奇妙な夢。 

February 06 [Sat], 2010, 4:13
うーん... ...。私は日記の最初のページ...どこから始めたらよいのか分からないください。
今日は忙しいと難しい一日だった。私は睡眠に行き、希望などを参照することができます、私は、最後に自分の排気を過ごし、半分の夜は、ラップトップを決めた。
たぶん夢のせい夢?それで、私が眠りに落ちるにしたくないですか?
夢はかなりの悪夢である。まるで、小さな物事を語っていない両親と一緒に袋に収集家から離れていた。ほとんどお金のポケットでは、唯一の片道切符。私はためらうこと電車の中で座っている。私は前に私が未知のを待っていると知っているがないに背を向けている。電車移動しました。しびれが突然下降を開催しました。私は、近所の人が私との急激なウィンドウに投げるruzhuに出しているのと同じコンパートメントに座って驚かされます。私は彼が何を見てから息を吸う。は、1つ下の大きな湖に見ることができる高い橋の上で列車の乗り物。を介して透明な水に滑らかな表面の巨大なユリの花の下部に表示されている。白とピンク。
私の目に涙を浮かべている。私は家に帰っされませんを実現している。歳の男性は近くの窓から頭を突き出して穏やかな声を私に頼んだ。彼は心配するとはまだ先の私ではないと述べた。として、もし私が何でも達成する可能性があると私は、将来的に信じている...
私のすべては、この夢を見て(はい、まだその現実を知らなかった!)、しかし、私の涙とファジー気持ちで目が覚めた。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Katia
読者になる
2010年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる