開業するまでの段階

January 02 [Thu], 2014, 23:20

不動産を始めるには宅地建物取引業法に
様々なルールがあります。このルールは、
開業前や後に段階的に踏んでいくもので、
開業するに至ってそれぞれ資格も必要と
します。

まず、不動産屋起業は「事務所の設置」を
必要とします。これは店舗のことで、業務
を安全に遂行するための形態を作ります。

次に「会社の設立」です。これは法人の場合で
行政書士に依頼するケースが多いです

そして、「宅地建物取引業免許」という
免許の申請が必要です。厳重な審査を経て
受理されるので、申請だけではありません。

最後に取引に関して事故が発生した場合の
保障を行なってくれる「全宅保証への加入」
が、必要です。

簡単な開業手続きの流れですが、それなりに
資金も必要とし、一般的な平均で言えば700万
前後だそうですが、100万という少ない資金の
人もいれば、1000万を資金にする場合もある
ようです。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kigyou01
読者になる
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kigyou01/index1_0.rdf