肺動脈性肺高血圧症の治療薬

March 03 [Sat], 2012, 21:04
皮膚外用剤(ひふがいようざい)とは、皮膚疾患の治療の一つである皮膚外用療法に使用される医薬品の半固形の製剤である。
サービスの品質の維持および向上を行うには定期的な測定や調査が必要であり、このとき第三者による調査が有用な場合がある。
サービス提供者は通常の調査では知ることのできない情報を入手するため、調査員がその身分を隠し、一般人に扮してサービスを受けた結果をフィードバックする。

これをサービスの提供側から見ればどの消費者が調査官であるのか、あるいは調査が行われていること自体が謎(ミステリー)であり、サービスの品質をより消費者に近い立場で知ることができると考えられる。新しい包括的な概念が登場したのは、医薬品の安全性を確保するため、つまり重大な副作用が発生することを未然に防ぐためである。

副作用を未然に防ぐには副作用情報を集める必要があるが、副作用情報を集めるにはまず、情報源である臨床の場にいる医師が副作用の可能性に気づき、それに関する情報が報告される必要がある。

医薬品と副作用の因果関係を統計的(疫学的)に証明するには大集団による対照群を用意する厳密な実験(対照実験)が必要になることが多く、長い月日がかかってしまう。

実際の臨床の場においてひとりの医師が、人体に現れた好ましくない症状の原因が医薬品にあるのか否かまでを判定することは困難である。

もしも臨床現場のひとりの医師にとって因果関係が証明ができる/できない、などという観点で概念を線引きをし「因果関係が証明できるものだけを副作用とする」などとしてしまっては、臨床現場の医師は副作用が疑われるものをそれとして認知・報告できないということになり、医師からの報告が各機関へ上がらなければ、各機関は情報が遮断されたまま副作用を引き起こしている可能性がある医薬品への対処も調査もできないことになり、結果として重大な副作用のある医薬品が長期間放置されたままになり多くの人々に用いられてしまい被害者が増えるという事態が生じる。
それを防ぐために、因果関係の証明を必要としない新たな概念が用いられるようになってきているのである。

もっとも、定期的に調査を実施しているチェーン店などでは、公式・非公式のルートで実施内容の一部(購入商品や時間帯、来店人数など諸条件の設定がされていることが多い)を従業員が知っていることもあり、調査員を推察できてしまうケースもみられる。

構成は、有効成分とワセリンなどの基剤に分かれ、基剤の中に分散して有効成分が存在する形になっている。有効成分と基剤をそのまま混合するか、溶媒に溶かすか加熱融解させて混合して製する。

小売業態のうちの無店舗販売の一つで、店舗ではなく、メディアを利用して商品を展示し、メディアにアクセスした消費者から通信手段で注文を受け、商品を販売する方法。

ファイザーが製造・販売する勃起不全 (ED) 、および、肺動脈性肺高血圧症の治療薬。
ED治療薬としてはバイアグラ という名称(商標)が、肺動脈性高血圧症の治療薬としてはレバチオ(Revatio)という名称が用いられている。投与はいずれもクエン酸塩の形態で経口にて行われる。
近年のインターネット端末の普及にともない、「通信販売」「通販」といえば、もっぱらウェブサイトによるものを指すことがある。

チューブやプラスチックやガラスの瓶に詰められて流通している。
「軟膏」の狭義の意味は、ワセリンなどの油脂性基剤を用いたものに限られるが、日本薬局方の規定では乳剤性基剤を用いたクリーム剤も含まれている。
ここでは、狭義の軟膏に限らず皮膚に外用する薬剤一般につき解説する。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kgbzax
読者になる
2012年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kgbzax/index1_0.rdf