【 更新情報 】


猫よけ 色々な方法!

猫よけに困っている人は多いもので、自宅の手入れをした庭を荒らされたり、マンションではベランダ越えに入ってきて悪さをしていったりしていきます。マイカーの屋根で昼寝をしている猫を見ると腹立たしくさえなります。誰でもが効果的な猫よけを思うものですよね。

入ってくる猫が近所の知り合いの飼い猫であるか、まったくの野良猫なのかも懸念されることで、どうしても猫よけを家族相談などして考えるものです。猫は本来犬とともに家族のように可愛がられる動物なのですが、はた迷惑になることもしばしばあります。折角のわが家のきれいな芝生や花畠で糞尿をしたり、耕して種を播いた直後の畝を荒らしたりすることは、"許せない!"と叫びたくもなり、猫よけを考えることになります。

猫よけを飼い主に談判して効果があればよいのですが・・・、やはり"自己防衛"となるのでしょうか。猫の通路は大体決っているともいわれていますが、定かではないようです。猫も嗅覚が発達しているともいわれますので、とくに嫌う酢あるいは薬品の入ったスプレーを庭に撒いておくこと、ハーブなど匂いの強い植物を植えておくこと、よく光る水のペットボトルを置いておくこと、あるいは不要のCDを吊り下げて光らせることも効果的ですよ。

また、猫よけとして超音波発生器を設置しておくこと・・・などがありますが、雨風の影響などで効果は疑問の点が多々あります。厳しい方法では猫が食べると病弱するものを置くこと(動物愛護法違反!)、などなども一般的な猫よけの対象のようです。自宅に飼い犬が居れば、猫よけの"庭番"として役立ちそうです。

猫よけ体策 効果的な方法は?

猫よけ対策については、みんなが共通に悩んでいることです。市町村にある"市民なんでも相談センター"でも効果的な対応に困っているようです。猫は犬ともにペットとして、最近はマンションでも飼育が許可されているようになっていますし、飼い主としては家族の一員のようですが、飼い主サイドでも一考をお願いしたいところです。

猫よけ対策のひとつの方法として、近所のその飼い主への直接談判もあって、自治会からの申し出によって対応してもらえればよいのですが、やはり結果が期待できるか不明です。折角の美しいガーデニングを不快な臭いのする猫の糞尿でダイナシにされては、大迷惑になっていることを強調してみましょう。

猫よけ対策の物理的な方法では、電気的に猫の嫌う超音波発生器の設置もあり、ガーデンバリアの名でネットサイトで見ることができます。あるいは猫が避けるといわれる臭いの強い薬品の粒の散布やスプレー、ハーブなど香りの強い植木を増やすことも猫よけ対策として使用されていますが、口コミなどによれば効果の有無にはいろいろあるようです。

食用の酢や煙草の吸殻あるいは市販の猫よけグッズもネットサーフインではたくさん見られますので、猫よけ対策としてトライしてみることも勧められます。猫は自分の"通路"をよく心得ている習性があるといわれていますので、それを考慮して具体策を考えてみましょう。しかし、それらも一時的なことが多く継続的に効果のある猫よけ対策になるかは疑問視されています。 

猫よけハーブの効果は?

猫よけハーブによって、わが家のきれいに手入れした庭を猫から守りたいものです。猫は土が広く見えるところへ多く糞尿をするとされていますが、ミドリを敷き詰めた芝生の上にも糞尿をすることがよくあります。猫の習性のひとつを利用して匂いによって猫を避けるには、猫よけハーブも候補になっていますので、いちど試みてみてはいかがでしょう。

ハーブ自体は人にとっては気持ちの良い香りも感じますので、シーズンを考えてミドリと花の色そして香りを家族で楽しめるよう、猫よけハーブとして植えていきましょう。ペパーミントやレモングラス・ユーカリなど、そして柑橘系のハーブは強い香りを出すので効果的とされています。花壇の周りに猫よけハーブを植え込んでおくのも一つの方法です。ハーブとハーブの間はできるだけ狭い方が猫よけ効果がありそうです。

さらには猫よけハーブの使用方法として、一般的に市販されているハーブの濃縮エッセンスを水で薄めて、猫の通路やガーデニングのエリアに散布しておくことも、猫よけハーブによるひとつの方法ですが、費用そして有効期間や時間そしてシーズンの制約は避けられないようです。

つまりそのシーズンのみの効果であることをも納得しておくことが必要です。猫よけハーブについてネットサーフインも大いに勧められることで、とくに口コミをも含めた情報は、猫よけに悩む人にはとても参考になるでしょう。ハーブによって猫よけが保たれると同時に、ハーブの楽しみも満喫できればまさに一石二鳥といったところです。

効果的な猫よけ方法とは?

猫よけ方法にはいくつもの対応策があり、ネットサーフインでも外国の実例などが紹介されていますので、大いに参考にしてみましょう。大事で不可欠なことは、猫の習性をよく知っておいてから、自宅の条件をよく考慮しつつ猫よけ方法の具体策を決めることになります。飼い主が不明であったり、あきらかに"野良猫"と判断されたりしたら、市町村の市民相談コーナーへ相談してみましょう。

猫よけ方法には頭を痛めますが、首輪とスズを付けた明らかに飼い猫とわかれば、飼い主へ直接話し合ってみるのも良い方法かもしれません。ペット愛玩の気持ちは理解できますが、当方としては大迷惑をこうむっていることをよく強調して猫よけ方法について相談してみましょう。自宅の庭に猫がとくに嫌う臭いを発生するもの、たとえば煙草の吸殻や酢のたぐい、そしてドクダミやハーブ草を置いたり植えたりすることもあげられます。

そかし風雨によって消え去ったり、猫がそれに馴れてしまったりしては猫よけ方法としての効果は一時的なものであって消えてしまいます。まして、自宅で魚料理などの香りがキッチンから外へ流れ出ると、近所の猫はすぐに飛び込んでくるほどです。

猫よけ方法として、電池使用の超音波発生器は、周波数によって猫が嫌いますので、かなりの効果は期待できそうですから、ネットサイトでも調べてみましょう。動物愛護法にかかわるような強い薬品の散布などは、反対に当方が飼い主に訴えられることもありますので、避けざるをえないといったところでしょう。

猫よけグッズにこんなものが!

猫よけグッズの基本はまさに"治療より予防"に似たことがいえるようですから、自宅の庭での猫の侵入への予防が先ずは必要になってきます。猫がとくに嫌う臭いや超音波音を発生するものなどを置いておくことなどですが、猫の習性からみてすぐに馴れてしまうと、効果も消えてしまいます。

猫よけグッズで"キャットカット"というひとつのグッズは、トゲの付いたような固体物を撒いておくと、猫は痛みを感じて入れないとされているもので、ネットサイトなどでも市販されています。さらにはタマゴのカラも猫よけグッズとしての効果が認められてはいるそうですが、やはり一時的なようですし、せっかくのわが家の美しいガーデニングの美観や景観が損なわれてしまうことになりかねません。

とはいえ猫の糞尿による悪臭と見苦しさは、とても困ったことですから当事者としては根本的に効果がある猫よけグッズが強く必要になってくるのが実状です。継続的な効果が期待されそうな猫よけグッズのひとつに"ガーデンバリア"という超音波発生装置があげられています。

猫や犬が人には聞き取れない周波数の非常に高い音を発生し続ける猫よけグッズとして、庭に置いておくだけです。価格も数千円から数万円まででいくつかの種類があって、ネットサイトによって簡単に手に入れることができますので、その情報などで効果の有無などについてもよく納得しておきましょう。