妊娠、出産に伴う腰痛は、ひどくなる前に予防やケアを絶対したほうがいいですね。

August 10 [Fri], 2012, 15:04
女性は、妊娠と出産を境に腰痛を起こしやすいようです。

妊娠中は、腰周りにずっと数キロの重りをつけているようなものですから、無理はありません。

私も妊娠中、後期から腰周りに違和感を感じ始めました。

しかし、産んでからもスッキリというわけにはいきません。

日々大きくなる娘を抱っこ抱っこの毎日です。

ぐずっているときに長い間抱っこしたりしていたせいか腰の違和感は、
確実な痛みとなっていきました。

抱き上げる瞬間と下ろす瞬間が一番負担がかかります。

ですから、夫がいるときは、椅子に座っている私のうえに娘を乗せてもらいました。

困るのは夫がいないとき。
どうしようもないので、娘の目の高さに合わせるため、私もねっころがり一生懸命あやしました。

また添い乳もたくさんしました。

なんとかごまかしごまかししていましたが、前かがみになる姿勢も辛くなってきたので
おむつ替えも痛みを感じる状態になり、これはやばいなと整形外科へ行きました。

診るなり先生が「もっと早くくれば。大変だったでしょ。」とおっしゃいました。

本当にひどくなってからだと、ベビーシッターを探したり、通院したりも難しくなってくるので、
妊娠中の違和感の時点で行っていればと後悔しました。

整形外科では、消炎鎮痛剤と筋弛緩剤の処方をしていただき、頻繁にリハビリに通えないことを伝え、
家でのストレッチの方法を教えてもらいました。
中川卓爾のノウハウの商材について
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kijiomer5
読者になる
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kijiomer5/index1_0.rdf