いましめ 

February 17 [Sun], 2008, 22:19
R−1の決勝にて
あべこうじが負けてなだぎが勝った事に凹んだワカです。
その前に
オーマイガット出水トゥギャ樹が準決勝敗退で
もっとでかい打撃を受けました。

トゥギャ樹・・・



もうクメール語の勉強
サボリすぎ!!
やばい!!!
ようやく文字の読みがバシバシ調子にのってたのに
ここでサボルとまた元通りになっちゃう!!

って毎日自分に説教してます。


ダイエットも
サボリすぎ!!
やばい!!!
実は12kgの減量に成功したときがあって
それから1年後また5kg太ったあたし!!
あほ!!

って毎日自分に説教してます。


今日の東京マラソン見てたら走りたくなったけど
ぜんそくだから5分も走れないため断念。

カンボジアの女の子達 

January 07 [Mon], 2008, 13:07
カンボジアの女の子って、本当に綺麗!
シェムリの屋台でご飯食べながら、よく周りの女の子達を観察して暇つぶししてる。

基本的にみんな細いし、スタイル良いし、こんがり小麦肌でエキゾチック。


私の観察した結果、
髪の色は、黒が80%、茶髪が20%くらいの人数。
ロングでさらさら黒髪(&色白)が美人の条件なんですが、最近の若い子は茶髪増えている様子。

髪型は、腰辺りまでのロング・ポニーテール・後ろでお団子が主流のようです。
彼女たちがこだわっているのはヘアゴム。
しかもレースやボワボワのボリュームある可愛いヘアゴム。

ファッションは、基本的にTシャツとジーンズが一般的な様子。
それでもスタイル良いからうらやましい。
Tシャツは、それほど派手だったりすごい柄入ってるのは見た事ない。
みんなシンプル。
ジーンズは、キラキラの花柄ラインが入っていたり、サブリナだったり、軽く色が入っていたりと様々。

そして若い子にはヒールが人気。
ヒールの高さは低ス。デコボコ道が多いから10cmくらい高かったら歩けないから?
ほとんどが3〜5cmの低さで、さらにブラックが多い。
そして帽子は、キャップが多ス。
でもオシャレなやつでは無く、野球帽みたいなのや日本におじさんが被ってそうなものです。
なので、日本から持っていったブランドのロゴやデザインが入ってるキャップは大人気。
被ってると触られまくった。



余談
胸が大きい子多い!
私の親友のカンボジア人の子は、細いのに胸あって、Tシャツ着てるとラインがヤバイ。
しかも美人で優しくてオシャレで料理上手くて家庭的な完璧娘。
カンボジアにいる時は、その子が私のファッションリーダー。
ロングでポニーテールしてキャップを被り、その髪を前に垂らす彼女は、一緒にどこ行っても男の子たちの視線を浴びてます。
私の中で彼女がカンボジア1の美女と勝手に任命しちゃいました。

あーー
暇人の極み。

おすすめの屋台料理 

December 19 [Wed], 2007, 21:20
滞在中は、大抵屋台で食事を取っています。
屋台のメリットは、安い&早い。
彼と毎回いろんな屋台行って、お気に入りの店を見つけたりしています。

1人の時はオールドマーケットの欧米人向けのオシャレなカフェに入っちゃうんですが。
ホットケーキが美味しい店があるんです。
特大だし安いし美味いので、彼が仕事で不在の時は、1人で行ってランチ代わりに食べてます。
そういう時はなぜか、たまに偶然ガイド姿の彼に出くわして見つかり、気まずい思いをするんですが(笑)
特大ホットケーキを食べる自分…恥ずかしい…


屋台の話に戻ります。
今日はおすすめの屋台料理を紹介しようと思います。



第5位 クイティウ(スープ麺)

米で作った麺のスープです。
ベトナムのフォーに似てますが違います。
朝食にぴったりのあっさり味。
肉は、鶏肉、豚肉、牛肉から選びます。
もやしとライチが一緒についてくるので、もやしは全部入れてライチもしっかり絞りましょう。
好みですが、私はその方が好きです。


第4位 バーイ サイッモアン(鶏肉ごはん)

その名の通り、ご飯の上に味付けされた鶏肉が乗ってます。
しかしこれが基本的な屋台料理。
鶏肉と豚肉、どちらか選べて、スープもついてます。
基本なので、普通に美味しいです。
肉の味付けも日本人好み。
ただ鶏肉は骨が結構多いので、私は取るのが面倒くさい。
腹に溜まります。


