2005年01月
« 前の月    |    次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kikaisin
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
鬱病 / 2005年01月20日(木)
病んでる。
私絶対病んでる。
自分。頑張れ!(何)
しかもスキン一日で変えるとかウザイ。(今頑張れっていったばっかじゃん!)

下に書いた神アレ小説がキモ過ぎて直視できない。
2行目ぐらいに書いてある神アレが神あれになってるけどそんなこと気にしない。
寧ろ自分で可愛いとか思ってそのまま放置。

今日はですねー。
蛮ちゃんぬに上げるヒィ君絵書いて(これがキモイ)
体育でダンスだから頑張って今日のうち少し覚えて。
跡部女体化忍跡小説読んでたら萌えて。(これが病んだ原因?)
明日は書写だから習字道具用意して。

これが今日一日で終わる事を願う。

一昨日「遥か」だったのを今日思い出して悔やんでみる。
何故か、何故かしらんが手がくさい。(え)
母様がこのごろ冬ソナを見てる。
お願いだから冬ソナだけにははまらないで・・。
でも今4様にははまってないらしいのでセーフ。

だーれーかーコスしましょうぜい。
アリス合わせがものすごい楽しみなんですが。
服作んなきゃ。ものっそいゴスっぽくしようか考え中。(やめろ一人だけ浮く事になるぞ)
なんかさー跡部やりたいなぁ。
おっしーも良いけど跡部やりたい。
82もやりたい。
あー本当病んでるや。

自分が今物凄いビアンな事に気付いた。
なんでこんなにビアンなんだろうと思った。
なんかこのごろ全然恋愛とか興味ないや。
2次元は違うけど。(うわー病んでるー。
でもこのごろは本当女子にばっか手出してます。(先生!此処に変態がいます!

あと10日で銀魂オンリーだー。
蛮ちゃんと予定してます。
あぁ。今からじゃコスできないね。
くっそー。
沖田やりたい沖田やりたい沖田やりたい。(うっさい)

それと最後に。
今日は葵丼の誕生日です!
わー。おめでとうございます。
これからも病気なく頑張ってください。

それでは富豪刑事を見ながら。アデュー。
 
   
Posted at 21:21/ この記事のURL
コメント(0)
時間:1(神アレ) / 2005年01月20日(木)
文章とかあまり書かない管理人が書いた神あれ小説です。
本当文章力とかないです。
所々変なところがたくさん有りますが、多めに見てやってください。
****************************************************************



今日は神田が任務の日。
アレンは一人でかんだと一緒に住んでいる部屋で待っていた。

神田の帰りがいつもより多少早いとの事で、アレンは今日はやっと完了した任務の打ち上げにもかかわらず、リナリーに先に帰るのを告げて足早に帰った。
神田が帰ってくるのはまだ先になるだろう。
しかしアレンは腹をすかせて帰ってくる神田のためにわざわざ早く帰ってきて夕食を作ろうというのだ。
帰ってきてすぐ、神田が帰れるように風呂に湯をいれた。

「神田早く帰ってこないかな〜♪」

などと言いながら今度は料理にとりかかる。
どうやら今日は神田の大好物を作るらしい。
鼻歌を歌いながらアレンは黙々と料理を作る。

「できたv」

どうやら料理ができたらしい。
それから小一時間待ったが、神田が帰ってくる気配はない。
早く帰ると言ったじゃないか、とアレンは膨れていた。
だが、それからまたいくらか待ったのだが神田は帰ってこない。
流石にアレンも心配になってきた。

「神田どうしたんだろう・・」

時計を見ながら呟く。
ピンポーン
その時、玄関のベルが鳴った。

「神田!?」

アレンは素早く玄関に向かった。
ガチャン
アレンは扉を開けて自分の恋人だと思われる人物に抱きついた。

「神田っ!」
「ちょっ・・重いぞアレン」
「神田ぁ!」

やはり神田だった。
どうやら今日は任務が予定時間に終わらなかったらしい。
アレンは神田だとわかって更に抱きしめた。

「お帰り神田」
「ただいまアレン」

そんなはたから見たらイチャイチャいているカップルにしか見えない光景を玄関の前で繰り広げていた。
神田はそれに気付いて、アレンをお姫様抱っこで中に一緒に入った。

「神田のために作ったんだ」
「あぁ有難う」

 
   
