そんなことアルバニア3 ―珍国アルバニア・クルヤ到着編− 

2017年04月21日(金) 0時01分

ご無沙汰です!
ヨーロッパの北朝鮮、つい20年前まで鎖国していたことでお馴染みのアルバニア旅日記の続きです。

アルバニアの通貨はレク。
1レク約1円。
計算はとても簡単です。

両替はティラナの空港でユーロから替えました。
ユーロも使えるみたいなので、30ユーロ分だけレクに買えました。

ちなみにアルバニアはEUには加盟しておりません!
しかしアルバニアはEUに入りたくてしかたないんだって!

例えば、、、

アルバニアの車のナンバープレート。
お気づきですか!?

右側に「〇」が付いています。

これはもちろん、

EUを意識して!!!!


ちなみにこちらは正式なEU加盟国、スロバキアのナンバープレート。
左側に本物のEUのマークがついています。

アルバニアのナンバー、遠くから見たらもうEUにしか見えません。笑
国ぐるみでEUに近づけるよう、努力しているみたいですね。笑


そしてよくアルバニアの国旗と、EUの旗が並んで掲揚されています。
ほぼほぼEU加盟国状態です。

しかし、正式にはEUには加盟しておりません!!!

そんなアルバニア、まだまだ序盤ですが少しでも興味を持っていただけましたでしょうか?
まだまだ珍なものが出てきますよ。もう珍スポットと言っても過言ではないですよ、この国は!!
私はこの国が大好きです。
本当に行ってよかったと思っています。


さてさて、バスはマザー・テレサ国際空港からクルヤという山岳地帯の街にやってきました。


個人的な話ですがこちらに来る前週、ピレネー山脈でお馴染みのアンドラ公国へ行ったのですが、そちらよりも山感がすごいです。


こちらのメインはクルヤ城。
最終的に小高い丘の上にあるあちらの城を目指します。


この張り紙は何だ!?
亡くなった人???


石畳の風情ある道を通って。
こちらにはお土産屋さんが軒を連ねています。


アルバニア限定オリジナルグッズも多数!
これらはアルバニア国内でしか買えないゾ!!

城見て、アルバニア料理も食べて、アルバニアを満喫する!
そして次回につづく!

ご無沙汰でございます 

2017年04月19日(水) 13時07分

いつも閲覧ありがとうございます。
最近春すぎて眠いので更新が滞っております。


よろしければ、Twitterもご覧ください。
https://mobile.twitter.com/wagahaikieffiy
コックピットの孫


※画像はエジプトで出会った知らない人です

誕生日ウズベキスタン11 ―天文台とアフラシャブの丘編― 

2017年04月10日(月) 23時39分

ドーブラエ・ウートラ!
サマルカンド2日目、ウズベキスタン3日目です。


そして朝食ビュッフェに蜂の巣ごとあったのは初めてです。笑


今日も5人+ガイドさんしかおりませんが、大型バスに乗ってサマルカンド観光です。
団体ツアーだと連れて行ってもらえるのでかなり楽ですね。
その分、調べものなどをしなくなるので記憶がかなり曖昧。


まずやって来たのは、チュパン・アタという丘の上にあるウルグベク天文台。
階段をのぼっていくと…


ウルグベクの像。
記念撮影スポットです。


天文台の施設をまとめた看板。


ウズベクっぽい建物。


そしてこちらの後ろが筒状になった建物の中には、、、


六分儀の遺構。
こちらは現在の天文台を彷彿とさせる観測施設が造られていたそうです。(地球の歩き方より)


ウルグベクの肖像。


プチ博物館もあります。


小高い丘にあるので、眺めもいい。
青いドーム状の屋根がサマルカンドにいることを教えてくれる。


ちなみにウズベク語でトイレはホジャットハナ。
ロシア語ではトゥアリェートです。


そして移動して、アフラシャブの丘へ。


壁にあしらわれたモチーフがかっこいい!


中はひたすら丘です。


私が知らない砂漠植物。
面白いなぁ。


自然になのか意図的になのかボコボコしている。


なんと、ここは遺跡だった!!

文化の痕跡が11層もの厚さで積み重なっているそうだ。
現在は何もないけど、かつてはここに街があった…。
なんてロマン溢れる話だ。


私はこの丘がとてつもなく気に入った。
なぜかと言うと、実家の前に昔、こういう空き地があったからだ。

なんだか懐かしい気持ちになった。

まだまだつづく!

