愚痴ですよ、愚痴 

January 13 [Thu], 2011, 16:05
そうこうするうちにあっという間に時間が経ち
気付けば2011年も1月は半ばになっていた。

この数カ月、本当にいろいろあったなー。

おととしの年末にたまりかねて彼氏様に自分とはどーするつもりだ??
って疑問を投げかけて
一緒に暮らすつもりだよ、って返事をもらって浮かれてたら
今度は親にどーするつもりだ、
挨拶くらいしに来いって言われて、
比較的和やかな会食をした1か月後くらいに
今度は妊娠のご報告…
ちょー怒られて、親戚にもブーブー言われて
こちとら妊婦だっつーのと思いましたよ。

折しも人切りで会社は人員不足、
仕事の負荷がどんどん上がる中
あわてて入籍して、嫌がる旦那に挙式を承諾させて
新居探しと結婚式準備を進めながら
残業して働いて…
そんなドタバタ劇を結局年末まで続けてしまった。

お腹の中のベイビーよ、
かなりの負荷をかけてしまったね。
本当にごめんよ!!
だからちっちゃめなのかな

そして今も、新たなるもめごとが発生し
ホントに気の休まる時が来ないなーと思う。

愚痴っても仕方ないけど
オイラが妊婦で結婚式に出られないのだから
一緒に招待されているダンナが1人で出るのって、
そんなにそんなにおかしな事だろうか?!

だって自分たちの結婚式には参加してくれている
大切な私側のいとこなのに…
出たくない理由を私にちゃんと説明もしないくせに
「お前が分析して出した結論はそれか、話にならない」
と一方的に会話をシャットアウト。
とても32歳の社会人がとる態度とは思いがたい。
本当に自分勝手な子供と同じだと思った。

ちゃんと理由の説明もないばかりに
私の親には「親戚づきあい嫌がってる自分勝手な男」
というレッテルを貼られたよ、おめでとう!!

確かに私たち夫婦で力を合わせて生きて行くしかないのだけど、
これから私の両親にはいろいろ助けてもらうことも
多々あると思うのに…
ダンナの心ない態度のために
いきなり両親には不愉快な思いをさせてしまった。
それが自分たちのベイビーのためにもならない
ということを、ちっとも分かっていない彼の愚かさが
悲しくて泣ける(妊婦は情緒不安定になりがちだしね…)

そんなわけで、怒りが沸点に達したので
結婚式の出席返事は
私だけの名前で出しておいた。

予定日の1週間後の結婚式だけど
オレは出てやるよ!!
ってか、オマエの身体が空いてるんだから
産後の妻を慮ってオマエが代わりに出ろよ!!
と思うけど、今は会話もしたくない。
あー、イライラするわ

しかしながら、
ダンナとケンカ別れの電話した直後、
お腹のベイビーがポコポコ叩いてたから
ごめんね、ごめんね、大丈夫だよー
と何度もお腹を撫でた…

産まれて来る前からパパとママが仲良しじゃなかったら
かわいそうだよね

板挟みチックなママ牛だけど
絶対に大事なベイビーは無事にこの世に
産み落とすからね

丑だって会社くらいサボるさ 

August 03 [Mon], 2009, 16:08
今日は、そんなつもりなかったけど、
と言ったらウソになるけど

病院に行くのに、半休くらいとろうかな
と思っていたけど
結局1日休んでしまった丑太郎。

学生の皆さんは夏休みですが
社会人の皆さんはお仕事中なので
お昼のテレビ番組見られたり
お昼寝したりできるのは
非常に、非常にいい気分。
しかも家人が旅行で
丑以外の丑が家にいないというベストな状態!!

明日には会社でお仕事が待ってるから
今日は、今日を満喫したおしてやろうと
ダラダラして
大声で歌って
嗚呼、幸せ。


昨夜は彼氏様のおうちにお泊まりし
狭いベッドで壁にはりつくようにして
寝ていたため
ちっとも疲れが取れなかった。

まだ、段ボールを床に敷いて
そこに寝た方が
オレのような寝相悪い丑には
楽なんじゃないかな、と思う。

一緒に誰かと暮らす気はあるのか??
とか、
私でいいのか??とか
私のどこまでだったら我慢してくれるのか??
とか、
これからのことについて、
知りたいことは山のようにある。

けれど、何一つ
そんな具合のことは聞けなかったな、
いつも通り…

お年ごろなので
自分の将来について
いやでも考えちゃう。

彼氏様よ、
いつまでも放っておいたら
丑の気持ちが変わっちゃうかもしれないよ!!



さ、これから病院行ってこよー。

雨の日と日曜日は 

May 31 [Sun], 2009, 15:05
更新する気ゼロでしょ?!
と、自分でも思う丑は僕です。

さっきまで作成していた文書が
丑のミスタッチで消えた、一瞬にして…
やっぱ太ってると
要らないキーまで押しちゃってダメね。

外は雨ですよ、奥さん。
さっきまで大丈夫だったから
これからお買い物にと思ってたのに
けっきょくおうちに
閉じ込められてしまったぜ。


今日、入院中の父を見舞った。
実は昨日も見舞ったのだが。

窓の外をぼんやり眺めながら
ふたりで徒然なるままにおしゃべり。
すると
「彼氏とは付き合ってどのくらいに??」と
普段はあまり触れることのない領域に
父が話題をむけた。

一度家に遊びに来てもらいなよ、
と言われました。

なんかさ、
結婚がどうとか
きっとそういうこではなく、
もちろん年頃を過ぎた娘なので
そういうことも
気になるのかもしれないけど

「気軽に遊びに来てもらいなよ」
って、あの父の口から
出てきた言葉だと思うと驚いた。

驚いたけど、嬉しくもあった。
でも、彼氏様に会って
気に入ってもらえるかどうかは
別問題かな(笑)

父も私も年をとったってことだね。

不快感は募る 

February 25 [Wed], 2009, 0:48
最近、彼氏様とギクシャクしている。
原因はこちらにあるんですが・・・
でも、そんなに怒ること?!って思ってる。
そもそも、そのように私が軽く考えていることに
あちら様はご立腹なのでしょうけどね。
念のため断っておくと
浮気などでは、断じてない。

しかしながら私だって
居留守使われたり、電話シカトなどされたら
気分悪いっつーの。
あの時はマジでムカって来たもんね。
わざわざ家まで行ったにも関わらず。
1時間も家の前で待ってたにも関わらず・・・

けど
「オマエ居留守使っただろ?!」
などとは、死んでも言わないように気をつけよう、
と心に誓った30の如月・・・

以前、ギクシャクして本当に不安になった時に比べると
今回は「またか?!」ってな感じで、
不快感はあれど、さほど思い悩まずに済んでいる。

人間って慣れる生き物なのね、学習しないけど・・・

よくよく考えれば、彼氏様には私しかいない訳で
私というちっぽけな丑が彼氏様に与える影響は
思いの外に大きいってことが分かった。
そして彼氏様の怒りポイントと
怒った際の行動パターンも何となく見えてきた。
あやつは延々と根に持つタイプなので
何かの折に触れては、この話を後々もされるんでしょうな、
面倒くせえ。

あんまり反省してないけど
不快な思いさせてゴメンナサイ。
こちらも結構不快な思いしましたが。
だからいい加減、電話くらい出ろって感じ。



友人に手紙を書いている。
1ヶ月に1通くらいのペースだけど。

なるべく暗い話にならないように
これでも一応、気を付けて書いている。
彼女の今現在の状態がまったく把握できないが
丑語が少しでも届くといいな。
手紙が彼女の心を持ち上げる役に
僅かでも立っていれば、
もっとハイペースでお便りするけど
反応が無いことには、どうしようもない。
果たして彼女は、あの手紙を読めたかどうかも
分からない。

本当に返してくれ、私の大切な友人を。

徒然なるままに増量 

January 12 [Mon], 2009, 0:00
気付いたら2008年が終わっていて
ドタバタしているうちに30歳になっていた・・・

ここ数週間は、色んなことがあった。

とてもステキな状況で
彼氏様からクリスマスプレゼントをいただいた。
涙が出た。
丑は彼氏様の分を用意していなかったのに・・・
(丑も悪いが、実は抜け駆けしたのはヤツの方であることを
述べさせていただく、念のため。
一緒にプレゼント選ぼうって言ってたのに、ブツブツ・・・)


そして、嫌な予感が的中して、いや的中以上の結果になり
大切な大切な友人が心を壊した。
本当に彼女の笑顔を返してくれ!!と思う。

ただ、普通に30歳の女の子らしく
仕事を頑張って、好きな人と会って、
女同士で美味しいものをいただいて・・・
っていう普通の毎日を望むだけなのに
何がいけないんだろう??

そして彼女にとって何の力にもなれなかった自分の非力さ。
自分が彼女を大切と思う気持ちは
結局一方通行でしかなかったんだなぁ・・・


彼氏様とのことを、迷った挙げ句に親に伝えた。
だから何が変わるわけじゃないけど、
いつまでも男の1人もいないで、どーすんだコイツ?!
っていう不安からは解消されたかな(笑)
外出するのも、気兼ねなくなったし言って良かった。

そして、年が明けた。
久々のおせち料理に初詣。
家族と過ごす、心が緩むような時間。
去年は旅の途にあって
全然違ったからなぁ。
やはり日本で向かえるお正月はいい。

ところが・・・
彼氏様とラブな時間を過ごした帰り道、
駅の階段で10段以上のダイブをするという
幸先の良い09年。
死ぬかと思ったよ、マジで。
浮かれてるから足元すくわれたんですね、
ごめんなさい、ゴメンナサイ。
本当に怪我がなかったのが不思議なくらい
地に足が着かないうちに滑り落ちてた。
転落人生ってこんな感じかね・・・


そしてやってきた誕生日で
またしても彼氏様からプレゼントをいただきました。
本当にもったいのうございます。
もっと若い頃って、30歳は
既に子供が2人くらいいるのかと思ってたけど
子供どころか結婚もまだですよ、ダンナ!!

なんとか誰かとゴールインして
可愛い子牛を産まないことには
オイラはまた生き方の方向転換をしなきゃいけないから
今年はまともな考えでいられますように・・・

暴飲暴食が祟り、ただいま増量中。
霜降りでーす。



言わなくてもいいこと 

November 23 [Sun], 2008, 18:08
恋人とは嘘の無い関係がいいな
と思う牛。

でも
言わなくてもいいこともある。

だから
ウッカリなんでも口にしないように
気をつけましょうね。

たとえば牛の昔の恋の話とか。
笑えない結末で終わった
あんなことや、こんなこと。

本当は彼の昔の恋の話も聞きたいけれど
聞いちゃあいけないような気もするし。
でも、どんな人と付き合ってきたのか、
たまに気になるんだよね。

元々友達でいた時間が長いから
牛の恋愛の話はたくさん聞かせちゃったけど、
牛の心が浮ついて終わった話とか
本当に人様にお話できないようなことは
たぶんお伝えしてこなかったはず・・・

恋人に限らず
どんなに仲の良いお友達にも
これを言っちゃあ軽蔑されちゃうかなぁ、
って話もいくつもあって(いくつもかよ?!)

まぁ、別に人に言いふらすことでもないけれど、
迷ってる時は誰かに聞いてもらいたくなることも
あるじゃない。
それが出来ないのって苦しいなぁって
感じてたのを思い出す。

だから、人に話すことが出来る恋をするのが
一番なのです。


記念日 

November 16 [Sun], 2008, 17:12
待ちに待った甥っ子が誕生した。
まだ顔を見られていないが
絶対に可愛い子であることは
間違いない。

新しい命が誕生するって
素晴らしいことだと改めて思う。

牛も早く仔牛を産みたいわ。
このまま年を重ねてると
いざベイビーをって思っても
出来にくかったりしそうだし・・・

その前にキレイなお嫁さんになるっていう
密かな目標を早く達成しなくちゃね。

悩む暇なんてない 

November 09 [Sun], 2008, 10:22
昨日、恋人と鍋を囲んだ。
のんびり日本シリーズ見たりして
幸せを噛み締めちゃったりね。

もう捨てられる覚悟でいたのだが
先日、連休中に1ヶ月ぶりくらいに会うことができ、
恋人にも寂しい思いをさせていたことを知った。

お酒が入っているとはいえ
いい年して居酒屋とかでべーべー泣くのもどうかと思うが
牛の不安はそりゃあ底が深かったから
ようやく安心感を手にしたら
涙が出てきちゃったんだよね、あの日。

本当につくづく弱い自分で、
その弱さを周囲に撒き散らす迷惑な牛だぜ、オレって。

しかしながら
最近よくよく思うのは
若い時間は短い。
であるならば
迷っている時間は勿体無い
ってことだ。

悩んで結論を導き出すことも
もちろん大切。
でも、非生産的な迷宮のような妄想に捕らわれて
一人でうだうだ悩んでいても仕方ないのですよ。
特に私のような妄想牛には。
しかも、もう若くないし・・・


後悔のないように
いま、この手の中にあるものを
大切にしながら生きたい牛。




独り言☆再開 

November 01 [Sat], 2008, 8:37
いよいよ30にも手が届こうかという年になっても
心の平穏は得られない駄目人間。
前向きに生きないと幸せがつかめないなんて人は言うが
呪文のように心の中で「前向きに、前向きに」なんて言い聞かせても
思考はどんどん低い方へと沈んでいく。

恋人はもう、私のことを見ていないと思うと
悲しくて悲しくて泣きそうだ。

お終い 

July 07 [Sat], 2007, 1:01
もう要らないって言われた。
あーあ、やっぱね。

せっかく国際電話を格安でかけられるカードを
道端の怪しいオヤジから買ったばかりだったのに・・・

もういい。
兄弟牛にでも電話してやるっ
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:木孔 牛太郎
  • アイコン画像 誕生日:1979年
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽
    ・語学-かじっては投げ。3ヶ国語目に挑戦
    ・読書-心のオアシス。
読者になる
2011年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる