江島とつゆり

August 20 [Sat], 2016, 18:25
介護施設は清潔感が大切ですが、そこで働く介護士も、病気の患者と接する機会が多いため、髪形にも気を付けた方が良いでしょう。患者からどう見えているのかを考えながら、清潔感を第一にすることが良いと思います。
とはいえ、職場の環境や方針次第では、介護士の髪形に対するルールが違うことを忘れないでください。
介護士さんとお医者さん。
大きく異なっている点があります。分かりやすい違いは、医師がすべきことは患者さんの診察を行い、そしてそれに沿って治療を行うということや、健康を維持するためのアドバイスをしたり必要なお薬を処方するといったことが仕事の内容です。
そして介護士については、お医者さんに従い、医師が診療を行う際に、その補助をすることや介護面はもちろん、精神面でも患者さんをサポートしていく仕事です。



日夜、介護士として厳しい仕事を続けていると、大変な目にあったりもします。そしてつい、楽な病棟はないか、などということを真面目に考え出すようなことだってあってもおかしくないです。


なかなか言い切るのは難しいのですが、比較的のんびりできる病棟として知られているのは、辛い残業がほとんどない、という点で眼科、精神科、皮膚科や整形外科あたりのようです。とはいえ、どんな介護施設なのか、どんな症状の患者さんが多くいるのかなどによっても、仕事の内容は全く変わってきます。皆さん想像がつくと思いますが、介護士は大半が女性なので一度、結婚や出産の時に退職するという人も多く、離職率が高めの仕事であると言えます。さらに、勤務時間が一定でないこと、過酷な労働環境だということも相まって、結果的に離婚してしまう方も多いようです。お金に関しては一人でも子育てに困らないくらいの給与があるということも離婚してしまう人が増える一つの原因になっているかもしれません。


24時間切れ目なく続く仕事に携わる場合、交代勤務、世間で「シフト勤務」と呼ばれる勤務形態の代表的な仕事として、介護士を挙げることが出来ます。

外来の介護士であれば日勤のみということもありますが、多くの介護施設では、病棟の方に人材を割くのでまだ経験が浅ければ、必然的にシフト勤務になると思います。実際に、私の妻もまだ子供が小さかった時に介護士としてシフトに入っていたために、彼女が夜勤の時は、子供が寂しがってすんなりと寝てくれなかったので大変でした。このご時世、「介護士は比較的お給料がいい」というイメージを持たれている方も多いことでしょう。


しかし、よく見てみると、夜勤手当があることによって稼ぎが多くなるという現実があります。
あなたがもしも、介護士としてより多く稼ぎたければ、勤務時間帯を重視し、日勤だけのところを避け、夜勤で働けるところにしましょう。夜勤で勤務できるかどうかで給料の差は大きくなります。

交代制で夜勤もこなさないといけない介護士の仕事は、時間が不規則になります。働いた分の休みはちゃんとありますが、不規則さを辛く感じる向きは多いようで、結婚したり子供ができたことで、きっぱりと辞めていく人も大変多いようです。



結婚はともかく、出産を経て子育てスタート、となった時、いつでも託児を引き受けてくれる場所がないとほぼ、夜勤に出るのは無理でしょう。しかしながら近年、子供が充分に育ったことによりまた介護士となって復職を果たすという、そういった人がじりじりと増えていっているようです。
交代制で病棟勤務をしていると、土日も何もあったものではありませんが、土日祝日の休みをとることもできます。病棟勤務のままだとそれは難しいですが、外来勤務に変えてしまえば、基本的に土日は休みになります。


予定にない急な出勤や、土日の休日診療に当番として出ることはありますが、それでも、土日はかなり休める印象です。あと、入院施設のない個人経営のクリニックとかだと、そういうところでは大体は土日祝日は休みをとれるでしょう。
資格の面からみると介護士の資格というものの最大の利点は、なんといってもたとえブランクがあったとしても、再び介護士として働くことが比較的容易だということです。これはなぜかというと、介護士が専門職であることに加え、人が足りていないことが深く関与しています。



「転職先や雇用形態にこだわっていない」という方の場合、条件に合えばすでに50代になっていても再び働くことができます。
知人が介護士として働いていたのですが、大病を患ってしまって退職したそうです。でも、病気を治したら早めに復職して介護施設で介護士として今も元気に働いています。多少のブランクでも、資格を取得しておけば比較的簡単に職に復帰できるんですよね。私も時間のあるうちに就職に有利な資格を取っておけば良かったと後悔しています。


いま日本においては、インドネシア、フィリピン、及びベトナムとの間で締結されたEPA(経済連携協定)に基づき、外国人介護士候補生の受け入れを行っています。とは言っても、日本語で出題される介護士の国家試験にもし、3年以内に受からなかった場合、帰国しなければならないと決まっています。

就労と日本語の勉強と同時に、国家試験のための勉強を行う必要があり、かなり過酷な条件であると言えるでしょう。初めて介護士として働こうと思っても、就職先が決まらず困っている話を聞きますが、ご自身の年齢に原因があるのかもしれません。


実際の求人には年齢についての制限を記載している求人はほとんどありませんが、事情によっては介護施設側が独自に採用に関する制限を設定していることもあります。中でも、30歳以上で未経験の場合、厳しいケースが多いです。


一般的に、介護士の休みは、本人が働いている介護機関で異なっていますから、一概には言えません。

3交代勤務の場合、シフトを組んで働きますので、土日祝日は出勤で平日が休みになったりするようなことも普通です。むしろ、ご自身のスケジュールに合わせてシフトを組むことも可能ですので、その点をうまく利用して充実した休日にする人もいます。

学校は看護学校を卒業しました。

そして介護施設勤めが始まったのですが、いろいろとあって辞めることになりました。辞める時には、もういっそ、介護士を辞めてしまおうか、などと悩みました。

ですが、ハードな仕事ではあるものの、やっぱり自分には、介護士という仕事しかないだろうと考えて、どうしても転職したい、と強く思ったのです。



決心してから「さあ履歴書を書かなくては」という時に「どう書こう」と、とても困ってしまいました。ネットに頼ったり、本を買ってきて参考にしたりして思いつく限りの工夫を凝らして書き上げましたけれど、もういい大人なのだから、何か起こった時はなんでも自分自身で決定し、責任をもってやっていかなきゃ、ということがつくづく実感したものでした。食い逸れる心配の少ない人気職、介護士を目指すには、そのための学校、看護専門学校や短大、大学といった機関で勉強し、その上で国家試験を受け、合格してやっと介護士になれます。国家試験については、受けた人の9割が毎年合格を果たしていまして、在学中きちんと勉学に勤しんでいた学生にとっては、そう難度の高いものではないということです。介護士の養成を目的とした、専門の教育機関は複数あります。


看護学校、短大、大学や学部などですが、今日では、幅広く勉強できて、関連資格の取得もしやすい看護の4年制大学に進学する人が、多くなってきているようです。少し長く介護士をしてきておりますが、気付いたことは、介護士はどうやら喫煙をする人、アルコールに強い人が多いようなのです。



さすがに禁煙、分煙のお店も増えてくるなど、世間的にはタバコのイメージが悪くなっていることもあり、ヘビースモーカーの介護士も減ってはいますが、他業種と比べれば、まだかなり喫煙率は高いようです。そしてまた、皆が集まるお酒の席などで見られる、介護士たちの飲み方、酔い方はまあ、お察しの通りです。



ちなみに酒豪が多いです。
そうした姿も、日頃ため込んだストレスとせいでしょうから、たまの機会だし、発散しきれるものなら、そうした方がいいのかも、とも思うのでした。どういった介護機関で働いているかで多少違ってきますが、介護士は、多くの女性が就く他の仕事と比べてみると、随分と高給です。人命にかかわる緊張感のある仕事だということや、夜勤や残業が多く、それに対する手当をきっちりもらえるから、ということです。夜勤を通常より多く入れている人ですとか仕事の虫で、残業も苦にならない等々、そんな介護士なら確実に給料は、仕事をした分だけ、他の人よりもずっと高いです。
すっかり少子高齢化が進んで、怪我や病気のリスクが高まる高齢者の数が増えています。

これにより、介護機関を利用する人も増え、介護士の仕事も大変になるばかりです。

労働環境は、決して整っているとは言えず、長時間の残業と夜勤を続けたため、過労死という痛ましい結果になった介護士もいます。
夜勤のない職場に移ったとしても、自宅療養の患者のための訪問介護の仕事があったりして、そこでも高齢者人数の増加によって、現場は常に人手不足で、介護士の需要は高いままであり、介護士は気が休まる暇もなく、業務に追われ続けています。

日夜、仕事に打ち込む介護士の給料は、他業種と比べると高めですが、職場の規模の大小、公立か個人介護施設かなどによって、全く異なってくるようです。

介護士が退職時にもらえる手当、つまり退職金ですが、都道府県や市町村などによる公立介護施設や、あるいは国立の介護施設なら、公務員や準公務員の扱いになることもあって、勤続年数などから計算され、働いた分に見合った額を受け取れるはずです。
他方で個人介護施設の状況を見てみますと、介護施設によっては退職金の取り決めさえない場合がありますので、介護施設のトップである、院長先生の判断に左右されるようです。

公立介護施設なら、決まりに沿った額の退職金をもらうことができますが、他はそうとは限らないということが言えます。

かなりのハードワークとして認識されている仕事ではありますが、だからといって介護士の寿命が他と比べて格段に短い、などということはありません。ですが、交代制で夜勤があるなどで不規則な生活で、寝不足や疲労から体調を悪くしたり、ストレスを溜めたりすることは多いようです。さて、介護士として長く働き続けると、ずっと介護現場にいることもあって、何かと詳しくなってきますから、患者の身体の状態が、ある程度わかることもでてきますし、自分の心身の健康についても異常を察知したり、勘が働いたりするようになる人もいます。

介護施設で介護士として働くために資格取得は絶対条件ですが、その難易度はどのくらいのレベルになるのでしょうか。
調べてみると、介護士国家試験の合格率は90%前後となっています。内容も学校の授業を普通に勉強していた人だったらそんなに難しい試験ではありませんので、特別に厳しい資格ということも無いようですね。
介護施設で介護士としてフルで働く場合、夜勤で働くことからは逃れられないといっても過言ではなく、子育てをしながら働く介護士にしてみるととても難しい問題となっています。子供が小学校に入るまでならば24時間いつでも預かってくれるような保育所を探したり、介護施設に託児室があればそこを使うという手段もあるのですが、小学生以降は、夜間面倒を見てくれる場所というのがほとんどないというのが今の現状なのです。
ですので、やむを得ずパートで勤務を続けるという介護士の方も少なからずいます。

不安を抱えた患者が安心して治療を受けられるよう、介護士は服装や外見を意識しておくことが重要です。女性の介護士の場合、けばけばしいような派手なメイクは厳禁ですから、TPOに合わせたナチュラルメイクにしておくのが一番良いでしょう。
スッピンとはまた違って、雰囲気がまた違ったものになるでしょう。転職の際には、ご多分に漏れず介護士の場合も履歴書が必須となりますが、気を付けるべきことが存在します。



何に気を付けるべきかと言いますと、履歴書の項目の中でも特に大事な志望した動機について、どのように表記するかということになります。
志望動機としてどういうものが適するかというと、雇用条件または労働環境がいいということを挙げるのではなくて、技術や知識を学べるといった理由や今までやってきたことを活かすことが出来そうだというような理由など意欲溢れる動機がベターでしょう。
将来、介護士として働くための教育を受けられる機関として一般的に看護大学または看護専門学校という、二つの機関があります。
授業の内容などはそこまで変わらないのですが生じる違いとしては、大卒ではキャリアアップにつなげやすいという点と、専門学校に行った場合より、少し高い給料をもらえることが多いです。

そして、看護専門学校の場合のメリットは、大学よりも安い学費で済み、カリキュラムとして実習がメインであるので、実際働くことになった時、即戦力として力になれることでしょう。労働者一般の収入と、介護士のそれとを比べてみたら、少なくとも平均年収においてははっきりと、介護士の方が額は大きいのです。


それから、介護士という仕事は介護機関を中心に需要はいつでもある訳ですから、社会情勢とは無関係に、安定した収入額が得られる見込みがあるなどの専門職らしい長所もあるのでした。ただ、良い面ばかりではありません。


高給取りなのは間違いありませんが、ただ働きであるサービス残業が蔓延している等、介護士を取り巻く仕事環境は、あまり良いものとは言えないようです。
介護士になろうと思っていました。でも、家庭の都合から、企業に就職して会社勤めをしていました。

ですが、OLをしている間も介護士になりたいという思いが消える事がありませんでした。


資格を持たないまま看護関係の仕事に転職するということも考えましたが、やはり介護士の資格が欲しいと悩んでいたところ、現場で看護助手として働くと同時に介護士の資格を取ることが出来る方法がある事が分かりました。



子供のころからの夢を叶えるために、頑張りたいと思います。外科勤務の介護士の、考えられる良い側面と良くない側面を知っておきましょう。

手術を目前に控えているような患者や手術直後の患者のケアを経験できるので、介護士としての技術が学べることです。

マイナス面としては、対応しなければならない患者が短期間のうちに変わっていくので、長期間じっくりと患者の看護を実践するのが難しいことです。
ほとんどの介護施設では、介護士長の主な仕事内容は、各病棟のとりまとめや、介護士たちを指導教育したり、上司にあたる看護部長をサポートするなどが主な仕事で、一般企業においては課長の役職相応でしょう。課長職の年収とはいえ企業によって違うように、勤める介護施設の規模が、介護士の年収の差異に影響しています。他にも、公立介護施設と民間介護施設の差や、都会や田舎といった地域差も年収に影響しており、例えば、公立介護施設の場合、750万円位だと想定されます。出戻り、つまり一度職場をやめてからまた同じ職場に戻ってくることですが、介護士のこれは多いです。

ただ、それ程スムーズに、出戻ってこれるのかどうかはどんな辞め方をしたかによって決まりそうです。

例として、結婚や引っ越しで辞職したり、出産を機に辞めた、といったような場合だと、元の職場に出戻ってくるのも簡単です。こうした形で復職する介護士は、確実に増えています。



様々な事情により夜勤はできないとして、昼間だけのパート介護士として出戻り就職をする人も少なくありません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Makoto
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ki0ooc6entenen/index1_0.rdf