秘宝の壁にぶち当たる@秘宝館バスツアー【前編】 

2017年02月27日(月) 13時00分

なんだったんだろう、あの1日は…。


まぼろし〜〜〜〜〜〜!!??


とりあえず話をまとめると、
東京別視点ツアーに、ハズレ無し!!!!

今回もパンフレットから豪華。
良い紙使って、オールカラーで良い情報載ってます。

今回のバスツアーの行き先は群馬県。
朝8時までに池袋に集合。
最近大分とかクウェートとか行ってたりと忙しかったですが、何よりもこちらのツアーを楽しみに生きておりました。

大人気のため、バスは満席なので指定席。
指定された席に行くと、濃ゆいパンフレットとチラシが置いてありました。


このツアーのメインの1つでもある、珍宝館。
このチラシ1枚から、とてつもない破壊力を感じます…!
ずっと行ってみたかった場所なので、とても楽しみです。


さて、時間通りにバスは出発。
まず、参加者全員に配られたのは、赤まむしドリンクと、ち〇こすこう。
箱ごと回ってきて、好きな味を選べます。
私はもちろん、ムラサキ色の紅芋味をチョイスしました。
クロ色のチョコレート味でもよかったな…。

初対面の人同士、いきなり下ネタから入るのって大変気持ちがいいですね。
ちなみにリアルな変態はひとりもおりません。


バスでまずやってきたのは、ドライブイン七輿。
深刻な珍スポット化が進む、レトロすぎるドライブインでお馴染みのあそこです。


こちらにはレトロすぎる自動販売機が揃っています。
齋藤さんがトーストサンドをふるまってくれました。


うどんやラーメンもモチロン自販機で買うことができます。
レトロなのか、ハイテクなのか。


そしてゲームゾーンのパンティUFOキャッチャーにて。
1パンツ目でいきなり真っ赤なパンティを華麗にゲットした松澤氏。
なんなんだ、この人。天才か?はたまたパンツの申し子か?


スーツケースに貼りたいと思って”ドライブイン七輿”のロゴが入ったステッカーを500円で買った。
店主がやたら鍵が入った缶をあさりだしたので、どうした?とついシャッターを切ってしまった。
ただ、おつりを取りたいだけみたいでした。笑
ここは店主の動向からも目が離せません…!


そしてドライブインすぐ横にある、廃墟スタイルのリサイクルショップへ。


廃墟になった遠い親戚の家にでも来た感覚が楽しめる店内。
こちらで掘り出し物を買われた方が何名かいらっしゃった。

ここへ来たなら掘り出し物を掘り出そう!!
リアル掘り出しが味わえるゾ!!


続いて、バスはこんにゃくパークへ!
ここも行ってみたかった場所。
「たてヨコオいしい!」がキャッチコピーです。ふふ。


入口にあった5年もののこんにゃく芋。
もはやベンチとして使えそうです。


そして何より素晴らしいのは、こんにゃく料理の無料バイキング!

だいぶ混雑していましたが、30名以上の団体は別のカウンターがあったので便利でした。


無料こんにゃく料理を食べたら、工場見学。


こんにゃく芋だった状態から、パック詰めされるまでが一通り見られます。


そして反対側の壁にはなぜかの上毛かるた。
群馬県人は上毛かるた、全部暗記しているんだよね?ね?


そしてこんにゃく製品が並ぶ広いお土産売り場にて、「こんにゃく」と書かれたTシャツを発見。
激イカす!!

施設内には足湯まであり、家族やグループ、もちろんひとりでも充分楽しめるスポットですね!


そしてランチの時間となり、過去に未解決殺人事件が起きた某水澤うどん店へ。
水澤うどんは、稲庭、讃岐とならぶ日本三大うどんです!!


コシがあって、みずみずしくて、ダシも2種類楽しめて、美味しかったです。


うどんのつかみ取り1300円。
片手でゴルフボールをつかんだ分だけうどんがもらえます。

我らが齋藤さん、頑張れ〜!

うどん5個ゲットされました!!
こちらはビンゴ大会の景品に。
うどん、欲しかったなぁ。わたしはまさかのTE●GA…


もっともっともーっと濃ゆい【後編】につづく…!

地方の壁にぶち当たる in 国東半島 

2017年02月26日(日) 13時07分

いきなり海。

大分空港に着いて、国東(くにさき)行きのバスに乗り、国東のバス停にやってきました。
この旅最初の目的地、姫島を目指しているのですが…さっそく地方の壁にぶち当たりました。


フェリーが出ている伊美港方面行きのバスが、1時間もないのである。
マジかー。笑


帰りのバスも確認したら、あまりにも余白多くね?笑

これはここまで来ておいて、姫島1時間滞在とかいつもの弾丸コースになってしまいそうだ…。


さてさて、まずここで1時間時間をつぶさなければならない現実が…。

バス停の近くにカフェ発見!?と近づいたら、火曜は定休日!
どっちにしろ朝9時半からはオープンしてないか^^;

飛行機もう1便遅らせてもよかったな…。


海と反対方向には商店街らしきものがあった。


お?営業中!?
朝から焼肉全然食べられるよ!!と、入ろうと思ったら…

閉まっとるやないかーい!

営業中の札、裏にしとけや!
無駄な期待させるんじゃないよ!!笑


朝から開いていた洋菓子店で、銘菓を買った。
4、5個全部いただいた。


神社にもお参りした。

でもあと30分くらい時間がある。笑
それまでに国東にめちゃめちゃ詳しくなるんじゃないの!?


緑のムックがいる海にまた戻る。

そして考える。
最近、旅先で”困る”ということが、だんだんと快感になってきた。
順調すぎたら面白くない!
もっと困りたい!
今度はラマダン中の中東にでも行ってみようかな。

そりゃ、めちゃくちゃ困るゾーーー。


特に何もないところで待つこと1時間w、やっと伊美行きバスの時間がやって来た!!
乗客は誰もいない。


レストしたくない、パンチの効いたヘッドレスト。
国東から伊美までは約50分の乗車。

やっと伊美に着いたのですが、伊美港からのフェリーは行ってしまったばかりで、次の便までまーた1時間ある。笑

地方公共交通機関の壁、手ごわすぎる!!
車社会、恐るべし!!


これまた仕方ないので伊美を散策。
バス停の近くにあった別宮神社にお参り。


あれ、ジュリアン君じゃないの?
ブリュッセルからなぜ大分に来た!?
妹のジャンネケも連れてくればよかったのに〜!
もっと微妙な空気になるゾ。


伊美のバス停から伊美港までは徒歩で5〜10分くらいです。
暖かいターミナルであと30分時間をつぶそうか…。


これから向かう姫島は、七不思議とキツネ踊りが有名!
今は全っ然シーズンではないけれど。
そして帰りのバスの時間を考えたら、七不思議1、2か所しか廻れなさそうだ…。


うわぁ、美味しそう…!
姫島は車エビも名物らしい。
あーあ、予約してないやぁ。


やっとやっとフェリーがやって来た。
チケットはカウンターで往復分買いました。1140円。


暖かい室内の様子。


上階には横になれるスペースも。
 

やっぱりデッキで風に当たるのが気持ちいい。
全体的にパリッパリになるけれど!

姫島編につづく!  

復活!愉快子のZTDFKI! 大分編 

2017年02月23日(木) 21時45分

復活!!
愉快子の「全都道府県に行こう!」
この企画は私がまだ行ったことない県に行き、調子が良ければ名物や観光地などを紹介、調子が悪ければただ行ったことを記録するだけの自己満足的企画である。

今回は、、、最終回!!!
大分県でございます。

いやね、このブログ上だけの記録ではなくて、私の人生の記録なので、子供のころ行った県の思い出は私の心の中に仕舞ってあります。
大分もたぶん、幼少期に行ったことあるんだと思うのですが、これといって記憶がない…。

じゃ、無職のうちに行ったろう!!
ほぼ週一旅、5週目にして本当の完結です!!
来月から、わたくし、馬車馬のように働きます!!健全に!!

大分と言えば、温泉ですよね〜。
高級宿とか泊まっちゃって、温泉でゆっくりする?…しないしない!
湯布院?…行けない行けない!
モンゴルまで行っといて大草原には一度も行かなかったわたくしでございます。
長崎まで行っといてリンガーハットに入っちゃったわたくしでございます。
香川でうどんを食べ忘れたわたくしでございますよー!

ちなみに大分までの交通費、航空券はマイルでタダ!
そして泊まるホテルは3500円!!
今回も1泊2日の相変わらず弾丸ですよ。


と言うことで、羽田6:35発のソラシドエアで大分に飛びました。
ソラシドエア?
ANAのマイルを使ったら、まさかのソラシドエアでした。


ちょうど乗ってみたかったのでラッキーです。


無料ドリンクはアゴユズスープをチョイスしました。
ホットドリンクは熱すぎるので塩分が欲しい時くらいしか頼みませんが、アゴ出汁ユズ風味は飲んでみたかった!

CAさんもフレッシュな感じで好感触でした。

ラバトリーに女性優先アメニティがあると機内誌に書いてあったのですが、窓側席で通路側の人は寝てるし、1時間半くらいのフライトでトイレに行くのも悪い、と諦める…。一体何があったのかとても気になります。笑


大分空港に到着。
やっぱ国内線はすぐ着きますね!
11月から6連続で12時間路線ばっかりだったのであまりの快適さに身体の水分と元気が有り余っております!


憧れの、おんせん県♪
九州だと長崎に行きがちなので、大分に来るのが遅くなってしまいました^^;
大分と言えば、ユースケ・サンタマリアの出身地!!
やっと大分!楽しみたいと思います!!


目的地のバスまで時間があったので、空港内を散策。
自称空港マニア、展望デッキもチェックです。


うふふ、バナナ型。


こじんまりとした空港ですね。
わたくしの地元、山口宇部空港といい勝負です。笑


空港に足湯がある…!!
ま、負けたわ…大分空港の勝ち…!!


大分編もつづく!


※カテゴリ別でご閲覧の方へ
過去ZTDFKIの他記事は「またたび」に収納されております

すぐ、そこ、クウェート3 −スーク×イビスホテル編― 

2017年02月21日(火) 22時59分

クウェートシティの中心地、ミルカブバスターミナルに到着。
10時前に空港に着いて、ビザやらバスやらなんだかんだあって、気が付けばもう12時過ぎですわ。

これからシャルク地区にあるホテルに荷物でも預けようと思ったのですが、ここから徒歩2〜30分…。
あと2時間でチェックイン出来るんだから、このあたりを散策して時間をつぶそうという作戦に変更。


まずはヘリテージスーク(市場)方面へ。
憩いの場にはクウェートの国旗をモチーフとしたオブジェが並んでおります。


スーク入口。


カートを持って赤いツナギを着ている人はポーターらしく、お金持ちはこちらで買い物する時、荷物はすべてこのポーターに任せるんだとか。

どれだけ買い物すんねん!


途中、ねこちにも出会いました。
魚屋のお兄さんが餌付けしている模様。

クウェートって、観光に力を入れていないので観光客があまりいない。
旅人のブログなどを読んでいるとクウェートは「見るところ無し!」とか「人もフレンドリーじゃない!」とか、あまりいいことが書かれていないことが多いようでしたが、実際来てみると人々はフレンドリーだし、何かしら見るところはありますよ。

やっぱり実際行ってみないとわからないものですね〜。
他人が「あそこはいいよ〜!」というところが、自分にとっては最悪なこともありますし。

クウェート、好感触です。


地面が光る通りもあった。


スークのいたるところにカワイイ野良ねこちがたくさん。


入口のはずれにとても個性的なお店を発見。
とにかく好みなので買う気はないけど入ってみる。


そしたらエジプト出身の店主が現れた。
見ているだけでも商品の説明をしてくれたり、買う気がないとわかっても売りつけたりはしない、とても感じのよい店主だった。
本当にかわいいものが売っていたので何か欲しかったのだけれど…。


バスには国王、、、いや首長が。
アラブの国々は2大聖地を持つサウジアラビアが国王のため、他の国は謙遜して国王と名乗らずに首長というということを聞いたことがある。


さて、そろそろホテルのあるシャルク方面へ徒歩で向かいます…。

ちなみに、あのはごろもをまとったようなビルの近くに今回泊まるイビスホテルがあります。
とりあえず、ほごろもビルを目指す。


カップルの仕業か!?仲良く置きやがって!
ゴミはゴミ箱に捨てましょうね。


街歩きで一番心配な道路事情。
歩道や信号なんてない!という情報があったのだけれど、信号はともかく、大体の歩道はありますのでご安心ください。
歩行者信号はほんのごく一部しかないですが^^;
なので車の信号で渡る渡らないを判断しなければなりません。
でも何かしらの信号があるだけマシ!一応横断歩道っぽいものもあります。(信号はほぼ付いていませんが^^;)


しかし、歩道が唐突になくなったりする。

私は外国で怖いものは犯罪者やテロリストなどではありません。
何が怖いかって、凶暴な野犬と無秩序な車ですよ…。

しかし、クウェートでは野犬を見かけませんでした。
そして、車社会なため、結構乱暴な運転する輩もいますが、横断のタイミングを見計らっていたら、譲ってくれるドライバーもいました。

そんなに悪いところではない?
ただ、車は結構自分勝手に飛ばしてマナーとかなってないドライバーが多いので気を付けましょう〜。


チェックイン時間まであと2〜30分あるので、適当なカフェでお茶してから行くことに。
無難な商業ビルの一角、どこにでもある安定のコスタコーヒーへ。


スムージーとラップサンドと水で4KWD。
約1600円だコノヤロー!!
北欧より高い!?ここは銀座か!?(以前、銀座のカフェでケーキセット頼んだら1500円した思い出が)
メキシカンラップサンドの中に、あずきが入っていました…。


14:00、ホテルイビスシャルククウェートにチェックイン。


イビスは無難なのでたまに利用しますが、大体クオリティがどこの国も一緒なので使いやすいです。
日本でいうならAPAやルートイン的な?


