ショッピング枠をすぐにお金にしましょう 

February 09 [Wed], 2011, 18:14
保険薬局(ほけんやっきょく)とは薬剤師が健康保険を使い調剤を行っていたり(保険調剤)、大衆薬の販売を行っている薬局のことである。現在の日本では、保険に関しては商法(第2編第10章)等に定められており、保険法という名の法律はなかったが、商法の規定に今日的見直しを行った保険法が2008年5月30日に成立、同年6月6日に公布された(平成20年法律第56号)。ただし「保険商品」であるため、死亡保険金額については最低保証が定められている。例えば、銀行を子会社とするものや保険会社を子会社とするものの場合は、前者は銀行法、後者は保険業法に基づいて内閣総理大臣の認可を受けなければならない。保険薬局と「薬局」の一種である薬局との大きな違いは、保険薬局が処方せんの受付(保険調剤)を行うことができるという点である。  (投資利益率)=100×(当期純利益)÷{(期首総資本+期末総資本)÷2} で計算される。国民経済計算では、国全体の貯蓄が定義され、国民可処分所得で割った国民貯蓄率があるが、通常貯蓄率といった場合には、家計貯蓄率を指すことが多い。投資信託などの仕組みを取り入れた保険ともいえる。 金融商品取引法(きんゆうしょうひんとりひきほう(改正法の施行までは証券取引法(しょうけんとりひきほう));昭和23年4月13日法律第25号)とは、「国民経済の適切な運営及び投資者の保護に資するため、有価証券の発行及び売買その他の取引を公正ならしめ、且つ、有価証券の流通を円滑ならしめることを目的」(第1条)として定められた法律。題名=預金保険法 通称= 番号=昭和46年4月1日法律第34号 効力=現行法 種類=法律 内容=預金保護のための預金保険について 関連=銀行法など 預金保険法(よきんほけんほう)は、預金者等の保護及び破綻金融機関に係る資金決済の確保を図るため、金融機関が預金等の払戻しを停止した場合に必要な保険金等の支払と預金等債権の買取りを行うほか、金融機関の破綻の処理に関し、破綻金融機関に係る合併等に対する適切な資金援助、金融整理管財人による管理、破綻金融機関の業務承継及び金融危機に対応するための措置等の制度を確立し、もつて信用秩序の維持に資することを目的として制定された法律である。どのような形態の投資も、現在と将来の間におけるやり取りであることから、思い通りに増えるかどうか不確実であるので戦略が必要となる。ただし、預金者が身体障害 身体障害者など一部の条件を満たす個人の場合、少額貯蓄非課税制度(マル優)を利用することによって、元本350万円までの金利にかかる税(所得税・地方税)を、非課税にすることができる。仕訳においては、貸借対照表または損益計算書における終局的な位置(借方か貸方)にその勘定科目があれば、その勘定科目の増加を表し、反対側にあればその勘定科目が減少することを意味するというルールがある。預金通帳(よきんつうちょう)とは、金融機関が預金者に対して、預金者であることを示す証憑(しょうひょう)として、また預金の受入れ・払戻しの証拠書として交付する冊子をいう。この1946年の預金封鎖では第一封鎖預金と第二封鎖預金に分けられ、最終的に第二封鎖預金は切り捨てられる形となったが、2002年10月13日付けのYomiuri Weeklyでは新型決済性預金が預金封鎖の布石ではないかとの記事が掲載されるに至る。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kgoripon78
読者になる
2011年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる