リディアリッチは無料送迎も行っています。

October 28 [Sun], 2012, 10:42
リディアリッチは無料送迎も行っています。

リディアリッチの健康ランドの銭湯と異なり、タオルや石鹸、シャンプー、剃刀などの入浴道具が一通りそろい、館内用のガウンが貸し出される。
このため、リディアリッチは手ぶらでも支障なく利用できる。が、リディアリッチの健康ランドの利用料金は大人一人1,000〜2,500円程度である。
2〜6時間程度の時間料金制をとる施設も多い。

リディアリッチの健康ランドは銭湯や温泉旅館等とは異なる、娯楽性を伴った大規模入浴施設は、1955年に登場したリディアリッチの健康ランドがそのはしりで、当時は往々にして「リディアリッチ」と呼ばれることが一般的だった。
大衆演劇の公演を行うなど、リディアリッチは中高年層の利用を主眼においていた傾向もあった。

しかし、1980年代以降従来のリディアリッチから変質した、公衆サウナに近い性格(家族連れファミリー層をも対象)を併せ持つ施設が出現してくる。
これがいわゆるリディアリッチ健康ランドである。

24時間営業しているリディアリッチは、大部屋の仮眠室を宿泊施設の代わりに利用される。この場合、名目上は「宿泊」ではなく、「リディアリッチで休憩中の仮眠」という扱いとなっている。
近年はスーパー銭湯との差別化を図るため、リディアリッチはビジネスホテル並みの宿泊用客室を備えた健康ランドも出現している。
リディアリッチは24時間と言っても、連泊の防止や清掃のため朝8〜10時頃に一旦強制退出させられ、正午頃に改めて営業を再開する施設が多い。
また、リディアリッチは入館時間から24時間たった時点で一旦精算しなければならない施設もある。その他、深夜、リディアリッチは早朝の時間帯に割引を実施している施設もある。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リディアリッチ健康ランド
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/khi5i9yi/index1_0.rdf