シャワーブースのみですが、お湯もすぐ出るし、清潔。
備え付けのソープしかありませんが、アメニティは低価格で買えるようです。 


12階、窓からの眺めはこちら。
お、左端にクウェートタワーも見える!!

無料のミネラルウォーター2本と、ティーセットも完備です。
いいね!

さてさて、これから街歩きへ出掛けます。
クウェート編もつづく!

すぐ、そこ、クウェート2 −ビザ取得と路線バスで市街へ編― 

2017年02月19日(日) 20時07分

クウェート国際空港に到着。
さてさて、これからアライバルビザを取得しなければなりません。


表示通りVISA ISSUINGの方向へ行くと、、、


到着階、スタバの真横にビザ申請カウンターがありました。
だいぶ混雑しています…。


まずはビザカウンターのすぐ横にあった銀行でUSドルをクウェート・ディナールに替えた。
空港のレートは悪いと聞いていましたが、ネットで調べた最新レートとそんなに変わりませんでした。

1クウェート・ディナール(KWD)=約370円
しかし、円からUSドルへの両替手数料などを合わせると400円くらいの計算になります…。

1/4や1/2札も珍しいですね。


こちらへ来る前に色々な旅人ブログをチェックしまくったのですが、結局流れはざっくりとしかわかっていない…。
とりあえず、3KWD(約1200円)ぶんの印紙がいるとのことで、こちらの自販機でゲットする。


1枚分ならお札を入れると自動的に買える模様?
ちなみに1KWD札しか飲み込みませんでした…。
印紙はQRコードのシールになっています。

↑写真では誰もいませんが、到着便があると人でいっぱいです。
その後、こちらのカウンターにいた係員に整理券を発行してもらいました。

ってこの混雑だと何よりもまず先に整理券を発行した方がよいですよね!…失敗したぁ。


そのカウンターで、こちらの紙を貰ったので待ち時間に記入。
(個人情報や滞在するホテルなど。英語表記もあるのでそんなに難しくはないです。)


整理券を発行するのに出遅れてしまったので、小一時間くらい待つハメに…。
でもまあ、今日は時間に余裕があるし、ホテルチェックインやのちの観光順路の時間を考えたら私的には空港で時間つぶすくらいがちょうどよい。

★アライバルビザ取得を流れからいくと
1.KWDに両替(日本円からは無理っぽい)
2.整理券を発行(混んでいたらまず先に!)
3.3KWDの印紙購入
4.用紙記入
5.並ぶor待つ(パスポート、印紙、記入した用紙、(整理券)を用意)
6.ビザ取得
と言う感じでしょうか。

そして日本人らしく呼び出しがかかるまで待ったのですが、カウンターには私よりもだいぶ後の整理券が散乱しておりました…。順番なんてあってないようなもの。時間がない人は要注意です。 

ビザはアラビア語で書かれたA4サイズの紙。
出国の際に必要なので、なくさないようにしましょう。

ビザを受け取ると、隣のカウンターでチェック(スタンプ)があります。
この時指紋を取られて「どこ経由で来た?」と聞かれました。

この時点でもうパスポートには入国スタンプが押されているので、入国審査の列には並ぶ必要はないらしい。


アライバルは下の階。

念のため警備員に確認したら、アウトサイドから通り抜けろと言われました。
すると審査官から呼び止められたので、ビザとパスポートのスタンプを見せたら「アリガト」と言われました。ふふ。


時間が掛かったけど、無事にクウェート入国!
心配していたスーツケースは、バゲージクレーム端の方にまとめて置かれていたのでピックアップ。


なんだかわからないけど、外に出てバス乗り場を探したら、右側にバスの尻発見。

ちなみにタクシーを利用する場合は市街地まで一律5KWD(約2000円)らしいです。
一律料金なら安心ですが、やはり交渉は必要みたい。


13番のバスに乗れば中心地のミルカブバスターミナルに着くらしいけど、13番はいない…。
501番も中心地に行けるみたいなことが書いてあったのでそこにいた501番に乗って待つものの、誰も来ない^^;

仕方ないので人に聞きに行ったら、私のカタカナ発音「ミルカブ」では全然通じない…!
ミルカブ、、ミルカブ、、、ンメカブ!と言ったらやっと通じて「ミルカブは13番で、今後ろに来たよ!」と教えてくれました。
じゃ、501番はどこへ行くのだろう…。

ビザ取得もバス乗車も、現地の人に助けられた。感謝です。


13番のバスに乗る。
外国人労働者ばかり(そして男性ばかり)の客層です。
女、そして東洋人が乗っていると、二度見されます。笑

前方の席は女性専用になっていて、女性が来たら男性は譲らなければならないとか。
そしてムスリム女性の隣が空いていても男性は座ってはいけない、と何かで読んだのですが、私はムスリムでもないし、そこまで混んでないし気にせず後ろの席へ。

料金は250フィルス(約100円)。1KWDの1/4です。


時刻表はあるのかわかりませんが、そこそこ人が集まったら唐突に出発。

途中で乗り込んできたスタッフによるチケットチェック。(持っていなければこの人からも買えます)
そしたらそのエジプト人スタッフから、どさくさに紛れて名前と電話番号が描かれた紙を渡されました。

手が早ぇな!

会話が始まったものの、エジプト訛りの英語と、日本のカタカナ発音では会話がかみ合わない。笑

”クウェートで気を付けたいこと”みたいなレポートを読んだら【男と車】と書かれてあったので、前もってエセ結婚指輪をはめて来た甲斐がありました。
左手をチラつかせたら、おとなしくなりました。
(あのぉ、もちろんタイプの男性だったら指輪外します!!)

空港から市街地までは、空いていれば10〜15分の距離らしいのですが、渋滞がひどく、路線バスなら1時間くらいかかってしまいます。


気が付けば、都会にやって来た…!
新宿副都心?いや、さいたま新都心?思ったよりも都会です。


なんだ、あのウ〇コビルは…。


テレコムタワーの近くが、もう終点のミルカブバスターミナル。

とりあえず、ここから徒歩2〜30分のホテルへ向かわねば…。

つづく!

すぐ、そこ、クウェート1 −安定のカタール航空出発編― 

2017年02月17日(金) 15時27分

3か月くらい無職を満喫しました…。
いささか満喫しすぎました…。
これが無職最後の満喫です…。

はい!と言うことで、ほぼ週一旅、4週目にして本当の完結!?
そうだ、クウェート、行こう。くらいの軽い思い付きでこれからクウェートへ向かいます。

今回利用するのは1か月振りのカタール航空。
安定のカタール航空でございます。

行きは成田からですが、帰りは羽田。
エクスペディア最安値だとこういうスケジュールになりました。
いつものYCATからバス、、、なんて片道でそんな高級なことしていたら破産しますので、今回は東京駅から1000円(事前予約だと900円)で利用できるバス、東京シャトルで成田空港へ。
18時台のバスにギリギリ乗れたのですが、ほぼ満席でした…。
時間に余裕を持って出かけましょうね^^;


年会費の元を取れ!と、毎回カードラウンジを利用していますが、オレンジジュースがまさかの黄色い水として出てきました…!!
私の運勢は本当にミラクル・プチ不幸です。


ドーハ行きの機内はそこそこ混んでいます。
1回目の機内食は【和食】メバルと海老の焼き物・柚子ソースをチョイス。


2回目の機内食も【和食】海老入りおかゆを。
先月のメニューとそんなに変わっていないので、前回食べていない方を選ぶとこうなった。
お味は安定の美味しさです。

そしてここでもミラクル・プチ不幸な出来事が…。
ドリンクカートが、ワープしたのだ!!

私の4列前でドリンクサービスを行っていたCAさん、4列前が終わると突然、私の後ろ1列目にワープ、そして「お飲み物は何になさいますか?」と何事もなくサービスを始めちゃったのだ…!!

え?

飛ばした3列は後ろのCAさんに任すのか?と思い触れずにいたら、後ろのCAさんはもうサービスは終わっているものと思いもちろんスルー。

え?ええー!?

しかし、安心してください、今回の被害者は私ひとりではない…。
R側3列12名全員ドリンク無しの刑!
ひとりではないというのがせめてもの救い。笑

その後、飛行機は1〜2時間くらい揺れ続け、前の人がシートを倒すものだからモニターが目の前、そんな中で映画を観ていたら完全に酔って、吐く1歩手前まで追いつめられる。
酔い止めドロップを常備していてよかった…。気分的にも助かった…。

ここまで行きにプチ不幸が続いたならば、本編は何事もなく無事に帰ってこられるはずだ!
それが私のジンクス!
逆にプチ不幸がないと本編で死ぬのか?と心配になる。

いいぞ、安定のプチ不幸!
今回も絶対生きて帰って来られるはず!!


