肩こり改善に効果があるツボとは?

August 19 [Fri], 2016, 23:54
肩こりの原因には様々な要因があります。例えば肩こりというのは悪い歯の噛み合わせが原因で起きることがあるんですね。そんな時、肩こりを改善させる方法の一つとしてツボマッサージがあるのです。

かたこりによいツボ(指などで押す、お灸をする、鍼を打つなどで刺激して効果を得ることになります)はたくさんありますが、手や腕にあるツボ(実は世界保健機構であるWHOでもその効果は認められています)ならセルフでも簡単に刺激することができるでしょう。

ツボにも色々ありますが、その中でも特にお勧めしたいのが、手の甲に存在している「合谷(ごうこく)」と呼ばれるツボ(その仕組みについてはまだ解明されているわけではありません)になります。

合谷(ごうこく)と呼ばれるツボがあるのは、親指と人指し指の付け根の骨の間ですから、時間や場所に限定されずに刺激することが出来るでしょう。

刺激しやすいツボであることに加えて、その効果と言えば、肩こりは当然のこととして頭痛や眼精疲労(病気の症状の一つとして眼に出ている可能性があるでしょう)など、いろんな症状(なかなか辛さを他人に理解してもらうのは難しいものがありますね)の改善に効果の高いツボだと言われていますので、覚えておいて損はありません。

手の親指を使ってツボ周辺に対して、さまざまな方向に角度を変えて刺激を加えて、手ごたえのあるところを探すようにします。

ツボというのは、他の場所に比べて少し凹んでいたり、あるいは押すと痛いという、感触が異なっているので分かるでしょう。

そのツボに対して、少しばかり長めに、そして強く押すと、肩こり(初期症状で対処しないと、どんどん悪化することになるでしょう)の改善に効果があります。

また、「曲池(きょくち)」と呼ばれるツボ(世界保健機関においても、その治療の効果は認められていますね)もかたこりに良いツボの一つです。

曲池というツボは、肘を曲げた際にできるシワの外側に位置していますので、オフィスなどでも気兼ねなく刺激することができるでしょう。

肩こり(僧帽筋や肩甲挙筋などが同じ姿勢を取り続けることで緊張状態になり、結果として血行不良となって労物質が溜まることが原因で起きます)に良いツボは、自分で刺激するのも効果があります。

しかしながら、人に押してもらうともっと気持ちが良いことでもありますので、家庭用のお灸を使うという方法も良いでしょう。

ちなみに、肩こりに効果があるメコバラミンが配合されている市販薬が、ドラッグストアなどの店頭には置いてありますね。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ひろこkg2m4wq0
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kg2m4wq0/index1_0.rdf