フジテレビとライブドア 

2005年04月19日(火) 15時49分
和解。
フジテレビってお金持っているんだねぇ。
業務提携って何やるんだろう?
インターネットとテレビの融合。
カッコいいけど、かつて映画がテクノロジーに走って、CGを駆使して今まで見たことも無い映像で観客を魅了したけど、もう飽き飽き。
デジタルな物は便利だけど感動はもうしない。
せいぜい便利なメディアを作って世のために尽くしていただきたいものです。
テレビでインターネットかIT関連の人が、今回の件でインターネット(ビジネスに携わっている人の事だと思う)の世界に新しい道を作ったとかいうようなことを言っていた馬鹿がいたけど、こんなもの、新しくもなんとも無いと思う。
借金して人の会社の株買って、業務提携しないと支配してやるぞって、なんじゃい?
最初から友好的に小さな取引から初めて、信用を積み重ねていくだけの営業力が無かっただけじゃん。
つまり何をやりたいか、なんて志は微塵も感じませんし。
まあ、そういう手段では最初から相手にされないと思ったのか、すぐに結果だけが欲しい人のかはわかりませんが。
今後、フジテレビの番組にホリエモンが出演するか、しないか、と言うことしか興味なくなったなぁ。

お隣の国 

2005年04月12日(火) 0時32分
どうもお隣の国とうまくいかないもんですね。
国境で土地がつながっているともっと大変なようですが。
今こそ日本は、ガンジーを見習って、非暴力の平和主義を貫くべきです。

ジム通い 

2005年03月28日(月) 23時17分
最近、ジムに通っている。
といっても今日で2回目。
先生にプログラムを作ってもらって、身体を鍛えると言うことを学ぶ。
理論を一緒に教えてくれるので、運動の仕組みがわかって楽しい。
ポーズと言うか、姿勢が大事で、同じ重さの物を持ち上げるにしても、鍛える筋肉のために姿勢を正しく保つことが重要になる。
なかなか奥が深そうだ。
そして何より楽しい。
ジムって苦しいだけなのかと思っていたから、意外だった。
夏くらいにはかなり鍛えられて、柔軟なボディーになっているかな?

そうそう、身体が軽くなった感じはとても爽快です。

お酒 

2005年03月16日(水) 21時17分
最近お酒飲んで事件起こす人が多いけど、ストレス解消にお酒飲むって危険です。
たいていの場合、キレて何かしでかします。
お酒飲むなら、楽しく飲まないと病気になります。
かなりの刺激物ですから、精神状態が安定している時でないと抵抗力が無い状態ですから、ガンになりますぞ。

この前、久々にギターの会の仲間と朝4時過ぎまでススキノで飲んだ!
楽しかった〜!
メチャメチャハイテンションでカラオケしてた。
ススキノでカラオケ(歌った)なんて4、5年ぶりくらいか?
某有名女子アナと行った時は、歌わせてもらえなかったし・・・。

まあ、そんな風に楽しく飲まなくてはいけません。
ただし2日酔いで次の日はほとんど寝てましたが・・・。
「楽しい」貯金を使い果たすと「苦しい」が待っている・・・。

あるインドのお話 

2005年03月06日(日) 22時40分
昔インドのある村に素晴らしい聖者がいました。
その聖者が「神様が作られたこの世界は美しいもので満ち溢れています。この世に必要の無い物や醜いものなど神様がお作りになるはずがありません。」と言いました。
それを聞いたあるひねくれ者が「よし、あの聖者に醜いものを見せて一泡吹かせてやろう・・・」とたくらみました。
ある日ひねくれ者は、ご馳走したいのでどうぞ家まで来てくださいと、聖者を誘い出しました。
家までの途中にわざと腐った犬の死体を置いておいたのです。
「このむごたらしい犬の死体を見れば、あんなことを言っていた聖者も目をそむけるだろう・・・」と。
二人が道を歩いていて、いよいよ犬の死体のあるところにやってきました。
「あ、聖者様、あんなところに腐った犬の死体があります。なんてむごたらしく、汚らしい死体でしょうね。」
と、ひねくれ者は聖者に話し掛けました。
すると、聖者はこういいました。
「何を言っているのですか。御覧なさいあの犬の歯を。まるで宝石のようにきらきらと輝いているではありませんか。」
それを聞いたひねくれ者は、恐れ入りましたと聖者の足元にひれ伏し「申し訳ありません。これは私が聖者様を試そうと仕組んだことなのです。」と謝りました。
聖者は笑顔のままこういいました。
「いえ、あなたはほんの少し見るべきところを誤っただけです。神様の創造物は美しさに満ち溢れています。私たちはそれを楽しむことができるのです。」とおっしゃいました。

もう一つのお話。

真っ暗闇の夜道で男達が先に進めずにいました。
道の先に蛇がとぐろを巻いているようなのです。
「これではもう、先に進めない。」とある男が言いました。
するともう一人の男が火を起こして照らしました。
男達の前には一本の紐が落ちているだけでした。
暗闇(無知)は恐怖の原因です。
その恐怖を取り払うにはほんのわずかの灯り(英知)でいいのです。
燦燦と輝く日の出を待つ必要はありません。
暗闇はほんの少しの日の出の明かりでなくなってしまうものです。

デジタル 

2005年03月03日(木) 20時36分
ぷらむさんのコメントを読んで、書きたくなりました。

結婚した時、友達数人がお祝いにCDプレーヤーをくれました。
今でこそCDだけのプレーヤーは数千円で手に入りますが、1986年当時はCDが出始めた頃で、とても高かったんです。
レコードショップにはまだ数えるほどしかCDも売っていなかったし。
レコードで育った人間としては、かなりの衝撃でした。
ノイズが無いなんて・・・。
友達は全てのレコードを売り払い、同じCDに買い換えてしまいました。
あれから20年。

今はレコードの音がこんなに素晴らしいと、再度聴きなおしたりしています。
もちろん、ノイズはありますけど。
針の音とか。
でも、デジタル音の中で長いこと生活してきたためでしょうか。
その温かみのある音に「気づく」ことが出来ました。

アナログレコードでは、人間の聞くことが出来ない周波数の音も入っています。
デジタルCDではその部分をカットして、データ容量を小さくしています。
短絡的に「聞き取れない音」なんだから「不要」だよな、と思っていたのが人間のあさはかさですね。
この世に不要な物なんか「神様」が作るわけが無いんだから。

日出国その2 

2005年03月01日(火) 15時38分
イギリスの大金持ちでしたっけ、サッカーチームのチェルシーのオーナーになって、金に物を言わせて有名選手をどんどん補強して強いチームを作っている。
そして自分のチームの試合をいつもニコニコして見ているの。
あのおじさんには会って話してみたいなぁ、と思うけど、ホリエさんにはそういう気がしない。
「お金」とか「名誉」とか「肩書き」とかはただの「欲」であって、本当はその「お金」で何をするのか?「名誉」「肩書き」で何を動かすのかで、評価されるべきだと思うのです。
東北に野球チームを作って地域に根ざして活性化して貢献したい、とか言ってても、新潟の地震で何かできることをやったんだろうか?
チーム作れなかったから、もう東北地方には興味ありませ〜ん、ってことなのか、人知れずポケットマネーで1000万くらい義援金を送っているかはわかりませんが。

蓼科のホテルにこもって、瞑想を勉強した時に、その2週間はテレビも新聞も見ないで下さいと先生に言われました。
殺人だとか事故などの暗いニュースは見るだけでストレスになるからだそうです。
言われたとおり2週間そういった情報を遮断して、瞑想の勉強に専念しました。
2週間後、家に帰るため駅に着いた時の事です。
駅の中の、そんなに華やかではないはずのお土産屋さんの中に入ったとたん、目がちかちかするくらい様々な色が飛び込んできたのです。
それはものすごい「刺激」だったのです。
今は情報化社会で、嫌でもそういった環境に身をさらさなければいけません。
そんな中で、人間本来の力を発揮せよといっても普通は無理でしょう。
目の前を飛び交う情報にうろたえることなく、静かに自分の心の奥底の真理に根ざして考え、行動することが必要になってきていると思います。
日いずる国の人間なんですから。
でもその前にちゃんと心の雲を取り除いておかなければなりません。
そうしないと心の夜明けはやってこないし、暗闇で判断すると誤ったりしますからね。

