地蒸发在麦田里。

  最后随着灰烬被埋进深深的泥土。转化成养分,朝着天空生长。

  关于莉莉周的一切。就像一场青春的映画。没有剧本,没有解释。只有无法言说的解读,被书写在身体内层。

  CD机已经退出了我们的视野。电视里整天整天都放着MP3广告,大街上满是苹果IPOD的广告牌。

  偶尔拿出抽屉里最里面的落满灰尘的CD机,抹去机身上的尘埃,却抹不去划痕。

  而手边再也找不到CD了。

  CD机张着嘴,像失去语言的我们。

  06

  所以呢。

  是在追忆吗?是在纪念吗?

  在《关于莉莉周的一切》公映过去七年之后,再重新来回顾这样那样的情绪。

  再多的解读都是旁人的耳语。

  唯有内心深处,一直存在的,一直存在的,近乎悲痛的呼喊。

  高高地回荡在十四岁寂寞的蓝天之上。

  I wanna be。。

朕の男性の1人で暮らす1室 

April 06 [Sun], 2008, 11:17
某日,一人在家,自由。看窗外阳光落地,云卷云舒。。听「旅立ち」,游走在无人的家。。



某轩便合着音符摇摆,望着镜子,摇头,摆手,抖一抖身子,像模像样。。自己一个人的家,原来是不拘。。。原来是自由。。



某轩便在家中开始了旅游...重新认识这个熟悉的陌生地。。



从厅堂要到部屋,从储物室扭到卫生间..到...梳妆台前,看着镜中熟人,发现他原来也有几分童趣乐天。。



复来复去的音乐,依然清晰畅快,私的心情却变得轻松,在每间屋子奔跑,在所有床上打滚,坐遍全部的沙发。。。



忘了时间的残酷,忘了人生的短暂。。。









自娱自乐并且快乐的轩上



ある日、1人は家にいて、自由。窓の外で日光が地面につくことを見て、雲の巻雲は快適です。。「旅立ち」を聞いて、無人の家で泳いでいきます。。



ある窓は一緒に音符は揺れ動いて、鏡を眺めて、頭を振って、手を振って、体にちょっと震えて、ちゃんとしています。。自分で一人の家、もとはこだわらないのです。。。もとは自由です。。



ある窓は家の中で旅行を始めました...再びこの熟知したよく知らなさを知ります。。



ホールから部の家まで(へ)、物室を蓄えて洗面所まで(へ)ねじります..はい...身仕度をする台の前、鏡の中知人を見ていて、彼がもとは同じく楽天的な何分(か)の子供の心があることを発見します。。



もう1度往復していく音楽、依然としてはっきりして愉快で、個人の気持ちは楽になって、間で部屋は駆け回って、すべてのベッドの上で転げ回って、全部のソファーに座ります。。。



時間の残酷さを忘れて、人生の短さを忘れました。。。









楽しい軒の上で自分で楽しみますしかも

日本!!美。。 

March 27 [Thu], 2008, 13:29
每个时刻都有每个时刻的不同,此刻,身处教室,心却在日本上空游历。。



最近几日,我的日本情节好象再次复现日本梦愈演愈烈。。脑子里单调的重复着‘去日本,去日本,一定要去日本。。。’



昨晚的梦异常甜美...

漫步在日本大街小巷,感受着清新的空气。。时不时和当地人来几句利落的寒暄,貌似自己已变的道地。。

京都的花魁道中、清水寺使我感受到东方的神韵,真谛。痴迷我于。。东京的秋叶原、新宿和银座使我淋漓畅快。。伫步富士山脚,我感觉自己只是沧海一粟;坐在北海道的汤水里,我知道了幸福。。



城市的快节奏没有让我紧张,樱花的飘落亦没有给我以感伤。。



惟独。是,美。。现代的美,古朴的美。。。



。。。。。。。



梦醒了,味道还在延续。。

梦便成了生活之外的一种延续。是另一种激动人心的现实。

梦。。



日本国。。

恋恋的轩上~~

全てはいつもすべてすべての時間の不一致があって、今、身は教室につきあって、心は日本上空で遊覧します。。



最近何日、私の日本の筋は再度が日本の夢を再現してますます激しくなりますようです。。単調な繰り返しは頭の中で‘は日本に行って、日本に行って、きっと日本に行きます。。。’



昨晩の夢は非常に心地良いです...

