昨日の『G麺7』『啜磨専科』

July 12 [Thu], 2012, 19:04
やっと行けたって感じで京急乗って行って参りましたG麺7上大岡へ、1330到着、先客4人、後客2人店頭にある券売機でラーメン醤油700円を購入2009年1月7日オープンして以来ずーっと気になっていたが新店の後回しになっていたお店は横浜の麺場浜虎を創業した店主が運営でも居なかったカウンター5席テーブル2卓10人の店内はカウンター越しの厨房はフラットで厨房3人体制の仕事内容はすべて観覧できる動物性スープは甘めのかえしでも十分コクがある鶏皮を揚げたカスがプラスされて複雑な醤油スープが楽しめるしっかりした中細いストレート麺は喉越しのいいタイプでスルスルいける肩チャーシュー2枚、鶏むねチャーシュー1枚は下味しっかりしていて極ウマ貝割れが表面の油分でくりがマッタリしたところをスッキリさせてくれる他にナルト、青ネギ、の具もベストマッチ最後にこのスープに胡椒でキリッとさせて完飲梅雨の合間のカラッとした晴天の中、徒歩移動啜磨専科上大岡へ、1350到着、先客1人、長門有希 エロ後客3人去年12月13日にG麺7のセカンドブランドとしてオープンしたお店こちらも涛狽フ券売機でザしおつけ麺880円を購入カウンターのみ8席で奥行きの無い狭い店内こちらに店主さん居ました見た目蕎麦のような茶褐色の平打ち麺は軽いウェーブは食感はパスタつけ汁はサラッとした塩ベースでも表面に油分の膜があり熱々麺に盛り付けられたほうれん草、拍子型メンマをつけ汁に投入角切りバラチャーシューとこちらも鶏むねチャーシューは同じ下味若干、塩が勝るもつけ汁としては許容範囲ほとんど濃度の無いつけ汁はざるそばのように半分だけ汁につけて頂く完食してもつけ汁がほとんど減らなかったので半分にしてもらったスープ割は大量の三つ葉がトッピングで和風のすまし汁のような清涼感こちらも完食で京急から一気に浅草へラーメンでなくほうずき市へ笑下町のお祭り風景に風鈴の音色で納涼気分四万六千日で参拝祈願。
健康第一、家内安全、夫婦円満
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kffyiqifsy
読者になる
2012年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kffyiqifsy/index1_0.rdf