加藤だけど欽ちゃん

May 15 [Sun], 2016, 14:31
シロウト必見!クルマの乗り方をマスターしよう!

シロウトさんにとって、クルマの乗りパーソンって難しいですよね。
教習所で習ったとはいえ、いざ一人で公道に出ると、
圧力受けるパーソンは多いと思います。


そこでここでは、シロウトさんのためのクルマの乗り方を紹介したいと思います。
正しいのぼり方を知って、確実・安全に運転しましょう!


ポイントは、
◎急初め・急歯止めなどの急○○を避ける
◎ドライビングポジションを形づくる
◎暖好機走行をしよう


急発進しない・急歯止めしないは、教習所でも習いましたね。
急○○は燃費演技を引き下げることになりますから、急な初めや歯止めは避けましょう。
シロウトさんは、認可取立てなので、この辺は無事故ではないでしょうか?
教習所で習ったことを置き忘れる・・・ということは、少ないと思います。
もちろん、この先も唐突○○は避けて下さいね。
暖好機走行は、クルマのためにも良いことです。


ドライビングポジションは、人によって異なります。
走行受けるパーソンの中には、背丈が高い人類もいれば背丈が少ない人類もいます。
自分にあったドライビングポジションを見つけて、無事走行を心がけましょう。


ただ、無事走行を心がけすぎると、周囲のクルマのスパムになりますから、程々に・・・。

シロウトのためのクルマののぼりパーソンと手順について

クルマに乗り慣れたパーソンでしたら、車に乗るときの手順はご存知かと思います。
ただ、乗りパーソンは意外にもご存知無い方が多いのではないでしょうか?
長期運転しているほど、教習所で習った上がりパーソンは忘れているものです。
自分なりの癖もつきますから、
どうしてもふさわしいのぼりパーソンってできていない方が多いと言われています。
シロウトであればなおさらですね。


そこでここでは、シロウトに重点をおき、
シロウトのためのふさわしいクルマの乗りパーソンと手順を紹介したいと思います。
クルマに乗り慣れている方も、ぜひ参考にしてみて下さいね。


まず、近年のクルマはATクルマが増えているとのことですから、
ATクルマに重点をおき、紹介します。


■走行するまで
キー(足掛かり)を忘れないようにしましょう。
最近のクルマは足掛かりトラップが無いクルマが多いですから、うっかり足掛かりを忘れぎみ・・・。
足掛かりが解禁の状態で走るのは危険ですから、クルマに乗ったらまずキーの検討を。


次に”ドライビングポジション”を決めましょう。
要するに自分が運転し易いと憶える位置ですね。
部屋ミラーも重要です。
背後が見やすい位置に設定しなおしましょう。


■ヒールはご法度
車を運転するのに、ヒールは絶対にご法度!
これは人並み時の常識です。
ヒールを履きたいパーソンは、走行時間だけヒールの無い靴を。
車内に走行用の靴を置いておくと便利ですよ。


■クルマの走行手順
ATクルマはクラッチ規制ではありません。
チェンジレバーは、P:モータープール射程・R:リバーストレンジ・
N:ニュートラルレンジ・D:走行射程・2:セカンド射程・
1:ファースト射程/低級射程となります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Miyu
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kh6sba2aawlade/index1_0.rdf