興信所と探偵事務所のちがい

October 05 [Wed], 2016, 16:45

興信所と探偵事務所のちがいとしては、これと言って無いと言っても言い切れます。









浮気調査から身辺調査、ストーカー対策とか行方不明者の捜索と言うような類似したしごとをしています。









でも、ちがいをあげるとしたら、企業(出資しているのがどこか、誰が経営しているのかによって、色々な種類に区分されています)企業(資本金が10億円以上だと大、1億円以上10億円未満で中堅、1千万円以上1億円未満で中小、1千万円未満で零細と分類されることもあります)や団体は興信所に、探偵は個人むけのようです。









本人に気づかれないようにして、誰もが浮気していると分かるような証拠を手にするためには、必要となる機材や技術があるのです。









浮気現場の写真を撮ったとしても、顔が見分けられないような露出不足だと証拠として扱われません。









浮気の調査を探偵に任せると、薄型のカメラなども用いて全く気づかれずにはっきり判別できる写真を撮ります。









だいたい浮気調査の調査期間は何日ぐらいなのかというと、ほとんどの場合は3〜4日間です。









おぼえておいていただきたいのは、これはあくまでも平均の期間です。









浮気の証拠を中々残さないタイプのパートナーだと、場合によっては1週間から1か月くらいかかってしまうこともあるのです。









逆に、怪しい日が調査員に伝えられていた場合は、1日で十分な証拠が集まることもあるのです。









探偵が浮気調査する時でも失敗したりするようです。









探偵が浮気を初めとした調査の達人だといっても、予期せぬトラブルに見舞われることがありえます。









配偶者がいきなり車や電車を使ったり、探偵の尾行に気づいてしまう可能性もあるのです。









また、浮気調査期間中に不倫相手に会わない時には証拠写真も撮れません。









費用を節約して浮気調査をするには、できる限り事前に自分で調査をすることでしょう。









調査と聴くと大変そうに聞こえますが、そんなことはありません。









毎日のパートナーの行動記録を立派な調査資料になります。









毎日、しごとに出掛けた時間、帰ってくる時間、電話がかかってきたならば、その時間と話していた時間の記録もしておきましょう。









配偶者が不倫をした場合、あなたの夫または妻、そしてその不倫相手に慰謝料を請求できます。









ただ注意が必要なのは、不倫をする前から、仮面夫婦と化していたり、もはや夫婦とは呼べない状態だったときは、慰謝料をもとめることが難しいでしょう。









慰謝料の金額は、不倫によってあなたが精神的な苦痛をうけたか、何歳であるか、何年結婚しているかなど全体的にみて裁判所が慰謝料を決めます。









探偵の場合には、誰かに不審に思われないよう警戒を怠ることなく粘り強くすこしずつ情報を集めますが、興信所はほとんどの場合、企業(出資しているのがどこか、誰が経営しているのかによって、色々な種類に区分されています)企業(資本金が10億円以上だと大、1億円以上10億円未満で中堅、1千万円以上1億円未満で中小、1千万円未満で零細と分類されることもあります)調査や身辺調査を任されることもあって、自分の目的を話して表立った調査をしているようです。









目的の人物の動きを掌握するのは探偵の方が上手に、一方、興信所は情報を集めることが上手だと言っていいでしょう。









自分でやみくもに動き回るよりは、専門家である探偵に浮気調査を依頼しましょう。









探偵に依頼する方が、欲しい浮気の証拠がつかめます。









自分で手を尽くして調べてみても、浮気の事実はすぐに出てくると思います。









でも、パートナーを問い詰めても「そんなことはしていない」と浮気を認めなければ、離婚するに際して有利な条件を引き出せません。









そのためにも確実な証拠が絶対に必要なのです。









不倫した二人に慰謝料を請求する側になったとすれば、相手のことは、ちゃんと知っておかないといけないワケですし、何回もやっているのだったら、その都度都度の過ちの証拠を手に入れなければ駄目です。









もし、貴方がその調査を探偵に任せるのだったら、個人には手の届かない、高価な機材を使って証拠を鮮明に写しだしてくれるでしょうし、裁判では、貴方の気分をスッキリさせてくれる材料を準備して貰えるのです。









尾行について時間による代金設定がされている場合、尾行時間が短い探偵の方が、安い料金でおこなうことが出来ます。









ですので、尾行を探偵におねがいするなら、日常からパートナーの行動をよく知っておくことが大切です。









自分自身が怪しいと思っている時間帯や曜日に追跡をおねがいすると、探偵にも余計な労力がかからず、お互いにとってメリットがあるのです。









浮気調査を実行する前に確認せねばならない事があるのです。









それは、不倫相手の存在を明らかにする事です。









浮気の痕跡が確かでない場合は改めて、調査を続行するか否か決めなければなりません。









もしも浮気が確かなこととなれば、次にすべきことは、浮気相手の特定です。









尾行によって勤務先のパートナーの行動を確かめたり、些細な痕跡も見逃さぬよういろんな方法で、浮気相手の姿・年齢・氏名などを確定させるのです。









 探偵が用いている追跡グッズとは 自分でも買えるものかと言いますと、買えます。









通常は、追跡グッズはGPS端末を使うことが多いでしょうが、これはいかなる人でもネット等で購入できます。









車に載せているのをよく見るGPS端末は、本来、車の盗難されたときのために付けておくものですので、いかなる人でも購入できるのは当然です。









不倫した場合の慰謝料の相場は200万円前後ですが、場合によっては50万円程度と言うこともあるのですし、400万円くらいになる場合もあるのです。









離婚をしない場合でも慰謝料を請求できますが、その金額は少なくなってしまうでしょう。









また、不倫相手の方が浮気を否定するケースでは必要なのは証拠です。









どの人から見てもはっきりとした不倫の証拠が必要です。









探偵のしごとは依頼された調査をおこなえばいいのではありません。









浮気を調査していると、何かしらのトラブルが起こるものです。









そういう時には、依頼した人のことを優先的に思ってくれるような探偵が信用すべき探偵なのです。









信頼できる探偵の見分け方は、相談する時の様子などでじっくり考えて判断をすればよいでしょう。









探偵をバイトでしている人のいるときがあるのです。









探偵のアルバイト情報を調べれば、募集がかかっていることをしるでしょう。









というわけで、探偵事務所がバイトとして採用することもいくつもあるのです。









浮気調査を頼むときには、個人的な情報を伝えなければ不可能です。









ですが、バイトだと唐突に退職することもありえますし、見た情報を他人に流すことも否定できません。









成功報酬の場合、気を付けるべきなのは、仮に、浮気調査について依頼した場合には、調査期間が3日間あったとしてその3日の間だけは浮気がなかったとすれば調査は成功となってしまうのです。









本当は浮気をしているという場合でも、その3日間だけ浮気が見つからなければ、浮気とは分からないまま、調査は完了し、成果もないのに成功報酬を支払わざるを得なくなるでしょう。