12時間ちょっとでドーハ・ハマド国際空港に到着。

先月この空港気に入ったと思ったけれど、まさかこんなに早く再会できると思わなかったね、大きすぎるテディベアくん。


乗り継ぎまでは実質3時間くらいなので、まずはクウェート行きのゲートを確認。A9。


その後は空港内を散策。
今回は乗る必要ない無人運転のトレインを見に行ったり。


プレイルーム(お祈り部屋)の表示がかわいい。
ちゃんと男性と女性に分かれていますねぇ。


そして男女で分かれているといえば、クワイエットルーム!
男性の部屋は透明のガラス張りで外からも丸見えですが、女性の部屋は曇りガラス!
なのでほとんどの人が気づかないのか、、、


中は結構空いている!
ここがあれば周りを気にせずゆっくり休めそう。

帰りは深夜6時間半くらい待ち時間があるので、上級クラスや上級会員じゃなくてもお金払えば誰でも入れるラウンジに行ってみようかとも考えていたけれど、ここで十分だわ!
(ねぇ、ラウンジ行くのってセレブでしょ?私は無職でしょ!じゃその選択肢は初めからないですよねw)


と、ゲートオープンの時間にA9ゲートへ行ったら客層が南アジア系…
あれ?と行き先を見ると、ダッカ行きに変わっていた…!

おいおい!
急いでボードで確認すると、クウェート行きはB7に変更…。
そういえばNaomiさんもドーハはよくゲートが変わると言っていたな…。
気持ち早歩きでBゲートへ。


ゲートオープンというだけでボーディングタイムには全然余裕。
やはりクウェート行きにはアラビアの民族衣装を着た客層。

そしてドーハは大雨。
砂漠気候でも雨は降るんですね。そりゃそうか。


ドーハ〜クウェート間は1時間くらいのフライト。
時間がないので、サービスも急ぎ気味。
CAさんの「さっさと食べろ!」的な威圧感が面白いです。


窓側席を取ったもののドーハは雨のためビル群の景色は見られず…
そしてミスしてがっつり翼の横だったため、景色らしい景色は見られず。チーン。


クウェート国際空港に到着!
クウェート航空機?と思ったら、空軍機か。

私には湾岸戦争と、素晴らしいあのタワーのイメージしかないクウェートですが、とてもワクワクしています♪

つづく!

バレンタインデイ・クウェート! 

2017年02月14日(火) 23時15分

リアルタイムな現在地は、クウェートシティ。


ほぼ週一旅は、終わっていなかった!!
来月から新しい仕事が始まるので、飛び込み旅です。
エクスペディアだと直前でも安くつきました(^o^)


今日着いて、明日帰る1泊4日ですけどね!!


自称タワーマニア、どうしてもあのクウェートタワーにのぼりたかった!!
なんといっても見た目が素晴らしい!!
ドラゴンボールに出てきそうな!?見た目が!!

そしてクウェート、なかなか好きだわ!
タワーくらいしか見るもの無いけど!笑

急遽スロバキア3 ―スロバキア料理を食べてみよう編― 

2017年02月13日(月) 22時08分

現在地、ブラチスラヴァのUFOタワー入口前(橋の下)。


さて、また街の方に戻ってきました。
こちらの壁はラクガキなのかアートなのか。
荒井良二っぽくてなんか好き。


教会の壁に、ちゃんとしたアートスポット的なのもあります。


旧市街に迷い込みました。
なんだかエストニアのタリンにも似ているような気がします。
薄暗いところとか。


そんなにお腹は空いていないのですが、スロバキア料理が気になるのでレストランに入ってみます。


スロバキア料理の店。
装飾もお洒落で落ち着いた雰囲気です。


12時ですが、お客は誰もいません。
スロバキアのランチタイムは遅いのかな?

私は美味しくて混んでいる人気店よりも、味はそこそこで空いている店でゆっくりご飯を食べたいので、こういう感じがベストです。


注文したのは、カプストヴァというスープ。
ベーコンやブツ切りソーセージ、千切りキャベツや玉ねぎがたっぷり。
胡椒が効いていてややしょっぱい…。

塩入れ過ぎたミネストローネと言う感じ。


そしてスロバキア料理の王道、ハルシュキ。
じゃがいも入りのニョッキと、チーズと、ベーコンで、間違いなさそうですが、そうでもない。

この中で、コーラが一番美味しい。笑

目の前のテーブルでシェフが休憩しているため、残すのは気まずい…。
半分いただいたくらいで本当はギブアップだったのですが、鋼のメンタルの私は無心になって完食しました。

しかし、決してマズイわけではありませんから!!
12ユーロくらいを支払う。ごちそうさまでした。


旧市街の通りには、お土産店もちらほらあります。


変態はどの国も共通。


平日の昼間の首都なのに、さっきからそんなに人いないですよね?ね??


