【 更新情報 】

スポンサード リンク

イトシア「響」のディナーメニュー(2)

この前の記事に書いた有楽町イトシアにある「Dynamic Kitchen & Bar 響」のオススメなコースは響コースが値段的にもオススメなのですが、その他にも実は値段別に色々とあるんですよ。

例えば今月はお財布の中身がさびしい・・・でもおいしくて充実した料理が食べたいという方には【燦(さん)】コースがオススメですよ。
値段的には税込みで4,000円で飲み放題だと6,000円ですので厳選された食材を使った料理を味わうにしてはお財布に優しい価格だと思います。

コースの内容は宮崎県椎葉村 雪肌豆腐→→鹿児島県 香潤鶏と栄村茸の吸物→本日入荷のお刺身盛り合わせ(3種)→群馬県産 クイーンポーク豚トロ葱塩鉄板焼き→鰤大根→福岡県大牟田市 荒摺り蒟蒻と里芋の田楽→島根県の名物 奥出雲蕎麦→デザート

上記のような流れで出てきますが、本当にこれで4,000円!?って思いますが4,000円なんです。

その他には他では味わえないような変わったものが食べたいという期待にもイトシアにある「響」は答えてくれます。

道産熊の掌の土鍋煮込み

そのコースは何かというと「響」には普通の鍋コースがあるのですが、そのほかにふぐを使ったふぐ鍋コースもあるんです。

しかもお値段は結構リーズナブルな8,500円です。
そして料理の内容は酒肴盛り合わせ→ふぐ刺し→ふぐ唐揚げ→ふぐ鍋→ふぐ雑炊→デザートという流れで出てくるようです。
只予約が必要みたいなのでそこは気をつけたほうがいいと思いますよ。

有楽町イトシアにある「響」のディナー

Dynamic Kitchen & Bar 響のディナーメニューですが、忘年会や新年会、それだけではなく少人数での利用やデートでの利用などあらゆるシチュエーションで利用できるようになっていますので、それにあわせて料理も充実していてその中でもコース料理が充実していますよ。
またうれしいことに5名以上の宴会コースの予約で土、日曜日に限ってのことですがを5名以上で予約すると、【房州産 伊勢海老刺身又は炙り】がプレゼントされます。
ちょっとびっくりですよ・・・だって伊勢海老ですよ!! 信じられないですよ!!

そして充実しているコース料理ですがやはりどのコースも「響」のモットーである白で始まり白で終わるを貫いています。
そのなかでもやはりスタンダードでお財布にも優しくて尚且つ色んな料理を楽しめるコースは【響(ひびき)】コースですが9品の充実した内容で料金は税込みで6,000円(飲み放題付8,500円)です。そして気になる料理は以下の通りです。

宮崎県椎葉村 雪肌豆腐の湯豆腐

京都地野菜蒸籠蒸し(京人参・京小蕪・雪化粧南瓜)
本日入荷のお刺身盛り合わせ(4種)
宮崎県産の豚である日向豚を使ったスペアリブ鉄板焼き
北海道産の真鱈と白菜のクリーム煮
茨城県産の蓮根もち揚げ出し
長野県 栄村茸おろしポン酢和え
新潟県津南町 石釜こしひかり(はらす・イクラ・川海苔) 味噌汁
デザート

その他にも色々なコースがありますのでチャレンジしてみるのもいいと思いますよ。

有楽町イトシアにある「響」のランチメニュー

イトシアにある「Dynamic Kitchen & Bar 響」ですがバーという名前が入っているので夜のお店という感じに捕らえる方もいるかも知れませんが、実はランチメニューも「響」の人気の一つですよ。
なのでランチタイムの時間には「サラリーマンやOLでごった返していますよ。
ちなみにランチタイムは11:00からラストオーダーの14:00までですよ。