尾行料金の相場はと言うと、調査員が何人かによって持ちがいますが、相場としては、1時間で1万円から3万円が目安です。









当たり前のことですが、調査員が少ない人数なら安く、多ければ多いほど高くなります。









また、尾行する際に車やバイクを使うと、別途交通費や車両費の名目で請求があがってくることがあるので、確認が大切です。









浮気調査を探偵事務所に成功報酬で依頼したら損することは無いかと言いますとそうでない場合にも遭遇します。









普通、成功報酬といえば調査が成功しなかった時、料金支払いが不要となるのでシステムとして依頼者が得するという感じがします。









したがって、成功報酬の探偵事務所に特定して、もとめているような人がいます。









カーナビにより浮気があるという証拠を見つけることが可能です。









こっそりとカーナビにある履歴を見て、相手とドライブデートで浮気したところを見つけられます。









履歴があまり見たことない場所であった場合注意が必要です。









そして、よくガソリンが入れられていた場合、車によりデートしていることがあるのです。









もし、密会の曜日や時間がわかっているのでしたら、調べる時間が少なくて済むので、調査にかかるお金は少なくなります。









しかし、浮気をしている日時が特定できているなんていっても、知人に相談して写真撮影をおねがいすると、骨折り損になることは確実です。









気づかれずに写真撮影をおこなうにはやはり探偵におねがいするのが最も確かな方法でしょう。









飲食店などの領収証の記載には定食の数から一緒にいた人の数がわかってしまうように印字されている事もあるため、不倫と決定づける参考資料となっています。









かつ、クレジットカードを使用した支払いの詳細は毎月きちんと目をとおすようにします。









出張の際の宿泊がビジネスホテルではない場合や一人で宿泊したにしては高い宿泊費だったりしたら、浮気相手と過ごしていた惧れがあるのです。









パートナーが浮気していると分かっても夫婦生活を続けていきたいのだったら密会の場面に行こうとするのはやらないほうが無難です。









浮気が発覚したことで相手が逆ギレしてしまって、かえって、離婚という結果を招いてしまうことがあるでしょう。









しかも、浮気相手に直接関わった結果、精神的に追い詰められてしまうかも知れません。









結婚相手の浮気調査を委託する場合、びっくりするするほどに低料金だったり、もしくは高額な報酬金を請求してくる会社ではなく、より細かな料金プラン(何事も当初の計画通りにはいかないことが多いでしょう)が提示されていて、事後に追加料金を支払わなくて良いような探偵社が安心安全です。









他には、探偵業者としての必要届出を済ませているのかどうか前もって確認しておきましょう。









違法に調査を実施している業者へは依頼しない方が得策です。









探偵が気づかれないようにしていても、依頼者側に落ち度があって、調査対象が警戒を強めてしまって浮気調査が難しくなり、証拠が揃わないこともあるのです。









浮気調査を探偵に依頼しても、確実に証拠が手に入るわけではないのです。









成功報酬にするのかどうかについても、依頼をする時に決めておくことが大事だと言えます。









探偵事務所で配偶者を調査してもらったところ浮気が発覚してしまった場合、離婚するかしないか心が乱れますよね。









それを避けるために、浮気調査を依頼してしまうよりも先に、自分の気持ちを見つめてみたほウガイいです。









夫婦と言うものは法律上お互いに貞操を守る義務があるのですから、自分の配偶者とその不倫相手に対して慰謝料を請求し、結婚生活にピリオドを打ち、離婚するのもいいでしょう。









探偵による調査は高額ですから、「私が尾行すればいいんじゃない」と簡単に考えてしまう人もいるようです。









テレビでは尾行に失敗しているのを見ていないために誰でもできると思ってしまいがちですが、予想外の出来事が出てくるのが実際で相手に違和感を感じさせなく、尾行するのは簡単じゃありません。









相手の隙を掴まねばならないのに警戒されてしまえば、怪しい行動は控え、浮気していてもしばらくしないかも知れないのです。









相手の行動を見逃さないためには、探偵を雇い、浮気調査をした方がいいでしょう。









法律的に、結婚している男女が配偶者以外の異性と故意に肉体関係をもつことを不貞と定めています。









すなわち、法律の上では、肉体関係を持っていなれば、ご飯をしたりカラオケに行く程度なら、不倫ではないのです。









個人で男女の関係を実証することは難しいかも知れませんが、プロの業者に依頼するという方法もあるのです。









信頼できる探偵事務所を選びたいときには、評判や口コミを調べるのが大切です。









当然、その探偵事務所が管理しているウェブサイトに記載された口コミを見るのではなく、全然関連のない掲示板や専門の相談サイトにアップされている口コミを確認するのがお勧めです。









その探偵事務所が管轄していない口コミの方が、信頼性が高いのは明瞭です。









プロの探偵に浮気調査を依頼して浮気の証拠を掴んだところで離婚をしないという選択肢もあるのです。









ご夫婦に子供がいる場合ですと特に配偶者の浮気がどうしようもない事実だと知ったところで簡単に「離婚!」とはいかないものです。









相手に請求することのできる養育費は案外少額になりますし、来月、来月、と先延ばしにされて支払われないこともあるのですから、一人で育てていくのは容易ではありません。









それは男性の場合であっても同様でしごとを両立させることは簡単では無いでしょう。









浮気調査は第三者に任せるべき理由は冷静でいることが難しくなってしまう危険性があるのです。









どんな人でも、最愛の人の密会現場に遭遇してしまうとその場の激情に身を任せてしまうケースが過去にも多いのです。









無事に解決するためにも、本来の目的を達成するためにも、浮気調査は探偵に任せるのがお奨めです。
借金 減額 方法









プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kfb0kji6
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kfb0kji6/index1_0.rdf