ストレスをためないようにしよう

January 10 [Fri], 2014, 22:07

「溜めないようにすべき」「除外しなければいけない」と断定しがちですが、本当のところは、我々は様々なストレスを感知するからこそ、生活し続けることが可能になります。基礎代謝は人間が何もしなくても使用してしまう熱量のことですが、半分以上を全身の様々な筋肉・一番大きな臓器である肝臓・頭部の脳の3つで消費していると考えられているようです。患者数が増加しているうつ病は脳の中で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが足りず、不眠、憂うつ感、疲労感、食欲低下、体重減少焦り、顕著な意欲の低下、希死念慮、そして重症になると自殺企図などの深刻な症状が出現するのです。最も大きな内臓である肝臓に脂質やコレステロールが蓄積した状態の脂肪肝(fatty liver)という病気は、動脈硬化や糖尿病というような様々な病の原因となる可能性があることをご存知でしょうか。UV-B波は、UV-A波に比べて波長が短いという特性があるためオゾン層を通る際にその一部が吸収されますが、地表に達したUV-B波は皮ふの表皮の内部で細胞のDNA(遺伝情報)を損壊させたりして、皮ふに良くない影響をもたらすことが明らかになっています。

不整脈である期外収縮の場合、特に病気ではなくても症状が現れることがあるためさほど珍しい健康障害ではないといわれていますが、例えば発作が立て続けに起こるケースは危険な状態です。常在細菌であるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」の意)はグラム染色で紫色になるグラム陽性球菌で、大別すると毒が極めて強力な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus)と一方は毒力が低いコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種類が挙げられます。ハーバード・メディカルスクール(HMS)の調査結果によれば、普通のコーヒーと比較して1日あたり2カップよりも多くデカフェコーヒーを代用すれば、驚くことに直腸ガン発症リスクを半分以上は減少させたという。「肝機能の衰退」は、血液検査項目のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-GTP(ガンマGTP)など3つの値で診れますが、ここ数年で肝機能が悪くなっている日本人がだんだん増えているということが分かっています。うす暗い場所では光量が足りなくてものが見辛くなりますが、より瞳孔が開くので、目のレンズのピントを合わせるのに余計なパワーが消費されてしまい、結果的に日の差す所でモノを眺めるよりも疲れるのが早くなります。

現在、比較的若い世代で感染症の一種である結核に対抗する免疫、すなわち抵抗力を保有しない人達が増加していることや、自己判断のせいで受診が遅れることが要因のアウトブレイク・院内感染の発生頻度が高いようです。肥満(obesity)の状態というのは当たり前のことながら食事内容や運動不足などが原因ですが、同じボリュームのごはんであっても、急いで食べ終わる早食いを続ければ脂肪過多に陥っている肥満(obesity)を招きやすくなると言われています。ジェネリック医薬品(generic drug)とは新薬の特許が切れてしまった後に発売され、新薬と同一の成分で負荷が少ない(クスリ代が安価な)後発医薬品のことを指しています。体脂肪の量(somatic fat volume)には変動が無いのに、体重が飲み食いや排尿などによって一時的に増減するような場合、体重が増えた人の体脂肪率(body fat percentage)は低くなり、体重が減少した人は体脂肪率が上がるのです。塩分と脂肪の摂り過ぎをやめた上で運動に尽力するだけでなく、サブエクストリームのような暮らしを心がけることが狭心症を招く動脈硬化を予め防止する方法なのです。


P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kigarutudukeru/index1_0.rdf