W61Sの格安情報!
2008.01.29 [Tue] 12:25

単に知識を得られるだけでなく、励まされているように感じられる本です。 この本に書いていることを毎日実践するのは大変だとは思います。 それでも、成功するためには必要なことであるということは、 認めずにはいられません。 厚さがあるため、若い人には敬遠されてしまうかもしれませんが、 学生の方にこそお勧めしたい本です。いい本だ、という話はずっと聞いていたのですが、 値段と厚さに躊躇していました。 しかし、携帯版が出たということで、値段も安くなり早速購入。 正直、なんでもっと早く読まなかったのか、と 躊躇した自分に反省しました。 成功というよりも、充実した人生を送るための秘訣が 詰まっています。 成功なんて関係ない、夢なんてない、という人にこそ、 読んでもらいたい本です。 夢がなくても生きていけるけど、 充実した人生を生きるために「夢」は不可欠です。 目標を設定し、それを目指すことがいかに大切であるかを 教えてくれました。
 

橋下知事が政治の裏側を暴露!
2008.01.29 [Tue] 12:22

誰もこういうことを書かないのなら時間がかかっても自分で書こう」と思っていたのですが、この本が代弁してもらっているようで気分爽快です。 私は大学時代にアメリカに長期海外生活をしたのがキッカケだと思いますが、私も作者と全く同じところに考えがまとまりそうです。 どうやら日本がまたしても大国アメリカと対抗しなくてはならない運命があるようだ、と感じるようになりました。 今の日本には「見た目だけ日本人」が大勢いるなかで、少数ながら私の家族、親類の一部の人は「魂まで日本人」です。 しかも、「武士道精神」が息づいている!まさに、本書で作者の言う真のエリートたちとは彼らのことを言うんじゃないかと思います。 もし作者が彼らに会ったら、「まだ現代の日本にこういう人たちが生きているのか!」と驚くことでしょう。 現在の日本のどこかには少数ながら彼らのような人たちがまだ生き残っていると思います。 私は27歳ですが、彼らによって育てられたことに感謝し、彼らから継承したこの価値ある伝統・思想を未来に継続していこうと思います。
 

残業代未払い!?約755万円を支払う!
2008.01.29 [Tue] 12:19

まず、親が持っていた。 自分用に欲しくなり、私が20代の時、ビジネスコンデンス版を購入した。 十年ぶりに読み返したが、いつの時代でも通用するノウハウだということを再認識させられた。 この書籍は、基盤を作る事の大切さを教えてくれる。 書かれてある通り行動すれば、失敗ができなくなる。 親から子へ伝えていきたい一冊。あまたある成功本の元祖。名著。 昨今はやりの、神田昌典氏、本田健氏、はてはアンソニー・ロビンスなどもここからパクっていることが多く、いまさらながら驚いている。 成功者の共通の成功法則。 こころ構え、具体目標、熱意などの重要性は永遠普遍の原理だろう。 ただし僕個人としては、文章が読みにくい。 前に進みにくいのだ。 よって☆マイナス1なのです
 

氷上プロポーズの動画配信!
2008.01.29 [Tue] 12:16

筋肉痛になるゲームは初めてです。ボクシングが特に息が切れますが、野球もピッチャー兼自チームのバッター全員をこなすため、それなりに大変です。3回までで延長戦がないのでほっとします。時々画面に休憩を促すメッセージまで出てきます。 テニス、野球、ボーリング、ゴルフ、ボクシングの5つのスポーツが楽しめます。ど素人でもテニスならラリーが続きますし、野球ならホームランが打て、シュート(Aボタンを押して投げる)もカーブ(Bボタンを押して投げる)も自在に投げられます。かなり楽しめるので、無理のないダイエットに最適かもしれません。 周辺機器としては、wii リモコンとヌンチャクが必要です(ボクシングをやらないのならヌンチャクは不要です)。複数人数でやるならwii リモコンも複数必要となるのが、玉に瑕です。
 

X03HT携帯の特徴とデザイン!
2008.01.29 [Tue] 12:13

鉄鋼王アンドリュー・カーネギーの提案で、ナポレオン・ヒルが20年かけて500名を越える成功者にインタビューし、万人に通用する成功の法則をまとめた本。 目標を設定し、詳細な行動計画をたてて信念を持って忍耐強く取り組むという、一見ごく当たり前に思えることが、成功の法則だという。「人間は自分が考えたとおりの人間になる」という考え方をベースに、目標を達成するのに重要な要素が数多く盛り込まれている。 現在書店に並ぶ成功哲学や自己啓発書の多くが、本書の影響を受けているように思う。時代や場所や分野を越えた成功哲学であり、他の本の前にまず本書を読んでおくと良いと思う。 ただし、本書では期待された以上の仕事をすることを「プラスアルファの魔法」と呼び、重要とされているが、ほとんどの人が300%ぐらいのフル稼働で働いている現在の日本ではプラスアルファでは通用しないし、明確な目標を持てといわれても、自分に合わない目標を立ててしまった場合は達成は困難だし、達成できたとしても幸せではないだろう。本書に書かれているのは普遍的な大原則だが、やはりそこから派生する時代にあった他の考え方も必要だと思う。