第3位 バンチャウ(卵焼きみたいなお好み焼きみたいなもの)

薄い卵焼きです。
でもバンチャウの味付け、最高に大好き。
少し濃い目で少ししょっぱめ。
ご飯が進みまくります。
バーイ サイッモアンもこのバンチャウも、生野菜がトッピングされます。
青いトマトやきゅうりなんですが、生が駄目&心配な人は食べないほうがいいかも?
私は毎回ボリボリ完食してしまってますが、弱い胃袋を持ってる人は手つけないほうがいいと思います。


第2位 バーイ チャー(カンボジア風チャーハン)

こんがり油の香りが食欲そそるチャーハン。
必ず牛肉か豚肉か、肉の種類を選びます。
私は牛肉派。絶対こっちの方がチャーハンに合う!
そして店によって多少味付けや野菜が変わるのですが、基本的に濃いです。
日本のチャーハンをちょっと濃くした感じ。
でもバーイチャーは私の大好物。
屋台入ると座る前にバーイ チャー サイッコー モイ!(牛肉チャーハン一つ!)って速攻頼んじゃうほど大好物。
屋台のテーブルには大抵とうがらしの絵が入った調味料のオレンジのボトルが置いてあるんですが
バーイ チャーにどばどばかけると現地人に近づけます。
カンボジア人達はありえんほど大量にかけてます。そんなに辛くないのでオススメ!


第1位 ヌンパン パテ(カンボジア風サンドイッチ)

フランスパンのサンドイッチです。
朝といったらこれ!ってくらい、私は毎朝ヌンパン食べてます。
これ食べなきゃ1日が始まらないってほど食べてます。
カリッカリのパンに、ひき肉やハム、きゅうりなどを自分で挟みます。
一番安いし、美味しい!
国道6号線沿いに有名なヌンパン屋あります。
ここで毎朝ぼ〜っとしながらモグモグする私がいます。
ここのおばちゃん一見こわもてですが、実は笑顔がめっちゃかわいくて優しいです。


番外編

・ボボー(具入りのお粥)

カンボジア風お粥です。
テンション低い朝や、早起きした時はこれを食べてお腹を労わっています。
お粥と言っても、日本のような病人に食べさせる味なし具なしのお粥ではありません。
豚肉やもやし、ねぎ、にんにくなど具は盛り沢山。
ヘルシーなので女性に是非。

・コーランプノン(焼肉)

ジンギスカンのような鉄板に貼り付けていく焼肉。
周りのだしに野菜を入れて、真ん中に肉乗っけていきます。
コーランプノンって、牛が山を登るっていう意味なんです。上手い。
いきつけの店ではかごに生野菜もりもり入れてあって、肉は既に焼いて持ってきてくれます。
店の女の子はTigerビールのボディコン着てます。



・・・とこんな感じです。

屋台では熱いお茶無料ですので安心して飲んでください。
あと、扇風機近くの席はどこの店も1番人気です。
どこかの店に入ると、大抵カンボジア人の友達がいたりするのでみんなで食べます。
で、また誰かが入ってくると同じテーブルに入れて、また誰か来ると同じテーブルに入れるので、大人数になることも多々。
フルーツジュースはどこも美味しいです。

カンボジアでダイエット!? 

December 12 [Wed], 2007, 12:17
カンボジアへ行くと必ずといっていいほど、私なぜか激痩せします。

食べ物にあたって下痢するからとかじゃありません。
カンボジアであたった事は1度もありません。
逆に日本にいる時よりも食べまくっています。
ご飯もおかずもフルーツもお菓子も。

長期でいると、痩せてる様子がかなりわかります!
痩せてるのかこけてるのか?って感じですが、
陽にも当たり、体力仕事もし、野性的に過ごしていると健康的に体重が減っている気がします。


なぜだろう?

@よく考えた結果、暑いからミネラルウォーターを1日かなりの量飲んでいるからじゃないかなと思いました。
普通に過ごしていても飲むし、
日本語学校で授業している時なんて飲みまくってます。
1時間授業を1日何回も繰り返すので、しゃべり続けていると喉カラッカラ。
休み時間ごとに校庭にある駄菓子屋で買って飲んでます。
そんな感じで1日4,5本な時も。
そして暑いので汗かいて、大量の水分が外に出て…で、また飲みまくる。
学校にいる時は尿意を催さないので、ほとんど汗で出ている様子。
便通も最高に良いです!!


おかげでGHの部屋は空のペットボトルの山ですよ。
立てて置いておくと、1回足が引っかかるとドミノのように倒れていきます(笑)
これをいちいち直す時が最低に嫌です。


Aさらに、ご飯は基本屋台でとっているんですが、
私は90%くらいバーイ チャー サイッコー(牛肉チャーハン)を頼んでいます。
バーイ チャーが1番向こうでは基本的だし、どこの店もあるし、安い。
毎日ほぼ3食バーイ チャーを食べ続けていたのに、なぜか痩せてました(笑)
もしやチャーハンダイエット!?と思ってましたが、よく考えたら
野菜たっぷりだし、量も適度だし、
それに他に間食してなかったからだと気づきました。
チャーハンダイエットなんてあるはず無いっす。アホっす。

というか、間食する時間なんて無い!ってくらい授業が忙しかったんです!
水もめっちゃ飲んでたので、そのおかげで常にお腹膨れてました。
駄菓子屋でお菓子買っても、かなりちっちゃいラムネとかでした。

そういえば彼とプノンクーレンにピクニックに行ったとき、
鶏の丸焼き1匹食べて、でかいヤシの実1個をジュースも飲んで中の白い部分も全て食べました。
それだけでは飽き足らず、彼のヤシの実の中身も食べ尽くすという大食いっぷり。
なのにやせ続けた私、ひきます。


何年も暮らしていたらかなりシェイプアップされる事確実!

まあ…日本に帰ってきて元の体重に戻りましたが…
でも3ヶ月後に再び移住するので、そのときまた痩せるだろうと淡い期待を持って、今はダイエット怠ってます(笑)ひどいです。
でも行くたびに遠距離の彼と会えるので、直前に大ダイエットをしてから行ってます。
彼に会うと思うと超必死な過酷ダイエットを成功させる自分もすごいな〜って自分を褒めてます。

交通事情 

December 03 [Mon], 2007, 18:28
交通状況には常に悩まされます。

シェムリアップの交通状況ですが、最近になって始めて信号が設置されました。
2007年秋の段階で市に2つ。
現在は増えたのかな?ちょっとわかりませんが

シェムリアップ川からすぐの国道6号線の交差点の信号。
私も彼を乗せてバイクを運転していた時、初カンボジアの信号を体験しました!
ちゃんとみんな信号待ちしてます。
道路の白線なんかもちろん無いので、ぐっちゃぐちゃに交差点前に溜まるのですが。
青になった瞬間に、マラソンのスタートみたいに一斉にとびだします。
それ、かなり危ない(笑)


・ウインカーも壊れてるバイク多し。
そのため、右折&左折の時は、後ろに乗ってる人が手信号をする役になります。
曲がる方向に腕を伸ばし、曲がるぞー!って顔で周りをきょろきょろします。
私はいつもその役なんですが、あのビュンビュン道路に手伸ばすのも結構怖いんですよ!!
伸ばした瞬間に他のバイクにあたりゃしないかドキドキですわ〜

・ミラーも基本的についていません。
バイクを買った時に格好悪いという理由でみんな取っちゃうんです。
日本で原付に乗ってる私は、慣れなくて大変。
目視しまくり。

・ヘルメットも被ってません。
でもプノンクーレンまで遠出した時に、彼にメットを被せられました。
別にいいんじゃない?って思ってましたが
向かう途中に納得。
クーレン山への道がほこりが半端ないんです!!
被ってたおかげで顔が真っ黒にならずに済みました
更に、向かう道に検問?(アンコールワットへの道の途中)があってそこでチケットを見せるんですが
メットを被ってるおかげ&彼の適当な説明によってクメール人扱いされ、無料で突破しました(笑)
その説明は「僕たちはアキ・ラー博物館の従業員なんだ」。
なんじゃそら!(笑)




そして、日本人って普段町歩いてるとじろじろ見られますよね。
でもバイクを運転して、さらにカンボジア人を後ろに乗せて走っていると全く見られません
たぶんそんな日本人あまりいないからかな?
来年移住する時は、中国系のカンボジア人だと言い張ろうと思ってます(笑)

学校の様子 

November 23 [Fri], 2007, 12:49

アキ・ラーさんの地雷博物館で出会った女の子。
これは移転する前の場所ですが、今はもう移転しちゃいました。
大きくはなったんですがシェムリから遠くなってしまって、残念です…

右下に写ってるのは対戦車地雷。
またそれもギャップがあって良い写真だと思うのは、撮った私だけ?



教師をしていた時の村の学校。
これはみんなが下校してる時です。
この小屋、校舎ではないですよ(笑)
駄菓子屋です。
校舎側から撮ったワンショット。
みんな自転車かバイク登校してます!
夜までの授業の時の下校は、真っ暗で大変。
みんな土手に落ちないでね〜っていつも心配してました。





そしてこれが、校舎。
3教室しかありません。
左側から、英語教室、英語教室、日本語教室です。
教室内にはファンがついてますが、滅多につけないので
暑い…暑い…暑い!!!
私が授業をしていると、ドアと窓から英語クラスの子がいつも覗きにきます。
いつもニコ〜〜って笑いながら。可愛すぎる。
屋上には自由に上がれます^^

ちょっと嬉しかった話 

November 19 [Mon], 2007, 2:45
日本はめっきり寒い。

バイク移動なので、この季節は本当にヤバイ。


ダサいウィンドブレーカー着込んで向かったバイト。
今日はそんなバイト先でちょっといい事がありました

Barのカウンターで働いてるんですが
今日は初めてのお客さんが一人ふらっと現れました。
サラリーマンで白髪のおじさん。
いつもはお客さんと話しながらお酒つくっているんだけど
少し強面だったので話すの怖いな〜って・・・

ちょっとオドオドしちゃったら
彼が笑顔で話し掛けてくれました。
その一言がすごく優しい声で、
私も嬉しくていっぱい話しました。
いつも以上に。他の客以上に。
話も合ったし、素敵なおじ様だし、面白いし、
私のしょうもない話でも爆笑してくれる。

第一印象は怖かったけど、
このギャップはなんなんだろうって考えちゃいました。
何だかまた来てくれる様子で、嬉しかった。


カウンターの仕事って、案外大変なんです。
お客さんと一対一でお話するって、結構シンドいんです。
いい人ばっかりでも無いし、エロ親父だっているし、
たくさん座ってたら話の切り替えが大変で。

実は先週、すごい強烈なオバ様がやってきました。
ど派手で、体格も大きくて、サングラスで、強そうな。
マスターは前からその人嫌ってて、声大きいし押し付けがましいって言ってました。
私は「別にそうは思わないけどな」って思ってカウンターで彼女とお話。
お話はすごく面白い。
昔のいろんな経験とか、本当にお話は面白いんです。
でも酔ってくると大変。

ド説教されちゃいました。
他の客と接してたら、ものすごい形相で怒鳴られて。
目の前に立たされて、なんと1時間も怒られました。
マスターも店員も助けてくれない…。
内容は、私と話しなさいってこと。
でも他の客もいるし、それは理不尽だった。
でも、こんなんしてたら客一生来ないわよって言われた。
涙が滲んできたけど、必死に流さなかった。
私のことならいいけど、店の事言われるのは耐えられなかった。
理不尽な理由だけど私のせいで、マスターもくどくど言われるの辛かった。
本当に本当に、理不尽なことなんだけどね。

結局最後は、
「あなたはいい子。誠実でいつも笑顔で。
 勝ち組になりなさい!いいね?」って言われました。
急にそんなこと言われてビビったけど、そのまま帰ってほっとした。
謎でした。
でも結構それから、その説教でコタエました。


辛いです。接客業って。難しいです。
人と関わりあうって本当に大変。
コンピュターみたいに単調じゃないし、人はみんながみんな一緒じゃないから。
でもたまに、初めに書いたようなお客さんもいらっしゃるので、
これがまたやめられない。
小さな幸せがあるから。

ボランティアとかする子って人との関わり大切にするから、
こういうカウンターでの仕事って合ってるかもしれませんね。

テレビで映る、学校 

November 05 [Mon], 2007, 16:02
前回のウルルン滞在記、またしてもカンボジアでしたね。
宇梶さんが、シェムリアップ・トンレサップ湖の水上に浮かぶ学校で先生をする、というものでした。

そのちょっと前は、武田真治さんが郊外の村で井戸掘りでしたが、
今回はトンレサップということでちょっと興奮…

なぜなら、私もトンレサップ湖の水上学校、昔行ったことがあるからです。
生徒達の登下校に時間があい、ボートで並行して遊んでました。

そして日本語教師時代に、水上では無いですが、陸の学校で教えていたときは
まさにテレビの通り。
初め自己紹介するときは、子どもたちの顔はかなーりこわばっているのですが
時が経つにすれ、大親友となれる。
宇梶さんの教え方、参考になりました。
地球の風船の授業いいな〜って

