酸素センサーの検出

May 28 [Mon], 2012, 19:20
1、構造と仕事の原理

使用三効触媒コンバーター低下の汚染のエンジンで、酸素センサーは欠かせない。三効触媒コンバーターインストール排気管の中盤、それができる key programmer sbb 浄化排気ガス中のCO、HCとNOx三種類の主要な有害成分が、混合ガスだけの空燃比が接近ストイキオメトリーの狭い範囲で、三効触媒コンバーターが有効に果たす浄化作用。だから排気管の中で挿入酸素センサー、借り検出排ガス中の酸素濃度の測定空燃比。それを変換する信号電圧フィードバック抵抗や信号、ECU。ECU制御空燃比収束は理論値。

今使っている酸素センサーがジルコニア式と酸化チタン式の二種類のうち、応用が最も多いのは酸化ジルコニウム式酸素センサー。











(1)ジルコニア式酸素センサー

ジルコニア式酸素センサーの基本素子は、ジルコニア陶管(固体電解質)、れジルコニウム管。ジルコニウム管固定付き取り付けネジで固定セットの表面は、内外の層で覆われ多孔性の鉛膜、その内の表面の大気と接触し、排気ガスの接触とほかの表面。酸素センサーの配線端に金属製品のそのにつけるにジルコニウム管キャビティと大気に通じる穴;電線、ジルコニウム管内の表面のプラチナ極経絶縁セット接続端から引き出す。

ジルコニア温度300℃以上を経て、正常に仕事を行う。早期使用の酸素センサーで排気加熱、このセンサーエンジン始動しなければならない回転数分後に才能に仕事を始め、それは一本の接続とECUにつながっている。現在、ほとんどの自動車用ヒーターの酸素センサーを持って、このセンサー内のある電気加熱部品、エンジン始動後の20-30s内には酸素センサー加熱作業温度。3本の接続、根接ECU二本、またそれぞれ接地と電源。

ジルコニウム管の陶磁器の体は多孔性の、浸透中の酸素、温度が高い時発生電離。ジルコニウム管内で、外側の酸素含有量の不一緻、濃い差が存在し、そこから酸素イオン大気側面排気側で拡散させるジルコニウム管に小型電池、二白金電極間に電圧。混合ガスが実際の空燃比未満ストイキオメトリーもエンジンは比較的に濃い混合ガス運転時、排気ガス中の酸素含有量が少なく、しかしCO、HC、H2などが多い。これらのガス管ジルコニウムでほかの表面の鉛触媒作用の下でと酸素と反応して、排気ガス中の殘りの酸素を消耗させ、ジルコニウム管のほか表面酸素濃度がゼロから、によりジルコニウムパイプ内に、外側の酸素濃い差が大きくなり、二鉛電極間電圧急増。だから、ジルコニウム管酸素センサーの発生の電圧はストイキオメトリー発生時突然変異:レアミキスチュア時、出力電圧がほぼゼロに;濃い混合ガス、時に1V出力電圧。

正確に保って混合気濃度をストイキオメトリーはありえない。実際のフィードバック制御させることで混合ガスストイキオメトリー近く狭い範囲で波動ので、酸素センサーの出力電圧0.1-0.8Vの間で絶えず変化(通常110s内変化8回以上)。もし酸素センサー出力電圧変化し緩(11Os8度未満)または電圧は変わらずずに保持する高電位あるいは低電位)は、表明酸素センサーが故障して、必要な検査。




(2)酸化チタン式酸素センサー

酸化チタン式酸素センサーは利用の二酸化チタン素材の抵抗値に排気ガス中の酸素含有量の変化の特性で作られた、だからまた抵抗型と酸素センサー。酸化チタン式酸素センサーの外形とジルコニア式酸素センサーに似ている、センサーの先端カバーには二酸化チタン厚膜素子。純チタン白常温で1種の高い半導体表面抵抗が、いったんの酸欠、気品に欠陥が小さくて、抵抗。は、二酸化チタンの抵抗に温度によって変化しているので、二酸化チタン式酸素センサー内にもある電気ヒーターを維持し、酸化チタン式酸素センサーでエンジンの仕事の過程の中の温度が一定不変。

ECU2#端子は一定の1V電圧を加えてチタニア式酸素センサーの端に、センサーの一方の端とECU4#端子に接する。排気ガス中の酸素濃度がともに混合ガスエンジン濃度の変化の時、酸素センサーの抵抗が変わり、ECU4#端子電圧降下も変化につれて。当4#端子電圧を参考により高い電圧時、ECU判定混合ガス濃すぎる;とき4#端子の電圧が参考電圧時、ECU判定混合ガス過疎。ECUのフィードバック制御によって、混合ガスの濃度を維持するためにはストイキオメトリー近く。実際のフィードバック制御過程の中で、mb star c3 二酸化チタン式酸素センサーとECU接続の4#端子電圧0.1-0.9Vの間にも変化し、この時とジルコニア式酸素センサーに似ている。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/keypro002/index1_0.rdf