history

December 04 [Sun], 2011, 15:23
この恋が終わるまでは
君の悲しみを救いたいから
固まった背中も解けるほどの
特別な時間を贈り物として

笑って泣けるほどの
自叙伝などまだ綴れない
滲ませたペンの先に託した
未来図が辿り終えるまで

期待の大半は
不安の対象であるなら
逆手に取るような
想いを埋めればいい

一つの出逢いが
自分の色を変えながら
君のこともいずれ
解ってあげるように
この恋を楽しむのに
無理な心配は止められない
君は強がる演技をせずに
本来の姿見せて欲しいんだ


何を語らっても
意味を持たない言葉はない
少しくらい変われたかな
一歩引いた告白臆病な鼓動

二人の時代が
積まれるごとに彩って
愛が曇る心境が
ないことを祈りたい

一つの出逢いに
全てを掛けた僕がいて
君の腕をずっと
引いて行けるように

奇蹟の軌跡

December 04 [Sun], 2011, 15:23
これまで出逢えた人と愛しい以上に
関係を続けられて幸せに想う

今は孤独を着飾った僕であるけど
いつかの奇蹟のために笑顔は忘れない

make my happiness 心は旅人のような
make my happiness 強さが生まれていた
make my happiness 明日に怯えないと
胸を張って言い切れる

僕は最後の最後まで生き抜くから
誰の争いに見舞われたとしても
ココロの平和が訪れる時まで
自分の歴史を刻むとしよう


恥じらいを隠し切れず泣いてしまった
それは弱さじゃないと覚えたあの日

ヨロコビ・カナシミ達を感情にまとう
多くの意味が詰まった涙を持っていた

make me happiness 時代の流れを司った
make me happiness 風にも動じないほど
make me happiness 理想を貫ける自信を
抱いて次に進もう

古めかしくも奇蹟の軌跡はずっと
僕の成長を支えて来たから
声にならない物語は引き続き
自分の歴史を刻むのだろう


make my happiness 心は旅人のような
make my happiness 強さが生まれていた
make my happiness 明日に怯えないと
胸を張って言い切れる
make me happiness 時代の流れを司った
make me happiness 風にも動じないほど
make me happiness 理想を貫ける自信を
抱いて次に進もう


何の取り柄も型にはまらない
矛盾すら飼い慣らして
胸がうるさく焦り出しても
味方すらいないとしても

僕は最後の最後まで生き抜くから
誰の争いに見舞われたとしても
ココロの平和が訪れる時まで
自分の歴史を刻むとしよう

December 04 [Sun], 2011, 15:22
キレイなモノほど掴みたくて
キレイなモノほどさわれなくて
キレイな色ほど魅かれてって
憧れって言葉には近くて遠くて

そうある晴れた日でも
湿った日が明けた時も
容易に見れて遥か高くあるから
よく見えて遥か高くあるから
手を伸ばして

手伸ばして背伸びして
届く筈ない光の屈折
実体がない事実が
遠く見えた先と重なったから
半分憧れてもう半分は…………

キレイなモノほど掴みたくて
キレイなモノほどさわれなくて
キレイなモノほど魅かれてって
キレイなモノほど手を伸ばす

キレイな先ほど憧れて
キレイな道ほど走りたくて
キレイな明日ほど望みたくて
笑われたセリフさえ忘れて眺めた
さあ、次は何をするんだい?

幸せという光

December 04 [Sun], 2011, 15:21
苦しみにも負けない強さを
今あなたに届けたいんだ
幸せという光を

たくさんの痛みやたくさんの涙が
見えない場所で今流れてる
音も立てずに

幸せというものは
僕たちが普段当たり前に感じてる
ちっぽけなことなんだね


傷跡にも負けない強さを
今世界中に届けたいんだ
幸せという光を

人はなぜ傷つけ合うのだろう?
傷ができれば痛いと
わかってるはずなのに‥

幸せというものは分け合えるんだ
1人1人の優しさが今愛に変わっていく

幸せというものは
本当の不幸を知る事から
始まることなんだね

幸せというものは
僕たちが普段当たり前に感じてる
ちっぽけなことなんだね

約束

December 04 [Sun], 2011, 15:21
いつも過ごしてきた見慣れた景色は
巡る季節とともに変わっていくけれど
ひとつだけ変わらないのは
あの日信じた約束

刻まれる一秒と沈む夕日は
夢が形をなしてくシグナル
走り出せばいつかきっと
必ずきっと夢見た日々は現実になる

掴みたいだけど
夢の誓いはまだ幼くて
手の平でそっと包んでみる
諦めない
まだ思うように進めないけど
いつだって僕らの瞳は
未来の先を見つめているはずだから



走って転んで立ち上がって
手放しかけては掴み返す
願って信じて立ち向かって
スピードあげて止まらない
その日が明日になるまで

叶えたいだけど
夢の場所はまだ遠くて
かすみゆく地平線に手を伸ばす
迷わない
たとえ道の先が見えなくても
いつだって僕らの体は
未来の先を向いているはずだから
Profile
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:一ノ瀬崇哉
  • 誕生日:1989年7月22日
  • 血液型:B型
  • 現住所:広島県
  • 職業:会社員
読者になる
人は傷つく生き物
それは他の生き物も傷つくかもしれないけど人という生き物は傷つきやすい
それはこの先もっと実感するだろう……



だけどね、あなたを必要としている人は傷ついてしまっても優しく支えて傷を少しでも治したい
そんな想い…たくさん持ってる
身近にいたり遠く離れていても想い続けてる
Email form

TITLE


MESSAGE

New Comment
ボヘミアン
» 時の風〜風見鶏が鳴いたなら〜 (2010年11月26日)

» 思い (2008年06月08日)
じん
» 俺の存在理由 (2007年10月28日)
七瀬
» With you (2007年06月02日)
風見夕陽
» Please Come back to me (2007年05月27日)
コノ前の人
» 希望 (2006年10月20日)
コノ前の人
» 満ち足りたもの (2006年10月20日)
真琴
»  (2006年10月17日)

» 平和へのメッセージ (2006年07月03日)
yaplog!PR
2011年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31