LOUD PARK 07-1日目 

2007年10月25日(木) 15時53分
さいたまスーパーアリーナに入ってすぐ、グッズを買うために列に並ぶ。

去年はすぐに売りきれたらしいから、後でグッズを買うというのは不可能だろう。
グッズの列はあり得ないぐらい長く先が見れることはない。それは30………40………50分経っても。
1時間ぐらいしたところでグッズ売り場が見えてきた。

だが、グッズ売り場に着いたときはARCH ENEMYのTシャツは売り切れ………。今日は諦めて明日再び挑むしかない。
Blind GuardianとTHERION、LACUNA COIL、LOUD PARK 07オフィシャルTシャツ&リストバンドを買う。

次に荷物を預ける為にアリーナクローク置き場へ。
だが、そこでも荷物を預ける人の行列が………。そこで更に1時間が経ち、最初に見たいと思っていたTHERIONは終わっていた………。

仕方がないので昼食を食べることに。
とりあえず、早く済ませたかったからロッテリアでテリヤキを頼んで食い終わって、いよいよライブを見るために、座席のある2階席へ。当面はあまり知らないバンドだから1階のスタンドエリアには行かない。


まず、始めに最初から見れたバンドは『NILE』
エクストリーム・メタルって聞いてたから、ライブを見てみることにした。
実際にライブが始まると共に、バスドラムが空気を破裂させんほどの衝撃を放ち心臓を振るわせ、ギターが鼓膜を引き裂くほどの音を奏でる。
やはり、ライブはこうでないと!!生音はCDで聴くのとは明らかに迫力が、緊張感が、一体感が違う。
特に『NILE』のライブはゴリゴリのギターとドラム、吐き捨てるようなデス声のバリバリのデス・メタルだから一層それを感じることができる。
『NILE』は始めて聴くけど、ツーバスがすげぇ速い!!!中央の巨大スクリーンにアップで映るギターの人も凄いテクニカル。はっきり言って、カッコいい!始めて聴いたけど、気に入った。


次に『AS I LAY DYING』のライブがULTIMATE STAGEで始まった。テンションの上がるノリノリなメタル・コア、メロデスといった感じで、ヴォーカルがとにかくよく動く。ステージの端から端へ走り、ジャンプし、観客を煽り、観客もモッシュしたり人を持ち上げたりして1日目で1番テンションの高く危険で熱い観客だったのは間違いない!


再びBIG ROCK STAGEに戻り今度は『Nocturnal Rites』のライブだ。Shadowlandのアルバムを3年前に買ってからあまり聞いてなかったけど、そのShadowlandの曲も演奏してくれたので個人的には嬉しかった。パワー・メタルらしい力強く勢いのあるメロディで場を盛り上げていた。


次のライブは『MACHINE HEAD』だけど、グッズを買うときにBlind GuardianのCDを買って、先着50名のサイン会に参加できる整理券を手に入れたから、時間的に被るので『MACHINE HEAD』は見ずにビクターのレーベルブースへ行き、サイン会に参加した!Blind Guardian4人全員と握手しサインも貰い最高の気分!!緊張し過ぎて「Thank you very much」しか言えなかったけど………。


悔やみながらも『MACHINE HEAD』が終わるのを見計らって、すぐに1階に降りてスタンディング席前方のULTIMATE STAGEへ。10列目ぐらいの位置になり、Blind Guardianのライブに準備万端で挑みながら横のBIG ROCK STAGEで始まる『TRIVIUM』を斜めから見る。


『TRIVIUM』が終わってついに『Blind Guardian』が始まる。



『Blind Guardian』のライブが終わり、1日目のLOUD PARK 07は終わった………。

最後にあった『Heaven And Hell』は時間的に無理だったから見ずに帰ることになってしまったのが悔やまれる。

だが、これ程大きなフェスに行って、今までにないぐらいに、すごく盛り上がって楽しくて最高だった!

2日目も期待大!!!

Dark Passion Play 

2007年10月02日(火) 22時44分
85点
フィンランドのゴシック・メタル・バンド、NIGHTWISH(ナイトウィッシュ)の6thアルバム。


前作『Once』を最後にヴォーカルのターヤ・トゥルネンが脱退(解雇)され、その後アネット・オルツォン(ALYSON AVENUEというバンドにいて『Gransland』というロック・オペラで主役を務めている)を新ヴォーカルにして新体制で放つ最初のアルバムである。

ターヤのオペラを全面に押し出した高音域を得意とする歌声と比べると、アネットはオーソドックスな感じがするが、中〜高音域を力強く歌っていて今回のハード・ロック、メタルの色が強くなった曲に合っている。
今作のサウンドは、全体に漂う雰囲気としては4thアルバムの『Century Child』にある『End Of All Hope』のようなダークな雰囲気がある。
そして、今までのアルバムより大幅にオーケストラを取り入れ迫力がありメロディも一層磨きがかかっていながら、初期のアグレッシブさや勢いがあるアルバムになっている。


最初のThe Poet And The Pendulumは約14分といきなりの大作でありながら、今までのNIGHTWISHとの違いが明確に表されている曲で、ターヤでなくてもNIGHTWISHの曲として違和感がなく新たな展開もある素晴らしい曲であり今回のアルバムで一番のオススメ曲である。大作最高!!!

2曲目のBye Bye Beautifulは4thアルバム以降加わったベース&ヴォーカルのマルコが今まで以上にパワフルに歌っている。歌詞ではモロに解雇したターヤについて書かれている。ここまで書かれていると単に悲しみや怒りと言うより、憎しみと感じてしまう気がする………。

6曲目Evaではバラードもターヤとは違うアプローチで感情を表現して歌っている。
11曲目はインストゥルメンタルのLast Of The Wildsで、ロック、メタル感が今までのインストゥルメンタル曲より強く出ていることからも今回のアルバムが今までと違うことを表している。

アネットが新たに加わった今回はゴシック・メタルというより、パワー・メタルやシンフォニック・メタルのようなものを感じつつ、単にロックやメタルに捕らわれないバンド史上最高傑作の出来だろう。

Tides 

2007年09月28日(金) 17時21分
80点
フィンランドのメロディック・パワー・メタル・バンド、LEVERAGE(レヴェレイジ)の1stアルバム。


メタル大国フィンランドよりデビューした驚異の新人バンド。
新人とは思えないほどサウンドのクオリティが高く、1stアルバムとしては驚きの完成度になっている。
RAINBOWをベースにしながら、ただのRAINBOWのコピーバンドといった感じは全くなく、LEVERAGEとしてのオリジナリティを確立している。


1曲目のFifteen YearsはLEVERAGEのオリジナリティ溢れるメロディがあるパワーチューン。
2曲目のSuperstitionもヘヴィメタルらしいパワーとメロディの曲。
3曲目Horizonはミドルテンポで80年代のメタルな感じがする曲。
続くDreamworldはイントロからキーボードとギターが印象的で疾走感もあり、このアルバムのハイライトでLEVERAGEの個性を全面に押し出した曲である。プログレありスピードありでイントロのメロディがかなり頭に残ります!
6曲目のFollow Down That Riverはパワーチューンであり、ペッカ・ヘイノの力強いヴォーカルが聞ける。
次のStrangerはバラードで哀愁漂うメロディアスなナンバー。
SailsとMarching To War、Twilight SymphonyはLEVERAGEらしさのあるメロディと曲調のパワーチューンである。
10曲目のGoneはStrangerのようなミドルテンポナンバー。
ボーナストラックのWaterfallは疾走感溢れるメロディアスでパワーのあるスピードチューン。
Land Of Flamesは力強いメタルチューン。


1stにして、これ程のアルバムを作り出せるバンドは本当に数少ないだろう。
個人的には新人バンドで一番期待しているバンドである。

Rise of the TYRANT 

2007年09月20日(木) 19時24分
94点

スウェーデンのメロディック・デス・メタル・バンド、ARCH ENEMY(アーク・エネミー)の7thアルバム。

6thアルバムのときに脱退したアモット兄弟の弟クリストファー・アモットが、ついに約2年のときを経てARCH ENEMYに復活!!

もうそれだけで嬉しいが、更にはこのアルバムでマイケルとクリストファーの素晴らしいギターが聞けまくります!
どの曲にも泣きのギター満載であり、3rdや4th以上に攻撃的でメロディアスになっていてマイケルの神経を疑ってしまう。(勿論、いい意味で)アルバム7枚目までくるとネタも尽きてきそうだが、流石はマイケル・アモットということか。マジ尊敬します!!


1曲目のBlood On Your Handsのイントロでいきなりノックアウト!かなりのヘヴィで怒涛の勢いのリフに圧倒される。ギター・ソロも間違いなくARCH ENEMY中のARCH ENEMYといえるテクニカルで泣きのメロディが聞ける。
2曲目のThe Last Enemyも勢い溢れる曲で、4thアルバムに入っていそうでありながら新しい要素が節々で聞くことができる。この曲の泣きのギターは個人的に好きです。
続くI Will Live Againはアモット兄弟の叙情的なギターメロディが聞ける曲でARCH ENEMYの一面で上手く表現されている。
In This Shallow GraveでもARCH ENEMYらしいメロディを披露している。アンジェラの声も感情に溢れている。Genocide!!
次のRevolution Beginsはノリが良くライブ向けの曲な感じだ。In you - In me - Revolution!
タイトル・トラックである6曲目のRise Of The Tyrantは映画の一節を仕様したイントロで始まる権力者についての曲。アルバムの中でも激しく攻撃的な曲で強力なリフを響かせ、ソロも展開が次々変わり浮き沈みも激しい。
7曲目The Day You Diedはイントロから泣きのギターをマイケルが炸裂させていて悲観に満ちたものになっている。

『絶望的で容赦なく
無慈悲な一日が訪れる
敵意を持った世の中の
暗い現実』

インストゥルメンタルであるIntermezzo Liberteはマイケルお得意の泣きのギターメロディを思う存分味わうことが出来る。
9曲目のNight Fall Fastでは情感たっぷりで悲しみに満ちたアンジェラのデス声が聞くことができるARCH ENEMYらしいメロディ満載の曲。
The Great Darknessではグレゴリアン聖歌調のコーラスが所々で使われていて実験的な感じがするアグレッシブな曲である。


ここまでの感じでは、かなりアルバム全体としての完成度が高く、一曲一曲のクオリティも高く素晴らしいアルバムではあるが、個人的には一曲一曲が強力な為、名曲的なものがないように思える。


だが、最後の11曲目、Vulturesのイントロで悶絶&昇天K.O.された!!!!!
クラシカルなイントロで始まったかと思うと、途端に激烈で破壊力抜群のスピーディなメロディに。ノックアウトです。まさか、最後にこんな曲を持ってくるなんて………。

最高です!!!!!

アンジェラのデス声も最も攻撃的な感じがします。勿論、ギターは言うまでもなく、泣きのギターとテクニカルなソロともに絶品です。

ボーナス・トラックでKISSのカヴァー曲のThe Oathは原曲を知らないけど、普通に聞いたらARCH ENEMYの曲と思うほど、自分たちのものにした感じのアレンジが加えられている。


何にしても、安心してLOUD PARK 07でのARCH ENEMYのライブに期待できそうだ!

The Divine Conspiracy 

2007年09月15日(土) 1時32分
83点

オランダのゴシック・メタル・バンド、EPICA(エピカ)の3rdアルバム。
今までのアルバムではギターやドラムの音が少なく、メインがオーケストラといった感じで曲もずっとミドルテンポで無駄に長く感じたり、自分にとっては退屈なアルバムだった。(2ndでは多少マシになったが)

そして、この3rdだが……予想に反していい!!

ギターやドラムもはっきり聞こえて、ちゃんとリズムを刻んでゴシック・メタル・バンドとして成立してます。
オーケストレーションとシモーネの声が美しいメロディを奏でてます。特にシモーネの声は今までに比べて遥かに幅が広がっていて曲や雰囲気に合わせて上手く歌ってます。

1曲目のインストから2曲目のThe Obsessive Devotionで明らかに今までとは違う新たなEPICAのサウンドを体現していて今作の全容を表す感じで、3曲目のMenace Of Vanityはアグレッシブなデス声から始まる曲。4曲目のChasing The Dragonは透き通る美しい声とアコースティックギターのメロディが悲観的な雰囲気を出し、5曲目のNever Enoughは最もキャッチーで軽快なリズムを刻む曲で今までのEPICAにはないような曲の1つでもある。6曲目はインストで、7曲目のDeath Of A Dreamは今作で最もアグレッシブな曲でギターやドラムが活躍していて、キリスト教徒の生命に関する理解を越えた倫理観についての歌詞である8曲目のLiving A Lie、イスラムについての長編である9曲目Fools Of Damnation。10曲目のBeyond Beliefは今作でメタルの要素が増えたと確信する初のギター・ソロがあり、11曲目Safeguard To Paradiseは涙腺緩みまくるほどの、シモーネの薄く伸びるような美しい歌声が聞けるバラード。12曲目Sancta Terraはどことなく悲しくなる雰囲気を秘めていて、最後の壮大で神による陰謀についての長編The Divine Conspiracyで幕を閉じる。

まさに、メタルとクラシック、そしてゴシックの要素が上手く合わさったEPICAらしさが確立できたアルバムであり、過去最高の出来であることは間違いない!!!

余談:ジャケの女性はEPICAのヴォーカルであるシモーネ・

Hate Crew Deathroll 

2007年09月03日(月) 1時14分
95点
フィンランドのメロディック・デス・メタル・バンド、Children Of Bodom(チルドレン・オブ・ボドム)の4thアルバム。
彼らが今まで積み重ねてきたものの全てが凝縮され、このアルバムに見事に収まったと言うべきハイクオリティな傑作!!
メタルとは何なのか?様式美とは何なのか?その疑問に真正面から答えたサウンドを体現している。重くリズミカルなリフに、超絶テクニックで疾走感溢れるネオ・クラシカルなアレキシのギター&ヤンネのキーボード・ソロ、北欧独特の雰囲気を出すキーボードのメロディー。全てが1級品で全ての曲が完成度が高く捨て曲は皆無!
1曲目のNeedled 24/7のイントロから終始ハイテンションかつ爆裂・爆走・爆音で、3曲目のChokehole(Cocked'N'Loaded)で重厚でクールなリフを刻み、超絶テクニック&スピードのキーボード・ソロを奏で、7曲目のYou're Better Off Deadで怒り爆発の爆走ギター、9曲目のHate Crew Deathrollで軽快なリズム&メロディーでロックンロール!!
特に、Needled 24/7とHate Crew Deathrollはライブで演奏されたときは鳥肌もので、超盛り上がって感動した!!ヤンネのキーボード・プレイとか直に見るとマジで手の動き速すぎ!人間じゃねぇー!!
とにかく、このアルバムにはChildren Of Bodomの全てが詰まっている!!!

Power Of The Dragonflame 

2007年08月31日(金) 23時31分
84点
イタリアのシンフォニック・メタル・バンド、Rhapsody Of Fire(ラプソディ・オブ・ファイア)の5thアルバム。
1997年に1stアルバム「Legendly Tales」でデビューするとともにイタリアのメタルシーンを確固たるものにし、クラシックとメタルを融合させたシンフォニック・メタルの形を完成させたバンド。デビュー時のバンド名はRhapsodyだったが、その後の版権問題でRhapsody Of Fireに改名された。
この5thアルバムは1stから続く物語「Emerald Sword Saga」の完結編であり、Rhapsody Of Fireの一つの区切りとなっている。
今までのアルバムより疾走感に溢れていてaggressiveで、ファビオもWhen Demons Awakeでデス声を披露していて、一番メタル色の強く完成度の高いアルバムである。
メタル色も強いがRhapsody Of Fireらしさが減ったわけではなく、オーケストラや聖歌隊のクラシックな部分あり、正にシンフォニック・メタルそのものとも言えるサウンドである。
アルバム最後を飾る曲、Gargoyles,Angels Of Darknessは実に19分にも渡る大曲で、Emerald Sword Sagaの終焉に相応しい壮大で複雑かつナレーションなど様々な要素が入った曲になっている。

