【 更新情報 】

きび酢とダイエット効果

テレビやネットで話題になっているきび酢は、鹿児島県奄美大島南端にある加計呂麻島に古くから伝わる酢です。

サトウキビから造られており、添加物等は一切使用されていません。
酵母菌と酢酸菌による自然発酵で出来る天然醸造酢なのです。


あの有名モデル押切もえさんがオススメする、ダイエットにも最適なお酢として有名になりました。

以前テレビで、押切もえさんが加計呂麻島を訪れきび酢つくりを体験し、栄養成分の豊富さに感銘を受けたお酢です。


ミネラル分(カルシウム、マグネシウム、鉄、カリウム)が非常に多く含まれています。
塩分(ナトリウム)が少ないのが特徴で、きび酢に含まれているダイエット成分(オクタコサノーミネラル)が注目を浴びています。


きび酢はサワードリンクで飲むのもいいですが、一般の酢と同様に調味料として使えます。
酢の物には最適です。

またサラダのドレッシングとしても美味しくいただけます。
常に料理に使用することにより、ダイエット成分(オクタコサノーミネラル)が摂れダイエットにつながります。

きび酢の飲み方

きび酢をそのまま飲むと酸が強くて胃に負担をかけてしまいますし、臭いそして味も強烈でをそのまま飲む事は出来ません。


きび酢を飲むことも大事ですが、一番大事なのは続けることです。
自分に合ったきび酢の飲み方、食べ方で毎日続けて摂取しましょう。


きび酢のいろんな飲み方、食べ方があるので紹介したいと思います。


まず健康を維持したい方にオススメの飲み方は、きび酢に書かれている一回分の分量を5〜6倍に薄めて1日2回飲みます。

持病のある方は、きび酢に書かれている一回分の分量を4〜5倍に薄めて1日3回飲みます。

胃腸が弱い方や貧血、低血圧の方は、きび酢に書かれている一回分の分量の1/3を5〜6倍に薄めて1日3回飲みます。

その時注意することは、空腹時をさけて飲用してください。

肥満の方は、きび酢に書かれている一回分の分量を4〜5倍に薄めて1日4回飲みます。


毎日同じ飲み方では飽きる方にオススメがソーダーで割って飲むとジュース感覚で飲用する事が出来ます。

飲むだけでなく、料理の調味料として使うのもオススメです。
酢の物やお肉を柔らかくする時にきび酢を入れるのもオススメです。

きび酢の効能について

テレビやネットで話題になっているきび酢は、鹿児島県奄美大島南端にある加計呂麻島に古くから伝わる酢です。


きび酢はサトウキビから造られており、添加物等は一切使用されていません。

農業技術研究機構・九州沖縄農業研究センターの吉元誠氏(畑作物変換利用研究室長)が発ガン物質を抑える働きがあると確認し話題になりました。


発ガン物質が遺伝子を傷つけることを防ぐと同時に、人体に悪影響を及ぼすとされる活性酸素などを打ち消す働きがあるとわかったのです。


その他にも、血液を弱アルカリ性にしてくれ、高コレステロールや糖尿病の改善を促します。
また栄養価が高いので身体に良いことが分かります。


一般の酢(穀物酢・米酢など)と比べてみると一目瞭然です。
カルシウム、マグネシウム、鉄、カリウムといったミネラルが他の酢と比べて含有量がきわめて多く、とてもバランスよく含まれているのです。


そしてポリフェノールが豊富に含まれています。
栄養価は高いのに、カロリーは低く、塩分(ナトリウム)が非常に少ないという特徴があります。

きび酢は、ダイエットにも期待できる健康酢になります。