それでも婚活するバルセロナ4 −アンドラ行き下見編− 

2017年01月16日(月) 23時23分

グエル公園をあとにして、街のみどころをまわりながら徒歩でホテルに戻ります。
23時間移動のあと、5〜6km歩くという苦行。もはや苦痛が喜び。


途中、サッカー場を発見。
誰でも入れそうだったので入ってみる。


さすがサッカー王国スペインですねぇ。
サッカーとか全然興味ないけど、興味がわいてくるような気がしますよ。

そして、

いったん通り過ぎたものの、やはり引っかかったので引き返す。
なんと、道端のウンコに旗が立てられていたのだ!!

なんて斬新なスパニッシュギャグ!!

…なんで私は婚活婚活言いながら、ウンコの写真を撮っているのだろうか…。


気を取り直しまして、どうやらあの茂みの向こうの建物が世界遺産でもあるサンパウ病院らしい。


リアル病院?
こちらから中にも入ってみましたが、機能しているいたって普通の病院。


まわりこんだら世界遺産っぽい建物にたどり着きました。
世界遺産の部分は10ユーロの入場料がかかるので、外からさらっと見学。


サン・パウ病院の正面玄関。
夕日とよく合いますねぇ!


向かいにはアレも見える。


アレことサグラダ・ファミリア。
こちらへはあさって最終日の朝来る予定。
チケットはネットで予約済みです。


更に歩いて北バスターミナルへ。


時間が時間だけに薄暗い。


ALSA社カウンターにて、アンドラ行きの様子を下見。

↑2017年1月現在・ALSA社バルセロナ⇔アンドラ時刻表↑
窓口で「タームテーブルください」と言ったら、こちらを発行してくれました。
アンドラ行きの時刻表って、なかなかネット検索しても出てこないので少しでも参考になれば。
ちょっと見づらいですが。


明日のスケジュールを色々考えて、並びなおして往復チケットを購入しました。
50.85ユーロ(約6433円)。
※要パスポート

7:30発で行けばいいのですが、ホテルで朝ごはんをしっかり食べたいので10:30出発に。
13:45にアンドラに着いて、帰りは15:00出発。
往復6時間も掛けて、正味アンドラ公国には1時間くらいしか滞在できません。笑

ま、日本からの移動含め5日間の旅なんてそんなもんさ!
気に入ればまた行けばいいんだからね。…ってお金がなくて新聞紙を食べる食べないクラスの人が言うセリフじゃないですけど!

あと、バス乗り場も確認しておきました。


チケットを買って安心したので、ホテルに歩いて戻る。
途中、スーパーに立ち寄ったり。


パンキッシュな店員さんでしたが、挨拶をしたらとても感じよく、「あなた、バッグに穴が開いてるわよ!」と教えてくれました。そう、私のバックパックのポケットには穴が開いているのです。
そんなことは気にしなくなりました。女子力死滅です。


サン・ジャウマ広場には、からくりスノードームのオブジェがありました。

バルセロナって世界一スリが多いって聞くけど、夜でも人々は陽気で思ったより平和です。


無類の肉食、ホテルの前にあった生ハム屋さんに入ってみる。


なんか美味しそうだったので、もう遅いし今夜のディナーはこちらで済ませる。
しかし、生ハムは高いヤツを買ってしまい、こちら2つで7.7ユーロ(約970円)。
思ったより高くついた…。
でも普段298の生ハムしか食べられないし、美味しかったので大丈夫!
塩気で明日は顔がパンパンだ!

ただ、夜になるとホテルの部屋が吐き気を催すくらいの下水臭!!

む…虫が…出ないだけ…ま…だ…マシ…か…。

か?

お次はアンドラ公国編につづく!

それでも婚活するバルセロナ3 −グエル公園編− 

2017年01月15日(日) 22時47分

メトロ3号線に乗ってリセウからレセップスへ。


駅ナカにはこんな部品の自販機も。


コンビニ化している巨大な自販機もあった。
私はこういう自販機、お金入れたのにも関わらずよく引っかかって商品が出てこないというミラクル運の持ち主なので、まず手を付けません。笑


さて、これから15分くらい歩いて、ガウディ建築の世界遺産・グエル公園を目指します。


日時指定チケットなので、道に迷う余裕はない!
多分こっちで合っているだろうと歩いていたら、それっぽい階段が見えてきたので安心した。


グエル公園のチケット売り場に到着。


私は予約チケットを持っているので、そのまま入って、入場列に並ぶ。
完璧な5分前行動です。


プリントアウトした予約チケットを持参。
料金は7ユーロ(約900円)。ちなみに当日券なら8ユーロです。

そして入場口で日本語のパンフレットを貰いました。
スペイン人のお姉さんが「サイニュウジョウハデキマセン!デルトキチケットガヒツヨウダカラ、ナクサナイデネ!」と日本語で言ってくれました。
さきほどはハングルをしゃべっていたので、マルチリンガルのようです。かっこいいですね。


さてさて、時間になったので入場。
ちなみにこちらの公園は30分ごとに400人という人数制限があります。


不思議な造り。


柱が人になっていた。
ガウディ、やるねぇ。笑


おお、サグラダ・ファミリアも見える!
バルセロナに来た〜!って感じですね。


神殿のような上は、


中央広場。展望台にもなってます。
ここから「バルセロナー!」と叫びたい。
今まで都市名(国名)を叫びたくなったのはバルセロナとエストニア。
サマルカンドという響きは好きだけど、叫ぶには字余り。
あ、ブダペスト―!も叫びたくなる都市名ですね。笑
やっぱ5文字最高!


波型ベンチにはびっちりとモザイクが。


展望台さきっちょからの眺め。
守衛小屋と管理小屋はお菓子の家みたい。


公園で一番有名な場所、大階段。
そして左に写ってる赤髪のパンク姉ちゃん、可愛い!


グエル公園にかなり馴染んだ服着た人。


トカゲの噴水も忘れずに!


公園近くのお土産屋にはねこちがいました。
スペインのお土産ってカラフルで可愛くて見ているだけでもハッピーになる!

”バルセロナ”とか”カタルーニャ”って響きに惹かれて来てみたのだけど、なんかこの街居心地いいですわ!

もういつでも住めるゾ。
さてさて婚活開始だ!

つづく!

それでも婚活するバルセロナ2 ―到着&ホテルリアルト編― 

2017年01月14日(土) 19時41分

成田からドーハを経由して約23時間、やっとバルセロナ・エル・プラット国際空港に到着しました。


出発寸前のエル・アル・イスラエル航空機を発見。今気になっている国のひとつがイスラエル。
しかし5日間で収まりそうもないのでまだ行けない…。5日間家を空けるのが私の限界。ネコ限界。笑


入国審査でだいぶ並びましたが、無料Wi-Fiに接続できたので良しとします。
さてさて、これからまずゴシック地区にあるホテルに向かいます。

今回はアエロバスを利用。
鉄道にしようとも思いましたが、こちらT1からT2まで連絡バスで10分、そこから直結の鉄道駅へ→中心のサンツ駅に着いてもメトロ乗り換え6駅とだいぶ面倒。

アエロバスなら、終点のカタルーニャ広場から徒歩でホテルへ行けることが判明。


表示通りに進むと、1Fにアエロバス乗り場がありました。
運転手から往復チケットを購入。10.20ユーロ(約1280円)。

そして、何事もなく発進したバスですが、なにやら前方で男女の激しい痴話げんかが発生した模様。
車内には不穏な空気が漂っています。
一番後ろに座っている私には関係ないやーなんて思っていたら、女が移動して私の隣に。笑


こっち来んなや!
黒人の男は絶叫して女にしつこく何かを訴えかけている。
かなりしつこくてうるさいのである。
アメリカならここで銃が出てきてもおかしくないくらい緊迫した状態!
この痴話げんかは最初の停車スポット、スペイン広場まで続きました…。


あれはスタジアムと思いきや、闘牛場を改装したショッピングモールらしい。
さすがに最近はスペインでも動物愛護法により闘牛は禁止されているのだとか。


30分くらいで終点、カタルーニャ広場横のバス停に着きました。


バス停から伸びるこの道をまっすぐ行けば、サン・ジャウマ広場へ。その近くにホテルがあります。


ピカソの壁画とカテドラル。

バルセロナ、雰囲気いいぞ!!
ゆっくりしたいけど、今回移動が長いので実質1日半くらいしか滞在できないぞ!!
しかもそのうちの1日はアンドラ公国へ行くぞ!!
バルセロナ、ここまで来ておいて実質半日しかいられないぞ!!


こんな中世チックな路地を通って、


サン・ジャウマ広場へ。
ここまできたらホテルはもうすぐ。


カタルーニャ広場から徒歩15分くらいでたどり着いた、ホテルリアルト。


お部屋は、、、こんな感じ…。
エレベーターのすぐ隣ということと、狭さはまあよしとしよう…。


バスタブ付きでなんの問題もないのですが…
部屋がやや下水臭いのである。

でも、ヨーロッパの中級ホテルってだいたい下水臭いよね?
廊下に出てみたら、部屋だけが下水臭いわけではなかった。笑
ホテル全体がほんのり下水臭いのである。
これぞ、ヨーロッパの中級ホテル!ま、そんなもんだろ。
虫と幽霊さえ出なければまあセーフ…かな^^;。


予定よりも早くホテルに着いたので、小一時間余裕が出来た。
ピカソ美術館へ行ってみたものの…
この日は日曜日の午後だけあって、無料開放の模様。(日曜日は15時から無料になるらしい)
物凄い行列のため諦める。でも小一時間で見きれないので諦めてよかった。


カテドラルをちょっと見て、


メトロの駅へ。
4号線ジャウマ・プリメの方が近いのですが、乗り換えが面倒なので、3号線リセウまで歩きました。


メトロチケットの買い方が解らない!
地球の歩き方となんかちがう!
後ろに並んだカップルに聞いたら、コレが1回券と教えてくれました。
一回券2.15ユーロ(約270円)。グラシアスです。


改札。
場所によっては左側の場合もあるので注意しましょう。


これからweb予約をしておいたTHE・観光地に向かいます。
サグラダ・ファミリアじゃないよ。笑

つづく!

それでも婚活するバルセロナ1 ―カタール航空出発編− 

2017年01月12日(木) 16時51分

タイトルは完全に映画「それでも恋するバルセロナ」にインスパイアされております。

どうも!最近Kさんに仕事をもらったりしているので、無職そうで無職でない、少し無職の愉快子です。

いきなりですが、今年は本気です!!
出川さん的に言わせていただくと、リアルガチで切れたナイフのガーガ―バードです!!
ヨーロッパで何か、そう、何かをキメたいと思います!!

ということで、まずはスペイン・バルセロナへ向けて出発。
今回はカタール航空を利用します。
そう、お金持ち国家の中東を経由して、まずはお金持ちから物色しようという手口です!

その前に最近、脳細胞がどんどん死んでいるので、オンラインチェックインまでしておいて、あれ?行き先どこだっけ?イスタンブールだっけ?それは来週だっけ?みたいにプチ混乱することが増えてきました。
週一旅…もう働いている時代に貯めた結婚資金も貯金も底を尽きる寸前です。
本当に新聞紙を食べる日も近いかもしれません。

その話をしていたら美容師のNaomiさんが、
「インクのキツイ新聞紙よりも、ノートとかの方が食べやすいんじゃない?」
と言ってくれたので、新聞紙はやめて、いざとなったらルーズリーフとかグラフ用紙を食べようと思います!
あー!これからを生きる希望が湧いてきました!!


はい、成田からドーハまでが12時間20分。
乗り継ぎ待ちが約3時間。
ドーハからバルセロナまでが7時間25分。
片道だけで23時間くらいかかってしまいます。
中東経由にするんじゃなかったぁ。悲劇です。ドーハだけに。

そしてカタール航空は世界で一番人気のあるエアラインらしいよ!
乗ってみて思いましたが、5ツ星の価値がわかりました!


まず、エコノミークラスでもアメニティつき。
中東の航空会社や長距離便などにはよくあるのことなのですが、やっぱり嬉しい!


