看護師の再就職活動失敗例

April 30 [Wed], 2014, 7:14
看護師として勤務していた女性が仕事の忙しい中、交際していた恋人の子どもを妊娠しました。
結婚と出産が続くということで看護師の仕事を辞め、出産後は2年ほど育児に専念してから生活のこともあり、共働きを考えるようになります。

育児だけをしていてストレスが溜まってしまっていたということもあり、早く仕事をしたいというあせりの中で、もう一度看護師として働くことは決めていました。
しかしながらいざ再就職活動をするとなると、子どもを連れてでは動きを取りにくく大変だったのです。

ハローワークへ行くにも、ベビーカーで子どもを連れていかなければなりません。
旦那さんが休みであれば子どもを預けて就職活動をすることもできますが、それ以外の日には預ける人もいないため大変です。

また、再就職するためには子どもを託児所や保育園に預けなければならないのですが、保育園の空きがなかなかないために、託児所のある病院が再就職先として最低条件になりました。
託児所がある病院に限定して再就職先を探す選択しかないということは、なかなか大変です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nini
読者になる
2014年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kgt4jbn2/index1_0.rdf