Posted at 00:36/ この記事のURL
コメント(0)
時間:2 / 2005年01月20日(木)
2人でアレンの作った夕食を食べる。
神田は食事中に話を食べるのが嫌いなのか、アレンからの問いにしか応答しなかった。
決して自分からは話さない神田だが、今日は一言だけ自分からアレンに言った。

「これから俺の事はユウって呼べ」

命令のように言い放った。
恋人という関係になってから今迄神田としか呼んだことがなかった。
というか神田に「神田と呼べ」といわれていたからだ。
だがこれからユウと呼んでいいという事を聞いてアレンは嬉しさを隠しきれなかった。

「うんvわかった!」

アレンは元気に答える。
少し微笑みながらアレンの質問に答える神田、それを聞いて自分にあったことを笑顔で話すアレン。

二人にこの時間が大好きだった。
二人はこの時間を大切にしようと思った。
誰にも邪魔できないこの時間。
誰にもじゃまさせないこの時間。

この時間はいつまで続くのか、そんな事は二人にとっては知らなくて良いことだった。

END.
2人でアレンの作った夕食を食べる。
神田は食事中に話を食べるのが嫌いなのか、アレンからの問いにしか応答しなかった。
決して自分からは話さない神田だが、今日は一言だけ自分からアレンに言った。

「これから俺の事はユウって呼べ」

命令のように言い放った。
恋人という関係になってから今迄神田としか呼んだことがなかった。
というか神田に「神田と呼べ」といわれていたからだ。
だがこれからユウと呼んでいいという事を聞いてアレンは嬉しさを隠しきれなかった。

「うんvわかった!」

アレンは元気に答える。
少し微笑みながらアレンの質問に答える神田、それを聞いて自分にあったことを笑顔で話すアレン。

二人にこの時間が大好きだった。
二人はこの時間を大切にしようと思った。
誰にも邪魔できないこの時間。
誰にもじゃまさせないこの時間。

この時間はいつまで続くのか、そんな事は二人にとっては知らなくて良いことだった。

END.

************************************************************
もー自分で何かいてるかもわかりません。
神田が完全に違うキャラです。
もちろんアレンも。
ていうか打ち上げってあるんですか?
そこからわかりませんよ。
しかもお姫様抱っこって・・。
ありえん。

それでは、今日も時間が来てしまったので。
アデュー。

 
   
Posted at 00:00/ この記事のURL
コメント(0)
眠いながらにスタート。 / 2005年01月18日(火)
今晩和。
前々からブログに登録しておいて使っていなかったので、これからブログは小説とかそんなんを書いて活用していきたいと思います。
あとはテストの時などちょっとした時にも。

えーと今日はですね、更に私のM度がupした日でした。
ものっすごいMだという事が分かりました。
(本当はなんでMがわかったかという凄い秘話が隠されているんですが、あつこが嫌がってたので書かない事にしました。エッヘン)

今ですねーネコミミモード(?)って奴見てます。
深夜番組はやはりギャルゲーですね。
なんじゃこりゃ。吸血鬼は首もとに吸いつくんじゃないんかい。
なんでキスしてんだよ。
ていうか僕ってなんですか。
なんで血をすわれると僕になるんですか。
意味が分かりません。

えーとそれとサイトは同人要素有りになりました。
なんで仮トップは忍跡です。
因みにテストで書いた物。(テストしようよ。)
ていうかテスト中にこんなんばっか描いてる私って・・。

あぁ、時間がきてしまいました。
今日はここら辺で、アデュー。

 
   
Posted at 01:42/ この記事のURL
コメント(0)
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!