Ghost Opera 

2007年08月30日(木) 0時37分
82点
アメリカのメロディック・メタル・バンド、KAMELOT(キャメロット)の8thアルバム。
久しぶりにコンセプト・アルバムではなく、楽曲がそれぞれ独立しているが、アルバム全体の楽曲のイメージとしては、オーケストラやコーラスが今までより積極的に使われていて、オペラの雰囲気を醸し出している感じだ。ヴォーカルのカーンもその艶やかで感情溢れる声で曲のその雰囲気を高めている。
特に、タイトル・トラックであるGhost Operaはオペラの雰囲気が強くとても印象的なナンバーで、新たな要素が加わった曲でありながらKAMELOTらしいメロディーを持った曲であると言える。
速い曲や名曲と言えるものは少ないものの、新たな要素を加えKAMELOTらしさのある充実したサウンドは、このバンドの更なる先進になるだろう。
ちなみに、前作に引き続き今作にもEPICAのシモーネがゲスト・ヴォーカルとして参加していて、素晴らしい歌声を披露している。

BURNING BRIDGES 

2007年08月26日(日) 0時10分
86点
スウェーデンのメロディック・デス・メタル・バンド、ARCH ENEMY(アーク・エネミー※正確にはアーチ)の3rdアルバム。
1stから務めていたヨハンがヴォーカルのときの最後のアルバムである。(4thからは女性ヴォーカリストのアンジェラ)
マイケル、クリストファーのアモット兄弟が奏でるギターのメロディーは1stや2ndよりも更に叙情的、攻撃的になっており、The Immortalの速弾きギターソロやSilver Wingの泣きのギターソロはARCH ENEMYの曲の中でも屈指の名曲、メロディである。
ヴォーカルのヨハンのデス・ヴォイスも格段に表現幅が広がって、負の感情を吐き散らす声が曲に上手く絡んでいて、ARCH ENEMYの叙情的なメロディーを更に豊かにしている。
曲のメロディーやクオリティからいって、ヨハン在籍時で最高のアルバムであることは間違いない。

Night At The Opera 

2007年08月23日(木) 15時42分
99点
ドイツのジャーマン・メタル・バンド、Blind Guardian(ブラインド・ガーディアン)の7thスタジオ・アルバム。
前作の中世ファンタジー色の強いコンセプト・アルバム、Nightfall In Middle-Earthから更なるサウンドの進化を遂げ、クワイア・コーラスやオーケストラを更に効果的に多く使うことによって、より壮大になり音の厚みが広がってBlind Guardianらしいアルバムになっている。余りの音数の多さで何度も聴かなければ分からないところもあるが、聴けば聴くほど曲の深みが分かる素晴らしいスルメアルバムになっている。
個人的には、クワイア・コーラスの入った曲は大好きなので、Blind Guardianのアルバムの中で最もその色が強いこのアルバムは過去最高の出来と感じている。
名曲Battlefieldも素晴らしいが、なんといってもAnd Then There Was Silenceは個人的にトップ3に入るほど感動した。約14分にもなるこの曲だが、曲展開の複雑さや起伏の激しさで14分という長さも全く気にならなく気づけば曲が終わっていたという感じで、繰り返し何度も聴いても全然飽きない。更にクワイアやオーケストラも極まっていて、最早メタルを超えた音楽と言ってもいいほど壮大で感動する素晴らしい一曲である。
一つだけある難点と言えば、このCDのジャケットはどうにかならないだろうかソせめてBlind Guardianらしく、ドラゴンやゴブリン、ホビットが描かれているジャケットにしてほしい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:仁
読者になる
2007年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる