男コンプレックス

December 03 [Tue], 2013, 15:13
男コンプレックス




『若きウェルテルのコンプレックス』(わかきウェルテルのなやみ、ドイツ語: Die Leiden des jungen Werthers)は、1774年に刊行されたヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテによる書簡体小説。

青年ウェルテルが婚約者のいる身である女性シャルロッテに恋をし、叶わぬ思いに絶望して自殺するまでを描いている。

出版当時ヨーロッパ中でベストセラーとなり、ウェルテルを真似て自殺者が急増するなどの社会現象を巻き起こした。

現在も世界中で広く読まれている。
なおドイツ語の原題は、1774年の初版では "Die Leiden des jungen Werthers" であったが、1787年の改訂版では "Die Leiden des jungen Werther" となっており、現在でも両方の表記が見られる。

紹介・訳出されたのが明治時代であり舞台発音に準拠し「ウェルテル」と表記される。実際に話されているドイツ語による発音は「ヴェルター」「ヴェアター」がより近い。

分析心理学上フェティシズムがコンプレックスとほぼ同義であるため、フェティシズムの分野にもコンプレックスという用語が使われることもある。心理学用語ではなく俗語であるが、概念的には間違っているとは言い切れない。

この場合、正確には「あるフェティシズムから想起されるコンプレックス」のことを意味する。

男性の自然生殖能力は、閉経に伴い排卵しなくなるため自然生殖能力を失う女性と比べて大幅に長い。

80歳を超えての生殖も一応可能ではある。ただし、ヒトの男性の精子も加齢により劣化する。

中高年男性の精子は、若い性の精子に比較してDNAの損傷が激しく、女性を妊娠させる能力等が低下することが近年の研究で明らかになっている。

欧州での報告によると、被験者2,100人を対象とした研究で、45歳を超える男性の精子DNAの損傷は、それ以下の年齢グループに比較して有意に高く、30歳未満の男性との比較では2倍であった。

さらに、米国の研究においても、DNAの損傷と染色体異常は男性の年齢と共に増加し、遺伝子の突然変異による小人症(軟骨形成不全症)の発症率は、男性が1年歳をとるごとに2%ずつ増加することが報告されている。





プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:khvkfvssv
読者になる
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/khvkfvssv/index1_0.rdf