日本大通りと路地で漫歩して、清新な空気を経験しています。。時々地元の人と何のきちんとした挨拶に来て、表面はまるで自分ですでに変わった本場。。

、清水寺は京都の花魁が言う中に私に東方の風格と趣を感じさせて、真の意味。夢中になって私。。東京秋葉原、新宿と銀座は私にしたたり落ちて愉快にならせる。。たたずむ歩の富士ふもと、私は自分のただ大海の中の一粒の粟を感じます;北海道の湯水の中で座って、私は幸福を知りました。。



都市の速いリズムが私を譲っていないのは緊迫(緊張)して、桜のはまた私に感傷的になります舞い落ちます。。



ただ。はい、米。。近代的な米、古風で質朴な米。。。



。。。。。。。



夢は目が覚めて、味はまた続いています。。

夢は生活の外の1種の継続になった。別の1種の人の心を奮い立たせる現実です。

夢。。



日本国。。



狂い思っています 

March 17 [Mon], 2008, 14:26
是这里,又是这个时刻,又是一样的心情。。

周日的晚上,坐在教室上所谓的自习。。费解。。。



日本语课后,再次走过商业闹事区,经过新动力,寻找记忆中的天宇,那是幸福的。看着新动力的扉门,记起那天的门庭若市。。

我。伫立。。


今天在新浪博客上遇见一个叫曾剀熙的哥哥,到他那里感觉很亲切的样子,也许是因为原来我的博也是那样的版面吧?也许是缘分吧?在那里好象没有什么拘束,也没有往日的认识新朋友的客套步骤来着。。倾诉,如同老朋友的样子,甚至,更私人。。

我想这就是缘分吧。

一样的梦想,一样的喜欢日本,一样的被生活中的朋友说成‘卖国贼’。。不一样的经历。。

真心的愿意交这个朋友。呢。







也许命运就是这样安排吧,上帝安排着每个人的经历,尽管是件极其小的事情。。





祈祷咯~~

公元二00八年三月十六日





于晚自习上



PS:

今天是三月十六日咯?哦~慧慧的生日哎~~恩~为她祷告一下~~

またここで、またこの時間で、また同じ気持ちです。。

日曜日の晩、教室の上でいわゆる自習に座ります。。難解です。。。



日本語授業の後で、再度は商業の騒動(問題)を起こす区に歩いたことがあって、新しい動力を通って、記憶の中の天空を探して、あれは幸せです。新しい動力の門の扉を見ていて、記起のその日の来訪者が多くてにぎやかなこと。。

私。たたずみます。。



今日新浪のBloggerの上で1人の曾剴煕を叫んだ兄に出会って、彼まで(へ)そこにとても親切な様子を感じて、もとは私の博することもそのような紙面なためかも知れないでしょうか?縁だかも知れないでしょうか?そこに堅苦しいことは何もないようで、昔の認識の新しい友達の遠慮がましいことの措置がもありません。。腹を割って話して、古くからの友人の様子のようで、甚だしきに至っては、更に個人。。

私はこれが縁だと思っているようにしましょう。

同じ夢想、同じに日本が好きで、同じに生活の中の友達に言いなされます‘売国奴’。。同じではありません経歴。。

心からはこの友達に交際したいです。ne。







運命はこのように手配するかも知れないでしょう、神はすべての人の経歴を手配して、きわめて小さい事ですけれども。。





~~を吐き出すことを祈ります

西暦紀元2008年3月16日





遅く自習する上にあります



PS:

今日は3月16日に吐き出すのですか?~とても聡明な誕生日はおや~~恩~は彼女のために~~を少し祈ります


私の天宇の夢 

March 16 [Sun], 2008, 11:36
公元二00八年三月九日:

郑州闹市区。闲逛。某音像店。天宇的巨幅画报。直到入神。

[3月13日,马天宇郑州签售]揉在天宇的身上。。

公元二00八年三月十日:

诉说周日所见TO校友。决定。中午亲赴新动力。发誓。一定要得到天宇的笔记。。

放学铃声。响。

惜一切时间,奔向。。。

12点过半,抵达。

校友发挥关系的力量,购得两张《飞》。并,留下请店员周四代签。。店员答应。。我们喜。。

公元二00八年三月十三日:

天宇签售的日子。

阳光明媚。。

放学。独自。到音像店。

远处看到人群如坨。高兴。。挤近。候五、六分,天宇到。亲眼见到天宇。。拿出电话。打开相机盖。连拍进行。。

时间。。到了。回到学校。。。

心情依旧兴奋。。传去讯息。R耀我的经历。。。



公元二00八年三月十四日:

中午放学。再次奔去。。取两张天宇签名专辑。

顺利。。

看到。触到。暖到。。

现在:

独自处于天宇声音中。键盘上下咯咯。。心里暖暖。。笑笑。。甜甜。。

亲亲。。。

想对宇说:羽毛永远支持你。。。加油。。


西暦紀元2008年3月9日:

鄭州のする市街区。ぶらぶらします。ある録音と録画の店。天空の大型の画報。至るのは夢中になります。

[3月13日、馬天宇の鄭州が署名して売ります]天空の身でもみます。。

西暦紀元2008年3月10日:

日曜日の見るところTO学友を訴えます。決定。昼ごろにシンガポール(ニュージーランド)に行く動力にキスします。誓いを立てます。きっと天空の筆記を得ます。。

学校が引けるベルの音。こだま。

すべての時間を惜しんで、大急ぎで駆けつけます。。。

12時に半ばを越して、到着します。

学友は関係の力を発揮して、2枚の《飛びます》を買います。そして、残して店員に木曜日にくじに代わってもらいます。。店員は承諾します。。私達は喜びます。。

西暦紀元2008年3月13日:

天空は売る日に署名します。

日光は美しいです。。

学校が引けます。独りで。録音と録画の店に着きます。

遠い所は塊のようです人の群れを見ます。喜びます。。押し合いをするのは近いです。5、6の分を待って、天空は着きます。自分の目で天空に会います。。電話を取り出します。カメラを開けてかぶせます。連写は行います。。

時間。。着きました。学校に帰ります。。。

気持ちは依然として興奮します。。情報に伝えていきます。私の経歴を誇示します。。。



西暦紀元2008年3月14日:

昼ごろに学校が引けます。再度は駆けていきます。。2枚の天空の署名する特別号を取ります。

順調です。。

見ます。触れて着きます。暖かく着きます。。

今:

独りで天空の音の中であります。キーボードは上から下までこけっこっこ。。心の中は暖めます。。すこし笑います。。とても甘いです。。

キスします。。。

宇に対して言いたいです:羽は永遠にあなたを支持します。。。頑張って。。

西暦紀元2008年3月9日晩に紀を自習します 

March 11 [Tue], 2008, 14:14
周日的晚上如期而至,不得不奔到学校。。

不知道为什么我们这个学校的重点班周日晚上要来上两节自习,注意,是自习,是没人讲课的那种。

我坐在第二排,老班就坐在讲台上,我不想抬头看,也不敢抬头。实在是恐惧。。几分钟前,同桌给我发来讯息,让我帮他请假,可我实在不想和老班说话啊,没办法,对不起了,同桌。。。

今天算是很奔波的一天,一个人在外面逛了一天,为了找些关于日本的杂志。其实应该算是一天半,昨天下午就开始搜街了咯。收获虽然不多,但还是获得了些什么。昨天下午逛书城时找到了《J-BOX》,这是一本讲述Johnny's家族的杂刊。今天买到了《贯通日本语》(寻推荐的咯~),就是这本书,花了我近一天时间,为了它,我独自跑到郑州各大书店。不过,终究是找到了咯。。可书店的时效性好象差了些,最近的一刊还是一月份出版的。。所以下午决定到邮局订它,可这书竟没有邮刊号,只能邮购咯…天啊…我哪汇过钱啊,弄了将近一个小时才算弄好…庆幸…中间貌似有很多糗事,汗~-~|||…不过这是初次嘛,可以原谅咯!加油!

之后就出现在郑州某所中学的某班某列某排的某个座位上了…

咳…好象没话了…无聊爷爷又来找我了咯。。。

PS:拿出今天收获的战利品,读着,想着,梦着…



日曜日の晩期限どおりに、学校まで(へ)どうしても駆けなければなりません。。

どうして私達のこの学校の進学クラスが日曜日の晩に2節(つ)行きに来て自習を知らないで、注意、自習するので、人の講義するあのようながないです。

私は第2列で座って、年を取ったクラスは壇の上で着席して、私は頭をもたげて見たくなくて、頭をもたげます勇気がありませんも。本当に恐れです。。何分の前で、同じテーブルは私に情報を出して、私に彼に休暇を取るように手伝わせて、しかし私は本当に年を取ったクラスと話をしたくなくて、仕方がなくて、申し訳ないで、同じテーブル。。。

今日とても奔走する一日ですと言えて、一人は外で一日ぶらぶらして、探すために日本の雑誌に関して。実は一日半分ですと言えるべきで、昨日の午後に街の吐き出すことを探したことを始めました。収穫は多くないが、しかしやはりいくらかの何を獲得しました。昨日の午後に書店をぶらぶらした時《J-BOX》を探し当てて、これは1が元来Johnny'sの一族の様々な刊を述べるのです。今日《日本語に通じています》(推薦のを探して~を吐き出します)を買えて、この本で、私の近い一日の時間を使って、それのため、私は独りで鄭州の各大きい本屋まで走ります。でも、結局は吐き出すことを探し当てたのです。。しかし本屋の時効性はいくらかが欠けるようで、最近の1刊はまだ1月に出版したのです。。だから午後郵便局まで(へ)それを予約することを決定して、しかしこの本は意外にも雑誌コードを郵送していないで、通信販売で購入して吐き出すことしかできません…日…私はどこに為替で送って金を渡して、1時間いじって約きちんとしますと言えます…喜びます…中間に表面はまるでとても多くてのり状にくっつく事があって、汗~-~|||…これを越えないのはで、吐き出すことを許すことができます!頑張って!

その後鄭州のある所の中学(高校)のあるクラスのある列のある列のある席上で現れました…

咳をします…話がないようです…つまらないおじいさんはまた私の吐き出すことを探しにきました。。。

PS:今日収穫する戦利品を取り出して、読んで、考えていて、夢…

ゆったりした小資 

March 05 [Wed], 2008, 14:07
这两天出奇的闲淡,总能找到写些东西的时间,可以一天一篇日志的也是这个缘故吧。。本来是想写些可以放的文章,等到没时间时,博客不至于清冷。。但。。唉,心情莫名的好,没办法咯。

前几天的低落已经过去了(貌似),不过还是犹豫,想真的忘却咯。。可神好象不愿意施舍些忘情水给我…恩,我们还是朋友,对我来说是最好的朋友。前几天的心情,那人好象一点都没触到,也好,要是知道了,大家以后都会很不好做,也许连最基本的朋友都当不成,用同学的假名义限制我们的距离。。

恩~~你就到此结束,我永远都是你忠实的朋友。。



回忆的时候总是很开心,最近发现我马上就要十八了…前几年定下的誓言将要失效了咯,侃侃这个誓言,我还算完整…至少体身是完整的…这个誓言貌似伤害了不少人…恩…不过还有短短的四十七天……

誓言解除,轩轩期待着初恋…加油~~~



请喜欢轩的继续支持咯~~





可爱的轩上

この2日間珍しいのは暇で薄くて、きっと探し当てていくらかのものの時間を書いて、一日1篇の日誌のもこの原因であることができるようにしましょう。。もともと放すことができる文章を書きたいので、時間がない時になってから、Bloggerがそんなことはないのはひっそりしています。。しかし。。はい、気持ちの言い表せないすきなこと、仕方がなくて吐き出します。

その前の数日間のは下がってすでに(表面はまるで)に向こうへ行って、でもやはりためらって、本当に吐き出すことを忘却したいです。。しかし神は私に喜捨のいくらかの情を捨てる水を願いませんようです…恩、私達はまだ友達で、私にとって最も良い友達です。その前の数日間の気持ち、あの人は少しも触れて着きますようでいなくて、…てもよい、もしも知るなら、みんなは後でいずれもとてもよくなくして、最も基本的な友達さえできないかも知れなくて、学友のにせの名義を使って私達の距離を制限します。。

恩~~はあなたはこのまで(へ)終わって、私は永遠にすべてあなたの忠実な友達です。。



追憶の時いつもとても楽しくて、最近私がすぐもうすぐ18になることを発見します…その前の数年間決めた誓いの言葉は間もなく効力を失う吐き出すことです、正々堂々とこの誓いの言葉、私は完備していますと言えます…少なくとも体の身は完備しています…この誓いの言葉は表面はまるで多くの人を傷つけました…恩…でもありますごく短い47日……

解除を誓って、窓は初恋を期待しています…頑張って~~~



窓の引き続き支持するのが~~を吐き出すことが好きでしで下さい





かわいい軒の上

写真 

March 02 [Sun], 2008, 15:23

小轩的开张了~~~ 

February 29 [Fri], 2008, 14:32
私は吉岡正勇て、中国人です~~
よろしくお願いします~
次に私の資料です~~

中文姓名:軒さん
英文姓名:Jack Jill
日文名:吉岡正勇
QQ的名字:二枚目
生日:公元一九九零年四月二十二日
出生地:中国 郑州
星座:金牛座
生肖:马
身高:一百七十八公分(五呎八吋)
体重:六十一公斤(一百三十四磅)
鞋码:二十六公分
视力:2.0
中指到手腕的长度:十六公分
婚姻状况:未婚
家庭: 父母
籍贯:山东
语言 : 中国语、日本语、英语
偶像:泷泽秀明、马天宇、罗志祥、陈冠希、苏志燮、中岛美雪、伊能静、王品、乔任梁
嗜好 :写博、听歌、跳舞
最喜欢的颜色:卡其色
最喜欢的食物:日本料理、鱼肉、薯片
最喜欢的饮品:凉茶、奶茶
喜欢的水果:草莓、奇异果、菠萝、荔枝、香焦
最喜欢的季节:春季
最喜欢的花草:樱花
最喜欢的数字:七
最喜爱的科目:地理
最讨厌的科目:数学
最喜欢的动画:ドラえもん
最喜欢的音乐:流行、古典、民族、歌剧
最喜欢的舞蹈:所有
最喜欢的运动:高尔夫
最喜欢的运动员:David Robert Joseph Beckham
最喜欢的国家:日本、英国
最喜欢的饰物:项链、手表、背包、钱包
最喜欢的杂志:太多不能尽数
最喜欢的品牌:JACK&JONES、LEE、METERSBONWE、YISHION、CARDANRO、BALENO、GIORDANO、NIKE、CONVERSE
最喜欢的香水:CK1
最喜欢的歌手:罗志祥
最喜欢的电影作品:英雄本色 星球大战 帝国骄雄 火拼时速
最难忘的经历 : 兄弟结拜
最喜欢的东西 : 手机
喜欢的事:跳舞、买衣服、逛街
不喜欢的事物:诅咒、打架
收藏喜好:钱币
拿手的料理:煎蛋
第一愿望:过无忧无虑的生活
第二愿望:定居日本
最新愿望:考上理想大学
座右铭:随遇而安

中国語の名前:軒さん
英文の名前:Jack Jill
日本の名前:吉岡正勇
QQの名前:二枚目
誕生日:西暦紀元の1990年4月22日
出生地:中国鄭州
星座:金牛座
生肖:馬
身高:1百78センチメートル
体重:61キログラムの(1百34ポンド)
靴のサイズ:26センチメートル
視力:2.0
中指は計略の長さに着きます:16センチメートル
婚姻の状況:未婚
家庭: 両親
原籍:山東
言語 : 中国語、日本語、英語
アイドル:滝沢秀明、馬天宇、羅志祥、陳冠希、蘇志燮、中島美雪、伊能静、王品、喬任梁
嗜好 :博を書、歌を聞、ダンス
最も好きな色:カーキ色
最も好きな食品:日本料理、魚の身、いもチップ
最も好きな飲料:凉茶、奶茶
好きな果物:イチゴ、キウィ、パイナップル、レイシ、香焦
最も好きな季節:春季
最も好きな草花:桜
最も好きな数字:7
最も好きな科目:地理
最も嫌な科目:数学
最も好きなアニメーション:ドラえもん
最も好きな音楽:、古典、民族、オペラが流行します
最も好きな舞踊:すべての
最も好きな運動:ゴルフ
最も好きなスポーツ選手:David Robert Joseph Beckham
最も好きな国家:日本、イギリス
最も好きな装身(装飾)具:ネックレス、腕時計、リュックサック、財布
最も好きな雑誌:多すぎます全て
最も好きなブランド:JACK&JONES、LEE、METERSBONWE、YISHION、CARDANRO、BALENO、GIORDANO、NIKE、CONVERSE
最も好きな香水:CK1
最も好きな歌手:羅志祥
最も好きな映画の作品:英雄本来の面目 スターウォーズ 帝国の驕雄 時速を必死で頑張ります
最も忘れ難い経歴 : 兄弟結義
最も好きなもの : 携帯電話
好きな事:ダンス、服を買います
好きでない物事:のろい、けんかすること
趣味を収集します:貨幣
得意な料理:卵を炒めます
第1願望:憂いも心配もない生活
第2願望:日本に定住します
最新の願望:上理想的な大学

E-MAIL:yoshiokamasayoshi@hotmail.com
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kiken-yoshioka
読者になる
2008年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像はるな
» 狂い思っています (2008年03月18日)
アイコン画像はるな
» 私の天宇の夢 (2008年03月18日)
Yapme!一覧
読者になる