起業を実現するための近道は何なのか?

January 09 [Mon], 2012, 16:47
2013年卒の就職活動も始まってしまいましたが、
まだまだ2012年卒の学生も内定が取れていない状況だと聞きます。

やはり、今は相当の就職難なんでしょうね。
特に、誰もが知っている大企業への就職は凄く難しい状況です。

ここで質問です。
就職活動に際して、起業を実現するための近道は何なのか?

それは、ベンチャー企業に就職することです。
有名大学出の優秀な学生が何百人といる大企業というでチマチマした仕事をするよりも、
早い段階で責任が大きく成長できる仕事を任せてくれそうなベンチャーの方が
起業への近道であることは想像だに容易いですよね。

ということで、これからは大企業ではなくベンチャー企業を見た就職活動が
より一般的になっていくのではないかと思っています。

札幌のカフェ開業事情

October 10 [Mon], 2011, 16:44
カフェと言えば北海道、北海道と言えばカフェ。

私はそんなイメージを持っています。

って、それはちょっと言い過ぎかな。笑

とはいえ、秋も深まると、カフェの恋しい季節であることは間違いありませんよね。

この点はみなさんにも共感していただけると思います。

事実、札幌は自家焙煎珈琲の店も多く、カフェの多い街なのです。

北海道に住んでる人にとっては常識です。

そんな状況で、今年も続々と新しいカフェのお店が開業しています。

実は、私もいつかは北海道でカフェを開業したいな、なんて思っているんですよ。

前回ご紹介したしたカフェ開業・レストランオーナーを目指す「飲食店開業セミナー」にもちゃんと参加してきましたし。

まーもうちょっと先の話にはなると思いますけど、

やっぱりカフェ開業って、素敵です!!!

カフェ開業・レストランオーナーを目指す「飲食店開業セミナー」

May 31 [Tue], 2011, 0:05
カフェ開業を目指す方におすすめのセミナーのご案内です。

兵庫県中小企業団体中央会が、平成23年度の「飲食店開業セミナー」を、

7月16日からの毎土曜日全5回に渡り神戸市で開催するそうです。

カフェもしくは飲食店の開業を志している方、参加しない手はないですよ。

この内容は、マーケティング戦略/物件選び/スタッフ/採用/計数管理/開業計画書作成までの多岐にわたり、

具体的かつ実務的なテーマを設定していて、開業時だけでなく実際の経営にさらに役立つものとのことです。

非常に勉強になりそうなので、私も是非参加したいのですが・・・。

対象は、開業準備中の方から、現在の経営を見直したい方までとしており、

美味しいお店づくりを幅広く応援するとしており、6月6日から申込みを受け付けるそうです。

先着順ということですので、興味のある方はお早めにどうぞ。

以下、概要を記しておきますね。

<開催概要>
日  時 7月16日〜8月20日 毎土曜日[13:30〜17:00]
場  所 兵庫県民会館(神戸市中央区下山手通4丁目16の3)
対  象 飲食店経営者およびスタッフと開業を目指す人
定  員 20名
参加費 14,000円(全5回分)
その他 リンクのチラシ参照

私も小さいころはカフェを開業してみたいと考えていました。

今でも、ある程度資金に余裕ができたらカフェ開業にはチャレンジしてみたいと考えています。

子どもの病気がきっかけで夫婦起業

March 17 [Thu], 2011, 22:52
今日は主婦で起業された方のお話です。

旅行情報検索システムの開発・販売を手掛けるフォルシア株式会社。

この会社の取締役社長兼CEO(最高経営責任者)屋代浩子さんは現役の3児の母です。

屋代さんは日経ウーマンが選ぶ「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2011」で高い評価を受けました。

屋代さんは証券会社の先輩だった御主人と結婚し、夫婦で米国へMBA留学をしました。

その地で起業への原動力を得ながらも帰国後はすぐには起業せず、

バブル時代の経験から労働に勝る投資はない、と証券会社へ就職をします。

早朝から深夜まで働きながら2児の出産・育児を経験しますが、

次女の病気など家族へのしわ寄せを感じ、夫婦で退職、起業を決意しました。

こんな起業の形もあるという素晴らしい事例ですね。

日本はこんな状況ですが、こんな状況だからこそ、起業家のみなさんには頑張ってほしいものですね。

あえて法人化せず個人事業で起業

February 28 [Mon], 2011, 10:28
世の中にはあえて法人を設立せずに、個人事業で起業している人もたくさんいます。

1円株式会社、日本版LLPなどなど、会社設立の敷居がますます低くなりつつありますが、

副業から始める人などは「本業のことを考えると法人化はちょっと」という人も多いからです。

そんな場合には、まずは個人事業で起業するというのは選択肢の1つです。

実際、週末起業家などの多くは、最初は特に法人などを設立しないて個人事業でスタートさせています。

メリットはたくさんあります。

例えば

「設立のための法的な手続きが要らない」

「設立、維持に費用がかからない」

「会計処理が簡単・容易」

などはすぐに思いつきますよね。

もちろん、個人事業で起業しても、従業員を雇うことだって普通にできます。

また、個人名で活動しなければならないというわけではなく「屋号」をつけて活動することもできます。

屋号というのはいわゆる「看板」みたいなものですので、名刺に書くこともできるんですよ。

ただし、この屋号は登記をしていないために、法律で守られたものではありません。

法律で守りたいというのであれば登記をする必要が出てきます。

登記には多少のお金がかかりますが。

起業を考えているみなさん、まずは個人事業から始めてみてはいかがですか?