実際、インフルエンザというのはワクチンだけで完璧に防ぐこ

March 13 [Sun], 2016, 17:49

アトピーにいいと言われている入浴剤をサンプルで頂きました。







どんな商品でもそうですが、少し使用してみないと評価できないものです。







サンプルの入浴剤は肌によく馴染んで、良い印象を持ちました。







痛みを感じることもありませんし、肌が引っ張られるような感じもなくて、非常にしっとりします。







私の子供がアトピーだと医者からいわれたのは、まだ2歳の頃でした。







かゆみがしょっちゅうあり、対策として、皮膚科でステロイドを処方されました。







そうしてステロイドを2年と少し続けて、気をつけて様子を見ていたのですが、皮膚の赤みの症状はなかなか収まらず、ぜんぜん良くなりません。







そのため、ステロイド剤を漢方薬の投与に変更し、食事の見直しも行ってみたら、小学生になる頃にはすっかり症状は収まりました。







便が溜まった事って永い人生のうちに必ず一度は誰もが体験することの一つだと思います。







特に辛い時は一週間便秘のまま過ごすなんてこともあります。







便通を良くする薬もありますが、私はアレがあまり好きではないので、ごく自然に便秘を解消できるオリゴ糖で改善しています。







お腹に優しく作用してくれるのがいいですよね。







便秘にいい食べ物は、水分や食物繊維、乳酸菌を有する、発酵食品等です。







しつこい便秘の方は、便が固く腸内に滞留した状態に至っています。







この状態を改善することで、、トイレにいきやすくするため、まず水分と水溶性の食物繊維を摂り入れながら、乳酸菌で腸内を整えるのがいいでしょう。







実は、最近の研究でインフルエンザの予防のためには乳酸菌が高い効果を誇るということが分かり始めてきたのでした。







実際、インフルエンザというのはワクチンだけで完璧に防ぐことは出来ません。







乳酸菌を日頃からしっかり摂取することで免疫力のほうがアップして、インフルエンザの予防となったり、症状を和らげてくれる効果があるのではないかと考えられているんです。







乳酸菌摂取に効果的な時間ですが、決められたものがあるわけではないのです。







指示が書いてあるところがありますから、まずはそこから始めて下さい。







その日の摂取量を一回にして摂る場合より、決まった回数に分けた方が身体に取り込むことを考えると効果があるやり方です。







どうして私が便秘になったのかというと、多分、運動不足のせいだと思います。







通勤も毎日車なので、あまり歩く事もありません。







ペットを飼っているわけもでないので、散歩にもなかなか行きません。







そういった理由で、私は便秘なのだろうと思うのです。







便秘改善のためにも、今日からウォーキングを行おうと思います。







乳酸菌が腸や身体に良い働きをするというのは誰でもわかっています。







ですが、乳酸菌は胃酸で弱るので、しっかり食べても胃酸で死んでしまって効果が出ないのではというふうに思っている人もいます。







しかし実際は乳酸器の生死は関係なく摂取するだけで腸内の免疫機能向上に貢献して、体の健康維持のために大変役立つのです。







ここ最近の話ですが、オリゴ糖は乳酸菌を増殖させる成分として目を止める存在となっています。







オリゴ糖を添加された乳酸菌の動きが活発になり、腸内の悪玉菌の増加量を減少させ、腸内の状態を整えてくれます。







乳酸菌とオリゴ糖は双方とも腸の機能改善や健康増進には必要不可欠な成分であるといえます。







乳酸菌をどう選べばよいかというと、まずは、気になった乳酸菌を含む商品を試すことがオススメです。







最近では、おいしい乳酸菌飲料もありますし、乳酸菌サプリも販売されています。







私は腸まで届く効果のある乳酸菌飲料を初めて試してみたとき、翌日、トイレから出られない状態になったので、試すのは休日の前がおすすめです。







乳酸菌は多くの健康効果があるといいますが、特に整腸作用に効き目があるといわれています。







腸の中の善玉菌を増殖させることで腸の中が活発化し体内に溜まっていた便がより排出されます。







それにより、便秘や下痢が改善されるのではいかと考えられています。







日々、乳酸菌を取り入れることで整腸効果が高まります。







おならの臭気に悩んでいる方は乳酸菌が有効です。







おならによる臭いの原因は腸の悪玉菌によるものだとされています。







というわけで、腸内の中の善玉菌を増やし、悪玉菌の増加を防ぐ役割をする、乳酸菌を継続して摂取ことにより臭気をだいぶ抑えることが出来ます。







私にとっては乳酸菌サプリメントといえば、真っ先に頭に浮かぶのはビオフェルミンです。







子供の頃からあったサプリメントであり、下痢や便秘や腹痛のときにも、決まって私のお腹を守ってくれていたのでした。







CMでは「人には人の乳酸菌」と伝えていますが、効果を実感できる乳酸菌サプリは、ビオフェルミンとなるのです。







私が便秘になったのはなぜかというと、普段あまり運動をしないからでしょう。







会社へは毎日車で通っているので、歩く事もめったにありません。







犬を飼っているわけでもないので、散歩に行くこともありません。







そのような生活のせいで、私は便秘なのだろうと思うのです。







便秘の改善や予防のためにも、ウォーキングをすることにしました。







大便が出なくなると、体に必要ではないものが体内に残ったままになるため、口が臭くなります。







いくら食後のたびに歯磨きをして、フロス、マウスウォッシュで口の中を清潔にしても、口臭は腸から胃を通過して不要物を出そうとし、口の臭いになってしまうのです。







この場合、便秘が治ると、口臭もしらずしらずのうちに無くなると言われています。







便秘に苦しんでいたのですが、少しずつ治ってきています。







改善できたポイントは、ヨーグルトを食べるようにしたことでした。







友人がこの方法で、見事便秘を克服したという話を聞いて私も真似してみようとヨーグルトを買いこんでとにかく食べることにしました。







この方法を続けているうちに、改善されてきて、便秘の苦しみから解放されました。







乳酸菌が腸や身体に良い働きをするというのは誰でも理解できます。







ですが、乳酸菌は胃酸にやられてしまうので、積極的に食べても胃酸で死んでしまって効果は期待薄ではというふうに期待していない人もいます。







でも実際は乳酸菌が生きて腸に達するかが重要ではなく食べるだけで腸の免疫機能をアップさせて、体の健康維持のために大変効果的です。







乳酸菌をどう選べばよいかというと、とりあえずは、これ!と思う乳酸菌の商品を試してみることが良いでしょう。







近頃は、おいしい乳酸菌飲料もありますし、乳酸菌サプリとも販売されています。







内臓まで届く乳酸菌飲料を試しに、飲んでみたとき、次の日、トイレから出られなくなったので、試すのは休日前がいいかもしれません。







この数年、乳酸菌がアトピーの皮膚炎によいことが明らかになってきました。







実はアトピーの原因はいろいろありますが、日々蓄積されたストレスや偏食などによって引き起こされる場合もあります。







アトピー患者の大体は腸の状態が整っていないため、乳酸菌を摂取して内臓環境をよくすることがアトピー克服への第一歩となるでしょう。







もし、インフルエンザと診断されたら、何をおいても栄養をしっかりと、摂らなければなりません。







薬ももちろん重要ですが、栄養を体内に補給することも大事です。







早急にインフルエンザを治すためにも、水と食事は抜かないようにしましょう。







朝昼晩と食欲がわかなくても、消化しやすく栄養があるものをできる限り摂ってください。








http://blog.livedoor.jp/qfr6zzm/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kg73hq5
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kg73hq5/index1_0.rdf