看護実習生へのメッセージ

January 21 [Tue], 2014, 13:54
臨機応変な対応が看護実習生のための実習記録のルール?
一方、忙しくしている看護師ですと何かしながら、また至らない部分も自己判断に任せられるといった例も珍しくはありません。
アセスメントにおいて最初の段階は「判断」であり、データや症状などから基準を鑑みて状態や程度を見極め、疾患を判断します。
つまりは看護実習生のための実習記録のルールは突き詰めていくと書いたものを見直し、そこに実習の中で起こった出来事を加味していくという繰り返しでもあります。
ここで情報を得られるかどうかも、看護実習生のための実習記録のルールとしては重要なポイントです。
そしてその時々の業務に追われながら、学生として看護実習記録もまとめなければなりません。
脱水症状や血圧の低下といったように、生命を維持する上で危険度の高いものを優先させます。
そこで簡潔にまとめるためのポイントとして、看護実習生のための実習記録のルールというものがあります。
何度も実習記録を書く回数も増えていくと、記録の取り方についてコツも把握することができていきます。
看護実習記録は、看護学生が医療現場において実際の看護実習へ臨む中で、日々作成しなければならないものです。
看護実習生のための実習記録のルール口伝
看護実習生のための実習記録のルール推論
看護実習生のための実習記録のルールの隅をつつく
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kijgccvc
読者になる
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kijgccvc/index1_0.rdf