PCデータ入力時の指・手首の痛み軽減!整形外科医開発グッズ

November 14 [Sat], 2015, 12:53


■データ入力業務の体の負担を軽減するには?


データー入力を業務としているキーパンチャーの方は、
体にいろいろな負担がかかりがちですね。


長時間、同じ姿勢で座っているので、姿勢が崩れがちになり、
猫背の悪い姿勢になり、腰痛や首、肩こりに悩まされている方も
多いと思います。


休憩できる時間に、ストレッチをして、体全体をほぐすのが
おすすめです。



■キーパンチャーの方の指や手首の痛み対策


パソコンにデータを入力するキーパンチャーの職業の方は、
正確に早く打たないといけないので、指や手首が常に動いている
状態ですね。



それが、長時間、毎日・・・となると、指や手首にかなりの
負担がかかります。



指がシビレれ、首など、遠い部位にまで、痛みが影響する
場合もあります。

そうなると、仕事にも支障がでてしまいますね。


酷くなると腱鞘炎になり、最悪の場合、手術が必要になる場合も
あるそうなので、日頃から注意が必要ですね。




■整形外科医が開発した指や手首のサポーター


そこで、親指や手首を支えるがっちりサポーターを
ご紹介しますね。



整形外科のお医者さんが開発したという
【がっちりサポーター】は、グルッと巻くだけで、
簡単に装着できるので、取り外しも簡単です。



値段も税抜き2,000円というお手頃の料金なんですよ。

気になる方はこちらをご覧くださいね。
         ▼
























【指・手首の痛み】データー入力業務の方の悩みとは?

November 14 [Sat], 2015, 12:53

パソコンが普及している現代は、会社では、パソコンは
なくてはならないとても便利な道具ですね。



パソコンに入力する業務を専門としている
キーパンチャーの方もいらっしゃいますね。


3,4時間ぐらいからのパートタイムや
フルタイムの長時間の業務の方など、それぞれいらっしゃいます。



データー入力をお仕事とされている方の悩みに、
腰痛や、肩こり、首コリ、指や手首、眼精疲労、頭痛など、
体のあちこちに不調が出ている方もいらっしゃいます。



体にできるだけ負担をかけないためにも、合間にストレッチをして、
体をほぐしたり、お助けグッズを愛用するのもおすすめです。


整形外科のお医者さんが開発されたという
【がっちりサポーター】は、指・手首を保護してくれ、
パソコンをよく使用する方におすすめされていますよ。








長時間のパソコン使用時の疲れを軽減!目のストレッチ

November 14 [Sat], 2015, 12:51


長時間のパソコンを使用していると、同じ姿勢なので、
筋肉が緊張して、体のあちこちに負担がきてしまいますね。


肩も凝るし、目もとても疲れますね。



パソコンを使っている時は、1時間ごとに休憩を入れたほうが
良いそうです。



ウィンクをしたり、キョロキョロと目を動かすと目の周りの筋肉が
ほぐれていきますので、無理をせずやってみるといいと思いますよ。



パソコン作業をしていると、あっという間に時間がすぎていく
感じがしますね。




休憩せずにいると、どんどん体に負担がかかり、ぎっくり腰に
なったり、腱鞘炎になったりと、無理が生じてあとあと痛みが
酷くなるので、頑張りすぎないでくださいね♪