印石の材質

October 10 [Wed], 2012, 15:12
印石の材質

古至今から、印章の材質は多くの種があります。春秋戦国至宋の元の時期に、印章は多く銅質で、部分もあるは石質です。実印販売高官の大きい官吏は表示の地位で、常用する金、銀、玉の材質。歴代ある鉄、象牙、サイの角、ひすい、水晶、瑪瑙、木、竹を使ったのが甚だしきに至っては磁器、ウリの蔕が材質にしたので、近代有機ガラスを加えました。明清印人は石刻に盛んに行われて、応用は最も広範で、石質の応用は“刀の趣”が現れるために堅固な物質の基礎を提供して、いわゆる“石がしかし人から言うことができない”。

印鑑根本的に言って、印章の材質は篆刻家にとって、文章の紙の硯が書家の効果についてようです。孫過庭《本の譜》の中は“5の利口な5が相当する”を強調しています。本のの“利口に相当する”の理論を行って、篆刻の作者について同様な啓発もある。篆刻が創作する中で、材料を印刷して印の振る舞いの効果に対してとても大きい影響があります。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:菅野 友希
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ロモラオ
» 書画の印肉の要点 (2012年10月09日)
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kichiendo/index1_0.rdf