誕生日ウズベキスタン10 ―夜のレギスタン編― 

2017年04月08日(土) 0時17分

シヨブ・バザールからの帰り道。
ソファを運ぶおじさんにカメラを向けたらドヤ顔された。
こういう一期一会だいすき。


途中で出会ったかわいいこどもたち。


パンツ一応履いてるよっ。


そしてかわいいおっさんたち。


…閉店ガラガラ。


ディナーはホテルのレストランで。
給食のような素朴なスープ。


やや油っこいけど、お味は美味しい肉料理。
あと必ずといっていいほど出てくるトマトとパクチーのサラダが美味しすぎる!


食後はライトアップされた夜のレギスタン広場へお散歩。


狛犬的な金ぴかのライオン。


蒼穹のサマルカンド。


それにしても、大通りには人、というか子供が多いな!
めちゃめちゃ賑わっているぞ。


夜の22時くらいだったと思うんだけど、遅くまで盛り上がってるなぁ。
週末だからかな。


子供たちが世界遺産で鬼ごっこ。
どこの国も、子供は子供だね。


近くにあるスーパーに行ってみた。


いたって普通のスーパー。
買い物しようと思ったら、ガイドさんとバッタリ。
別れた直後に会うと、なんかお互い気まずいよね。


2Fがポルトガルのアゲタ状態。(傘ね、傘)


アイスのパッケージがかわいい!


さっそくおっさん柄のアイスをジャケ買いしました。
現在夜なのに31℃だから、早く食べないと勢いよく溶けていきます!


レギスタン広場方面からスーパーへは、交通量は多いけど信号機のない道を渡らなければなりませんのでご注意ください。


と言うことで滞在しているアジア・サマルカンドへ帰還。
ライトアップされたプールで泳ぎたかったけど、水着がない。
夜だから下着でもわからないか!1発泳いでおけばよかったな。


翌日につづく!

誕生日ウズベキスタン9 ―シヨブ・バザール編― 

2017年04月04日(火) 19時56分

さてさて、地元の人の生活を覗けるバザールにやってきました!
こちらはサマルカンド最大のシヨブ・バザールです。


内部はだいぶ広い!
食料品から日用品まで、だいたい揃っていますよ。


大量のスイカと陽気なスイカ売り。
ウズベキスタンはスイカも美味しいよね。


そしてウズベキスタンと言えば、サマルカンドのナン!
南アジアのナンとは違い、パンというかベーグルのような食感で美味しい。


色々散策中。


逆光だけどおじいちゃんと孫。
わたし、孫シリーズ好きだわ。癒される。


子供たちは階段が遊び場。


よそ見してるけど、さっきまでこっちに目線もらってたんだよ。笑


たまご?
謎の白い球が売られていた。


試食してみて!と、もらったので食べてみたらプレーンヨーグルトを球状にしたやつでした。すっぱ!
でもこのすっぱマズさがクセになるかも。トルコのアイランみたいに。


ハチミツ売りのおねえさん。
みんなフレンドリーで面白いです。


ドライフルーツ屋さん。
中央のうずまき状のものはドライメロンらしいです。


野外も露店がいっぱい。


その中でとても気になった白い液体。


どこが気になったって、バケツですくっているところですよ!!
これは衛生的に興味わく〜!!笑


さっそく買ってみました。
値段は忘れちゃったけど、安かったと思います。

お味は、、、美味しい!
思ったより甘い!!
また飲みたいです。そう思ったと思います。なんせ8月の記憶なので^^;


本当にね、人々が優しいんですよ!
すぐ仲良くなれちゃう!

ウズベキスタン航空は最悪なんですけどね、国自体はとても素晴らしいし、人々も本当にフレンドリー!


ウズベキスタンマダム!!
いかにもウズベク人って感じの人たちだったので、後でツーショット撮らせてもらいましたよ。

眉毛が繋がっている人を探していたのですが、この日は出会えませんでした。

ウズベキスタンでは眉毛を繋げている女性がたまにいらっしゃるのです。
このへんの国では体毛が濃い=美人という文化らしい?
それと眉毛を整えると穢れるみたいなことから、眉毛を整えない=純潔という意味もあるらしい?

文化って、面白いですね。

ミャンマーの日焼け止めタナカを顔中に塗りたくって、ウズベクスタイルで眉毛を繋げると、バカ殿みたいになっちゃいますね。

顔面異文化交流やってみたい。

つづく!

誕生日ウズベキスタン8 ―レギスタン広場編― 

2017年04月03日(月) 2時36分

サローム!
いやいやいや、すっかり忘れ去られていたウズベキスタン日記。

誕生日って、、、昨年の8月の話ですよ。
もうこうなったら日記を1年寝かせた方がいいんじゃないかと思いましたが、今更ながらじわりじわりと更新していきます。

ウズベキスタン、すごくいい国だったし、とても楽しかったので!

しかし、記憶もだんだん曖昧になってきております。
楽しみにしていた方、すみません。多少、雑になるかも^^;ま、いつも雑なのでいつもの調子ですね!


さてさて現在地はこの日の観光のメインとなる、サマルカンドのレギスタン広場!
こちらはシェルドル・メドレセ。
メドレセとは神学校のことです。


”シェルドル”とは”ライオンが描かれた”という意味らしいのですが、どう見てもトラ気味ですよね。
顔は太陽。さくらももこのキャラクターにいそうです。

この広場は世界遺産に登録されているので、ウズベキスタンと言えばここ、みたいなメジャーな広場。
顕著で普遍的な価値ですねぇ。
わたしの今まで行った世界の観光スポットの中で、お気に入り5本の指に入ります。多分!
だって、青の都ですよ。わたし、青色が一番好きな色でございます。たまりません。

ちなみに滞在しているアジアサマルカンドからレギスタン広場まで徒歩で10分くらいです。


ティラカリ・メドレセの内部に入ってみます。


”ティラカリ”とは”金箔された”という意味だけあって、内部もたいへん美しい。


天井も金ぴか。
泊まりたい。


観光地恒例のお土産屋さんゾーンに突入。

ウズベキスタンの民芸品、スザニという刺繍が入った布。
テーブルクロスやベッドカバーなど、布だから何にでも使えるんだって。
ちなみにこれは80ドルって言ってたけど、ツアー客のおばさん、さっそく購入してた。
もっと安くなるよ、絶対!笑


焼き物のお店。
ここはデザインも素敵で、陶器同士を合わせた時の音もすごくキレイで鈴の音のようだった。


無類の旅先で割れ物買うのが好きな私、このようなデザインの小さいもの、2つほど買いました。


別の店では、おじさんの演奏する伝統楽器を聴いたり。


そして先ほどからやたら「マダーム!」と営業熱心だったおかあさんのお店へ。


かわいいものがたくさん。スザニを買ってみることに。
でも、直接床に敷いちゃうんだ…、一番下になったのはイヤ。笑

結局80ドル→50ドル→30ドルでこのデザインの緑色を買いました。
生活かかってるからそんなに安くできないよ!と言ってたけど、こっちも生活かかってるからね。笑


次の場所、ビビハニム・モスクへ徒歩で移動。


ガイドさんが公共ホースから出ている水をゴクゴク飲んでいたので、私も興味本位で飲んでみた。
全然おなか壊しませんでしたよ。


中庭中央にあるラウヒ(世界最古のコーランを置くためのもの)は、願い事を唱えながら3周すると願いが叶うんだって!
なんでやらなかったんだ!


ラウヒの近くで仕事をしていた彫刻家。
作品がとても繊細で美しかったのでメドレセモチーフのマグネットを買った。
値段も良心的だった。確か2ドルくらいから。


そしてよく見ると、かわいい屋根には結構草生えてるな。笑

と言うことでつづく!
今度こそウズベキスタン編、続けて更新します。多分!

ラオスの休日9 ―姉さん、事件です編― 

2017年03月27日(月) 22時14分

2016年9月末のラオス3日目最終日、朝ごはんを食べていた時、事件は起こっていたようです…。


そんなことに気づきもしないわたくしは、のんびりと朝ごはん。


途中、撮影クルーがホテルの様子を取材しておりました。


猫も寄って来ておねだりされたので、パンケーキを渡してみても知らん顔。

従業員がソーセージを細かく切ってあげるとそちらに飛びついていました。
生き物は大体肉が好き。


部屋に戻って荷物を整理した後、チェックアウトしてスーツケースをフロントに預ける。
この時、もう事件は起きていました。


そしてルアンパバーンの街散策へ出発です。
のどかすぎるホテルの前の道。


メコン川沿いのテーブル。


お供えされている米のかたまりたち。


途中で出会ったおばあちゃんと孫。


そして国立博物館へ行った。
チケットを買おうとサイフを開けた時、
この朝に起きていた事件に気が付いたのだった。

20ドルがない!!

