大人のおもちゃアイデア

June 24 [Wed], 2015, 16:19
物事の「新結合」「新機軸」「新しい切り口」「新しい捉え方」「新しい活用法」(を創造する行為)のこと。
有名な経済学者としてアダム・スミス(経済学の父)、カール・マルクス(資本主義経済の発展・動態を分析し、さらに共産主義経済学を唱道)、ジョン・メイナード・ケインズ(ケインズ経済学の創始者)の3名が挙げられるが、彼らは経済学の創成期の人物である。
彼らは経済学者というよりも「大人のおもちゃ哲学者」として捉えるほうが正確とも言いうるが、経済学がその根本には社会哲学を持たざるを得ないとすれば、1960年代以降、統計手法や数学的なモデル構築が大きく大人のおもちゃ発展した今日においても、彼ら3人の学説に立ち戻る大人のおもちゃ価値は失われていない。
一般には新しい技術の発明を指すと誤解されているが、それだけでなく新しいアイデアから社会的意義のある新たな価値を創造し、社会的に大きな変化をもたらす自発的な人・組織・社会の幅広い大人のおもちゃ変革を意味する。
経済の研究をしたり、その結果得られた理論やその体系(経済学)を社会に提言・実践したりする経済の専門家のこと。エコノミストともいう。彼の思想はマルクス主義(科学的社会主義)と呼ばれ、20世紀以降の国際政治や思想に多大な影響を与えた。
フリードリヒ・エンゲルスとともに、包括的な世界観および革命思想として科学的社会主義、いわゆるマルクス主義を打ちたて、資本主義の高度な発展により共産主義社会が到来する必然性を説いた。
生涯の大部分を亡命者として過ごした。生国はプロシアだったが、1849年にパリに追放され、のちにロンドンに居住して、そこで死んだ。
彼は、生涯をひどい貧困の中で過ごし、生前はあまり有名ではなかった。
しかし、ロンドンでの彼の運動と大人のおもちゃ著作は、その後の世界の社会主義運動に大きな影響を与えた。
マルクスの死後、十九世紀終わりから二十世紀初めにかけて、世界中にできた社会主義政党は、皆何らかの形でマルクス主義を採用した。
マルクス主義の核心は、階級闘争と社会主義社会建設のための理論であり、経済的搾取と社会的不平等を根絶することを目指していた。
マルクス主義の一派である共産主義は、レーニンによって、1917年のロシアで最初の革命を成功させ、コミンテルンが各国で創設した共産党は、世界中の注目と議論を惹き起こした。資本主義社会の研究をライフワークとし、それは主著『資本論』で結実した。
『資本論』に依拠した経済学体系はマルクス経済学と呼ばれる。
http://pinzani.biz/

つまり、それまでのモノ・仕組みなどに対して全く新しい技術や考え方を取り入れて新たな価値を生み出して社会的に大きな変化を起こすことを指す。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:lupin3third
読者になる
2015年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/kgbzva/index1_0.rdf