最後の、グランド作りすっごく楽しそうだった!
水上ならではですよね、みんなで湖に飛び込むなんて。
私もやりた〜いって思ってました。
一度前に飛び込んだ事があるんですが、茶色い水なので、お気に入りの白いTシャツに色が染みこんでいつまでも抜けなくなりました。注意。

そして子ども達のリレーも、可愛い!
バトンタッチでもたついてレースも止まってたけど、そんなんでも楽しいもの
いいないいな〜って見てました。

ウルルンでカンボジアをやる時は字幕と話しているクメール語を比較しちゃうんですが、
やっぱり今回も違ってました(笑)
まあ、編集ですし、クメール語がわかる日本人もそうそういないのでバレないってTBSは思ってそうですが…
でも、何とな〜く画面とは合ってるので大丈夫だと思います。
前回のウルルンの井戸掘りの時は、カンボジアのおじさんが沢山いて話しているとき、字幕では井戸の構造についてのセリフが出てるんですが、実際は「俺にも井戸見せろ!」「中が見たいんだよ!」とギャーギャー言ってたんです(笑)
そんな感じもまた面白いのでいいんですけどね

テレビで映る、井戸掘り 

October 21 [Sun], 2007, 22:29
日本では、カンボジアの番組結構多いです。

旅行番組や世界遺産番組でアンコールワットとか、
最近は特に、貧しい国の特集でもカンボジアの村がよく登場します。

「井戸を作ろう!」みたいな企画も多いです。
ウルルンでもやってましたし、今日放送していた「世界の子どもがSOS」でもやってましたね。


今日の番組では、ドロ水を生活用水にしているプノンペン郊外の村で、井戸を掘る企画でした。
日本の職人さんがカンボジアでも手に入る道具で、井戸掘りの技を伝授していました。
これってすごく大事な事。
ただ井戸を掘りに行く、だけではなくて、井戸を掘る技術を教える事はものすごく重要です。


村ではドロ水で洗濯や炊事、水浴びをしています。
この細菌が繁殖するドロ水を飲むと、赤ちゃんや子どもはもちろん、大人も病気になりやすくなります。
そのせいで、5歳までの子どもの死亡率は7人に1人と言われています。
綺麗な水は、山から地下に沢山流れてきています。
でも、井戸が無いので綺麗な水を手に入れることが出来ません。
井戸を掘る方法もわかりません。

そこで日本は効率的な井戸掘りの技を教育します。
手で掘るよりもまず、掘る道具の作り方を教えます。
その道具を使った掘り方を教えます。

何日もかけて、みんなで協力して掘り続けます。
やがて水脈にあたると、綺麗な水が溢れ出てきます。
それは透明で、冷たい水です。
これで、この村は綺麗な水を飲むことが出来ました。
これから先もずっと、綺麗な水でご飯を作れます。
子どもが死ぬ可能性も、ぐっと少なくなります。
そして教えられた井戸掘りの技術で、さらに他の村にも井戸を造れます。
少しずつ少しずつ、現状を変えていく事が出来るようになります。


これこそが、国際協力だと思います。
自国の技術を、他国に教える。
お金だけをあげて援助するのではなく、生活に役立つ伝統の技を教えていく。
何よりも正しい方法だと思います。
そして、ただ教えるだけじゃなく、新たな事をその国から教わる。
お互いの国の伝統を、教えあい、学びあい、助け合う。
井戸掘りを通して、こういう事を学んだ人が視聴者に少しでもいたら、それはすごく嬉しいことだなと、
テレビを見ながら思いました。

駄菓子屋 

October 19 [Fri], 2007, 22:56


日本語教師をしていた時、学校の隣にあったお菓子屋さん。
子ども達は毎日、休み時間になるとここでお菓子買ってずーーっと食べてます。笑
お菓子は一個200リエル。
日本円で20円。
スナック菓子からチョコからアメからパンから、子ども達の天国。
私も子ども達に混じって、いつもここに入り浸ってました。
営んでいる家族と仲良くなり、クメール語で井戸端会議するのが楽しい。
ここの赤ちゃんのお守りもさせられ、さらに店番もさせられてました。笑
店構えは違うけど、昭和の駄菓子屋さんみたいでした。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ワカ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1985年12月22日
  • アイコン画像 血液型:A型
読者になる
教師を目指しながら、
カンボジアに魅せられ、
2008年4月からシェムリアップに移住予定。
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
メールフォーム

TITLE


MESSAGE