鉄剤再び…子宮頸管の経過

June 15 [Mon], 2015, 17:14



朝書いた記事で鉄剤飲みたくないと断言したのに、今朝の採血でまた下がっていた為、シロップ処方されましたとさ…。


今朝は週1回の診察だったのですが、私の子宮頸管の最短記録(入院直前)は1.8p
1週間後には2.5pまで回復し、入院してから3週間後には3.2pまで回復してました。
……が。
今日にきて昨日から張りが続いており、今朝の診察で2.9pと…


最短記録はどんなに長さが回復したとしても、お腹が張ってしまえばそこまで縮んでしまうので完全に回復する事は難しいのです…
なので、最短記録を更新しない事がとにかく大事なのですが、その日その日の長さが変わるとやっぱりショックです。
子宮頸管で一喜一憂するのが疲れます。


6月はお産がどこも多いそうで、切迫の方はこの時期は本当に怖い。
天気との戦いです。


さて。
子宮頸管ですが、入院する前は1.9pなのに私入院しなくて大丈夫なの……
と不安でした。
だってネットでは大体が2.5p切ると入院になるケースが殆どでしたから。


健診の時にたまたま大学病院の先生に当たって(私が通っている病院は担当制ではないのです。)質問した所、子宮頸管が短い人の中にも更に頸管の強度が弱い人と強い人に分類されるそうな。


弱い人は強い張りが来るとすぐに最短を更新して縮んでしまい、更には回復も遅い人、回復しない人。
強い人は強い張りが来てもじわじわとちょっとずつ更新していって、治ると少し経つ回復してくる人。


で、私は強い方の分類に入っているからまだ平気との事でした。


しかし
次の健診(切迫と診断されてからは週1回の健診でした)では1.8pになり、更には前日に張った際に生理痛のような痛みが2回あった為、その痛みはマズイという事で、その場で即入院となりました。


呑気に帰りパン買って帰ろうとか思っていたので、車椅子登場した時は本当ショックでしたね……


そして。この「張り」ですが、正直分かんないですよね
私だけかなー。


どの位の張りがあったらOUTなのかが分からず、自宅安静の時は何度か夜間でお世話になりましたよ…


入院してから助産師さんや医師にどの位張ったら言わなければいけないのか確認した所、全員口を揃えて言ったのが
「1時間に4〜5回。それが2時間…3時間と継続して起きる場合はOUT」なのだそうです。
更には「1時間に2〜3回でも、生理痛のような痛みがあればそれもOUT」だそう。


なので、毎朝夜に何回張ったか聞かれるのですが、その際に必ず1時間に何回張ったのか、痛みはあったかを聞かれます。
1時間に3回、継続はしていない、痛みも無しと答えると様子見だねーって感じで終了。


固さですが、よくボールが入ってる感じとか言われますよね。
もうまんまボール入ってる感じになります。もしくは板。
そもそも、あれ張ってるとちょっと思った時点で、それは強めの張りに入るのだそう。弱い張りというのは本人は触っても気付かない場合が殆どなんだそうな。


実際、私も入院してモニターを毎朝付けて、初めて自分がちょこちょこ張っていたという事実を知りました。


だから張りのカウントをする時も、曖昧な感じの張りもそれは1にカウントして良いのだそうです。


難しい…


自宅安静の方は、自宅で入院していると思って過ごさないと、つらーい点滴の日々と思わず笑ってしまう入院費用がかかるので、とにかく安静してた方が良いです。


病院は1度入院すると中々退院は出来ないので…


1人でも多くの方と出会える良いな


人気ブログランキングへ

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:akairo°.
読者になる
2015年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kfam-akaneiro/index1_0.rdf