【 更新情報 】

スポンサード リンク

銀座にあるラーメンの「吉兆」店

品川・戸越銀座ラーメンの『麺壱 吉兆』さんは、東京では珍しい白河ラーメンを提供しているラーメン店です。このラーメン店の外観は派手な感じのお店ではなく、昔ながらのラーメン店という感じの店構えです。店の外には、白河ラーメンという赤いのぼりが立っていて、店の外から店舗を見ると、店内に入る入口の隣が大きなガラス張りになっており、そこでご主人が麺を手で打っているスペースとなっています。ですから、近くを通るとすぐに分かる感じですね。
 この「麺壱 吉兆」は、白河ラーメンということで、福島県白河市のラーメンの名店「とら食堂」の流れを汲むラーメンを作っております。店内には、白河ラーメンマップ図が張られておりますので、初めて来店する方はこのマップを見ている方が多いですね。
 白河ラーメンはあっさりした魚介系のスープを使って作っているので、こちらのお店で出す「支那そば」も、鶏がらスープの支那そばではなく魚介スープになっております。
 この「支那そば」よりも、中華そばの方が味が濃いと思います。
ラーメンの価格は、「中華そば」「支那そば」ともに650円です。
 銀座にありながらこういった昔ばがらのあっさり味のラーメンが味わえるっていいですね。
しかも、麺がご主人の手打ち麺なので、モチモチ感が非常にあるとっても美味しくて人気のあるお店です。

源吉兆庵 銀座店のとこよ

銀座にあって名前も吉兆なだけに、よく勘違いされてしまうお店がこの「源吉兆庵 銀座店」です。
このお店は、単なる和菓子のお店というものではなく、和菓子と日本料理の融合をコンセプトになっているお店です。
 その為、地上8階建てのこの 「源吉兆庵 銀座店」では、和菓子の販売のほかにも、懐石レストランや甘味処などの経営も行っております。なお、1Fから6Fまでが甘味処や割烹になっており、8階がギャラリーとなっているのですが、ここでは毎月文化著名人の生誕月に合わせて企画展を開催しております。
 この「源吉兆庵 銀座店」では栗まんじゅうや小倉もなかなどが人気なのですが、特におすすめできるのが、「とこよ」という和菓子です。
 このとこよは、ゆずの皮をスライスして糖蜜に漬け込んだゆずそうめんであり、普通にそのまま食べても大変おいしいのですが、紅茶に入れたり、アイスクリームに添えて食べるなどさまざまな食べ方で味わうことが出来ます。
 味はゆずの風味が効いていて、蜜の甘みと皮の苦味がちょうどよくマッチしていい味を出していると思います。この「源吉兆庵 銀座店」では、若い女性からも大変人気があり、幅広い年代の方から支持されているようです。

東京吉兆のお昼値段比較

吉兆グループは、政界財界人、または海外の要人などが使われるような、古くからある老舗の高級日本料理店で、提供される料理は旬の素材を生かした贅沢で高級な料理でありますが、提供する料理や金額はその店舗によってバラツキがあるようです。ここでは、お昼の各店舗の金額を紹介いたします。
まず、吉兆東京店は、ご予約には予約するにあたって、東京本店の御利用会員様のご紹介、叉は、ダイナースクラブ『料亭プラン』のご利用のみとなっており、新規の方の予約は受け付けておません。ですので、昼も夜も、新規の方は食べれないようになっております。
 他の店舗は新規でも大丈夫です。
帝国ホテル店は昼のみで3千円5千円台の昼限定の特別献立がありますが、通常の昼料理の料金は10500円〜26250円の中で3種類のお任せ料理があります。ホテル西洋銀座店では8400〜21000円の範囲で4種類の昼料理があります。また、正月屋吉兆と味吉兆、ではお昼に松花堂弁当が食べられます。
昼料理で一番価格が安いお店が味吉兆で、3150円〜8400円の範囲の中で4種類のメニューがあります。

歌舞伎座の吉兆店

吉兆のグループの「東京吉兆」には、吉兆歌舞伎座店というところがあります。
これは、銀座にある歌舞伎座の2回に吉兆店が出店しているものです。
歌舞伎には、幕間(まくあい)といって、観劇の途中で食事をする時間があります。その幕間の時間の食事は自分の座席で食べたり、歌舞伎座にある食事処で食べることができますが、吉兆店では、その幕間に食べる食事としまして、有名な「松花堂弁当」を提供しています。
この松花堂弁当は、吉兆の代名詞と呼ばれるくらい有名で人気のあるもので、この銀座にある歌舞伎座店では6300円で販売されております。
この松花堂弁当は、季節ごとの旬の素材をふんだんに使った料理となっているので、常に同じ中身の弁当となっているわけではありませんので、その季節季節で違った松花堂弁当の味を堪能できるかと思います。
 しかし、歌舞伎を見に行って当日に買えるというわけではなく予約が必要となっておりますので、松花堂弁当を購入したい方は、事前に予約をすることをお忘れのないようにして頂きたいと思います。
なお、歌舞伎座の観劇チケットがないと松花堂弁当は購入できませんので、歌舞伎を見ないで弁当だけを予約して購入することは出来ないようになっております。

銀座にある色んな吉兆

銀座にある吉兆の中で、特に有名なのが老舗の日本料理店の「吉兆」グループですね。
このグループ内の船場吉兆が2007年から2008年にかけて食品偽装問題が浮上に、廃業に追い込まれました。東京にある「吉兆」は以前から「東京吉兆」として完全に会社として経営を行っていたので、名前は一緒だけど別々の会社が経営していると考えていいようです。
 しかし、同じグループ会社として「吉兆」の名前に傷がつき、その後の営業に対してだいぶ影響が出た模様です。東京にある吉兆グループの店舗としましては、銀座にある「東京本店」を始めとして、全部で6店舗と、日本料理店としては珍しい多店舗展開をしております。
 銀座には、この日本料理の「吉兆」以外に、和菓子のお店として世界展開している「源 吉兆庵 銀座店」やラーメン店の「麺壱 吉兆」など、「吉兆」グループとは全く関係のない名前だけがたまたま同じとういう飲食店があります。
 特に、「源 吉兆庵 銀座店」は店舗内で日本料理店も行っておりますので、勘違いされる方も多いようですね。