そしてセーフティビデオが大変素晴らしい!!
FCバルセロナのスポンサーだけあって、メッシなどのスターがガンガン出てきます!!


内容も飛行機とサッカーがうまくリンクしていて、見れば見るほど感心する出来栄え!!
1回につき英語とアラビア語のバージョン違いが2回流れるので、今回乗り継ぎするので計8回も見られるゾ!
ネット上にもあがっているようなので、興味のある方はチェックです。


機内食も美味しい!
カトラリーがちゃんとステンレス!

前もってメニューカードが配られるので、ゆっくり選択できます。
今回は”牛肉とマッシュルームのラグー・ポテトウェッジ 地中海野菜と一緒に”をチョイス。

和食の方は”キチジと海老のグリル柚子ソース・青海苔ご飯と蒸し野菜と一緒に”でした。
完全和食の方に惹かれたけど、ラグーって何?ということでラグーにしました。
ラグー、これがラグーか。笑
ラタトゥイユみたいなトマト味(^^;


2回目の機内食。
”チェダーチーズのオムレツと鶏胸肉のハーブグリル・リヨン風ポテト・ラタトゥイユとチェリートマト”。

和食は”日本米エビのおかゆ・しめじエゾネギ切干し野菜”でした。

両方美味しそう!
エティ〇ドとは大違い!笑

それとCAさんも皆親切で、サービスも細やか!
そろそろギャレーに飲み物でも貰いに行こうかなぁ、なんて考えていたらドリンクとお菓子を持ったCAさんが絶妙なタイミングでまわってきてくれる!

カタール航空、いいぞ!!

ドーハ便はJALとのコードシェアなので、JALのマイルも付くと思います。

ただ、座席のひじ掛けについているUSBの接続が悪く、押さえつけていないと充電できない状態でした。
その押さえつけにより、ヘッドフォンの音声も途中で途切れるという小さすぎるアクシデントが…。
映画何観てたと思います?アニーですよ、アニー!
音声ないとトゥモローできないじゃないですか!

…やはり私の旅には1イラも2イラも小さすぎるトラブルが起こります…。笑


半日がかりでドーハに到着!


ドーハ・ハマド国際空港。
デカすぎるテディベアがやや不気味ですが、広くて、清潔でとてもいい空港!


トイレもキレイ。
そしてスペースも広いのでとても使いやすい。
エアタオルではなく、ペーパータオル完備です。確実に手を乾かせますねぇ!


中東のおじさんグッズも豊富だぞ!!


空港内に無人のトレインも走っている!
なんて近未来的!!


Dゲートまで乗ってみた。


おお、ひとりだけど超楽しくなってきた!!

ドーハ、めちゃめちゃいいぞ!!


バルセロナ行きのゲートへ。
なんかいちいちセンスがよい。


そして免税店でカッコいいTシャツを30%オフで購入した。


今度は窓側の席をオンラインチェックインで確保。
7時間25分はやや長いけど、昼だから景色が見たい。


うわー!ドーハは都会!!
あの高層ビル群、タワー好きにはたまらない!
今度、カタール行こうかなカタール!
しかし、少し離れるとすぐ砂漠になりました。笑


朝食は、ソーセージとオムレツ。


到着前、軽食もありました。
チキンorベジタブルのパイとミニカップケーキ。
7時間のフライトだと、そんなにお腹空かないです。
全部食べましたけど。笑

バルセロナ編につづく!

やっぱり北が好き最終話 利尻神社から別視点まで長い一日 

2017年01月11日(水) 0時26分

2016年10月30日。
この旅の最終日です。少し早めの5時に起きて、近所をお散歩。


早起きしてでも行きたかった目的地、利尻山神社。
マリンホテルから、徒歩15〜20分です。


北風に吹かれて、厳かな佇まい。


さすが北国という造りになっています。
参拝した後はちゃんと戸を閉めましょう〜。


自称絵馬コレクター、誰もいない社務所にてどうしてもこの絵馬が欲しかったので初穂料を置いてゲットしました!


前の物体はぺシ岬。
のぼりたかったのですが、なんせ強風が強風すぎて命の危険を感じたのでやめました。


5分くらい朝ごはんの集合時間に遅れましたが、他には20分くらい遅れた人いたのでなぜか安心する。笑


朝食後はホテルの裏にあった厳島神社にもお参りしました。


このツアータイトル、いいねぇ。笑


すぐ集合して、鴛泊港フェリーターミナルへ。


これで利尻島ともお別れ。
サイプリア号で稚内に戻ります。


稚内の土産物店にて。
こういう使い道がわからないものって、無性に欲しくなったりしませんか?
人にプレゼントしたくなったりしませんか?
ほぼいやげものですけど。笑


北の味覚のお買い物。
お菓子から新鮮魚介までそろっています。

ただ、ジンギスカンキャラメルはどこを探しても見当たらない。
もしかして、あまりのマズさに絶滅しちゃったの?!笑


駅ナカのコンビニにて、北海道限定のいろはすハスカップ味を発見。
レアなのでもちろんお買い上げしました。


稚内空港にチェックイン。


ペットボトルのキャップで描かれた、出汁之介!!
なんてネーミング!!
あ、昆布だから!?


展望デッキは強風のため閉鎖されておりました。
結構な風ですが、飛行機飛びました。笑
思ったより揺れました。

年齢層高かったですが、だいぶ満足した稚内・利尻・礼文旅でした!!
羽田に着いたのは15時前。
その後、いったん横浜の自宅に戻り、急いで人形町へ。


初、東京別視点ツアーのサロンにお邪魔します…!
この看板からして、もう心を鷲掴み!!


マニラ珍スポトークライブを観に行きました。

正直な話、当時サイトの記事をまだ2、3件しか読んでなかったのですが、それが面白すぎたのでいきなりイベントに参加してしまいました。
直感を信じてよかったです。大正解!

そして別視点サロンには、今日ずっと探していたジンギスカンキャラメルがありました!
サルミアッキもあったし…なんでもあるな、ここ。笑

昨年10月末の話、かなり時差があってすみません!

やっぱり北が好き!5 利尻島へ 

2017年01月10日(火) 21時56分

礼文島で岬の観光&ランチを楽しんだら、お次はフェリーで利尻島へ!


フィルイーズ宗谷号はこんな感じ。
座席ではなく、横になれるスペースが主です。
礼文→利尻間は40分くらいなので、もうあの地獄絵図を見なくて済みそうです。笑


利尻富士が近づいてきました!!


上陸後、まず連れてこられたのは姫沼。
あまりの寒さにムクムクしてます。


周りのお散歩。


尾瀬みたいに整備されています。


邪魔な倒木も、階段にしちゃう精神がいいですね。


姫沼。


そしてお次はオタトマリ沼へ。
礼文島観光は岬多めでしたが、利尻島は沼多め!


オタトマリ沼は白い恋人の故郷(ふるさと)です!!


M田さんとレストハウスでレストする。


ホタテを食べる!!


2色ソフトクリームも食べる!!

そして利尻島限定のミルピスがまさかの売り切れで飲めず!!!
あーーーー!!!ミルピス!!だいたい味の想像つくけど、飲みたかったァァァ!!!


お次は仙法志御崎公園。

こちらでガイドさんからカモメとウミネコの見た目の違いを教わった。
・カモメ→足がピンク色で大きめ
・ウミネコ→足が黄色で小さめ
だそうだ。なるほど。


利尻昆布の直売店にて、憧れていた利尻昆布を買う。


そして今夜は利尻マリンホテルにお世話になります。


ロビーに水道水が堂々と置いてある。
利尻島は水道水も美味しいのだ。


部屋がまさかの和室だった…!
洋室と和室が交互にあるみたいです。

和室は好きなのですが、好きなのはみんなでワイワイする時だけ。
一人だと、正直怖いのです!!
なんか、視線を感じるというか、お化けが出そうというか。笑
(こちらの部屋が怖いわけではなくて、全体的なイメージね!)

今日は電気とテレビをつけて寝ること確定!


そして、今夜のディナーも豪華。
いくらはかけ放題です!


いくらがかけ放題だからと言って、まだ痛風にはなりたくないので3杯で止めました。
大変美味しかったです!!!
普段、うどんばっかり食べているので、こんなに豪華なご飯がつづくと罪悪感に苛まれます。笑

この旅ももうちょっとつづく!

やっぱり北が好き!4 礼文島へ 

2017年01月08日(日) 23時21分

朝もはよから5:15集合で食事を済ませ、ホテルを出発。
80人くらいの団体ツアーですが、私と、隣の席になったM田さんと、親子参加してる娘さん以外、全員じいちゃんばあちゃんという年齢層高めのツアーです。笑

ホテルチェックアウトの際、部屋のカギを返さずに持ってきてしまったおばあちゃんがいて、ガイドさんはそれに気づかずカギがないと焦って行ったり来たり。時間もそれで押していましたが、責める人もいなくて、ゆるくてとても和やかな感じです。笑


稚内港フェリーターミナルへやってきました。


サイプリア号に乗って、まずは礼文島を目指します。


窓側の席、確保できず…。
私は酔い止め飴を買ったのに、横浜の自宅に忘れてきました。

今日は耐えます!!


出航!!

ただね、シーズンギリギリということもあり、海が荒れてめちゃめちゃ揺れる!!
朝まで出航できるかどうかもわからないくらいの波の高さだったようです。
3〜4メートルくらいの波。
私は長崎で5メートルの波の日にもっと小さなフェリーに乗ったことあるので、それに比べればまだ大丈夫とは思いましたが…

みなさん、ダメだったようで…


もうね、船内がバイオハザードみたいな世界。笑

廊下に倒れこむ人、トイレから出てこられない人、トイレの行列に耐えられずに洗面台で吐いちゃう人…!!
もうゾンビだらけ。笑

普通に用を足したくてトイレに行ったら、地獄絵図になっておりました…。笑

しかも並んでいるのかわからない前の人に「並んでますか?」と声を掛けたら、
「いや、ごめんね、並んでな…オエェェェー!!」と会話の途中で吐かれる始末。笑

お、お前もか…

ちゃんと吐袋もっていてくれてよかった…。
船内には吐袋(飛行機にあるアレ)もありますので、是非ご活用ください。
そして横になれるスペースもあります。ただし、狭いうえに結構混んでいますが。


進行方向左側には利尻富士が見えてきます!
結構外に出て風に当たっていましたが、船は揺れるし、とにかく濡れるし、寒いしで長居はできませんでした。


フェリーターミナルの前は、すぐ山なんですねぇ。
稚内港から約2時間、礼文島香深港に着きました。
香深、私の好きな作家のフランツ・カフカを思い出すとても素敵な名前ですね。


バスに乗り、まず最初に来たのは桃台猫台展望台。
語呂がいいですねぇ。

おぼっちゃまくんみたいな形をしているのが桃岩です。


ネコ岩。
確かに、猫があっち向いているみたい。


そして何だか見覚えのある建物…
あ、伝説の民宿、桃岩荘じゃないか!!(ナニコレ珍百景でみた)

夏には是非泊まってみたいけど、アクセスがなかなか大変ね。笑


続いては礼文島西北部にある澄海岬(すかいみさき)。
漢字と響きが土屋アンナの息子っぽいですねぇ。


こちらはとにかく風がめちゃくちゃ強くて寒い。
寒いと興奮する私にとっては絶好の興奮スポットです。
そして昨日よりも明らかに前髪伸びてる…!
寒いと毛が伸びるのか…北の大地で人間の生命力を感じた。


お次は、礼文島最北端のスコトン岬。
本日の観光は岬多めです。


こちらは気を抜くと飛ばされるくらいの強風です。


そして最北限のトイレ!
ここへ来たらみなさん、用を足しましょう!笑


お次はバスで移動して、あといでランチ。
いやぁ、団体ツアーって楽すぎますねぇ。


海鮮船盛り。
もちろん美味しかったけど、量、足りなかった…!
もう一食イケました。育ちざかりの30代なもので^^;


お店のすぐ外は海。
荒れた海。東映感ハンパない。


金田ノ岬って…。
私の一番嫌いな上司を思い出すじゃないか…!!
仕事のこと忘れたいから旅してるのに!!キィエー!!

つづく!

それではまた明日 

2017年01月07日(土) 21時00分

エジプトの紙質は、日本の湿度には対応していないようだ。

ベトナム産のペットボトルは、蓋が破れちゃうのね!?
潔すぎではありませんか?
バッグ中がびしょびしょです。笑

まさかそこが破れるとは思っていなかった…!

筆者はこれから23時間移動です。
血尿出そう。笑

そして、今年は本厄でした…。
忘れてたー!!!
急に生きて帰れる保証が遠退いた気がします…。

それではアディオス!

やっとイタリア本当に最終話 −やっと最終回だよ編− 

2017年01月07日(土) 18時17分

昨晩、同行者オバサンのレストランに忘れたカメラ問題のち、イビキ問題など色々ありましたが、私は元気です。
最終日の小一時間、本当はホテルの横にある浴場遺跡などを見学したかったのですが、まずテルミニ駅にオバサンを置いて、これから私はオバサンが忘れたカメラを取りにレストランへ走ります。

私が走る代わりとして、空港までの列車チケット14ユーロをおごってくれることになりました。あざーす。(礼が雑)


テルミニ駅から20分くらい歩けば着きます。
もちろん早め早めの行動ですよ。(面倒くさいなぁ…笑)


いいY字路ですねぇ。さすがローマ。


ラ・カルボナーラにて忘れもののカメラをゲット。
お店の方はとても優しく、用意したチップもいらないと言ってくださいました。
さすがカルボナーラ発祥のお店!!
ローマに再訪することがあれば、また必ず食べに行きます!


復路は走ったら、10:05発のレオナルドエクスプレスに間に合った!!
YDK!!やればできる子です!!
そしてイタリアの鉄道はよく遅れて、今回も2分くらい遅れたのでラッキー!


なんか汗びっしょり過ぎて、オバサンへの怒りよりも、やり切った爽快感の方が勝っています。


フィウミチーノ空港到着。


QRコードを読み込まない改札機もある?
オバサンだけ機械にはじかれておりました。笑


モスクワ行きはターミナル3の模様。


だいぶ奥の方にアエロフロートロシア航空カウンターがありました。


生ハムマグネット、かわいいー。
ちなみにオバサンに「時間がないから15分にはこの店出ますよ」と言ったのに、15分になったら混んでいるレジに並び始めました…。
普通の友達とかだったら全然許容範囲ですが、ずっとこんな自分勝手な行動が続くと殺意というものがじわりじわりとわいてくるものなのですね、人間って。
自分で搭乗口まで行けもしないくせにですよ?


気を取り直して、あれはモナコ航空?
あまり見かけない飛行機を見られるからたまらない!


トレインに乗ってゲートへ。


更にバスに乗せられる。


モスクワ行き。


あれはウクライナ航空だ。
あぁキエフに行ってみたい。キエフ。

そしてモスクワにて成田行きに乗り継ぎ。


スリッパとアイマスク、もらえてうれしいけど実際そんなに使わないよね^^;


クールだけどちゃんと心がこもっているロシア人CAさん


そして隣の隣にめちゃめちゃタイプの男の子現る。
ああ、声かけようかなとソワソワしていたら、反対側にいた日本人のおじいさんから声をかけられる。
おじいさん、いい人だけど、自分の話しかしない。笑


機内食にあったフォーチューンクッキーから、この言葉が出てきました。
これは行けという風に理解してよろしい?

手荷物受取の時に声かけよう!と思っていたら、彼はまったく見当たらず、またあのおじいさんから「またお会いしましたね」と声を掛けられたのであった。ガックリ…。笑

2016年6月初旬のイタリア旅、やっとおしまい。
やっと、やっと最終回!!
途中超雑になってすみませんでした!

やっとイタリア最終話? −嫌な気持ちになったらすみません編− 

2017年01月06日(金) 23時28分

23時頃となると、テルミニ駅も人がまばら。
明日は帰国日なので、カルボナーラを食べてご機嫌になった私は空港までの列車の時間の確認をしに駅まで来ました。(基本、旅先でスマホに頼らない派)


列車は30分に1本。
10:05発の列車に乗れば、ちょうどよく空港に行けるな。
(↑よくここ覚えておいてください↑)
と、ホテルに戻る。


部屋に戻ったら、、、同行者の職場でよく物を盗むオバサンが、、、
「カルボナーラの店のトイレにカメラ忘れた」と私に報告してきやがった…。
そう、20時頃行ったとき、店は満席で入れなかったけど、オバサンだけトイレに行っていたのだ。

ここは、イタリア。
そう、スリ大国イタリア!
もう、カメラなんてそんなものないさ!諦めな!!


というのが素の私の本音だったのですが、
もう一人の天使のような方の私が、

「とりあえずお店に電話してあるかないかだけ確認しましょう…」

と、無感情で抑揚も付けずにそう言ってしまった。
もう、お店は閉まっているし、ここから歩いても片道20分は掛かるので今日は無理。
無理というか、今日はもう0時前だし、3回目は行きたくない!

フロントマンに事情を説明し、お店に電話してもらうことに。
そしたら、、、なんと、、、

カメラはあったのだ!!!!

なんであるんだよ!!もってけよドロボー!!!笑

なんで私はこんなに意地悪になっているかって、そりゃこのオバサンの人格を拒否し始めたからですよ。
↓詳しくはこちらの記事をご覧ください↓
http://yaplog.jp/kieffiy/archive/2090

ひとつ言わせてください!!
誰に対してもこんなに意地悪じゃないですからね、私!!


カメラが見つかり、「次から気を付けるね」と安堵するオバサン。
「次はもうないですけどね」と私。
まるでロボ対ロボの会話のように感情がない。笑

そして困ったことがまだある。
お店側が受け取りを指定してきたのは、朝10時。
私たちは10:05分発の列車で空港に向かいたい。譲っても次の35分を逃すと、もうチェックインに間に合わず帰国できなくなるのである。

そんな時間のない状態で地図も読めず、道も理解できないこのオバサンをローマの街に放つのは自殺行為!!
しかし、ここで私が取りに行きますなんて甘やかすことはできない。
「明日、頼みますよ」と冷たく言い放ち、私はお風呂に入って、寝た。

するとオバサンが蚊の鳴くような声で「…ごめんねぇ〜」と申し訳なさそうにひとことつぶやいた…。

その後、、、、

あのババァ、申し訳ない体(てい)で寝た癖に、イビキがうるさ過ぎるのである!!!

おい!!ここは工事現場か!!印刷工場か!!
ついに前々(職場)から溜めていた私の怒りが爆発してしまいましたとさ。
めでたし、めでたし。

同じ職場で前々から「イタリア行きたい」と言っていたので手っ取り早く声を掛けたのがそもそもの間違い。
人数合わせでも、人は選んだ方がいいと身をもってお勉強しました。
ま、私もこのオバサンを利用して罰が当たったという自業自得みたいものですよ。あは。

イタリアって、来てみたら想像以上に素敵な国だったのに、同行者のせいでだいぶボロボロな思い出ですよ。笑

ということで、長くなったので最終回やめ!!

次回が最終回です!!
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
筆者紹介
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:愉快子
読者になる
■8月5日生まれ。しし座。B型。強烈。 ■教育者家系に生まれた、奇跡のバカ。 ■愛猫の名はキエフ。 ■世界遺産検定2級、観光特産士検定2級、テレビ検定3級。何事も大体中途半端。 ■趣味は旅。行けるうちにイキまくる。 ■最近興味があることは地名の由来とロシア語。旧ソ連の国々になぜか興奮する。相変わらずマニアックな島が好き。長崎も好き。太陽の塔も好き。あとセーラームーンとユースケ・サンタマリアも好き。何か今、アゼルバイジャンに注目している。しかし今一番行きたい場所はリトアニアの十字架の丘。今更ながら気がついたこと、ジャッキー・チェンの顔がどストライク■好きなタイプはロシア人。日本人ならほどよくクレイジーな人!※ツイッターなどSNSはやってません。■現在更新中の旅日記→ウズベキスタン→ラオス→スウェーデン→デンマーク→エジプト→スペイン→アンドラの記事を気まぐれ更新中