母の滴サラブレッド100ってどうなのか

April 18 [Thu], 2013, 23:16
母の滴サラブレッド100購入ってどうなんでしょうかね。酸素の中には酸化力が強い酸素があって、この酸化力の強い酸素を活性酸素(細菌などを撃退する働きがあるのですが、増えすぎると細胞を直接的、間接的に傷つけてしまいます)といいます。従来、この活性酸素(ちょっと意外なところでは、加齢臭の原因にもなるといわれています)に因る細胞の酸化が老化の原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)とされてきました。かつて、生まれたばかりの地球には酸素がないのですでした。でも、地球に生命が誕生し、進化していく段階で植物が生まれると、植物は大気中の二酸化炭素を吸収して酸素を吐き出すようになっています。これによって、酸素が有害となる生き物はみな絶滅したんですね。その後、ミトコンドリアによっても酸素を消費する事ができる生き物が次々と増えました。ただ、生命維持に酸素が必須な動物でも、活性酸素(過酸化水素、スーパーオキシド、一重項酸素、ヒドロキシラジカルなどの総称をいいます)による細胞の酸化によっても老化し、やがて死を迎えるとされてきました。酸化と言うのは鉄が酸化する事により錆びて、やがてはボロボロになって朽ちてしまうのを思い浮かぶのはと判り易いとなっています。人間の体内でも活性酸素(スーパーオキシドアニオン、過酸化水素、ヒドロキシラジカル、一重項酸素の四種類があると考えられています)による酸化作用ががん細胞を発生させたり、細胞や組織を破壊するとされてきただとされているのです。しかし、2005年の7月に、老化の要因としては活性酸素(飽和脂肪酸と結びつくと、過酸化脂質になってしまう点にも注意が必要ですね)ではないと言う論文を日米合同の研究チームが米科学誌「サイエンス」に発表し、マスコミ(マスコミュニケーションの略称で、マスメディアを使って情報を発信します)でも大きく取り上げられました。かと言って、活性酸素(細菌などを撃退する働きがあるのですが、増えすぎると細胞を直接的、間接的に傷つけてしまいます)が全く老化に関与していないといった内容でもないとなっているんです。一部での真偽が議論されたものの、現在でも活性酸素(活性酸素の害から体を守ってくれると考えられているのが、スカベンジャーとも呼ねれる抗酸化物質です。加齢に伴い体内で作られる量が減るので、食物やサプリメントなどで補うことも大切ですね)が老化の原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)であり、抗酸化物質によっては老化を遅らせることが出来るというのが普通の見解だといわれています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:りくとgv6z
読者になる
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kfjmrvi5/index1_0.rdf