こちらは大統領官邸。
日本の県庁とかのほうがまだ立派。笑

愛おしいぞ、スロバキア。


中欧の看板って、絶妙でなんか魅かれるものがある。


教会と銅像。
この寒さ、どうにかしてくれ。

さて、そろそろ中央駅へ。
4時間くらいの滞在でしたが、UFOタワーにものぼれて、ランチまで出来たので充実した旅でした。

ブラチスラヴァ城?
私、そんなに城とか興味ないんですよね。笑


ウィーン中央駅行きは、あと15分後くらいか。
1時間に1本くらいなので、時間は調べて行った方がよいです。
私が参考にしたのは、オーストリア政府観光局公式サイト
http://www.austria.info/jpの時刻表ページ。
この情報はかろうじてスマホのスクショに残っておりました…^−^


カウンターでチケットを買います。
ウィーンまでセカンドクラス12.30ユーロ(約1550円)でした…。
ウィーンで買うより2ユーロも高かった!
スロバキアの方が物価が安そうなイメージだったけど、大失敗!!

その後、駅のお土産屋にて、スロバキアのステッカーを購入。
こちらは街中のお土産屋で買うよりもだいぶ安かった。街中は2.5ユーロくらい取るのに、駅売店だと50セントくらい。
これで2ユーロぶんプラマイゼロってことで納得しようじゃないか。


ウィーン中央駅行きの列車。
席取り合戦かと早めに行ったら、、、


かなりの空き様…。行きよりも乗客は少ないです。
乗車は1時間くらいだし、終点まで行けばいいので、楽ですね。
ただ、ipodはなぜか初期化されて音楽聴けないけれど…。


べちゃべちゃの雪道を歩くと、跳ね返ってふくらはぎまで汚れるゾ…!
気を付けろ!

◆◆◆スロバキアのまとめ◆◆◆
首都でもあまり人がいない!
ゴミ箱の位置がなんか高い!
冬は寒い!!

以上!!

急遽スロバキア2 ―UFOタワーにのぼってみた編― 

2017年02月12日(日) 8時49分

ブラチスラヴァにあるUFOタワー。

ふざけた名前してますが、公式にUFOタワーと名乗っています!
自称タワーマニア、これは絶対はずせません。
このタワーをのぼりにスロバキアまで来たと言っても過言ではありません!


地図がないから迷いましたが、駅から右よりにまっすぐ行くと、ブラチスラヴァ城が見えてくるはずです。
そしてやっと栄えた(?)通りにやってきました。
おそらく、このあたりがブラチスラヴァの原宿だと思われます。

人、いねぇ!!


旧市街らしきところをスルーして、UFOタワーを目指します。


何だかわからないけど、道路をまたぐ橋を渡ってしまった…。
タワー方面、写真向かって左側へ進みます。


振り向きざまに1枚。
かわいい建物が並んでいますが、道に傾斜がついている。
べちゃべちゃな雪なのでかなり滑る…!
滑る恐怖は、野犬に遭遇した時のような恐怖と似ていると思います。


ああ、道がこうなっちゃった…。
階段を下りて、歩道を左側に進んでみたら、正解でした。
UFOタワーの入口は、向かって左側にありました。


車道橋の下サイドに、ちゃんと歩道があります。


橋から見下ろすドナウ川。
ちょっと凍っています。


そして最初の階段を下りてみたら、、、あった!!
UFOタワーの入口!!
情報何もないのに順調すぎる!!


チケットを買う。7ユーロ(約880円)。
お姉さんの写真を撮りたいと言ったら、きゃ〜恥ずかしい!と顔を隠してこの笑顔。
か、かわいい〜!スロバキア、いいぞ!


行き先は上か下しかボタンがないエレベーターに乗って、上がって来た。


そしたらスタッフさんが、展望台はこの上にあるよと教えてくれました。
あの宇宙人みたいなオブジェは、顔ハメでしょうか?
だったら斬新。立体的。


とりあえず上がってみると、、、


おぉ〜、外かいな…。
寒い、寒すぎる!!


あちらがテーブルをひっくり返したような、でお馴染みのブラチスラヴァ城。


やってきた道。
首都とは思えぬ地方感。

でも、スロバキア、好きよ。


寒いのですぐ下の階に降りました。
しかし、こちらはレストラン&カフェになっているようで、注文しないと居づらい雰囲気。


カウンターから離れたこのあたりに黙って座って休憩すればいいのでしょうか…。
ちなみにトイレも眺めが良いです。
スタッフもみんな親切でした。


気になるオブジェもあり、あまりゆっくりはできないけれど、なかなか興味深いタワーです。


そしてオリジナルグッズね!
ずっと来たかったタワーだから、なにか欲しい!

マグカップやタンブラー、Tシャツやタワーフィギュアなどここでしか買えないであろうオリジナルグッズが揃っている。

迷った挙句、ロゴがピンクのTシャツ(9ユーロ)とコンパクト鏡(6ユーロ)を買った!
計15ユーロ(約1890円)使った〜!
けど、Tシャツもう一枚色違いで買っておけば良かったというくらい気に入っています!!

UFOタワー、自分の中のタワーランキング、結構上位かもしれない。

半日スロバキア編、もうちょっとつづく!

急遽スロバキア1 −情報ないけど出発編− 

2017年02月10日(金) 21時24分

現在地、オーストリアのウィーン中央駅。

ハンガリーのブダペストに行くつもりで水着着て温泉セットを持って、図書館で借りたハンガリーのガイドブックしか持って来ていませんが、羽田で両替したハンガリーフォリントをホテルに忘れるという失態をやらかしたので、急遽スロバキアへ行き先を変更した続きです。

スロバキア情報なにもなし。笑
UFOタワーはドナウ川にかかる橋にあるという情報しか頭に入っておりません!
スマホのスクショの簡易すぎる地図しかないけど、なんとかなるだろう。笑


ということで、ブラチスラヴァ行きの列車に乗り込みました。
ウィーンで買ったら片道10.30ユーロ(約1300円)です。

指定席ではないようです。その前に、ガラッガラです。
セカンドクラスの車両に乗りました。
そしてトイレへ行ったら、便座がないうえ、まさかの線路垂れ流しスタイル…!
流すボタンを押したら、パカッと線路が現れたゾ…!!


これはドナウ川でしょうか。
それにしても相変わらず窓が汚い。
世界の車窓からのロケとか、かなり困ったと思われます^^;。

そして移動中、ipodで音楽でも聴こうかなと思ったら、初期化されて何も入っていない状態になっていた!!

なんて日だ!!!

いやぁもう、また言うほどでもない小さすぎるアクシデント続きです。


ウィーンから1時間くらいでスロバキアの首都、ブラチスラヴァに到着。
結構吹雪いております…。

国境を越えた感があるのは、駅名表示文字の雰囲気が変わるので、なんとな〜くわかります。


初スロバキア。
チェコ好きとしては、スロバキアも気になる国です。あまり期待はしていないけれど。笑


東京で言う、東京駅。
首都の一番メインとなる駅がこちらのブラチスラヴァ中央駅。

お、このショボさはある意味期待できそうですよ!

ここで写真を撮っていたら、現地のおじさんに「こんなもの写真撮らなくてもw」みたいなことを言われて笑われました。
スロバキア、なかなか面白そうな国です。


さて、地図がない。笑
とりあえず駅から伸びる道をひたすら進むとドナウ川にぶつかるはずだ…。


本当の正しい道は、あっち側の道だった…。
私は左側に入ってしまい、また迷う。
いいのだ、迷って迷って土地勘を付けよう!


スロバキアのゴミ箱の位置は、高いゾ!
大体がこの位置に取り付けられている。


ビッグサイトかと思った。んなわけない。
TV局?


スロバキアの国名と国旗って、スロべニアと似ていますが、日本人にはとても区別しやすい。

スロバキアの国旗には「キ」が入っています!
ちなみに「キ」はロレーヌ十字ね。


教会とトラム。
なかなかいい風景と思いきや、完全に道を間違えた風景です。


ちなみに停留所近くには券売機が大体あるので、トラムやバスにも気軽に乗れます。


そしてやたら道がボコボコしているスロバキア。


バス停には市章?が。
かわいい。


横断歩道おじさん、ハンチングをかぶっている!
丸頭かハットならよく見るけど、ハンチングはレア??


極寒の中、看板の張り替え作業をしている親子。

…とにかく寒い!!
限界がきたらコートの下に着ようと思っていた防寒着もホテルに忘れる!!
もう限界きた!!
今日は修行の一日か…!?


スロバキアのアマゾン。


スロバキア語って、なんかかわいいね。


ラッパのマークと言えば、、、日本では正露丸、、、

ですがーーー、

中欧では郵便局、ですねーーー。


極寒だけどつづく!
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
筆者紹介
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:愉快子
読者になる
■8月5日生まれ。しし座。B型。強烈。 ■教育者家系に生まれた、奇跡のバカ。 ■愛猫の名はキエフ。 ■世界遺産検定2級、観光特産士検定2級、テレビ検定3級。何事も大体中途半端。 ■趣味は旅。行けるうちにイキまくる。 ■最近興味があることは地名の由来とロシア語。旧ソ連の国々になぜか興奮する。相変わらずマニアックな島が好き。長崎も好き。太陽の塔も好き。あとセーラームーンとユースケ・サンタマリアも好き。何か今、アゼルバイジャンに注目している。しかし今一番行きたい場所はリトアニアの十字架の丘。今更ながら気がついたこと、ジャッキー・チェンの顔がどストライク■好きなタイプはロシア人。日本人ならほどよくクレイジーな人!※ツイッターなどSNSはやってません。■現在更新中の旅日記→ウズベキスタン→ラオス→スウェーデン→デンマーク→エジプト→スペイン→アンドラ→アルバニア→オーストリア→スロバキア→ハンガリー→クウェート→大分の記事を気まぐれ更新中