今後のブログ更新について

August 25 [Sun], 2013, 21:52
今後のブログ更新は、いちかわ中央新聞ブログにて行います。

新URL: http://ameblo.jp/1chu-shinbun

よろしくお願いします。

(^_^)

『生き方』稲盛和夫著 サンマーク出版

August 25 [Sun], 2013, 16:59


ノゾミシとの休日デートの合間に、
読書です。子どもに伝えたい一冊(^_^)

一般的に成功者と言われるまでの道のりには、二つの道があると思います。
一つが、覇道。
そしてもう一つが、
王道。

稲盛さんの『生き方』こそ、王道。
では王道とはどんな生き方なのか。どんな考え方に基づいているのか。
それを適格かつ簡潔に示した一冊が、これだと言えます。

私も敬愛する中村天風師、安岡正篤師、両師の教えをベースに、稲盛さんが人生で経験されてきた数々の出来事の中から得た気付きを教えてくれる人生哲学書です。

人は何のため生きているのか。
何のために働くのか。
それは、
利他であると、
究極のところ言えるのでしょう。

人は、誰しも一人では生きていません。
その事を認め、確認し、感謝する。
本当の意味において誰かのために自分の人生を生きたとき、
本来自分が持っている魂の内側にある真我の光が表層にまで上がってきて、
人間としての輝きを表すのでしょう。

ビジネスパーソンにとってはバイブルと言える本です。
そうでない方にとっては生きる指針の教科書と言える本です。
何回読んでも飽きることのない、素晴らしい本です。

終わらざる夏 浅田次郎著

August 17 [Sat], 2013, 10:49


ペンの力を思い知りました。
それは例えて言うなら、五感を飛び越えて脳にダイレクトに響く波動のようなもの。
自分の喜怒哀楽という内面の感情と、
著者の書いた文章という外面の表現が共鳴して、
目の前に占守島の平坦で穏やかな景色が、そして登場人物たちの心の動きが、広がりました。

人間は言葉を持っている。
言葉を持っていることこそが、人間の本当の強さである。
言葉の力は偉大である。
表現する歓びがある
ということに気付かせていただきました。

本を読んで思った複雑な感想をあえて簡素化して言うとするならば、

戦争は、矛盾している。
勝ちも負けもない。
戦わなければいけない。
後世から見れば一見理解しがたいが確かに"時の正義"はあった。
敵も味方も誰しもが人の子であり、また夫であり、また父であり母であり、そして
生きているという尊厳が誰にもあったのです。

死にゆく戦いのさなか心の奥底思うのは、
敵でもない、味方でもない、
体裁でもない司令でもない国家でもない。

愛する母の存在。
愛する父母への感謝。
愛する人愛する我が子に会いたいという、純粋な心。

そんなこと、読後感想として持ちました。

最初この本に出会った時、占守島(シュムシュ)という場所で戦争あったということを知りたいと思いました。
玉音放送があっても終わっていない戦いがあったことを知りたいとも思いました。
歴史を知りたいという欲が本との出会いに導き、読むという行為になったのです。
これはもう、欲というより衝動と言った方がいいかもしれない。

確かに小説かもしれない。けれど、
史実に基づき書かれたストーリーはまた一つの歴史を知るきっかけをくれました。
占守島での戦いそしてシベリア抑留は確かにあったのです。しかし、

それにもましてこの作品は、単に歴史を伝えるだけでなく、いやそれ以上に、何とも言い得ぬ苦い思いを強く読者に刻み込みます。
人の感情や心理を巧みな表現で臨場感をもって描き出す、まさに文学の極み。

しかもそれを、日本の立場からも、ソ連(ロシア)の立場からも描いているという点。
なぜこんなことができるのか、凄いの一言に尽きます。
超大作と言える作品です。

フクロウさんホーホー

June 12 [Wed], 2013, 9:51
「ふくろうって、苦労が無くなるって書いて、
ふくろう(不苦労)らしいですよ。
これ、持っていってください。」

会社を去る日にもらった透明なふくろうのキーホルダー。
とっても嬉しくてあったかくて
懐かしいなぁと、思い出しました。

ひとりさんふくろう





千葉の成東の
一人さんのお姉さんのお店に行った時に始めて見て
なんだかほっこりしました^_^
斎藤一人さんの子供の頃の話が
なんだか可愛らしくて、微笑んでしまいます。





寄り添うふくろう
新バージョンふくろう
も、この本にありました^_^




こちらもお姉さん本、
あったかいですよん♪






素敵なご姉弟です^_^

U-N

June 11 [Tue], 2013, 11:02


「運がよかったんです。」

というセリフ聞いた
それは努力した人の謙虚さ
だから「運」ていうのは運じゃなくて
努力の結晶みたいなもの
それを人には見せないだけなの

アヒルは水面下
足バタバタしてる
でもスーっと進んでる

人に好かれる
人に与える
魅力的な人になる
返事は「うん」じゃなくて
気持ち良く「ハイ」と言ってみよう
「ハイ」の後に
小さい「つ」

物事の捉え方
何が起きてもプラスに解釈する
不平不満グチ泣き言を言わない

当たり前を
当たり前にこなす
行動する
スル〜スル〜っと
行動スルー

運の種まき
毎日の生きざまが栄養
育った運
得られる日は遠くない
待ってればいつか来る

運がいいという原因があり
運がいいという結果がある

原因と結果の法則
シンプルシンプル
難しいことなど何もない


人は一人で生きていけないから
わたしはあなたは誰かのために存在し
いまこの瞬間
生かせていただいている
生きている

そうしていただいたこのいのちに感謝
そうしていただいたこのご縁に感謝

あとはおまかせで生きる



うん。
















グッドラック!!!!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:いいね!さん
  • 性別:男性
  • 誕生日:1981年12月2日
  • 血液型:AB型
  • 現住所:愛知県
読者になる
名古屋から大阪へ、そして兵庫へ。
いつも自分は自分の道を選んで生きているものだと思っていました。
でも、自分の人生の岐路には、いつも、自分を支えてくれる人の存在がありました。
自分は、「生きている」というより、「生かされている」。

ならばこの命、最大限に使って生きていきたい。
そんなことを考えて日々生活しています。

将来、今の子供たちに、今の大人たちのエゴの産物を押し付けたくない。
そんなことを、最近考えるようになりました。

私と出会ってくださった皆様との「ご縁」。
有難うございます。
感謝してます。
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31