I love you! 

2006年02月14日(火) 23時44分
更新が滞ってしまった。けど、12月も1月もしっかりみんな頑張りました。そしてあっと言う間の二月。今月はパネルシアターと歌を使って一日の流れ、行動とバレンタインにちなんで"I love you"という言葉のある歌を歌った。hugのアクションも振付に入れて、体全体で"Ilove you!"をしましたよ。
絵本は"Color of his own"をストーリーに沿って、簡単に読みます。ちょっとした色の復習。最初のウォームアップでは、Hokey Pokeyのロングバージョン。headやhipも入って楽しくお尻フリフリしました。If you're happy..もお馴染みの曲なのでみんなノリノリ。大きな声でOK!言えました。

流れ
・ウォーミングアップ 3曲
・ご挨拶 Hello/How are you?→歌Hello song. 輪になってSing together
・Exercises walk/fast/slow jump clap etc..
・パネルシアター 一日の流れ  the sun, the moon,Good morning/night.
 一日の行動 wash your face/blush your teeth/comb your hair... 
 歌とおどり 2曲(一日の行動)
・絵本 Color of his own
・歌 スキダマリンク  "I love you"の歌
・名前を呼んでお返事"here!"スタンプもらって"Thank you!"
・Good bye song

想像しながら読む 

2005年10月21日(金) 2時35分
秋の夜長…私は最近ネットでいろいろ調べ物をして、少しでも物知りになろうとしています。そこでいつも何か検索すると当たるのが「2ちゃんねる」。ここには2ちゃんねる用語がたくさん使われて書き込みされています。読んでいるとチンプンカンプンな言葉がいっぱい。でも皆がその言葉を使うので、だんだん読んでいく内に「どこのどの場面で、どんな用法で使われているか?」が分かる様になってくるんですよね。これって語学習得の面白さと通じるものがあります。何でも語学習得のプロセスに当てはめて考えてしまうクセのある(職業病?)私、なるほどと納得しました。2ちゃんねるはそれ以外の言葉が日本語だから全部外国語の本よりも読みやすいと言えばそうですが、これを当てはめてみると、英語の映画や本を読んだり観たりすることで、言葉を学ぶカンはつきそうですね。
そういったカンは幼い子ども誰もが持っているもの(これがあるおかげで日常会話の中から日本語をマスター出来るんですよね)なのですが、これが少しは蘇って来るのではないでしょうか?さて、人に言う前にまず実践。子育ての合間にちょこちょこ映画や本、見てみたいと思います。

Petit Class *October* 

2005年10月21日(金) 2時23分
やってきました。これから冬に向かってイベントシーズンですね☆今月は、もちろんハロウィンに触れることをメインに、数の復習をしていきます。

【一週目・二週目】
今月からの新入生、六ヶ月の甥も一緒に数の復習。先月した歌を歌い踊ります。さすがに2ヶ月目なので、皆上手に歌ったり踊ったり出来ました。先生のHi, how are you?にもI'm fine!で答えられるようになりましたね♪
ハロウィンはパネルシアターとカードで、witch, ghost, pumpkin(Jack-o'-lantern), monster, black cat, bat...などの言葉を聞きながら、その形や動きを真似して遊んでみました。(ghostは両手を前にブラブラ、big/small pumpkinは手で大きな丸や小さな丸を作って、monsterはガオー!など) witchのパネルシアターで"1 little, 2 little, 3 little witches..."を歌いながら数を数えます。単調な歌ですが、去年の経験からテープに合わせて速く歌ってしまうとついて来れない子もいるので、今年は先生がゆっくり大きな声で歌いながらパネルを動かしました。みんなのところに魔女が飛んで行ったりして、なかなか盛り上がりますよ。皆すぐに覚えて歌っていましたね。数とwitchという言葉を覚えました。全部ボードに貼ったら、今度はまた歌いながら外していき、最後はバイバイと言って皆で手を振ります。
ハロウィンの絵本を読んで、今月の歌エリックさんのハロウィンソングで盛りあがって終了。今月はカボチャのステッカーをもらいます。さて、3週目はプチパーティー。何が待ってるかな?お楽しみに!

