娘夫婦に新しい家族が

January 17 [Tue], 2012, 20:40
昨日はバンコクから100キロのところにある田舎のブリの施設に行ってきました。
昨年末に引越しした娘夫婦の新しい住まいは犬を飼ってもOKということで娘の亭主T君のほしがっていたバセットハウンド靴のハシュパッピーのわんこを探したのですが、どこのブリに訪ねてもなかったので、第二候補のボクサーの赤ちゃんを見てきました。
お父さんはチャンピョン犬でそれは、それは美しい立ち姿でした。
お父さん似の赤ちゃんは売れてしまったそうで残念売れ残りの4匹の赤ちゃんはどの子も可愛い娘夫婦は♂が飼いたいと希望してたので♂2匹をじっくり観察。
私のアドバイスで♂より♀の方が賢いよ我が家の2匹を見ているとつくづくそう見えるんです。
それで、♀2匹も登場。
ボクサーなので眉間に白い筋が入っていないと見た目悪いよねなどと観察。
なんと、なんと1時間も子犬たちとじゃれてしまいました。
手袋してその結果、3人の意見が一致して眉間に白い筋のない♀に決定ほかの子に比べ骨格が良い。
人の目をまじまじと見る目をそらす犬は落ち着きのない子たったの1時間でも意志の疎通ができたこの子だけそんなこんなの理由でもし買う飼うのならこの子かしら後日お返事をってことになるのかと思ってたんですがT君この子にしますってえっ見に来ただけじゃなかったのえっ決めちゃうのということで明日16日に赤ちゃん生活セット一式と赤ちゃんが届きますタイでは血統の良い犬を探すのは、ブリの数も少なく贅沢なこと。
バンコク市内では見かけなくなった野良犬もちょっと郊外に出ればかなりの数。
私はスラム生まれの犬を2匹番犬として買っていますけど。
血統の良い犬も、我が家のスラム生まれの番犬も医療費が同額かなりの高額医療費なので何とかしてほしいです最近のタイのニュースでショッキングなことがラオス国境、犬800匹以上を救出ラオスと国境を接する、タイ東北部ナコンパム県で1月12日、海軍のパトロール隊が、数十におよぶおりに入れられた犬が船に積み込まれるところを発見。
800匹を超える犬すべてを救出した。
同県では、犬肉料理用にタイ国内で捕らえた犬をラオス経由でベトナムに送り込むという密輸出が何度となく摘発されており、今回救出された犬たちもベトナムに運搬される途中だったようだ。
関係筋によれば、間もなく中国正月春節を迎えることから、ベトナムでは、犬肉料理の需要増に備える必要があり、タイの犬密輸業者の中には、2000匹を調達してほしいとの注文を受けたところもあるという。
国境で検挙されるんですが、ぎゅうぎゅう詰で檻オークションの中に押し込められて死んでしまう犬もいるとか。
普通のベトナム料理でも金輪際食べたくないと思ってしまいます。
写真1お父さん写真2無邪気なちびっ子たち写真3明日来る子
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kgjv8arrd6
読者になる
2012年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kgjv8arrd6/index1_0.rdf