水のある安心感

November 13 [Tue], 2012, 16:59
我が家にウォーターサーバーが来てからそろそろ1年。きっかけは東日本大震災でした。当時、私たちは関東圏に住んでいました。連日、原発事故報道があり、事故直後から「乳幼児には水道水を与えないように」というニュースが流れました。当時、息子はまだ生後半年。完全ミルクでしたで、水は毎日なくてはならないものでした。ニュースを見た後に、急いでスーパーに水を買いに行っても、どこも売り切れ。何軒もスーパーをハシゴして、やっと買えたのは500mlのミネラルウォーター1本でした。ただ、軟水ではなく硬水で、ミルクには適さないため、再度スーパーをハシゴ。その後も、親戚に水の確保をお願いし、地方から送って貰ったりもしました。このころは、水がない恐怖を身を以て感じました。息子に与えられる水がなかったらどうしたらいいのか、毎日、不安でした。
 そんな時、ママ友達がウォーターサーバーを使い始めたと聞きました。とても有益な情報でした。乳児を抱っこしながら、毎日、2lのペットボトルを持ち帰るのは、本当に大変だったのです。
ウォーターサーバーの口コミ
 ウォーターサーバーなら毎日水を買いに行かなくてよいので、水の確保に翻弄されることはありません。水は、定期的に家まで届けられ、その水は放射性物質の検査までしている。この3つの条件ですぐに申し込みました。
 実際に、我が家にウォーターサーバーが設置された時は、感動しました。冷蔵庫に冷やさなくてよく、お湯もすぐに出るのですから。今まで、ミルク作りは冷蔵水をポットで沸かすという作業が必要で時間も、電気代もかかりました。しかし、ウォーターサーバーなら、レバーを押すだけでお湯が出るのです。息子をお腹を空かせたまま、待たせなくてもよくなりました。そして、何より安全な水が手に入ったのは、安心です。
 あれから1年、息子にはミルクは要りませんが、お風呂あがりに自分で水を欲しいと、ウォーターサーバーの前でせがむようになりました。また、来客時にお茶やコーヒーをすぐ出せますし、水道水で淹れるより格段に美味しいので周囲に喜ばれています。
水は、人間にとって欠かせないものです。安全な水がいつもあるという安心感は、何物にも代えられないのでウォーターサーバーを選んでよかったと思っています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:khihdghdujj
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/khihdghdujj/index1_0.rdf