食事指導 

June 24 [Fri], 2005, 23:16
今日、夫と一緒に病院へ行き、
栄養士さんから食事指導を受けてきました。


この3日間、ネットで色々調べながら
自分なりにタンパク質を制限した食事を作っていました。

あるサイトで、腎不全の末期状態の人が1日に摂取して良いタンパク質の量は
理想体重(身長×身長×22)1kgに対して0.5〜0.6g
と書いてあったので、夫の身長で計算して31gで献立を作っていたのですが、
意外にも1日40gまでOKだと言われました。

今まで、1度に400gものステーキを食べるほど肉好きだった夫が、
この3日間、今まで1口で食べていたぐらいの量に抑えていたので、
これは嬉しいことでした。

お肉にしたらたったの何十グラムのことですが、
なんだかとってもありがたく感じました。

そしてもう1つ、
タンパク質を制限するとどうしてもエネルギーが不足しがちになるので、
エネルギー補給のために、清涼飲料水を飲んでも良いと言われました。

夫の大好きなコーラもOK!(もちろん飲みすぎはいけませんが)
これはとっても嬉しかったみたいです。


今まで好きなものを好きなだけ食べて生きてきた人なのに…。


夫を見ていてちょっと切なくなりましたが、
改めて、この人と一緒に腎不全という病気と闘っていこうと思いました。

夫が腎不全に… 

June 22 [Wed], 2005, 14:37
はじめまして。
私は都内在住30代兼業主婦です。


夫が昨年夏に痛風になり、近所の病院に通い、
定期的に血液検査を受けていたのですが、
6月17日の午後、いつものように病院に行った夫が、
「腎臓の何かの数値が悪いとかで、大きい病院に行けって言われた」
と、医師からの紹介状を持って帰ってきました。

「今日はもう間に合わないし、明日も仕事だから月曜日に行ってくるわ」
「ふ〜ん、分かった」

そのときはまだ、それほど大変なことだとは思っていませんでした。


6月20日、午前中に病院に行った夫が帰宅したのは、
もう、夕方近くでした。

「慢性腎不全だって。末期だって言われた。1年以内には人工透析だって…」
「嘘でしょ?」
「金曜日に栄養士から食事の説明があるから奥さんと一緒に来てだって」
「ホントに?じゃあ、もう普通のご飯食べられないの?」
「とりあえず、金曜日まで、野菜でも魚でも、生のものは食べないようにって」


・・・言葉がありませんでした。


食べることが大好きな人だったのに。
なかなか子供ができない私たちにとって、
2人で旅行に行って美味しいものを食べたり、
テレビや雑誌で見たレストランに行くのが楽しみだったのに。


その日の深夜、夫が寝た後、泣きながらパソコンに向かい、
腎不全について、食事療法について、人工透析について、
私なりにいろいろ調べました。


そして、夫と同じように『慢性腎不全の末期状態』と言われ、
すぐに人工透析が必要だと言われながらも、
その後の食事療法で、何年も透析せずに過ごしている人、
人工透析をしながらも、普通に会社勤めをし、
スポーツをしたり旅行をしたり、普通の人と何ら変わらない生活をしている人、
腎不全という病気と闘いながら、
前向きに生きている方がたくさんいることを知り、

私も夫と一緒に頑張ろう!

と、少しだけ前向きな気持ちになれました。


まだ始まったばかりです。
検査もまだ残っているし、栄養士さんからの食事療法の説明もまだで、
この先私たち夫婦の生活がどうなっていくのか、
全く検討がつきませんが、とにかく頑張って行こうと思います。
2005年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像アヤ
» 夫が腎不全に… (2005年06月23日)
アイコン画像himawari
» 夫が腎不全に… (2005年06月22日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kidney-trouble
読者になる
Yapme!一覧
読者になる