砂肝ときゅうりの山椒和え

そんなお昼のメニューには、自然薯とろろと麦ご飯にお味噌汁という人気の「ランチメニュー「自然薯とろろ膳」がありまたそのほかには日替わりでその日の新鮮な魚の味が楽しめる本日のお刺身(1,500円)と本日の焼き魚(1,300 円)があり魚好きにはもってこいのメニューがそろっていますし、また肉が好きな方には宮崎県産の肉を使った日向鶏チキン南蛮(1,300円)や神奈川県産の最高級豚肉を使った山百合豚と和牛のハンバーグ(1,400円)、山形県の最高の牛肉を使った山形牛ステーキ丼(2,800円)などどなたでも楽しめる料理がそろっていますのでいいですね。

ちょっと値段はしても安心なものを食べたいという人にとっては本当に最高のお店だと思いますよ。
このほかにも色々あるのですが、神奈川県産の山百合豚を使った山百合豚カツ茶漬け丼(1,400円)や、「三崎 鮪ユッケビビンバ(1,300円)、香川県名物の 讃岐カレーうどんに塩おにぎりがついたセットが1,300円なんですよ。
このほかにもまだまだありますが、この続きは是非有楽町イトシアのDynamic Kitchen & Bar 響に足を運んで確かめてみてください。

ぐるなびにも載ってる有名レストラン「響」

有楽町のイトシアにある白で始まり、白で終わるDynamic Kitchen & Bar 響ですが、実は有楽町イトシアの他にも数多くのお店を出店していてなんともうすでに11店のお店を出店していますが、どのお店も素材の味を極力活かした料理と調味料にも気を配っているところが素晴らしいですね。
そのお店の出店場所も新宿、赤坂、汐留、銀座など飲食店がしのぎを削る激戦区に次々と出店しているというところから人気の高さが伺えますね。
その理由も今、食の安全が騒がれている中で、素材のよさを追求した店作をしているところだと思います。
また素材のよさをあらわす理由として「響」のメニューには必ずその素材の原産地が書かれているんです!! これには驚きですよ!!

らくだのコブの炒め物

また季節ごとに素材が変化していくので一年中行っても飽きの来ないお店だと思いますし、バーも兼ね備えているのでデートや忘年会などにも使えて本当に重宝するお店です。
これだけ色々な特徴があるお店なので、数多くのグルメ雑誌にも特集される事が多く、ぐるなびにも載っていますので味に定評のある信頼のあるお店の証だと思いますし。
その他にも東京にいながら日本各地の厳選素材が味わえるのもいいですよね〜
北は北海道から南は沖縄まで日本の端から端までの源泉素材を食べ歩き感覚で楽しめるのはイトシアにあるDynamic Kitchen & Bar 響だけですね。

響という有楽町イトシアにあるレストラン

有楽町イトシアという複合商業施設が有楽町にはあるのですが、仕事帰りにイトシアのなかのマルイよってショッピングしたりその他の店舗でもセールが開催されたりして、結構ファッションも充実しているので僕にとっては十分楽しめ場所なんです。

そしてレストランも充実していて、イタリアン、中華、カレー、韓国料理など色々あるのですがどこのお店もディナーメニューだけでなく、サラリーマンやOLのため?にランチメニューも充実していますよ。

その数あるお店のなかでもイトシアにあるDynamic Kitchen & Bar「響」というレストランバーがオススメですよ。
まず「響」のキャッチフレーズが白で始まり、白で終わるというタイトルなのですがその意味は「響」のメニューに隠されているんです。

その意味としてはまず「響」では宮崎県椎葉村「成田屋豆腐店」雪肌豆腐という料理が出てくるんです。
これが「響」の白で始まるという意味です。
そして締めには、石釜炊きの完全無農薬・無化学肥料の新潟・津南産コシヒカリが出てきてそれが白で終わるという意味です
老舗の製法で編み出された手作り豆腐は、深く濃い大豆そのものの素材の味が活きていて、じっくり火を入れた津南産コシヒカリはふっくらとした感じと市販の米では味わえないようなお米の甘みが最大限に引き出されています。
その他にも有楽町イトシアの「響」にはこだわりがあるのですがそのことについて書いていきます。
P R