昨晩、残金の計算をしたとき、確かに50ドルは残っていた。
10ドル札2枚と、あと残りは1ドル札で。
絶対に50ドルはあった。

ここへ来る前にスリに遭っていたなんてまず考えられない。
人と近距離で接していないからである。

サイフから目を離した瞬間…そう、朝ごはんの時…!!

ただ、部屋にはちゃんとカギを掛けて出たし、部屋からレストランは目と鼻の先(下手すりゃ出入りが見える)だったのでそこまで心配していなかった…。

完全に油断していたのである。

最初はレストランで部屋番号を伝えた時、スタッフが空室を確認して犯行を行ったのかと疑ったが、場を離れるスタッフはひとりもいなかった。

今思えば、朝食を終えて部屋に戻った時、隣の部屋で清掃が行われていた。

あ!!!!!

出掛けたと思って清掃に来たら、部屋にはサイフが残っていた。
なので全額は悪いと思い、この中での高額紙幣10ドル札を2枚だけ抜いて、そそくさと出ていったのだと確信!!!

すべて気づいたのはチェックアウトした後だし、メイドの犯人特定は難しいと判断。

あああああ、、、、完全に自分のミス!!!
気を抜きすぎました!!!!

ラオスだから大丈夫、そう思っていたのは確かです。
インドとかだったら、すべてを疑ってサイフも絶対持ち歩くし!!!

そういえばいい国でお馴染みのフィンランドのそこそこいいホテルでも、留守中スーツケースを開けようとした形跡残っていたもんなぁ。

この国は大丈夫とか、ないですね!!!!

被害は20ドルで済んだというのがまだマシですよ。
正直、ビンボーな私にはだいぶ痛いですけど!!!

それからと言うもの、めちゃめちゃ気を付けるようになりました。
ちょっと部屋を開けるときも、貴重品はカギのかかった場所にしまったうえ「DO NOT DISTURB /おこさないでください」の札を出していかにも居ますアピールする、とか。
貴重品は常に持ち歩く、とか。

当たり前のことなんですけど。笑

慣れてきたころに起こってしまった出来事なので、今後はさらに気を引き締めて旅を続けます。

あーーー20ドル。
まあ、寄付したと思えばいいか…。
いや、盗まれたんだよ。笑

クセありそうデンマーク2−夜のお散歩編― 

2017年03月24日(金) 10時56分

現在地はコペンハーゲンのシューハウン駅。
エストーの駅は「S」マークが目印です。

そして↑こちらは観音開きタイプの自動ドア。
雑に開くのでちょっとびっくりします。笑


駅前にはレンタル自転車も大量にある。


コインランドリー。
地元の人の生活って、なんだか気になりますよね。

ホテルにチェックインして、大雨だったため夕方から爆睡。
夜にちょっと起きて、お腹がすいたのでホテルのまわりをお散歩することにしました。


うーん、このあたりは特に何もない…。
とりあえず開いているファストフード店に入ってみる。


スタンダードなハンバーガーを注文した。


すぐ店員さんと仲良くなる^ー^
デンマークも割と親日っぽいです。


ハンバーガー。
母が作ってくれたような、素朴というか…素人の味。笑
うそうそ!美味しかったよ〜!


お次は駅前にあったスーパーを覗いてみる。


いたって普通のスーパ―です。


愛、ラーメン。


シーズンだけにクリスマスグッズも。


北欧でよく見かけるタイプのレジ。
このマシンにお金を入れたら、おつりが出てくるよ。


チーズフォカッチャとサラミと水を買った。
この水、普通に見えてフルーツフレーバーの炭酸水で好きな味だった!
サラミも激美味しかった!
フォカッチャは普通。笑


そして問題のラクリスも購入。
北欧ではとてもポピュラーな黒いグミです。
マズイことでも有名です。

さっそく味見してみると…サルミアッキを食べたことある人には美味しく感じてしまう!!
いや、本当はめちゃマズイんだけど、サルミアッキよりは美味しい!複雑ー!!


夜が明けました。
私はビビりなので、初めて泊まる部屋は怖いから電気とTVは点けて寝るのですが、朝起きたらTVが勝手に消えていました…。

もう!先進国ってTVも見てる気配がないと勝手に電源消えちゃうハイテクノロジーなんだから!!
そのことに朝イチから一瞬ビビります。


さてさて、朝食へ。
広々としたレストランですが、巨大ホテルなのですぐ埋まってしまいます。


メニューはめちゃくちゃいい!


全部おいしいし、種類もたくさんあって楽しい!


ああ、今日はいい日になりそうだ!

と言うことで、これからとりあえず日帰りでスウェーデンに向かいます!
昨日までいた国にちょっと戻ります!

◆おまけ◆

デンマークのサークルKは、コンビニじゃなくてガソリンスタンドだぞ。

つづく!

クセありそうデンマーク1 −CPH到着編― 

2017年03月21日(火) 23時18分

2016年11月初旬、スウェーデンのストックホルムから、飛行機で約1時間、デンマークのコペンハーゲン・カストロップ国際空港に到着しました。
カストロップ…実に言い間違いに気を付けたい名前ですね〜。


まずは鉄道でとりあえずコペンハーゲン中央駅に向かいたい。

券売機でシングルチケットを買おうと思ったら、なんなの?
買い方はわかるんだけど、お札もクレジットカードも飲み込みやしないの!PINコードまで打たせておいて、買えないの!
隣で操作していた客もいうこときかない券売機に舌打ちしてたよ。笑

到着直後からデンマークの洗礼に少々イラつきましたが、他の券売機に変えたらスグ買うことが出来ました。

【幸福度世界一】のデンマーク、、、ずっと気になっていたのです。
北欧のフィンランド、ノルウェー、スウェーデンってまったくクセがなさそうですが、なんかデンマークだけはクセがありそうだな〜とずっと目を付けていたのです…!

例えば…国名がゴツい!!
デンマーク!!


そして電車もゴツい!!

安全面を考えたら、一番いいデザインみたいです。
よく見たらゴリラみたいでカワイイですねぇ。

そして2番ホームへ行き、列車に乗ろうと思ったら…
どの車両もガラガラなのに、みんな一部に集まってぎゅうぎゅうに立って乗ってるの…!

…なんで?

ほらほら〜、絶対クセあるぞ、デンマーク!!


一車両の一部分だけ山手線状態。
他は空きすぎて誰もいないのに…!
なんか空席に座っちゃいけないみたいな空気。笑


この表示があれば、予約席ではないので座れるらしい。
この車両、全部普通のチケットで座れるセカンドクラスの空席だよ?


と、いうことでスーツケースも収まる感じのテーブル付きの席に座りました。


3駅でコペンハーゲン中央駅(現地発音でクーベンハウン・ホー)に着きました。


あたたかな感じのする薄暗い巨大ターミナル駅。


ちょっと催したのでトイレへ…

もちろん有料ですが(確か5DKK/85円くらい?)、なんとクレジットカードも使えます。笑
トイレのチップですらカードで払える素晴らしい国…!
これで小銭がなくて漏らすことはだいぶ減りますねぇ。PINコード忘れたらアウトだね。


無駄に水槽とかもあるトイレ。
掃除が行き届いており、大体キレイです。


さてさて、この赤いエスト―(近郊列車)に乗ってここから2駅、ホテルのあるシューハウンを目指します。


自転車専用ゾーンも。

あれ、おかしいな。
A線と思ったんだけど、違う方向に乗ってしまったらしい…。
E線のKO(Oにスラッシュ)GE行きに乗ったら、シューハウンに止まりました。


車内は結構混んでます。
扉はボタン式で手動タイプです。


今回滞在するのは、シューハウン駅から徒歩5分くらいのスカンディックシューハウネン。


結構な巨大ホテルです。


で、エレベーターの閉めるボタンはいったいどっちやねん!
どちらを押しても、カードキーをかざしても全然閉まらんかった!
無知な私に仕組みを教えて!


お部屋はこんな感じ。
木目調で清潔感もあって北欧っぽくて落ち着きます。


バスルームも清潔!


デスクもあって、とても過ごしやすい。


ただね、外は大雨なんですわ…。

これから中心地にあるラウンドタワー(外)と、ニューハウン(外)に行こうと思っていたのですが、この雨では台無し。

なのでまだ17時くらいですが、潔く今日は寝ることにしました…!

あー、もったいない時間の使い方!!
でもこの雨じゃ行っても仕方ないですよ…。

雨女の運命を呪う。笑

夜編につづく!

露西亜的功夫世代&お知らせ 

2017年03月18日(土) 14時58分
※画像はイメージです
今年も春過ぎにあの国へ…。
今まで東から地味〜に攻めてきましたが、3度目にして、ついに首都を攻めるでござんす。

だって、モスクワという響きにあまり惹かれなかったからねー。
私は旅先を”響き”で決めているようなもんですよ。

たとえば、サマルカンド!とか、フィレンツェ!とか、アムステルダム!とか。
ウラジオストク!ってなんだか強そうだし(意味も東方を征服せよ、とかっこいいし)、ハバロフスク…はなんか弱そうだけど、マイルで行けたので例外。笑

モスクワって…なんかレンジの中で芋が温まった時のような響き…。
もすくわ。もすくわ。ふふ。

ついに5月、モスクワ上陸ですよ!!!

新しい仕事、早めに申請したら休みが取れちゃうっぽいのでとりあえずのロシアへ行っちゃおう!
さっそく航空券を取ったら、最安値が私と相性最悪のエティハド…。
他社に替えて追加料金とられたくないから、まーーーた中東経由!笑
どうせなら安定のカタールか、エミレーツに乗りたかった…。
しかし安さにはかなわない。それに中東を経由して20時間以内に着くなら、全然近い方だよ!(旅のしすぎて感覚がおかしくなってきている。)

趣味は旅行、ではなく、移動、です!!!

あーーー、伊豆にも行きたいなぁ…。

ま、いっか!
両方行っちゃおう!

私なんてどうせあと数十年で死んじゃうんですよ。

じゃ、いつ行くの!?

4月と5月でしょーーーーーー!!!


そしてロシア好きとしては、ヘビー再放送のロシア語会話を視聴しているわけですが、ロシア人好き・イケメン大好物だからって、ミーシャに惚れるとは限らない。どちらかと言うと、ハジメ先生の方がタイプ。
なんだろ、犬みたいでかわいい。笑

もし目の前に理想とする「金持ち」「イケメン」「性格完璧」な人が現れたとしても、惚れるとは限らない現実。
恋愛体質の人が羨ましいわ〜。

そうなのよ、
1月に行った「週一出発!欧州ガチ婚活ツアー」、全戦全敗ですからね。笑

名古屋在住のナイジェリア人の友達できたくらいですからね。

モスクワで婚活再開だコノヤロー!


◆◆◆そしてお知らせ◆◆◆
私事ながら、お酒なんて1滴も飲んでいないのに、酔った勢いで今更Twitter始めてしまいました。
絶対やらない!とか思っていたのですが、酔った勢いって怖いです。お酒もクスリもやってないけど。
フォロワーはそんなに求めていないのですが、チェックしていただけたら幸いです。
心の闇をつぶやいていこうと思います。

@wagahaikieffiy
コックピットの孫

町田康先生の「犬とチャーハンのすきま」、みたいなわけのわからんフレーズに憧れて、こんな名前になってしまいました。

ま、突然辞めるかもしれませんけどね!
このブログも、突然辞めるかもしれませんしね!
2017年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
筆者紹介
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:愉快子
読者になる
■8月5日生まれ。しし座。B型。強烈。 ■教育者家系に生まれた、奇跡のバカ。 ■愛猫の名はキエフ。 ■世界遺産検定2級、観光特産士検定2級、テレビ検定3級。何事も大体中途半端。 ■趣味は旅。行けるうちにイキまくる。 ■最近興味があることは地名の由来とロシア語。旧ソ連の国々になぜか興奮する。相変わらずマニアックな島が好き。長崎も好き。太陽の塔も好き。あとセーラームーンとユースケ・サンタマリアも好き。何か今、アゼルバイジャンに注目している。しかし今一番行きたい場所はリトアニアの十字架の丘。今更ながら気がついたこと、ジャッキー・チェンの顔がどストライク■好きなタイプはロシア人。日本人ならほどよくクレイジーな人!■現在更新中の旅日記→ウズベキスタン→ラオス→スウェーデン→デンマーク→エジプト→スペイン→アンドラ→アルバニア→オーストリア→スロバキア→ハンガリー→クウェート→大分の記事を気まぐれ更新中■Twitter→コックピットの孫