英語の発音 

2005年09月21日(水) 0時17分
最近二歳の息子が好きな曲がある。
親子英会話でしている歌"Sing together"だ。
いつも口ずさんで踊っている。
そして、その内におしゃべり出来る様になると
『かあさん、Sing togetherしよう』とせがむようになった。
そこで気付いた。日本語はもちろん普通に日本語として発音するが
この歌のタイトルの部分だけは思いきり英語の発音なのだ。
息子は何も意識せずに言っているのだが、明らかに英語と日本語を
ごちゃ混ぜにして、でもキレイにしゃべり分けている。
大人になると、日本語に無いRの発音なんて難しすぎて意識すると
ますます変になる…なんて事もあるが、こうして言語習得に何も疑問を
感じない時期に耳に入れると違うんだと言う事がハッキリした。

だからといって、スパルタの幼児英語教育をする気は全くない。
ただ、気が向いた時に英語の歌を一緒に歌ったり踊ったりしながら
柔軟な耳を作ってやろうと思った。

Petit Class "September" 後編 

2005年09月21日(水) 0時17分
【二週目】
先週の内容に加えて、虫捕りゲーム。手作りの虫(いろいろな色の蝶やトンボ)を部屋中に貼って、お弁当パックで作った虫カゴに入れます。捕る時に、"One butterfly....GO!"と手を打って、指示。捕った物を見せてもらって"Good job!"数とbutterfly, dragonflyの言葉を覚えました。最後は一人一人に違う色の蝶を捕って来てもらったり…と、ゲームの中で子ども達の理解度も分かって良かったです。これは、かなり盛り上がりました。

Petit Class "September" 

2005年09月20日(火) 23時57分
九月のテーマは"1,2,3,4,5..."

以前レギュラークラスでしたことがある数のおけいこ。以前は『英語の数に慣れる』というコンセプトでやっていたが、その復習も兼ねて今回は1から5までを中心に、『英語で数える』という事に重点を置いた。

ウォームアップでは、"1,2,3,4,5,6,7"clapやjumpを入れながら楽しく体を動かした。そして"Incy Wincy Spider"を振り付けをしながら歌った。振りが三歳以下にはちょっと難しいところもあるが、歌が可愛いので一生懸命私の真似をして踊っている。これはしばらく続けてやってみよう。最後は"Wheels on the bus"をwheel, up and down, children=wee! wee!, monkey=oo と真似てやってみる。楽しい曲なので、皆元気に体を動かしている。息子のミニカーのバスがあったので、それを使ってwheelを英語で説明した。

【1,2,3,4,5】
一週目:
一通りウォーミングアップや挨拶をした後に導入。パネルシアターで、小さなリンゴを一つ見せて、『What's this?(先月のおさらい)』から始める。"apple""りんご〜!"と回答は様々。でもきちんとWhat's this?の意味を理解して答え様としているのでオッケー。そして"one"と数字カードを見せながら5個までゆっくり一緒に出しながら数えていく。
☆タッチゲーム
数字カードをあちこちに置いて、"touch 1!"とタッチゲーム。その後一人一人にアトランダムに☆誰が持ってる?ゲーム
数字カードを持たせて、"Who has 3?"と質問。3のカードを持っている子に"Stand up,please."いろいろな言葉や指示を一つのゲームの中でたくさんおさらい出来て良かったし、ちょっとした勉強ながらも、動きがあるので子ども達も楽しんでいた。
☆絵本
お馴染みMaisyちゃんがお掃除します。友達のチャーリーも遊びに来て、二人でせっせとお掃除。終わった後はお楽しみもありますよ。可愛い絵と一緒にワクワクする展開が子ども達を引き込みます。途中の"Hooray!!"や"Good job, Maisy!"などは実用的な表現なので、大きな声で出来るだけ感情を込めて読みました。

Petit class "August" 

2005年09月10日(土) 7時04分
八月のテーマは"How are you?"と"What's this?"

今まで毎回口に出している物の、How are you?に対して"I'm fine."がとっさに出てくることがあまりない。それを習慣付ける為に、体の動きや歌を使って練習。"What's this?"も、日本語を全く使わなくてもその言葉のイメージが身につくように、ちゃんと答えられる様に練習。

ウォームアップでは、以前したことのある"Hot potato"で"hot""cold"を復習。楽しい歌と踊りなので、みんなノリノリで踊っている。"Jimmy, crack cone"でright hand(右手) left hand(左手)の復習をしようと思ったが、踊りに夢中になりすぎて右左はバラバラ。収穫はboth hands(両手)を覚えた事かな?

【What's this?】
一週目:
今月は夏休み中ということもあり、ゆるりとゲームや踊り中心に楽しんでいく事に。Exercisesも少し多めに、体を動かして楽しんだ。(walk, jump, run, crap, swim...)
☆How are you?-I'm fine. は、"Hi, how are you?"の歌で掛け合いにして歌った。先生が"Hi, how are you?"と歌うと子ども達が"I'm fine!"という様に。。。初めてにしてはなかなかの出来。
☆What's this? は、ゲーム形式に。パネルシアターを使って、隠した動物たちの体を少しずつ見せていきながら、"What's this?"と尋ねていく。子ども達は夢中で答えていた。可愛い動物のパネルが気に入った様子。
☆絵本
蛙のフロッギーが泳ぎを覚えていくまでの過程を、軽快なリズムと可愛いイラストで追っていきます。Froggy learns to swim

【二週目】
先週の内容に加えて、夏の物の単語をイラストを使って学んだ。花火などのイラストを見せて"What's this?"子ども達は「はなび〜!」と答える。ここで"What's this?"を耳で覚えた事を確認。"In English?"と聞くと「???」そこで"fireworks!"と教えてリピート。ここでの目的は単語を覚えさせる事ではなく、"What's this?"の確認と英語と日本語が違うという認識をつけること。他にも"beach""swimming pool"などやってみた。

【三週目】
ダメ押しに、?ボックスを作ってみる。(穴の開いた箱に手を入れて、何かを当てる。他の子達からは中が見えているので、答えを言った時にみんなが「Yes!/No!」と答えてあげられる。)ここでは身の回りの物"book""pen""hat"などを箱に入れてみた。

Petit class "July"続き 

2005年07月28日(木) 23時24分
【アルファベット】
100円ショップで買ったABCのカードをラミネートして使用。
一週目
●最初にA-Eを何度も見せながら言ってみる。文字を見せてひたすらリピートという方法を実験的にしてみたけど、やっぱり食いつきが悪い。あちこち遊びに行ったりしてしまう。メリハリを付けて単語を絡ませながら(A-appleなど)すると良い。
物干しにA-Eのカードをぶら下げて、順に取ってきてもらう。これはゲーム感覚で良かった。

とにかくゲームや踊りが好きな様子。
苦手そうな説明的要素はメリハリを付けてサッサとやり、そのあとのゲームで内容の確認というのが今一番良い方法だと思う。

Petit class "July" 

2005年07月28日(木) 23時02分
七月のテーマは色とアルファベットの導入(実験的に)

五月末に無事出産を終え、六月を丸一ヶ月休みにした。
その間も我が子や姪っ子は、『英会話終わったの?』と聞いてきてくれる。
毎週楽しみにしてくれていたのかな?
まだ生まれたての赤ん坊を抱えているので、準備に時間をかけられない。
先月やったことの復習にプラスαでゆるりと楽しくやっていこう。
ABCは、やはり実験的に導入。いろいろな方法を試してみます。楽しみ♪

ウォームアップでは、五月から引き続き「大きなクリの木の下で」の英語版を踊り、「He's got a whole world」「Sally, go around the moon」を踊った。さすがによく覚えて、よく踊ってくれる。Sally...は遊び歌なので、曲が始まるなりみんな満面の笑顔になり、自然と輪になって手をつないでくれる。可愛い。

【色の導入】
一週目:
風船と回転式の物干しを使った。まずは風船を見せてバルーンという言葉を教え、一つ一つの色をみんなに聞いていく。答えがちゃんと出た物はたくさん褒めて、拍手。みんなでリピート。出ない場合はわざと(黄色なのに)"Is this pink?"と聞いて"No!"と大袈裟に首を振る。子どもたちもそれに続く。何度かする内に、YesとNoの復習にもなったようで、自然にリアクションが出てくる。一つ一つを物干しの洗濯ばさみに付けて、一人一人順番に"Suzu, could you give me RED,please?"
(Suzu)"Here you are!"
(Teacher)"Thank you!"
と、色を指定して風船を取ってきてもらう。ゲーム感覚で大いに盛り上がった。
Here you are!/Thank you!のやりとりは、あらゆる場面で使って身につけさせたい表現だ。


二週目:
●一人一人に主要六色の旗(写真参照)を配って、"Yellow, up!"と色を指定して旗を挙げさせる。最初は先生が先に挙げて見せるが、徐々に生徒に先に挙げさせるようにして様子を見る。ゲーム感覚で良かったが、すぐに飽きるので注意。
●部屋の中にある物をタッチさせる。"Touch something BLUE!"とか。最初やりかたが分からない様子だったが、根気よく英語のみで進めながら先生自ら動いてタッチ。生徒の服など使っている内に分かった様子。
●"RED, stand up!"と、赤の入った服を着ている子を立たせる。きっと幼稚園生くらいからだと理解出来るのだろうけど、三歳以下には少し難しい様だった。

Petit Class "May" 

2005年05月15日(日) 0時27分
五月のテーマは天気とアルファベットの導入(実験的に)

ウォームアップでは、先月した「大きなクリの木の下で」の英語版を踊り、簡単な振り付けで踊りやすい「He's got a whole world」、それに遊び歌の「Sally, go around the moon」を踊った。どれもノリが良いので子ども達の掴みはオッケー!

天気…いつもの様にパネルシアターで「晴れマーク」「雨マーク」「雪マーク」「曇りマーク」を店ながら、手でその形を作ったり今日の天気を言ってみたり…そして音楽に合わせて踊る。
使用曲は、エリックさんの歌のCDに入っているお天気の歌。ノリも良く、振りも本に書いてあるので、子ども達と一緒に歌いやすい。このCD+本はリーズナブルだしお勧めです。


アルファベット導入…有名なBINGOの歌を、パネルシアターに出した犬とファーマーのイラスト、それにBINGOのアルファベットを見せながら一緒に歌う。毎週クラスの子の名前を一人ずつ入れて全員分やってみようと思う。なかなか反応は良い。

絵本…Excuse me / Thank you / No, thank you...などいろいろな挨拶が分かり易いイラストと一緒に頭に入る絵本、"Excuse me"を読み聞かせ。早速子ども達の口からいろいろな挨拶が飛び出した。


●娘の反応(三歳)
先月はダレていたが、新しい歌と新しい絵本と…全編に渡ってノリがよい音楽を入れていたせいか、機嫌が良いせいか、今回は最初から最後まで楽しんで踊ったり歌ったり。天気も早速覚えて、日常生活でも言ってみている。

●姪の反応(二歳)
いつも通りノリノリ。体を動かすのが大好きな様。BINGOは、普段聞くCDに入っているらしくすんなり言葉は出る。後はパネルシアターを使って文字と言葉が一致するともっと楽しくなりそう。

●息子の反応(一歳9ヶ月)
新しい言葉はどんどんリピートして、とても意欲的。日本語・英語共言葉の音を学ぶのが楽しくて仕方ない様子。