日出国その1 

2005年03月01日(火) 14時07分
日のいずる国、日本。
ビートルズに瞑想を教えたマハリシが「日本は日のいずる国なので、世界の精神的中心になるでしょう。またそうあるべきです。」と言っています。
確かに日本語は精神的な事柄を表現するのに適している言語かもしれません。
グラデーションで色が変わっていく様も、日本語なら細部に渡って表現ができるかもしれないからです。
デジタルの世界なら、「オン」「オフ」か「0」「1」で表現しなければいけませんから、まるでどこかの国の言語のように「中庸」という領域が表現しづらいかも知れません。
それと同時に「あいまい」という厄介さも生まれてきます。
ビジネスに「あいまい」は必要ないかもしれません。
ライブドアの問題もちょうどその真中にあるので、誰もが明快に回答できないのかもしれません。
個人的な意見ですが、「仕事」である以上利益を追求して当然です。
ただアメリカ的なやり方を真似するだけではだめだと思います。
自動車が日本に入ってきて、日本の技術者がその技術を高めて、性能の良い世界一の自動車を作り出したように、ビジネスもアメリカ式のものを日本流に組み立てた方が良いように思います。
ライブドアはアメリカ的にやるというなら、徹底的に大資本で800億でも1600億でも、とっとと金で解決しましょう、的な圧倒的強さか、最初は提携しましょう、機を見て傘下にしてしまいましょう、的な策略が必要な気がします。
まだ、2回目だからいいけど、野球でだめなら放送局で、放送局がだめなら次ぎは何?
いったい何がやりたいの?という印象しかないです。

Bフレッツ 

2005年02月23日(水) 18時53分
ハイパー・Bフレッツになりました。
普通の計測サイトだと20メガくらい。(ルーター有り)
Bフレッツ・スクエアだと60メガくらい。
なんで、そんなに差があるのか?
http://wweb.zive.net/PASOCON/square/square.htm
この関連記事から、どうもインターネット上の負荷がスピードを遅くしているらしい。

まあ、でもパソコン通信時代からやっている僕には夢のような速さです。
ここのブログ書くだけでも、ISDNだとページが表示されるのにストレス感じていましたから。

都市伝説 

2005年02月19日(土) 23時24分
発見しました、都市伝説。
「夜のススキノには雪が降らない。」というものです。
先日大雪の日にロードヒーティングの電気を入れるために、ススキノに向かって車を走らせていたんです。
石山通(ススキノから1キロくらいの地点)では、猛吹雪。
ところがススキのに着いてみると、まったく雪が降っていないので、「止んだんだ・・・」と思ってまた石山通へ・・・。
すると、やはり猛吹雪。
そういう経験が積重なり、私なりに科学的にこの「都市伝説」を解釈して見ようと思いました。
まだ、仮説ではありますが。
原因はビルの出す二酸化炭素ではないかと・・・。
雑居ビルが隣接するススキノ。
寄りともなれば、何千もの飲食店が暖房をフル回転。
当然ながらその廃熱がビルからかなり出ているはず。
つまりここは、小規模な地球温暖化状態ではないのか!
つまり、それが異常気象をもたらしている。
ストーブを焚いた場合、屋根に雪は積もっても、煙突の中に雪は当然入っていきません。
なぜなら、熱が上昇気流を起こして、上空から降ってくる雪を回りにはね飛ばしてしまうからです。
この煙突状態がススキノのビル街の正体ではないかと・・・。
多分近い将来、科学的に証明されるはずです。
欲望渦巻く街の「都市伝説」、「ススキノの夜に雪は降らない」でした。
2005年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像ぷらむ(銀河)
» フジテレビとライブドア (2005年04月24日)
アイコン画像ぷらむ(銀河)
» お隣の国 (2005年04月13日)
アイコン画像ぷらむ(銀河)
» ジム通い (2005年03月29日)
アイコン画像ぷらむ(銀河)
» お酒 (2005年03月16日)
アイコン画像ぷらむ(銀河)
» あるインドのお話 (2005年03月07日)
アイコン画像ぷらむ(銀河)
» デジタル (2005年03月04日)
アイコン画像キイチロー
» 日出国その1 (2005年03月03日)
アイコン画像ぷらむ(銀河)
» 日出国その1 (2005年03月03日)
アイコン画像ぷらむ(銀河)
» 雪祭り (2005年02月16日)
アイコン画像ひよひよ
» 雪祭り (2005年02月14日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kiichiro
読者になる
Yapme!一覧
読者になる