EDとインポテンツ(インポテンス)の違いはなんでしょうか? 

April 17 [Tue], 2007, 22:26
EDとインポテンツ(インポテンス)の違いはなんでしょうか?

この表現とちがい、「ED」は勃起機能の低下という疾患を表す言葉です。「Erectile Dysfunction」の頭文字をとって「ED(イーディー)」と表記します。このような背景があり、現在は、欧米、日本ともにEDという言葉が定着しつつあります。

従来「インポテンス」という呼び方がされていましたが、「性的不能」と訳されるこの言葉は、人としてほんらい備わっている能力が失われていることを意味し、こうした悩みを持つ人への思いやりに欠けるものでした。

テレビや新聞などでサッカーの王様ペレさんがEDという言葉を使って治療を呼びかけたことが記憶に新しいと思います。

なお、呼び方が「インポテンツ」と「インポテンス」で異なるのは、ドイツ語で「インポテンツ」、英語で「インポテンス」と発音することの違いだけです。

また余談ですが、フランス語ではEDを「アポンタン」と発音します。日本語で「あんぽんたん」と言う表現がありますが、このフランス語からきたという説もあり、「お前はインポテンツだ!」と言っていることになります。もともと良い意味で使われる言葉ではありませんので、あまり使わないようにしたいですね。
妻にも自分がEDであることを相談するべきでしょうか?

性科学の学会での発表によると、EDが夫婦生活におよぼす影響については
「ED男性の23.6%、夫がEDの女性16.0%が、それぞれ何らかの影響を受けたと感じている」と報告されています。

とくに、EDに悩む男性とそのパートナーの間では、コミュニケーションの断絶が誤解を生じることが多々あります。なかなか話しづらいことかもしれませんが、まず、勇気を出して自分の悩みをパートナーに打ち明けましょう。今の状況を正直に伝えることが肝心です。

そして自分のためだけでなく、二人のためにED克服を望んでいることも伝える必要があります。きっとパートナーもあなたの気持ちをわかってくれることでしょう。EDは誰にでも起こりうる病気で、多くの場合克服することができるのです!

EDを克服してパートナーとのコミュニケーションを改善し、人生をより豊かなものにしましょう!