ボランティアのススメ

December 31 [Sat], 2011, 15:00
今年、東日本大震災シンザン記念をきっかけに、何か出来ることをしようと思い、地域の学童でボランティアを始めました。
もともとはボランティアについて、公共の利益を目的に無報酬で奉仕する篤志活動のような崇高なイメージを持っていましたが、実際にやってみてイメージが一変とにかく学童の子どもたちがやさしい悪魔のように私を虜にしてしまい笑、今では、毎日の生活の中で一番楽しみな活動になりましたそしてようやくわかってきたのですが、ボランティアって、人のため社会の利益のため、といった目的的な活動というよりは、自分がやりたいことをやって、欲しいものを受け取る、活動それ自体が報酬としての価値をもつ行為なんですね。
つまり、決して無報酬で労力を提供するのではなく、活動によって報酬を受け取っている自覚があるから、私でも続いてしまうわけなんですまた、私の場合、お給料をもらって組織の枠組みで仕事をすると、枠にハマらないケースの支援に限界があるのに対して、ボランティアだったら、独創性を活かしてシステムの不備を無限に補っていけるので、子育て支援の可能性を切り開く意味でやりがいを感じています。
地域のボランティアセンターで相談すれば、希望の分野、これまでの経験、所持資格等に応じて、定期長期にボランティアを募集している施設を紹介してもらえるほか、単発のボランティアについては、必要が生じるごとに随時メールで連絡がもらえます。
私の元にも、イベント時の保育をして欲しい入院時に犬の散歩をして欲しい障害者の外出時にガイドをして欲しい等々、様々な要請がありますが、あまりにありすぎて、今はほとんどお断りしている状況です。
ですから、定期的に決まった活動をする余裕がない時でも、ボランティアに関心がおありの方は、ぜひ社会福祉協議会を訪ね、情報だけでも受け取れるよう、ボラセンに登録しておくことをおススメします。
きっと、気軽に出来て、ご自身の才能を活かせる活動に出会えると思いますよオンリーワンであることを、満喫できる面白さは、決して他には換えられないもの来年も、あふれる気持ちを大切に、ボランティアだからできることを、楽しく創り出していけたらと思っています。
みなさまも、よかったら、ぜひ一緒にやりましょう
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:khlkbfbml0
読者になる
2011年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/khlkbfbml0/index1_0.rdf